掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2009年11月07日
地区大会 九州大会
入賞者

 国際ストリートチルドレン救済支援チャリティー  
 武道格闘技交流大会

 【日時】2009年10月25日(日)
 【会場】熊本県上益城郡御船町スポーツセンター
 【主催】空手道禅道会 熊本支部
 【主管】NPO法人日本武道総合格闘技連盟




空手道禅道会熊本支部が、支部設立4年目にして開催した子供から大人までのオー
プントーナメント。
大会は、打撃から寝技の抑え込みまでの5級以下の部(初級者ルール)と、寝技
での関節、パウンド有りの4級以上の部の(中・上級者ルール)、35歳以上マ
スターズの部、女子の部と、小学生各学年別の階級で行われた。

4級以上の部の決勝 栗田選手の上段回し蹴り

【決勝戦】
女子の部の、‘お母さん空手家’田中亜希選手と初参戦上野真帆選手の対決は、ア
グレッシブで強烈なラッシュで上野選手が判定勝利。優勝を飾った。

マスターズの部では、強烈なストレートとローキックを武器に勝ち上がった川野清
志選手に対して、回転力のある打撃を活かし勝ち上がった黒木洋介選手の対決。
打撃の乱打戦となったが、川野選手が足を使った的確な打撃に軍配があがり優勝を
飾った。

5級以下の部では、初参戦で鋭い打撃に投げ技を駆使し、勝ち上がってきた高橋一
真選手に対して、首相撲を使いこなし勝ち上がってきた坂本詠一選手との対決、途
中から投げでペースを掴んだ高橋選手が判定勝利。優勝を飾った。

4級以上の部では、長身を活かした強烈な打撃を使い全て一本勝ちで勝ち上がって
きた栗田寛之選手に対して、二十年近い伝統空手の経験と寝技での極めを持つ渡辺
心選手の対決。
二回戦で腕を負傷していた栗田選手が、間合いの戦いに持ち込み相手を近づかせず、
打撃を当てていき判定勝利、優勝を飾った。

決勝戦前には、小沢隆首席師範のシャドートレーニングの模範演武が行われた。
氷柱10本、束バット9本をもヘシ折る威力を持つ、小沢師範の技のキレには観客
から大きな拍手が上がっていた。結果以下の通りです。


< 結 果 >

●幼年の部
優 勝  浅枝 静(風の会福岡)

●小学1年の部
優 勝  高牟礼 翼(風の会福岡)
準優勝  永尾 景勝(禅道会熊本)

●小学2年の部
優 勝  永尾 景虎(禅道会熊本)
準優勝  塩崎 光(風の会福岡)

●小学3年の部
優 勝  浅枝 裕(風の会福岡)
準優勝  森田 耀壮(風の会福岡)

●小学4年の部
優 勝  源島 佳怜(禅道会熊本)

●小学6年の部
優 勝  永島 阿門(風の会福岡)
準優勝  加藤 佑成(禅道会熊本)

●女子の部
優 勝  上野真帆(霽心塾大分)

●35歳以上マスターズの部
優 勝  川野 清志(禅道会熊本)
準優勝  黒木 洋介(禅道会熊本)

●青年男子5級以下の部
優 勝  高橋 一真(禅空館宮崎)
準優勝  坂本 詠一(禅空館宮崎)

●青年男子4級以上の部
優 勝  栗田 寛之(禅道会広島)
準優勝  渡辺 心 (霽心塾大分)

◎特別賞
・阪田 文雄 マスターズ(禅道会広島)
・金井 利憲 5級以下(拳武会福岡)
・渡邉 浩斗 小学1年(禅道会熊本)

[ 投稿者:budo at 11:04 | 地区大会 九州地区交流試合 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/a07016/0000302782.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000302782.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら