掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2015年08月08日
「夕方Get!」ラオス修練所での取材、放送日が決定!
11193368_614672258664298_8320886813417215074_n[1]
11200578_614671945330996_3393584099931499929_n[1]

待ってました!テレビ信州 番組「夕方Get!」
ラオス修練所での取材、放送日が決定!


4月に、禅道会のラオス修練所がテレビ取材されましたが、待ちに待った放送日が決定致しました!(4月取材様子ブログhttp://shinshu.fm/MHz/81.31/archives/0000466232.html)


放送日 8月24日(月)
テレビ信州「ゆうがたGet!」 (午後3時50分〜5時56分)内で放送予定!

万が一、放送日が変更になった場合は、再度、ブログにて報告させて頂きます。
今から楽しみです。お楽しみに!
[ 投稿者:budo at 14:49 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年07月18日
禅道会ラオス修練所 学園生徒出陣
11759466_1594842800776194_100070241_n[1]
11748818_1594842754109532_1884502796_n[1]

お隣タイの首都バンコクへ! 
禅道会ラオス修練所 学園生徒出陣!

禅道会タイランドオープン心技道場杯へ出場してきました!!

 健やかに伸びた草木と見渡す田園風景、吹き抜ける風に乗った牧草や土の香りは遠く彼方。  ラオスから寝台列車に乗り込み、一夜明けて眼前に現れたのは、天空に突き上がるビルの群れと行き交う大量の車、そして人、人、人。 大都会、タイの首都バンコクへやってきました!今回は空手道禅道会 心技道場が主催する大会、 禅道会タイランドオープン心技道場杯へ出場するためにやってきたのです!今回その様子を、ラオス修練所、青木優樹がご紹介致します!



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 15:42 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年11月01日
ラオス修練所の永野隼都選手が健闘!!
a2adb03d-s[1]

禅道会のラオス修練所において、修行を行って夏に帰国した、現在は禅道会本部道場にて研修生となり、日々稽古に励んでいる永野隼都選手が、10月26日に開催された全日本RFジュニア空手道選手権大会に出場しました!
この大会は、総勢500名エントリーと言う国内でも注目のビッグイベント、長野県岡谷市で行われました。永野君は大会のエキスパートルール部門に出場!(エキスパートルールは打撃、投げはもちろん、関節技も入った上級者向けのルールです。)
ラオスから帰り、初の日本での大会です 。また、試合経験はほとんどありません。ラオスで培われた技術が華を咲かせるのか?!
準決勝 相手は諏訪支部の田口選手。田口選手は幼少期から空手をはじめ、勝てない時期があったものの、諦めずにその時期を乗り越えた結果、小学校高学年に上がった頃からめきめき頭角を現し、努力を重ね大人顔負けの技術を持った選手となりました。全日本優勝経験の実績も持っており、永野選手にとっては強豪選手!

試合開始!!
序盤から田口選手がペースを掴む、打撃、投げともに隼都選手は完封されつつある。
寝技でもポジションを取られつつある。これはちょっと厳しいかな・・・さすがに経験の差は埋めずらいのか・・・と思った次の瞬間、バックのような状態から一瞬で腕十字を決めた隼都選手!会場は凄い歓声!最後まで諦めなかった隼都選手の、堂々の一本勝ちでした。

決勝戦 静岡浜松支部の細谷選手、中学3年生でこの大会で中学は最後だと話をしていたものの、その世代を牽引して頑張ってくれた選手であり、前大会もレギュラールールで優勝を果たしている優勝候補筆頭選手!中学最後の試合、有終の美を飾りたいところ。

試合開始!!
お互い牽制が続く。隼都選手がテイクダウンをしに組み付くが、細谷選手にうまく崩され返される。ポジションをキープされ、再びスタンドへ。お互い果敢に攻めるも時間切れ。結果は、細谷選手に軍配が上がった!
悔しそうにしている永野選手だったが、
「次の試合も出ます!」と一言。
ラオスでの稽古の日々を思い出すと同時に、多くの人に感謝すると共に、自分に少しだけ自信がもてた様子であった。
今後の彼に期待したい!(中島先生より)
[ 投稿者:budo at 15:26 | ラオス修練場通信 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2014年10月27日
ラオスでも武道カウンセリング!
IMG_4872
IMG_4887

ラオス修練所でも、小沢先生が「武道カウンセリング」!!
今回もとてもよい結果となっています!!武道カウンセリングはすごい!
今日もまた、小沢先生は世界各地を駆け巡っています!


