掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2005年05月31日
二子山親方死去
30日、元大関貴ノ花の二子山親方が、「口腔底がん」により55歳の若さで亡くなりました。決して逃げずに、うっちゃりを仕掛けたり、ケガを恐れずに、相手の体重をまともに浴びながら何度も土俵下に落ちていった相撲は、多くのファンを魅了しました。引退後は指導者として貴乃花、 若乃花を史上初の兄弟横綱に、また貴ノ浪を大関に育て、傍目には順風満帆の人生に写っていました。しかし晩年は、若、貴兄弟の確執があったり、おしどり夫婦と思われていたのに離婚したりして、身辺を取り巻く人間関係に苦悩が続いた人生でした。

「自分に厳しく、人に優しく、お天道様は見ている」、「あきらめるな、あきらめるな」、二子山親方が、一番大切にしてきた言葉だそうです。輪島、北の湖と共に70年代の大相撲界を支えた二子山親方のあまりにも早すぎる死に、団塊の同世代として、涙が止めなく溢れてきます。

スズラン1-2.jpg
スズランの花は良い香りがします (平成16年5月、八千穂高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:57 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年05月30日
トロッコ列車
「峠越えの難所」と言われた信越本線、軽井沢〜横川(群馬県松井田町)間が、長野新幹線開業により廃線になり約8年がたちました。軽井沢まで11.2キロの全線復活への第一歩にしたいとの思いから、ディーゼル機関車に牽引されたトロッコ列車が、週末や祝日に1日4〜7往復の 運行を始めました。トロッコ列車は、松井田町の碓氷峠鉄道文化むらにある「ぶんかむら駅」を出発し、時速15キロでレンガ造りの旧丸山変電所のある「まるやま駅」を経て、「とうげのゆ駅」まで2.6キロ、標高差150メートルを、ノンビリと走っています。

トロッコ列車
http://www.usui-toge.com/bunka-mura/truck/index.htm

鉄道事業としての全線復活に向けて変電所の整備などに約30億円を投資、電気機関車で客車を牽引して標高差533メートルを約40分で走る計画を立て、今年度中の構造改革特区申請を目指しています。旧道の碓氷峠(うすいとうげ)には、旧信越本線のレンガ作りのアーチ橋(めがね橋)があります。レンガを二百万個使用した素晴らしいデザインと、高度な建築技術、こんな橋が明治25年に建築されたとは驚きです。 

めがね橋のスライドショー (平成17年1月、撮影)
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin7/images/jvmegane.htm

アーチ1-1_2.jpg
めがね橋 (平成17年1月、撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:54 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年05月29日
日本ダービー
競馬の祭典、第72回日本ダービーが29日、東京競馬場で行われました。単勝支持率73.4%、ハイセイコーの持っていた66.6%の記録を塗り替えたディープインパクトが、2着に5馬身差をつける圧倒的な強さで2冠を達成しました。3年ぶり4度目のダービー制覇となる武豊騎手(36)は、「感動しています。この馬の強さに」と、天才騎手にそこまで言わせるディープインパクト、久しぶりにスターホースの登場です。

これでディープインパクトはデビューから5戦5勝、無敗で菊花賞で3冠馬を目指しますが、7冠馬シンボリルドルフの再来になるのでしょうか。秋が楽しみです。私が東京にいた頃にハイセイコーが登場し、競馬ブームに火をつけました。ちょくちょく競馬場に行きましたが、ダービー当日、東京競馬場の場内から聞こえて来る13万人の観衆のどよめきを、昨日の事のように思い出します。その時の一着馬は、加賀武見騎手が騎乗したクライムカイザーでした。

信州花紀行のスライドショーが出来上がりましたので、お楽しみください。 
「信州花紀行」、スライドショー (4月〜5月、撮影)
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin8/images/jvhanaki5.htm

Dsc_3195.jpg
殻を脱ぎ始めたポピー (5月29日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:21 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年05月28日
旧日本軍兵士
今日の朝刊一面のニュースです。
フィリピン南部のミンダナオ島に元日本兵2人が生存しているとの情報があり、マニラの日本大使館員が27日、面会のため同島ジェネラルサントス市入りした。大使館員らは元日本兵の遺骨収集を行っている日本人男性の仲介で2人と面会することになったが、調整に手間取り同日中は実現しなかった。厚生労働省も28日に職員を現地に派遣する。厚労省によると、旧陸軍第30師団捜索第30連隊の山川吉雄さん(87)と中内続喜さん(85)とみられ、1945年8月と6月にそれぞれミンダナオ島で戦死したと認定されていた。

