掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2010年11月16日
ジェットコースターであっという間に読み終わった。
RoadsideCrossing

『ロードサイド・クロス』

ジェフリー・ディーヴァー著 池田真紀子訳

ジェフリー・ディーヴァーのリンカーン・ライム

シリーズ第7弾『ウォッチメイカー』(2006年)

からスピンオフした、カリフォルニア州捜査局

捜査官、キネシスクを駆使する尋問の天才

「人間嘘発見器」キャサリン・ダンスを

ヒロインに据えた『スリーピング・ドール』

(2007年)に次ぐ2作目です。

キネシクスとは、容疑者のボディランゲージ

や言葉遣いから、嘘を見破るテクニックのこと。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ミステリー大好き at 12:53 | どんでん返し | コメント(0) ]

2010年07月06日
手に汗握る展開で一気に読み切りました。
magicnowana

マデックの罠 Robb White(原著) 宮下嶺夫(翻訳)

以前、新聞の書評欄で見かけたのを思い出し、

この『マデックの罠』を手に取りました。

まさに手に汗握る展開で一気に読み切りました。

とにかく最後まではらはらドキドキさせる、

心臓に悪い小説です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ミステリー大好き at 10:57 | 小説 | コメント(0) ]

2010年02月12日
最後の最後まで目が離せず一気読みしてしまいました。
inumotikara

犬の力 上・下 ドン・ウィンズロウ著 東江一紀訳

LA4部作で有名な暗黒小説の大家、

ジェイムズ・エルロイにして、

「この30年で最高の犯罪小説だ」と言わしめた

ドン・ウィンズロウの、30年にわたる麻薬戦争を

描いた入魂の大長編「犬の力 上・下」。



最後のページまで一気に読みました。

すごいスピード感。

裏切りに継ぐ裏切り。

登場人物のみならず読者も何度も裏切られ、

そこまでやるかと己の甘さに気付き、それが快感に‥。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ミステリー大好き at 10:21 | バイオレンス・ホラー | コメント(0) ]

2010年01月13日
ホラーの帝王キングが絶賛した傑作ウエスタン・アクション
heitenjikan

『閉店時間』 ジャック・ケッチャム著 金子浩訳

アメリカ・ニューヨークに在住するバイオレンス・ホラーの巨匠ケッチャムの

最新の傑作中編、『閉店時間』『ヒッチハイク』『雑草』『川を渡って』の

四編を収録した日本オリジナル作品集です。

ケッチャムといえば、現実の事件としても起こりそうな作品と、

すでに一般の人間とはいえない生き物?が登場する作品に分かれると思います。

この中編集で扱われている4作品は全て前者です。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:ミステリー大好き at 10:42 | バイオレンス・ホラー | コメント(0) | トラックバック(0) ]