どうもこんにちは。ラオス修練所スタッフの梅原です。

小沢隆首席師範のラオス滞在にあたり、我らがラオス文芸部の百々武部長が『武道カウンセリング』を施していただきました。

まずは、小沢先生から身体の連動性を高める武道的リラクゼーション運動と呼吸法を学び、行います。手を肩の力を抜き、ぶらぶらと揺らすその様子はまるで腕に気を纏っているようにも見えました。
次は床にあぐらで座り、鼻で息を吸い、ゆっくりと口から少しずつ息を吐く。それを3分間行います。
小沢先生にこの運動の意味を聞いたところ、「体感覚から入ると催眠誘導しやすい」との事でした。体感覚は不自然を嫌い、武道的リラクゼーション運動を行うことによりナチュラルに催眠状態に入ります。
そして、カウンセリング。
百々部長は以前にも2回ほど武道カウンセリングを受けているので安心感を抱いているのか、すぐに深い催眠状態に入ったようでした。
近頃の百々部長はうつ病に悩まされていました。私も同じ寮で生活しているので、とてもつらそうな所を多々見ています。
『武道カウンセリング』を通し、

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 15:40 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年09月19日
長沢先生がラオス修練所から一時帰国
DSC_0332

ラオス修練所の寮長、長沢清彦先生が日本に一時帰国し、本日、またラオスへ旅立ちました!
日本には1週間ほど滞在しました。
「日本は寒い!」と言っておりましたが、長沢先生には、ラオスの気候の方が合っているのかも。若々しい!
[ 投稿者:budo at 13:13 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年09月15日
ラオス修練所から修練生が帰国!よく頑張った!
image

ラオス修練所で、修練生としてがんばってきた永野隼都(帰国後は4級、15歳)が、1年半の過酷な修練生生活を経て、9月13日(土)に日本に帰国しました。
ラオス修練所に赴いた頃は、体も小さく線も細かったのですが、日々の稽古により、筋肉も付き、心身共に逞しくなりました。
今後は、空手道禅道会の総本部に研修生として住み込み、稽古や勉強に精進します。
また、10月26日(日)の全日本jrRF空手道選手権大会に出場し、修練生生活の検証と優勝を狙います。今後が大変楽しみです!
[ 投稿者:budo at 14:09 | ラオス修練場通信 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2013年07月09日
ラオス修練所より
校舎前

6月10日(月)に、ディヤーナ国際学園副校長の長沢先生がスタッフと学園生徒を連れて、川村仁さん(JICA勤務)に会いに、ハークゲオ幼稚園小学校に行ってきました。
ビエンチャンへ向かう途中でのインド大使館(メコン川とは反対側)のある交差点を右折して、各国の大使館がある中の中国大使館の近くです。
そこから見える白い建物が校舎で、綺麗なラオスには珍しい日本風の白い校舎です。
午後2時の待ち合わせで遅れることなく、また川村さんが丁寧に迎えていただけました。この学校は、川村さんは裏方でラオ人の奥さんが主に運営をしているようです。今のところ全校生徒は19名で数が少ないのは校舎の建設が遅れ、宣伝が出来なかったためとのこと。

今の生徒は、日本大使館の近くにある日本人運営の幼稚園の子供たちが通っているようです。将来(近々)は中学校(ラオスでは珍しい)も付属し、全校生徒300〜400名にしたいとのこと。
授業は、英語・日本語・ラオ語でその他ラオスの教育のメニューも教えているようです。英語は、フィリピン人男性が教えており、やはり欧米人より講師料を安く出来るためだとのことです。日本語は日本人の先生が2名おり男性で、ラオスの天理日本語学校から派遣されているようです。他1名日本の女性の先生がいます。

長沢先生が、私たちが協力できることを伺ってみると、放課後など空いた教室を利用して、様々な教室を開きたい考えがあり、私たちには空手教室をお願いできればと言われたそうです。

そこで、最初は、空手がどういうものか、ということで、ハークゲオ幼稚園小学校で7月26日(金)に演武会を開催することになりました。

小1の教室

[ 投稿者:budo at 10:42 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年08月24日
三浦指導員ラオス修練所へ行く
道場2

7月27日(金)〜8月6日(月)の間、ラオス修練所に行ってきました。
浪崎 純師範代、青木 優樹指導員に稽古を通して技を教わり、ラオス文化についても教えていただき、ラオス料理もおいしく、いろいろと勉強となる良い旅となりました。