1972年にグァム島で横井庄一(当時56歳)さんが、1974年にフィリピン・ルバング島で小野田寛郎(当時51歳)さんが救出され時のことを思い出しました。その当時もすごく衝撃を受けましたが、今朝のニュースが事実だとすれば、戦後60年間も異国の地で頑張って生きてこられたことに、ただただ驚愕するばかりです。私にとって第二次世界大戦は、教科書で学んだ過去の歴史でしたが、彼らにとっては今もなお戦いが続いているのですね。 

「いつの時代も、時の為政者に翻弄されるのは、何の罪もない一般国民です」

ポピー2-2.jpg
仲良し親子のポピー (平成16年5月、撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:16 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年05月27日
森林浴
信州の高原は新緑が日増しに濃くなり、森林浴に良い季節になって来ました。緑の森の中に入ると樹々の出す良い香りが漂い、小川のせせらぎや小鳥のさえずりが聞こえて来ます。森の中を吹き抜ける涼風を体に受けノンビリしていると、何とも言えない幸せを感じます。森林浴と                           いう言葉は、1982年に海水浴や日光浴にならって林野庁が提唱した新造語だそうです。

森林浴効果に重要な役割を果たす樹木から出る香りの正体の物質は、「フィトンチッド」と呼ばれています。1930年頃に、ロシアの学者がフィトン(植物)+チッド(殺す)を組み合わせて名付けた造語で、植物が生産、放出、分泌し、他の生物に影響を与える物質です。フィトンチッドを十分に受けて森林浴の効果が一番上がるのは、夏の午前中に針葉樹の林の中にいることだそうです。森林に行って森林浴をするのが一番いいのですが、どうしても行けないという人は、頭の中で森林浴をしている事を想像するだけでも体に快適な状態をもたらすとの事です。

「新緑の高原」のスライドショーで、森林浴をお楽しみ下さい。(平成16年5月、撮影)
http://kt9.web.infoseek.co.jp/mywebin4/images/jvsin.htm

005_2.jpg
新緑に滝 (平成16年5月、八千穂高原で撮影)
[ 投稿者:良さん at 18:33 | 四季の写真 | コメント(8) | トラックバック(0) ]

2005年05月26日
野菜の接ぎ木
気候が日増しに良くなってきましたので、ミニトマト、ししとう、ナスの苗を買ってきました。我が家の野菜栽培はベランダにある植木鉢に一株ずつ植えるだけですが、野菜が育って行くのを                     毎日観察するのが楽しみです。苗を買う時に接ぎ木(つぎき)の苗がある事を、初めて知りました。そこで野菜の接ぎ木について調べてみましたが、人間の知恵って凄いですね。

ナスは連作をすると土壌病害の発生が多くなりますので、抵抗性のあるナス科植物と接ぎ木をします。接ぎ木をすることにより病気の発生を防ぎ、長期間にわたって品質の良いナスを収穫することが出来ます。接ぎ木は植物の一部を切り離し、別の植物とつなぎ合わせますが、穂木と台木(上に接ぐ方を穂木、根がついている方を台木)の細胞組織からカルス細胞ができ、新しい植物個体になります。接ぎ木栽培の普及率は、スイカ93%、キュウリ72%、ナス50%、果菜類全体では約60%にも達しているそうです。

「日本での野菜の接ぎ木栽培の始まり」
http://www.afftis.or.jp/senjin/tugi.htm

Dsc_3188.jpg
薄いピンク色のツツジが、きれいです (5月25日、軽井沢で撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:49 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年05月25日
VAN
アイビールック流行の仕掛け人、服飾デザイナーで「VAN」を創設された石津謙介氏が24日、93歳で亡くなりました。VAN、このブランド名を知っている人は、たぶん私と同世代でしょう(笑) VANブランドのアイビールックは、60、70年代の若者の心をとらえ、日本の男性ファッションを                            ガラリと変えました。VANと週刊誌の「平凡パンチ」は、わが青春時代の懐かしい名前です。

70年代、東京の青山に勤務していましたが、当時のサラリーマンは白のワイシャツを着ている人ばかりでした。当時では珍しいボタンダウンのカラーシャツを着て会社へ行くと、上司から、「今の若い人は良いね」と誉められているのか、厭味を言われているのか、悩みました。                                 時間が経つにつれ、厭味を言っていた上司も、若い人より派手なカラーシャツを着て、会社に
来られるようになりました(笑) 

