掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2011年11月23日
ラオス通信 2011.11月 ①
①束の間の休憩時間に花を愛でる:青木優樹寮長

■ラオス修練所ブログ 11月分 
【首席師範の技術指導 その1】

日本の皆さん、こんにちは!!
『空手道禅道会 伝承者の会 ラオス修練所』初代寮長の青木優樹です。
2011年の11回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください!!

なお、現在の修練所は9名で寝食を共にしています。

さて、今月の首席師範の技術指導ですが、テーマの主軸は『歩法(ほほう)』でした。
これは禅道会の技術の骨幹とも言えるテーマですね。
 禅道会の基本的な稽古体系のメニューでもある『移動稽古』では、『ステップ』という言葉を用いておりますが、実際の動きの緩急から言いますと、一般的にステップと言われている動作の感覚とは大分違うと思います。
 少なくとも、「飛び跳ねる」というイメージとは全く違う事は確かだと感じます。
 
伝統流派等では『運足(うんそく)』と言う言葉も使われていますが、なるほど、我が身を運び、我が命の置き処、人や環境との間合い、何となく運命をコントロールするかのような言葉ですね。

 今回は歩法は歩法でも、ステップそのものではなく『武道鍛錬歩法 = 禅道会ウォーキング』に関しての技術指導でした。
 修練所の合同稽古メニューにおいては、木曜日と土曜日の『技研』の時間の中にウォーキングが含まれており、各人のペースで40分間(基本的な時間)歩きます。
[ 投稿者:budo at 11:16 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/a12310/0000375769.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000375769.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら