掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月27日
ヤマオダマキ
今日は台風一過、青空が広がり、久しぶりに浅間山がスッキリと見えました。真夏の太陽が           カッと照りつけましたが、日陰に入ると涼しい風が吹き、爽やかな一日でした。

先日、高峰高原に行くとヤマオダマキが咲き出していました。オダマキを漢字で書くと「苧環」と書きますが、難しい字です。オダマキとは、つむいだ麻糸を中が空洞になるように巻いたものを言い、花の形がこれに似ていますので、この名が付きました。ヤマオダマキは、下向きに咲く花の基部の「距」が特徴のある花で、オダマキ、キバナヤマオダマキ、ミヤマオダマキなどの仲間があります。なお、高山帯に生えるミヤマオダマキは園芸種のオダマキのように濃い青紫色をしています。

ヤマオダマキ(山苧環)
: キンポウゲ科 オダマキ属
: 低山から亜高山帯の草地に生える多年草 
: 茎の高さ 30〜60cm
: 花色は淡黄色、花は枝の先につく
: 花びら(花弁、がく片ともに)5枚
: 花の大きさ 3〜4cm

Dsc_6655.jpg
ヤマオダマキ (7月20日、高峰高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:10 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]