石津謙介氏
「VAN」の商標で知られる「ヴァンヂャケット」を創立、拡大路線でつまずき78年倒産。               「TPO」、「トレーナー」、「フライデー・カジュアル」という言葉を作ったことでも知られる。
http://www.microkids.or.jp/ishizu/

Dsc_3192.jpg
浅間山も新緑になって来ました (5月25日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:51 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年05月24日
1,000m道路
今日は浅間山のふもとにある1,000m道路を、小諸市から軽井沢方面に走りました。1,000m道路の名前の由来は、道路が標高1,000m前後を通っているところから来ています。道幅は狭いですが浅間山に一番近い所にあり、標高1,000m付近は、薄黄緑の新緑が一番美しい季節を迎えていました。

途中で「練馬区立軽井沢少年自然の家」を見つけましたが、家とは名ばかりで豪華なハウスでした(笑) 広大な敷地の中には、テニスコートが8面、サッカーや野球の出来る多目的運動場があり驚きました。練馬区の人口を調べたところ68万人、世田谷区(81万人)に次いで第2位、こんな立派な施設があって当然なのかも知れません。ちなみに鳥取県の人口は61万人でした。

軽井沢の別荘地に入ると、生垣には白い小さな花を一杯つけたドウダンツツジ (灯台躑躅) や、色鮮やかなツツジがたくさん咲いていました。秋になるとドウダンツツジの葉が、真っ赤に紅葉しますので楽しみです。

ドウダンツツジ (灯台躑躅)
http://www.botanic.jp/plants-ta/doudan.htm

Dsc_3092_3.jpg
別荘地に咲くツツジ (5月24日、撮影)
クリックしても写真が大きくなりませんので、ご了解下さい。
[ 投稿者:良さん at 21:20 | 四季の写真 | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2005年05月23日
藍ちゃん2週連続V
22日、女子ゴルフツアー「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」は、宮里藍(19)ちゃんがプレーオフを制し、2週連続の優勝を飾りました。若いにも拘らず実力、人間性、ともに素晴らしい藍ちゃんですね。2日間単独首位のアマチュアの諸見里しのぶ(18)ちゃんは、藍ちゃん以来のアマチュア優勝という快挙がかかっていましたが、惜しくも1打足らず涙を呑む結果になりました。ツアーに優勝しプロ転向への夢が破れた諸見里しのぶちゃんは、18番のグリーン上で悔し涙を流しましたが、沖縄から駆けつけたお母さんからは「悔しかったら泣く前に練習しなさい」と、厳しい言葉があったそうです。

スポーツの世界ではプロとアマの実力は格段違いますので、そんな中でアマが優勝するのは大変なことです。以前、プロ野球関係者の方に「野球とゴルフ、プロになるのは、どちらが大変ですか」と、お聞きしたことがありますが、「ゴルフの方が大変でしょう」とのことでした。ゴルフは「プロになるのが大変、プロになってもシード権を取るのが大変」な世界だそうです。いずれにしてもスポーツの世界でプロになるのは、並大抵ではありませんね。

Dsc_3023.jpg
八千穂高原のヤマツツジ (5月19日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 19:44 | 四季の写真 | コメント(6) | トラックバック(0) ]

2005年05月22日
時代の流れ
今日は昨日とは打って変わって温度が下がり、朝からどんよりとした天気で、時折小雨の降る一日でした。午後に家電量販店に、プリンターのインクを買いに行きました。いつもは買い物をしてすぐに帰るのですが、久しぶりにゆっくりと色々な家電製品を見て回りました。

パソコンは、テレビが見られDVDレコーダ、HDDレコーダのついている製品が増えてきました。パソコンが一台あれば良い時代になってきたのでしょう。HDDは250GB、私のパソコンの8倍もあります。パソコンは4ケ月ごとに新製品が投入されますので、買ってもすぐに古くなる、買うのを待てば待つほど機能がUPし、安くなる代物です。とは言え、もともと高いものですので、簡単には買い替え出来ませんが(笑)

「テレビはブラウン管の時代から液晶プラズマの時代に」、「ビデオデッキの時代からDVD、HDDレコーダの時代に」、「ウォークマンの時代からIPODの時代に」、「録音はICレコーダの                      時代に」、「辞書は電子辞書の時代に」、「フィルムカメラの時代からデジタルカメラの時代に」 時代の流れを認識できた、一日になりました。

Dsc_2733.jpg
新緑が輝いています (5月21日、撮影)
[ 投稿者:良さん at 20:43 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]