掲示板お問い合わせランダムジャンプ

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2003年10月05日
2003リアルファイティング空手道選手権大会 5周年記念
2003RF入賞者.jpg

    toto スポーツ振興くじ助成事業
    VT2003 オープントーナメント
   リアルファイティング空手道選手権 5周年記念大会


     開催日 平成15年10月5日(日)
     会 場 長野県長野市 ビッグハット
        (長野市 若里 多目的スポーツアリーナ)
     主 管 特定非営利活動法人日本武道空手道連盟 長野事務所
     主 催 リアルファイティング空手道選手権大会実行委員会
     協 力 (有)ファイティングワールド
     後 援 長野市教育委員会、長野市体育協会、信濃毎日新聞社、
         INC長野ケーブルテレビ、格闘技通信、ゴング格闘技、 
         月刊空手道、月刊フルコンタクトKARATE、格闘Kマガジン

 早いもので、今大会、5回目の開催となる。記念すべき5周年記念大会にふさわし
い白熱した大会となった。

 
< 結 果 >

 < 青年男子 >
●62.5キロ以下級の部
優 勝 大畑慶高(神奈川県横浜道場)/ 準優勝 清水孝夫(長野県本部)

2003RF 大畑清水.jpg

 決勝戦は、今年もまた大畑選手と清水選手の一騎打ちとなった。
互いに鋭い打撃で牽制し合う両者。組み合っては、清水選手は鋭い膝蹴りを見せ、
大畑選手は鋭いアッパーやフックをみまう。両者の力が拮抗しグラウンドにいけ
ない。最後に大畑選手は膝蹴りにきた清水選手の足をキャッチしてローキックを
多量に打ち込み、判定をもぎ取った。
大畑選手、今大会4度目の優勝にして、二連覇達成!
 その他、日下選手が7色のジャブを自在に操り、準決勝で清水選手と互角の戦
いを繰りひろげ特別賞を受賞した。


●72.5キロ以下級の部
優 勝 小沢 貴(長野県本部)/ 準優勝 山崎昭博(和術慧舟會)

2003RFタカ1.jpg

 前人未踏の4連覇を成し遂げた熊谷選手不在の今階級は、実におもしろい顔ぶ
れがそろったトーナメントとなった。黒田選手は、コンプリートファイティング
で優勝経験を持つ他流派の強豪を下し、安定した実力を見せた。寮生で若干17
才のルイス選手は、南選手との強化選手対決で腕十字を極めて勝ち上がり、準決
勝では「グラウンドの魔術師」の異名を取る小沢選手の関節技を何度もしのぎ、
成長の証を見せた。ルイス選手は小沢選手に、そして黒田選手は山崎選手に破れ、
決勝戦は小沢選手と和術慧舟會の山崎選手の一騎打ちとなった。
 寝技の超絶技を持つ両者の激突。グラウンドの闘いが主体となった闘いは、山
崎選手の三角絞めを小沢選手が、小沢選手の腕十字を山崎選手が、巧みにかわし、
お互いにキャッチを取らせず、緊張感のあふれる五分の闘いを展開した。
最後に小沢選手が、払い越しから完全に横四方で山崎選手を押さえ込み、腕がら
みにいったところで試合終了、小沢選手が執念で判定をもぎ取る。
小沢選手、遂に中量級を征す!!
 毎年他流派から参戦してくれる山崎選手は、回を追うごとに技術の上達を見せ、
小沢首席師範も絶賛していた!


●82.5キロ以下級の部
優 勝 久保輝彦(松本支部伊那道場)/ 準優勝 今釜悠介(横浜道場)

2003RF久保.jpg

 豊橋支部長の浪崎選手は、支部運営のかたわら稽古を積み、「まむし會」から
の刺客、川合選手を下す。前回会場を沸かせた木下幸一選手も、柔術大会「COPA
TANI」で優勝経験を持つ楢崎選手を下し、今年も健闘。
浪崎選手は今釜選手に、木下選手は久保選手に破れ、決勝戦は、脂ののりきった
久保選手と、鋭い打撃と不適な笑みを武器にして勝ち上がった今釜選手の戦いと
なった。
 驚異的なまでに伸びる打撃を見せる今釜選手!しかし、それを見切った久保選
手がタックル!上に乗った久保選手は、グラウンドパンチから腕十字を極める!
久保選手、オール一本勝ちで念願の優勝!!


