掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月22日
思い違い
12日に発表があった文化庁の「日本語に関する世論調査」結果の続きです。「他山の石」は、他人の誤った言行も自分の行いの参考になるという意味ですが、正しく理解している人は4人に1人、意味が分からない人が4人に1人、他人のよい言行が手本になると反対の意味に理解している人が2割弱いました。他山の石は中国の古典から出ていて、「よその山の粗悪な石でも、自分の宝石を磨くのに役立つ」、というのが本来の意味だそうです。

また、「青田買い」とすべきところを「青田刈り」、「汚名返上」を「汚名挽回」と思っている人は、中高年に多いとの結果が出ていました。「汚名挽回」は「名誉挽回」と間違って使っているようで、「今の若い者は…」と言えなくなってしまう、思い違いの多い中高年世代です(笑)

Dsc_5705.jpg
シジミチョウ (7月12日、西念寺で撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:14 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]