画像 068
[ 投稿者:budo at 12:38 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年05月05日
ラオス通信 2012.4月
ラオスの春は、鮮やかな緑と真夏の日差しに照らされて・・・

ラオス通信が届きました・・・。

・・・・・・・・・・・

日本の皆さん、こんにちは。
ラオス修練所寮長の青木優樹です。
2012年の4回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください。

さて、この記事が掲載される頃には日本は桜の季節を終え、木々や田畑に緑が深まる頃合でしょうか。
昨年同季節にも書いたやもしれませんが、ラオスはこの4〜5月頃が1年の中で1番暑い時期で、35℃を越す熱気の最中、屋外道場にて稽古する日が増えてきました。
その少し前、12〜3月頃までのラオスは年間で最も気温が低い時期なので、体の感覚では寒い(といっても20℃強程度はあるのですが)冬から熱線厳しい真夏に急激に移り変わったようで、身体には堪えるようです。

それでは、また来月・・・・・・
[ 投稿者:budo at 10:45 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年04月02日
ラオス通信 2012.3月③ おまけ
おまけ:近所で生まれた仔犬たち♪

ラオス修練所の近くの家で生まれた犬の子供たち
[ 投稿者:budo at 11:24 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012.3月②
②余裕を持って見渡すと、綺麗な空も見えてきます・・・

■ラオス修練所レポート3月分 その② 
【青木優樹 技術感想文・・・後編】

囲碁というゲームは、物凄く大雑把に説明すると『相手の陣地を潰し、より広く多く自分の陣地を作るゲーム』です。

前編の敗北の後、負けたままでは引けないような気がしてきたので何度か対局し、その都度返り討ちにあって割と本気で悔しかったわけですが、さて、猪突猛進して勝てるものでもないですし、少しは頭を働かして勝ち目を考えねば。
思い返すと、自分が隅で小さな陣地を維持するために時間を費やしている内に、気が付いたら別の広い陣を作られたり、自由意志で石を置いている様で、後になると誘導されていて陣地を取り返されたりする場面がよく見られました。

さて、この時ピコンッ! と閃きが湧き、ここでやっとこのブログの本題である空手の技術と繋がるのですが、組み手をしている最中でも、自分の場合は特に、相手の動きの『部分』に意識が固着し、『全体像』を見ていない内に別の技を受けてダメージを受けたり敗北を喫するパターンが多くあるなぁ、と気付きました。

また、空手に限らず、自由意志で動いているようで、気が付けば相手に誘導されており、相手の手の平の上で踊らされている、などという事はよくあります。
組み手で言えば、頭部への左フックで意識をそちらへ向け、対角線の遠い位置を蹴る右ローキックというコンビネーションや、寝技では横四方固めで腕絡みを仕掛け、対応してきた相手の動きに合わせて、反対の腕に腕ひしぎ十字固めを狙いに行くなどと同じ感覚でしょうか。

思い返せば返す程、細かな事象に囚われて大局を見落とす事が、自分にはよくありました。
木を見て森を見ずという慣用句が古くからあるように、人間、そういった傾向に陥りやすい要素が、時代を越えてもあるのでしょうね。

さぁ、そんな風にちょっとした気付きから、ちょっとだけ意識を変えてみると、流石に地力が違うので安易に勝たせては貰えませんが、それでも初めの対局と比べると善戦する部分もちらほら出てきてみたり。
そして、ちょっと気分が良いそんな時に、生徒・I君の一言、
「寮長、気楽に遊びでとか言って、実はかな〜りマジですね」

さて、I君を引っ叩きながら思い出すと、この月、小沢首席師範が自分にしきりに「大局観を磨け」と仰っていましたが、たまたま碁を打っていた姿を見てそこまで読んで・・・いや、まさか・・・。

※なお、ラオス修練所に関する情報は・・・
①ラオス修練所ホームページ
 ②NPO法人日本武道総合格闘技連盟ホームページ&月間ブログ
 ③季刊誌YU(年4回発行)内の『ラオス修練所通信』
・・・概ね以上の3つで紹介しております


それでは、また来月・・・・・・
[ 投稿者:budo at 11:23 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012.3月①
①ちょっとティーブレイク・・・青木優樹

■ラオス修練所レポート3月分 その① 
【青木優樹 技術感想文・・・前編】

日本の皆さん、こんにちは。
ラオス修練所寮長の青木優樹です。
2012年の3回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください。

空手とは直接関係無いのですが、最近、一緒に生活している子が持ってきた囲碁で遊ぶ機会が何度かありました。
さて、囲碁というと自分が小学生の頃、週間少年ジャンプで『ヒカルの碁』という漫画が流行っていた事を思い出します。
当時、勉強嫌いだった(今もですが)自分は、漢字の読み書きが本当に苦手で、友人に
「何このヒカルの『墓』って、この幽霊が友情と努力で鵺野先生にでも勝利するの?」
などと聞いて失笑を買ったものでした。今回の感想文には一切関係ありませんが。

いや、しかし、漫画の力は偉大と言いますか恐ろしいと言いますか、その頃に小中学生の間で囲碁が流行り、全く漫画を読んでいなかったにも関わらず何となくクラブ活動で囲碁を選択し、この時点で平成チルドレンとしての若々しさを持ち合わせない昭和カラーの渋い人格形成をするに至った様な気もしますが、その話はまた別の機会に。

さて、実に関係の無い話は置いておいて、囲碁はその頃に1年位遊んだだけだったので、石や碁盤に触れるのは実に10年以上振りです。
相手はアマチュアながら段位を持っている子で、始める前から負け戦の気配が漂っていましたが、まぁ、気晴らしに遊ぶ程度、ルールを思い出しながら気楽に楽しもう、と軽いつもりで相対しました。

そして始めてみると・・・。
あら。
あらら?
あららら!?

何だか予想していた以上にアッサリ敗北してしまう寮長でした。
勝てるとは最初から思っていませんでしたが、いざ負けるとやっぱり悔しい!
何とか一矢報えぬものか・・・。
[ 投稿者:budo at 11:21 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年03月08日
ラオス通信 2012・2月 ④
■おまけ写真・・・ラオスの植物は可愛いですね♪

今月もおまけ写真が届きました。
可愛いラオスの植物の写真だそうです。
[ 投稿者:budo at 13:47 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信2012・2月 ③
③浪﨑 純師範代

■ラオス修練所レポート2月分
その③【浪﨑 純 今月の所感文】

今月で2回目の書き込みとなる、修練生の浪﨑 純と申します。
さて、ラオスは涼しく過ごしやすかった乾季も終わり、日中の稽古時間は既に30度前後はあるようです。

2月の首席師範来訪時には、技術アドバイスに加え心理学講習も行って頂きました。
どちらも、非常に意義深い内容でした。
日本は寒さ残る季節でしょうが、皆さまお体にご自愛くださいませ。

※なお、ラオス修練所に関する情報は・・・
①ラオス修練所ホームページ
②NPO法人日本武道総合格闘技連盟ホームページ&月間ブログ
③季刊誌YU(年4回発行)内の『ラオス修練所通信』
・・・概ね以上の3つで紹介しております

それでは、また来月・・・・・・

[ 投稿者:budo at 13:44 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012・2月 ②
②修練所の、とある日の昼食の一部♪

■ラオス修練所レポート2月分 
その②【修練生:青木優樹 技術感想文・・・後編】

「怪我をした時ほど、稽古は休んではいけない」

これは、自分の師匠である今津陽一支部長と、師であり叔父でもある青木伸明副支部長に、中学か高校生の時に話された言葉です。
当時はどんな状況・環境でも休まず稽古をする、根性論的なニュアンスなのかな、と捉えていましたが、今になってもっと別の意味があったのだなと考えを改めました。

さて、怪我で対人稽古が出来なくとも、基本移動稽古や座禅、立禅といった1人で行う動作であれば、多少の違和感はあっても実施することが出来ます。
そんな中、普段と違う状況ゆえに、また、怪我ゆえに元気に身体を動かす事が出来ない分、自身が今どう動いているのか、普段気が付かない部分に目が向きやすくなる感覚に気が付きました。

また、座禅などを行っている最中など、本来は無念無想が正しいのでしょうが、頭の奥から様々な記憶や思考が綯い交ぜに沸き上がって来て、よく思い起こせば同じ箇所を怪我する事が今まで多くあったな、と思い至りました。
その時の事をよくよく掘り返してみると、何かと上半身の筋力に頼った打撃や組技を多用する事や、練習相手の体格や力量に関わらず、力に対して力で対抗してしまう癖がある事、その他の状況や体調など様々な複合要素が絡まりあって、一見偶然のような必然的な、自身の技や個癖、我が大きく関係しているとしか思えない法則性が垣間見えた様に感じました。

「我より起こる怪と書いて怪我! フフフ、よく言ったものだ・・・」

この後調子に乗って救急車にバックで轢かれる予兆ですが、ラオスではあんまり救急車を見ないので多分大丈夫かと。
これら以外にも、怪我ゆえに無理をする事が出来ない事によって、逆により効率的で、より身体に無理のない動きに気付く事があり、よく言う「怪我の功名」とはちょっと違いますが、悪いことばかりではなく、意外と面白い発見もあるものだなぁ、と感じます。

色々と気付きもあり、怪我も治り、再び万全の態勢で稽古に臨み、
コキャッ・・・
「あ、痛ーっ!」
(そして冒頭へ戻る・・・無限ループって怖い・・・)
[ 投稿者:budo at 13:42 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012・2月 ①
①外国人と英会話:青木優樹寮長(22歳)

■ラオス修練所レポート2月分
その① 【青木優樹 技術感想文・・・前編】

日本の皆さん、こんにちは。
ラオス修練所寮長の青木優樹です。
2012年の2回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください。

さて、自分がラオス修練所へ来て2年余りが経ち、3年間の修練期間も残り10ヶ月程となりました。
ほぼ休み無く、ただひたすらに稽古を積む毎日は、思い返せば長くもあり、また短くも感じられます。
そんな中、己の技に目を向けると、特に月に1度来訪される小沢首席師範の入神の技をお見せ頂く度に、自身の未熟を痛感してしまいます。
そういった時には、何となく焦りのようなもので気が逸ってしまい、これまでの時間があっという間に感じられ、また、残りの期間が短く見えてしまうものです。

そんな時に限って、いや、そんな時だからでしょうか。
心が揺れている時、無理をし過ぎる時には怪我をしやすく、対人稽古中に首を痛めてしまいました。
武道に限らず、そして身体を動かす競技などに限らず、心が不自然体でいると身体の動きにも影響が現れ、怪我という現象に現れてしまいます。

そして困った事に、首が動かなくなると大概の対人稽古は出来なくなり、益々焦りを感じてしまい、心の揺れ幅が大きくなってしまいます。
実は、怪我をしたお陰で稽古で楽できるかなフヒヒ、などと邪魔な事を考えたりもしてしまうのですが、とりあえずそれは置いておいて・・・。
怪我そのものの問題だけでなく、それに引っ張られて心身共に色々な影響が出てしまうものです。

しかし、そういった状況の中だからこそでしょうか、新たな気付きや発見があったりもするのです。

[ 投稿者:budo at 13:37 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年02月10日
ラオス通信 2012.1月 その4
■今月のおまけ写真・・・ラオス修練所寮&屋外道場♪

ラオスの指導員2名の背中の写真が続きましたが・・・
おまけ写真も届いているので、これもアップします。

禅道会の修練所の正面の写真です。
この写真でよかったです。
[ 投稿者:budo at 19:27 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012.1月 その4
④浪﨑 純師範代(38歳)の背中

【その④ 今月の所感 浪﨑 純・・・後編】

さて、今回の技術的な主題でもある『歩法』に関してですが・・・

首席師範のウォーキングは『ゆったりに見えて速い』です。
そして、技も『一見ゆったりに見えて、ありえない破壊力』です。
私自身の体現?・・・来世に持ち越したくないので修練生になったわけで・・・。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 19:26 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012.1月 その3
③浪﨑 純師範代(38歳)

【その③ 今月の所感 浪﨑 純・・・前編】

ブログ読者の皆さん、はじめまして。
ラオス修練所で青木優樹寮長と共に、第1期修練生として修練させて頂いております、浪﨑 純(なみさき じゅん)と申します・・・今回がブログ初執筆となります。
 武道は奥が深くて未だによく分かりませんが、首席師範の薦めもありますので書きます。
 
 なお、技術解釈のようなものではなく、稽古や生活全般の所感を書かせて頂きました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 19:24 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2012.1月 その2
②青木優樹寮長(22歳)の背中

【その② 今月の技術感想文  青木優樹・・・後編】

その後の先生の姿勢を見て、辛うじて右上段回し蹴りだったことを理解し、本来自分の左側頭部へと当たるものを途中で軌道修正して頂き、ガードへ当たったと感じ取った。
もしも、勢いを殺がれず当初のエネルギーそのもので頭部に衝突していたら?

そこまで理解して、背筋に冷たいものが流れ落ちた


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 19:22 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]