●82.5キロ超級の部
優 勝 小澤 強(松本支部内田道場)/ 準優勝 秋山賢治(広島支部)

2003RF強し.jpg

 今年は、「最強の拳」秋山選手が支部運営のため出場しないものの、
「最終兵器」山本選手、「超新星」百瀬選手、「クラッシャー」小澤選手の対決
が期待をあおった。しかし、山本選手と百瀬選手が直前になり病気と怪我で出場
を辞退。ここで、禅道会の発展に心血を注いできた秋山選手は、
「記念すべき5周年大会の最重量級決勝戦に緑帯や他流派をあげていいのか」
との責任感から、試合当日、出場を決意。
魔物が巣くうという最重量級トーナメント、今回も波乱の幕開け。

 重量級小澤選手の1回戦の相手は、グレイシーバッハの園田選手。グラウンド
で上を取られるが、ひっくり返して上を取り返すと得意のグラウンド打撃でTK
O!相変わらずのクラッシャーぶりを披露。2回戦は、おなじみのピンクの道着
「まむし會」代表で今大会2001で特別賞に輝いた中村裕一との対戦。中村選
手も超弩級のパワーを誇る広島支部の藤井選手から絞めで一本を取り絶好調!
しかし、そんな中村選手を、またもや小澤選手がグラウンドパンチで秒殺!!
小沢選手が決勝戦に駒を進めた。

 急遽、当日試合出場を決意した秋山選手。1回戦で、まむし會の中村忠義選手
を怒濤の膝蹴りで秒殺し、2回戦では新鋭の上田支部笠井選手をグラウンドに引
きずり込み、腕がらみで又もや秒殺!!未調整とは思えない強さを見せる。
しかし、この試合で秋山選手は足を痛めてしまう。

 決勝戦。な、なんと秋山選手、棄権。秋山選手、3年連続で負傷によるリタイ
ヤ。小澤選手、昨年に続き、複雑な心境の二連覇達成であった!!


------------------------------------------

< 女子の部 >
●50キロ以下級の部
優 勝 金子真里(長野県本部)/ 準優勝 瀧本美咲(長野県高森道場)

 ベテランの選手と若手選手の闘いとなり、世代交代となるか、それともベテ
ランの貫禄を見せつけるか注目された。
 決勝戦、今大会女子の部2連覇の金子選手と黒帯の昇段し波に乗っている瀧
本選手。打撃戦では、軽快なフットワークと安定した下半身で金子選手と五分
の闘いを見せる瀧本選手。グラウンドでも若さで金子選手の上を取る。
しかし、金子選手は焦らず、これをひっくり返すと瀧本選手を押さえ込み腕十
字をかけるが、瀧本選手がしのぐ。
判定は、豊富な経験でグランドで優勢に進めた金子選手に凱歌!
金子選手、3連覇達成!!


●55キロ以下級の部
優 勝 深津佐和子(横浜道場)/ 準優勝 佐田果梨(松本信大道場)

2003RF 深津.jpg
 
 ノミネート選手が若手の選手を主体とした階級。
決勝は、柔道と伝統空手の経験の深い深津選手と、ここ最近の実力の伸びは
めざましいと評判の信大主将佐田選手。
両者の意地が真っ向からぶつかり、女子の試合とは思えないほどの熱い打撃
戦となり、観客の魂を揺さぶる。7分間両者一歩も譲らない熱き闘いは、判
定に。格闘経験をうまく生かした深津選手に凱歌!


