掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年07月18日
ウツボグサ
車山高原ではニッコウキスゲばかりに目を奪われていましたが、ふと足元を見ると紫色の可愛い花が咲いていました。ウツボグサでした。太い花穂が、弓の矢を入れる靫(うつぼ)に似ているところからこの名が付きました。高さは10〜30cm、茎は四角で、根元から群がって生えています。葉は対生し長楕円形で、全体に白く粗い毛が密生しています。花は、紫色で唇形の花を穂状に多数つけます。

真夏に花穂だけが枯れて褐色に変わるところから、夏枯草(かごそう)とも呼ばれます。乾燥した花穂は生薬で、消炎性の利尿剤として腎臓炎、膀胱炎、また眼球の痛み、流涙などに用います。また外用には口内炎、扁桃炎に効果があります。

ウツボグサ(靭草)
: シソ科 ウツボグサ属 草丈10〜30cm。 
: 北海道、本州、四国、九州、山野に生える多年草。
: 茎は四角で高さ30cm位。
: 山葉は対生し、披針形で縁に浅い鋸歯がある。
: 花は長さ3cm〜8cmの花穂をつくり、紫色の唇形の花を多数つける。
: 薬効 消炎性の利尿剤として腎臓炎、膀胱炎、眼球の痛み、流涙。
     外用で口内炎、扁桃炎。

「初夏の高原の花」のスライドショーが出来上がりましたので、お楽しみ下さい。
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin8/images/jvsk.htm

ウツボグサ1-1.jpg
ウツボグサ (7月11日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:37 | 四季の写真 | コメント(10) | トラックバック(0) ]