掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年03月28日
千曲川・Ⅱ
小諸市を流れる千曲川と浅間山のツーショットです。小諸市から見える浅間山は、佐久市から見える浅間山に比べて半分くらいの大きさに見えます。

千曲川のブログ
http://shinshu.fm/MHz/82.40/archives/0000527800.html

千曲川2-1
千曲川と浅間山(右) (3月25日、小諸市・山浦で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 18:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月27日
サンシュユ
サンシュユ(山茱萸)の花が咲き出しました。サンシュユは、春先に葉が出る前に小さな黄色い花が咲きます。中国・朝鮮半島が原産で、江戸時代に薬用として朝鮮から持ち込まれました。晩秋にグミのような長さ1.5〜2cmの渋みと甘酸っぱさのある真っ赤な果実が生ります。

木の名は漢名の山茱萸(さんしゅゆ)を音読みし、サンシュユになりました。茱萸(しゅゆ)とは呉茱萸(ごしゅゆ)の別名で、萸(ゆ)はグミを意味し、果実の様子から山茱萸の名が付いたと言われています。

サンシュユ 別名 春黄金花(はるこがねばな)
: ミズキ科ミズキ属
: 落葉小高木
: 高さ 4〜5m
: 薬効 強壮、めまい、頻尿、冷え性、不妊症

サンシュユ1-1
サンシュユ (3月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月26日
春の雪
今朝、外を見ると雪が降っていて、当り一面、真っ白になっていました。午前九時半頃に雪は止み、昼頃に融けてしまいましたが、午後四時前から本格的に雪が降り始めました。

春の雪1-1
春の雪 (3月26日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2017年03月25日
ホトケノザ
ホトケノザ(仏の座)は、畑や道端などに生えている春の代表的な雑草の一つで、花は紅紫色で特徴のある形をしています。花の上部にオレンジ色の雄しべがあり、蜜を吸いに来たハチなどの昆虫の背中に花粉がつく仕掛けになっています。

茎上部の葉は半円形で、茎を包み込むようになっています。花の名は、茎をとり巻く二枚の葉の様子が、仏様を安置している台座(蓮華座)に似ているところから付き、また、別名のサンガイグサ(三階草)は葉が段々に付いているところから付きました。なお、春の七草のホトケノザは別の花で、キク科の田平子(たびらこ)です。

ホトケノザ  別名 三階草
: シソ科オドリコソウ属
: 本州・四国・九州・沖縄
: 一年生広葉雑草

ホトケノザ1-3
ホトケノザ (3月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月24日
ツグミ
ツグミ(鶫)はシベリア東部で繁殖し、日本へ冬鳥として飛来します。秋に飛来した時には山地の林で群れになり、木の実や柿の実などを食べ、冬になると群は分散し、農耕地や公園、川原などで地面を歩きながら落ち葉の下に潜んでいるミミズや昆虫などを食べています。春の渡りには、十数羽の群れを作って北へ旅立ちます。

雌雄同色で過眼線から頬は黒褐色、眉と喉と頬は白色、嘴は黒くて基部が黄色、背中と尾は栗茶色、胸から脇には白地に黒褐色の鱗模様があります。1970年代以前には、かすみ網で食用として大量に捕獲されていましたが、現在は鳥獣保護法により禁猟になっています。鳥の名は日本で越冬中、ほとんど鳴く様子が見られない(口をつぐむ)ことから付きましたが、結構鳴きながら飛んでいます。

ツグミ
: スズメ目ツグミ科
: 北海道・本州・四国・九州
: 全長 約24cm (ムクドリと同じ大きさ)

ツグミ1-1
ツグミ (3月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 15:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月23日
オウバイ
オウバイ(黄梅)の花が咲き出しました。オウバイは中国原産で、日本へは江戸時代初期に渡来したと言われています。早春に、いく条もの緑色の枝垂れた枝に梅に似た黄色い花が咲き、中国では迎春花と呼ばれています。花が梅に似ていて梅と同じ時期に咲くことから黄梅の名が付きましたが、梅(バラ科)ではなく、ソケイ(モクセイ科)の仲間です。

オウバイ 別名 迎春花
: モクセイ科ソケイ属
: 落葉半蔓性低木

オウバイ1-1
オウバイ (3月22日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月22日
早春の高峰高原
今年初めて高峰高原に行って来ましたが、標高が高くなるにつれ残雪があり、頂上付近は雪が一杯残っていました。車坂峠に行くと、雪の浅間山麓でスノートレッキングをする為に多くの人が訪れておられました。

高峰高原1-1
早春の高峰高原 (3月19日、小諸市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月21日
山羊(ヤギ)
佐久市にある家畜改良センター茨城牧場長野支場(旧・長野牧場)で、山羊(ヤギ)の出産シーズンが到来し、40頭いるお母さん山羊が3月から4月にかけて出産します。山羊は、一度に1〜2頭の子供を産みますので、今年は70頭位の子山羊が生まれる見込みだそうです。子山羊は、生まれてすぐに専用の畜舎で人工哺乳により育てられています。

山羊1-1
散歩中の親山羊 (3月18日、佐久市、旧・長野牧場で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月20日
オオイヌノフグリ
オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、道端や田畑の畦道に生え、花弁は4枚、雄しべが2本あるコバルトブルーの小さな花を咲かせます。花の名は、実の形が犬のフグリ(陰嚢)に似ていて、近種のイヌノフグリより花が大きいので、この名が付きました。

オオイヌノフグリ 別名、瑠璃唐草・天人唐草・星の瞳
: ゴマノハグサ科クワガタソウ属
: 北海道・本州・四国・九州
: 越年雑草
: 草丈 10〜20cm

オオイヌノフグリ1-1
オオイヌノフグリ (3月17日、佐久市で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2017年03月19日
千曲川
千曲川は、埼玉県・山梨県・長野県の県境に位置する甲武信ヶ岳(こぶしがだけ)の長野県側斜面(南佐久郡川上村)を源流とし、佐久・上田盆地を経て飯山盆地で犀川と合流、その後、新潟県に入り信濃川と名前を変え、日本海に注ぎます。長野県内の千曲川の長さは214km、信濃川は153km、全長367kmになります。

友人のdokirimanさんから新作漫画が届きました。相変わらず面白いですよ。
「迷走老人 狂った季節」
http://kt9.la.coocan.jp/mywebkabu/2017meisou.htm

千曲川1-1
千曲川と浅間山 (3月11日、佐久穂町・宿岩で撮影)

続きを読む ...
 
[ 投稿者:良さん at 16:00 | 四季の写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]