●60キロ以下級の部
優 勝 杉本由美子(長野県高森道場)/ 準優勝 中村珠美(東京総本部)

2003杉本玉.jpg

 ノミネート全選手がプロの試合の経験を持つ実力選手ばかりで、かなりおも
しろい組み合わせとなっている階級。
 決勝は、杉本選手と中村選手。中村選手は長いリーチを生かし、相手の射程
外から打撃を放つ。しかし、杉本選手はそれをかいくぐり、中村選手の懐に入
りグラウンドに持ち込む。
グラウンドパンチを効果的に使いながらポジションを取る杉本選手。腕十字の
体制に入ったところで、時間。判定は杉本選手に!


●60キロ超級の部
優 勝 石原美和子(長野県本部)/ 準優勝 真(峯心会)

2003RF 石原.jpg

 禅道会の女子選手には、60キロ超級の選手はあまりいない。
唯一ノミネートしたのが、世界に通用する数少ない日本人選手の一人である石
原選手。石原選手は「最強伝説」の異名を持ち、プロの世界でも対戦相手を見
つけるのが困難なほどの強さを持つ選手。
対戦に名乗りあげたのは、峯心会の真選手。現在キック界において最も注目さ
れている選手の一人である。
鋭いジャブを放つ真。石原選手に組ませない作戦か。しかし、石原選手、真選
手をしのぐジャブとフックのすばやいコンビネーション!
これだけで会場がどよめく。サッと組み付き、グラウンドに持ち込む石原選手、
腕十字を極めて秒殺!!
 石原選手に果敢に臨んだ真選手には、特別賞が。


------------------------------------------

< マスターズの部 >

●62.5キロ級の部
優 勝 鷲山 亨(横浜道場)/ 準優勝 吉江秀樹(松本支部内田道場)

2003RF 吉江.jpg

 決勝戦、ベテランの吉江選手と打撃を得意とする鷲山選手。グラウンドで足
関節、絞めを狙う吉江選手だが、惜しくも極まらず。
判定は、スタンドで優位に立った鷲山選手に!


●72.5キロ以下級の部
優 勝 宮下俊一郎(岐阜県中津川道場)/準優勝 青木伸明(松本支部内田道場)

2003RF 宮下.jpg

 決勝戦は、今大会2002の決勝戦でレべルの高い闘いを見せた一撃必殺の打撃
の持ち主、宮下選手とVTの経験が長く総合力に秀でた青木選手の闘い。
何とかグラウンドに引きずり込みたい青木選手。
宮下選手は強力な打撃で自分の距離を保つ。首相撲での打撃の攻防から宮下選手に
組み付き、引き込もうとする青木選手。
しかし、宮下選手は踏ん張ってグランドに行かず。
それならばと下から、腕十字を狙う青木選手。宮下選手はこれを踏ん張り、上から
グランドパンチで迎撃!徹底的に打撃にこだわった宮下選手に凱歌!
宮下選手、2連覇達成!!


●82.5キロ以下級の部
優 勝 小林邦明(長野支部)/ 準優勝 中西健一(愛知県豊橋道場)

2003RF 中西.jpg

 決勝戦はベテランの小林選手と新鋭の中西選手。
中西選手の放った鋭い打撃が小林選手の顔面にヒット!しかし「重戦車」の異名を持
つ小林選手、それを意に介さず、突進して重い打撃をぶっ放す!!
グラウンドになっても、上から下から気迫のグランド打撃を放った小林選手の判定勝
ち!


●82.5キロ超級の部
優 勝 浦山靖郎(静岡県浜松道場)/ 準優勝 土山和彦(フリー)

2003RF 浦安.jpg

 ボクシング経験もある浦山選手と、柔道経験の長い土山選手。
打と柔の闘いが予想されたが、両者、のっけからスタミナを省みないドツキ合いを展
開する!意地の超ド級の激突は、浦山選手が技有りを2つとって、合わせ一本勝ち!!

◎特別賞
・日下一雄(東京総本部)
・  真 (峯心会)

[ 投稿者:budo at 20:21 | 全国大会 リアルF空手道選手権大会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/a07019/0000138020.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000138020.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 4 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら