掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2014年11月01日
2014全日本ジュニアRF武道空手道選手権大会
開2

10月26日(日)長野県岡谷市おいて、2014全日本ジュニアRF武道空手道選手権大会が行われました。
この大会は、他団体の選手をはじめとし、当団体の選手が参加する400〜500名の大規模な大会で、全国各地より選手が集まり、頂点を目指すマスク付きのフルコンタクト空手のジュニア全国大会です。今大会を目標にして1年間稽古を頑張り、又、昇段をかけている選手も多く、特に上級者は毎回激しい白熱した闘いとなります。今年も多くの選手がエントリーしてくれました。子供達も朝から緊張の面持ち。

開会式のオープニングには、地元中学校の吹奏楽部によるロッキーのテーマソングの生演奏から始まり、続いて、大会実行委員長の今津陽一師範代が、迫力のあるブロック割を披露してくれ、会場がどよめきました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 17:26 | 全国大会 RFアクセス空手道選手権 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス修練所の永野隼都選手が健闘!!
a2adb03d-s[1]

禅道会のラオス修練所において、修行を行って夏に帰国した、現在は禅道会本部道場にて研修生となり、日々稽古に励んでいる永野隼都選手が、10月26日に開催された全日本RFジュニア空手道選手権大会に出場しました!
この大会は、総勢500名エントリーと言う国内でも注目のビッグイベント、長野県岡谷市で行われました。永野君は大会のエキスパートルール部門に出場!(エキスパートルールは打撃、投げはもちろん、関節技も入った上級者向けのルールです。)
ラオスから帰り、初の日本での大会です 。また、試合経験はほとんどありません。ラオスで培われた技術が華を咲かせるのか?!
準決勝 相手は諏訪支部の田口選手。田口選手は幼少期から空手をはじめ、勝てない時期があったものの、諦めずにその時期を乗り越えた結果、小学校高学年に上がった頃からめきめき頭角を現し、努力を重ね大人顔負けの技術を持った選手となりました。全日本優勝経験の実績も持っており、永野選手にとっては強豪選手!

試合開始!!
序盤から田口選手がペースを掴む、打撃、投げともに隼都選手は完封されつつある。
寝技でもポジションを取られつつある。これはちょっと厳しいかな・・・さすがに経験の差は埋めずらいのか・・・と思った次の瞬間、バックのような状態から一瞬で腕十字を決めた隼都選手!会場は凄い歓声!最後まで諦めなかった隼都選手の、堂々の一本勝ちでした。

決勝戦 静岡浜松支部の細谷選手、中学3年生でこの大会で中学は最後だと話をしていたものの、その世代を牽引して頑張ってくれた選手であり、前大会もレギュラールールで優勝を果たしている優勝候補筆頭選手!中学最後の試合、有終の美を飾りたいところ。

試合開始!!
お互い牽制が続く。隼都選手がテイクダウンをしに組み付くが、細谷選手にうまく崩され返される。ポジションをキープされ、再びスタンドへ。お互い果敢に攻めるも時間切れ。結果は、細谷選手に軍配が上がった!
悔しそうにしている永野選手だったが、
「次の試合も出ます!」と一言。
ラオスでの稽古の日々を思い出すと同時に、多くの人に感謝すると共に、自分に少しだけ自信がもてた様子であった。
今後の彼に期待したい!(中島先生より)
[ 投稿者:budo at 15:26 | ラオス修練場通信 | コメント(1) | トラックバック(0) ]