掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2007年09月05日
2007リアルファイティング空手道選手権大会 2
-48キロ決勝戦

国際ストリートチルドレン救済支援チャリティー
ジャパンオープン2007リアルファイィング空手道選手権大会


< 女子・マスターズ結果 >




<マスターズの部>
●60キロ以下級
 決勝は減量苦に耐えた気力でふんばった吉江選手と岐阜の寝業師横山選手の対決となっ
た。実はこの2人、2004年の同大会で対決しており、その時は横山選手が判定勝ちをおさめ
ている。
 最初に吉江選手がパンチでプレッシャーをかけ、グラウンドに持ち込んだが、横山選手
も俊敏に反応し、再びスタンドに。打撃戦になると横山選手のローキックがヒット!
何発もはいり、吉江選手がヒザをつく。横山選手、打撃で一本勝ち!!会場がどよめいた。

-60マスターズ決勝 2 
横山吉江

優 勝 横山勝将(禅道会岐阜支部)
準優勝 吉江秀樹(禅道会松本支部)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●66キロ以下級
 準決勝は、2003年マスターズ62.5kg以下級のチャンピオン・強打の鷲山選手が初段の
石井選手をヒールホールドで下し決勝進出。
もう片方のブロックからは、2005RF-62.5級準優勝の西川選手が上がってきた。
 試合はマスターズらしからぬ激しい打ち合いとなった。寝技では鷲山選手が足関を狙うが
西川選手が上からボディパンチを入れていく。スタンドに戻ると西川選手がパンチで攻めつ
つテイクダウン。アグレッシブさで西川選手の判定勝ち!

-66マスターズ決勝 1 

優 勝 西川通雄(禅道会広島支部)
準優勝 鷲山 享(禅道会横浜支部)


-66マスターズ決勝 2 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●81キロ以下級
 河村周三選手が三川選手を腕十字でくだし、決勝に進出。
決勝は、昨年度82.5㎏以下級優勝の服部 徹選手との対決となった。
決勝は服部選手が右ストレートとローキックを効かせていく。河村選手がアッパーを入れて
いくが決定打にはならず。
 服部選手の判定勝ち。服部選手2連覇達成!!
-82マスターズ決勝 1 
河

優 勝 服部 徹(禅道会長野支部)
準優勝 河村周三(禅道会長野県本部)


-82マスターズ決勝 4 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●無差別級
 試合は藤澤選手のパワフルな打撃をかいくぐり、黒田選手がテイクダウン。
2分35秒、三角絞めで黒田選手が危なげなく一本勝ち!!

無差別級マスターズ決勝 1 
黒

優 勝 黒田州司(禅道会松本支部)
準優勝 藤澤健太(禅道会諏訪支部)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<女子の部>
●48キロ以下級
 現DEEP女子ライト級王者のMIKU選手から二度勝利をおさめていてスマックガールで
しなしさとこ選手とチャンピオンシップを争った瀧本美咲選手の試合が注目される。軽快な
フットワークから繰り出される打撃と安定した寝技技術は付け入る隙がない。

 決勝はやはりこの2人。瀧本美咲選手と山本さちこ選手だ。両者、準決勝を一本勝ちでく
だし、上がってきた。

 決勝戦、切れの良い打撃を繰り出す瀧本選手ではあったが、去年とは一味違う山本選手。
クリーンヒットを許さず。そして、グラウンドになると、なんと山本選手が三角絞めから腕十
字をとり一本勝ち!!山本選手大金星!!会場に拍手が沸いた。

瀧本山本
-48女子決勝 (左)山本選手(右)瀧本選手 女王瀧本選手から腕十字1本勝ち!! 

優 勝 山本さちこ(禅道会愛知支部)
準優勝 瀧本美咲(禅道会高森道場)


仲間に胴上げされる山本さちこ選手


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●52キロ以下級
 スマックガール等のリングで活躍している選手が多いこの階級、しなしさとこと接戦を繰
り広げた山戸志保選手と柔道の経験を持つ石岡沙織選手の対決となった。
 軽快なフットワークが印象的な両選手、パンチの打ち合いからグラウンドへ。石岡選手が
積極的に腕十字を狙うが、山戸選手がしのぐ。
ラスト1分、激しくパンチを打ち合うなか山戸選手がテイクダウンを狙うが、逆に下になって
しまう。判定3-0で石岡選手が白帯ながら初優勝!

52
-52女子決勝戦 激しい打ち合いとなる

優 勝 石岡沙織(禅道会小金井道場)
準優勝 山戸志保(禅道会広島支部)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●57キロ以下級
 独特のリズムから繰り出される打撃を得意とする佐藤千春選手と通称【石の拳】の異名
をもつ伊藤めぐみ選手の戦いとなった。女子部の強化練習で切磋琢磨している二人だが、
勝負となるとお互い何が何でも負けるわけにはいかない。
 激しい打ち合いとなりグラウンドへ。グラウンド攻防となるが、グラウンド時間残り10秒、
下になった佐藤選手が油断した瞬間、伊藤選手が腕十字を取り1本勝ち。(2分7秒)

56

優 勝 伊藤めぐみ(禅道会松本支部)
準優勝 佐藤千春(禅道会白山道場)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●63キロ以下級
 優勝候補のこの2人の戦いとなった。
過去に女子の部55キロ以下級にて優勝経験があり、今年念願の昇段を達成し、確実に
実力を伸ばしてきている有賀美由紀選手と、その有賀選手にグラウンド戦で勝利してい
る2005RF55キロ以級準優勝の中村さくら選手。
 しかし、この中村選手と1回戦で戦った松本支部の刺客和田沙織選手は、昨年と比べる
と数段技術を磨き、中村選手とは少し実力差はあるものの好試合を繰り広げた。特別賞に
はならなかったものの、まだ若く、今後が楽しみな選手の一人である。

 決勝戦、中村選手がタックルに入るが有賀選手がチョークを狙い引き込む。中村選手が
しのぎ腕十字を狙うがグラウンド時間となり再びスタンドへ。
中村選手が外掛けでテイクダウン。下から有賀選手が腕十字を狙う!!
決まったか?!
と思った瞬間、かろうじて中村選手がエスケープ。
スタンドになり激しい打ち合いになる。最後は中村選手が有賀選手を綺麗に投げ、マウン
トポジションになって終了。
勝敗は判定に持ち越され、3-0で中村選手の優勢勝ち。

63

優 勝 中村さくら(禅道会高森道場)
準優勝 有賀美由紀(禅道会高森道場)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<特別賞>
・和田竜光(山和会)
・小島良祐(総合格闘技道場武門會)

表彰式

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2007RF大会 111

小沢師範演武

[ 投稿者:budo at 14:59 | 全国大会 リアルF空手道選手権大会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/a07019/0000206556.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000206556.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 6 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら