掲示板お問い合わせランダムジャンプ

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2012年01月26日
中部地区空手道禅道会技術講習会
技術講習会①

1月15日(日)諏訪支部で、中部地区技術講習会が行われました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 13:56 | 技術講習会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月16日
運営会議
会議1

1月15日(日)
空手道禅道会の運営会議は、毎年4回行われているのですが、今年最初の会議が高森町で行われました。
議題は盛り沢山。
今回も、長い会議となりました。
[ 投稿者:budo at 15:01 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

心理学講習会
横浜心理学講習会

1月12日(木)
横浜支部綱島道場で、小沢先生の心理学講習会が行われました。
指導者と希望道場生が参加したのですが、みな、真剣に耳を傾けていました。

[ 投稿者:budo at 14:48 | 講演会 理事長・副理事・理事 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

昨年の少年部のクリスマス会
クリスマス会2
クリスマス会

これも、アップするのが遅くなってしまいましたが・・・

12月後半、各地区でクリスマス会が行われました。
この写真は長野県下伊那地区のクリスマス会の様子です。
今回も、指導員で「空手ライダー禅シリーズ」の寸劇が行われました。
[ 投稿者:budo at 10:30 | 青少年健全育成行事 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

初の静岡富士道場の審査会
静岡審査会2
静岡審査会1

アップするのが遅れましたが・・・

昨年の12月23日(金・祝)
静岡県富士道場で、初の昇段級審査会が行われました。
人数は少なかったものの、1人1人が大きな気合いを出し、元気のある審査会でした。
[ 投稿者:budo at 10:25 | 昇段級審査会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月10日
小沢師範のブログ 99
99-1

(12月19日分)
本年も残すところあとわずかである。12月第1日曜日には中部地区交流試合と茶帯トーナメント、そして試合終了後には今年1年を締めくくる空手道禅道会大忘年会が行われた。交流試合も、関東・東海・九州・広島と全国各地で開催されるようになり久しいが、この12月の茶帯トーナメントには全国各地より選手が多数長野県へと集まり、毎年熱戦の数々に会場は歓声を沸かしている。今年の優勝は松本支部の2級の青年が勝ったのだが、試合に出場しては負けていたものの、コツコツと努力をし、諦めることなく試合に挑戦してきた成果が花開いた。忘年会の時、彼は、試合中に共に稽古をした仲間や先輩達の声が沢山聞こえてきて頑張れた、と感謝の気持ちを語り、涙した。会場からはあたたかい拍手が湧きあがった。

99-2
[ 投稿者:budo at 13:24 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 98
98-1

(12月5日分)
今までのディヤーナ国際学園は、日本とフィリピンカブヤオの学園寮で『青少年自立
支援コース』『通信制高校サポートコース』の2つで行われていたが、来春には、我 が学園に新たな部門として、新たに大学推薦入試の際に役立つ『海外英語留学コース』を開校する運びとなった。現在、新コースに向けての準備段階であるが、この「海外英語留学コース」はフィリピンのボラガイ島に滞在し、英語中心の学習とボランティ活動を通じ、人間力や国際感覚を養っていく。世界のビーチベスト10に選ばれたと いう4キロもの「ホワイトサンビーチ」があるボラガイ島。日本から比較的近く便利なのに、これほど極上の海があるとはまだまだ知られていない島である。こんな環境で英語が学べたらなんて素敵なことだろう。

98-2

[ 投稿者:budo at 13:22 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 97
97

(11月21日分)
昨日タイから移動し、現在、フィリピンにあるディヤーナ国際学園に滞在している。 今週24日に日本に帰国する予定ではあるが、帰国後も、その足で全国各地で行われ る当連盟の行事や新規相談者面談等に向かい、スケジュールが目まぐるしい。
本年後半から私が最も力を入れていた活動が、全国各地における『教育講演会』の開催である。主には支部道場長からの依頼から開催されるのだが、今日は九州、明日は大阪と飛び回っている。子育てに悩む御家族も多い。人間の脳や心の構造、成長段階に合わせてその人を形作る心の根幹の部分がどのように変化していくかについて、誰 にでもわかる基本的な説明を踏まえながら、時には我が弟子の例を取り上げ、話をさせて頂く。『教育講演会』ご希望とあれば、全国各地に伺いますので、お問い合わせ頂ければ幸いです。
[ 投稿者:budo at 13:21 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 96
96-2

(11月7日分)
10月30日(日)に当団体主催のマスク付きの全国大会が行われた。毎年500〜600名が参加する大規模な大会であるが、年々レベルが上がってきており見応えが増してきた。会場入口では、毎年のことながら、禅道会の後援会の皆さんが出店(収益はチャリティーに寄付)を開いてくれ、又、今年はJA全農長野さんより出場選手全員に牛乳を提供して頂いた。
 勝敗も大事ではあるが、すべてではない。今日のこの日の気持ちを大事にし、また、稽古に励んでもらいたい。

96
[ 投稿者:budo at 13:20 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 95
95  絶品のカオピヤック(セン)約70円!!

(10月17日分・・・)
月に1度、空手道禅道会ラオス修練所に赴く。ラオス来訪における楽しみの一つとしては、やはり食文化が挙げられるだろう。
ラオスの麺類は実にうまい!!行きつけの店は、「ブン・ハッ・ヴィーの店」。何店舗も食べ歩いた結果、この店がダントツである。ラオスの麺は自国特産の米粉を使ったものか、小麦粉を使ったものであるが、米粉の麺類の方が種類も店舗消費量も多いように感じる。代表的なものには『柔らかい米麺』、『細い米麺』、『小麦麺』、『太い米麺』『醗酵調味料系サラダ米麺』等がある。
私はこのカオピヤックという『柔らかい米麺』を好んでよく食べる。(日本円で約70円)丸鶏や豚骨で出汁をとったスープ、塩や調味料で極サッパリと薄味に整えて提供される一杯であるが、東南アジアのこの手のスープにしては比較的コクが強く、それでいて癖は無いという秀逸な作品である。日本のラーメン界は、この15年ほどでスープの苛烈なイノベーションにより、かなり濃度や個性の強い麺屋が増えてきたせいか、東南アジアの実に素朴な味を口にすると、物足りないどころか、結構腑に落ちる安心感を憶える。このお店の特徴として、特有の肉団子に加え、トンポーロウ(皮付きの本格的な豚バラの煮込み)で使われるような皮付きの豚バラ肉がチャーシューのように添えてあるのだが、皮目をカリッとするまで揚げてあり、その香ばしい香りと食感が、この一杯の完成度とアクセントに星2つアップの印象を与えている。是非、皆さんにも食べてもらいたい。
[ 投稿者:budo at 13:18 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 94
94-2

10月2日(日)に当団体の一大イベントであるリアルファイティング空手道選手権大会が行われた。前日に海外出張から帰国した私は、空港からそのまま長野県白馬村へ向かった。白馬村は北アルプス山脈の雄大な自然に囲まれ、標高の高い所から徐々に紅葉が始まってきており、思わず美しい景色に心が和んだのだが、車を降りた瞬間、南国とは真逆の気候に体を震わせた。
大会は、実に面白かった。マスターズの層も厚くなり、青年男子に、負けず劣らずの試合内容であったし、青年男子の頂上決戦も見応えがあった。技術的にはまだまだの選手はいたものの、根本的にはその選手の想いや心が大事で、今大会の試合では、選手達の心が出ていた試合が多く、大変満足している。負けた選手も勝った選手も自分の課題を持ち、精進してもらいたい。

94-1
[ 投稿者:budo at 13:16 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 93
93

次号のYU掲載予定で、元オリンピックメダリストでスペシャルオリンピックスの理事長を務める有森裕子さんとの対談が実現した。彼女は同じアスリートとして、障害の枠を超えて頑張っている彼ら達の力強い応援団である。それは、彼女自身の育ってきた環境や出会って来た人達との関係性が大きく影響しており、チャンスを頂いたから頑張れた自分達が、障害があるというだけで普通のことが出来ないとみなされてしまう多くの人達に、スポーツを通してその壁を超え、同じようにチャンスをもらえる人達を育てていこう、という、ごく自然な活動であると言われた。
彼女がかつてオリンピックのマラソンでメダルを獲った時、「初めて自分を褒めてあげたい」という名言を残した。私は、このことが、自分の全てを受け入れるという意味での彼女の現在の教育活動につながる原点ではないかと考えていた。しかして彼女は、私が取り組んでいるのは、常に相手の存在があり、
゛共に育つ゛共育であると話された。少年院や刑務所訪問、毎年行なうキ
ッズキャンプを通して、今の日本の子供達に伝えたいことは何か?等、大変面白い対談であった。次号は9月末発行予定、多くの方々に是非読んでもらいたい!
毎日忙しい日々ではあるが、10月第1日曜日に行われるオープントーナメントVTリアルファイティング空手道選手権大会を大変楽しみにしている。
(会場 長野県白馬村のウイング21)
[ 投稿者:budo at 13:15 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 91
91-1

(8月15日分)
このブログにも以前書いたが、昨年の5月、病院で医者に末期の胃がん、更に余命2ケ月と診断された私の弟子の日下君が、8月8日、享年40歳にしてこの世を去った。「生きる」ということを最後まであきらめず、病気と真剣に闘った。この間、一度も取り乱す事なく、一度も弱音を吐くことなく、私が見舞いに行くと、どんなに体が辛くても、本当に「ヒラリ」と起き上がり、背筋をピンと整え、「お忙しい所、すみません」と私に気を使う彼に、少し複雑な気持ちになったものだ。5年前、 空手道禅道会 フィリピン道場長となる 為に、骨を埋める覚悟でフィリピンに渡り、ディヤーナ国際学園スタッフとして多くの生徒と関わり、寝起きを共にし、真正面から生徒達にぶつかっていった。彼は複雑な家庭に育ったが、少年部の子供達や学園生徒達に愛され、仲間に愛され、葬儀には多くの人達が各地から訪れた。彼の人望であろう。諸行無常、生者必滅会者定離というが、私達は誰もがこの世に生を受け、やがて終わる時の来る限られた命を生きている。彼が教えた多くの生徒達は、彼の生き方と彼の命を通して、きっと自分の役割を果たし、懸命に生きていくことだろう。
[ 投稿者:budo at 13:14 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 90
90

(格闘王国に掲載せれている8月1日分のブログ)

当連盟が今年行う大会は東日本大震災復興支援として行っている。7月も大変忙しい月で、行事の他、少年大会が2回行われた。
7月10日には、緑・茶・黒帯限定の、すなわち、帯上の少年少女が頂点を目指す「茶帯トーナメント」が行われ、7月24日には、これまた真逆の、帯下しか出場できない「新人大会」が行われた。新人戦には、試合を出場したことがない白帯やなかなか試合に勝てない子供達が参加。努力した成果を出し試合に勝つ喜びを知ってもらいたい、という主旨で企画された大会だが、模範演武として、茶帯トーナメントに出場できなかった黒帯の子供達がワンマッチをするなど、大会は大いに盛り上がった。
武道空手少年クラブも13年目を迎え、幼かった子供達が黒帯になって強く逞しく成長し、又、思わずうなってしまうような高レベルな試合展開に、感無量となり胸が熱くなった。彼らの未来が楽しみで仕方がない。
[ 投稿者:budo at 13:09 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.12月 おまけ
予備写真:仏教国ラオスにも、この数年で少しずつ異文化色が垣間見えて来た!!

仏教国ラオスにも、この数年で少しずつ異文化色が垣間見えて来たようで、
ラオスの青木君より、クリスマス用品の売店の写真が送られてきました。
おまけの写真です。
[ 投稿者:budo at 13:02 | 文化武道交流フェスタ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.12月 ③
③鮨を手に頬もほころぶ:青木優樹寮長

【お寿司の食べ放題♪】

 海外に長く滞在していますと、やはり日本食が恋しくなります。
 特に、ラオス国は日本人が600人強ほどしかいないため、日本食や日本関係の店舗がブームとも言える勢いで出展されている隣国のタイ王国や、日本からほど近いフィリピンとは違い、日本食専門の店舗は首都のビエンチャン市内中心地でも、おそらく10件ほどしかないと思います。

 日本食で一番何が食べたくなるかと言いますと、来た当初と今現在、また年齢性別を問わず1位なのが『すし』です。
 私は『寿司』よりも『鮨』の方が好きですが、ここはそういうこだわりテーマのブログではないので、この話題はスルーします。

 さて、ラオスでは未だ一軒?しかない、お寿司専門店舗の某店へと行って来ました。
 このお店、月曜と水曜の昼と夜に、約950円でお寿司食べ放題になるプランをやっているのです。
 ビールの大瓶が約70円〜80円、麺類1杯が60円〜150円のこの国で、1食に950円は超贅沢価格ですが、初のお寿司ツアー・・・を実現させてみました。
 まあ、950円で贅沢している気分になれるのですから、日本の物価から考えたら、実に可愛いものです♪

生徒達も行きのトゥクトゥク(乗り物)から、いつになくテンションバーンです!!
 
 話は飛んで・・・約2時間後・・・・・・美味しく頂けました。

 長らく日本を離れていますと、日本食と温泉・・・この2つが恋しくなりますね。
 久方振りのおすしに、お腹と心を満たされてお店を出ますと、夜の街を歩く人々を優しく見守っているかのような、まんまるなお月様がいつにも増してまろやかに暖かく輝いて見えたのが印象的でした。

「これで美味しい純米酒があったら更に最高だったな・・・」なんて思いながら暫く月に
見惚れていますと、何処からともなく老人の声が聞こえてきたのですよ。
「黒龍を、もう一度・・・」あれは彼岸からの声だったのかな・・・・・・。



※なお、ラオス修練所に関する情報は・・・
①ラオス修練所ホームページ&ブログ
 ②NPO法人日本武道総合格闘技連盟ホームページ&月間ブログ
 ③季刊誌YU(年4回発行)内の『ラオス修練所通信』
・・・概ね以上の3つで紹介しております


それでは、また来月・・・・・・
[ 投稿者:budo at 12:59 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.12月 ②
②ラオスの一日一年は静かに過ぎ去って行く・・・

【第1期修練生 2年目の終了】

『空手道禅道会伝承者の会』として、2010年1月1日にラオス修練所が開設され、早
いもので2年の歳月が流れました。

第1期修練生として私を含め3名が入寮し、修練所寮の開設準備も兼ねてラオスの地へ
やって来たのは、2009年の12月でしたから、私のラオス生活も2年の月日が経過
した事になりますね。

1人は1年前に卒寮帰国しましたので、2012年より最終年である3年目の修練者生
活には私ともう1名の計2名が突入します。
第1期生の修練期間も残り1年、2012年12月31日(月)で終了し、翌2013
年の1月20日前後の首席師範来訪時に、一緒に卒寮帰国するものと想像されます。

 また、私達2名以外にも、この2年間の間には滞在期間未定で、色々な人達がそれぞれ
の目的で入れ替わりに滞在しておりますが、私自身、様々な人達との縁の中で、良きも
悪きも色々な事に気付かされている毎日です。

残り1年の修練期間、修練稽古に加え、ラオスの文化や風土、更には美味しい物等々も
しっかりと味わって、後悔のない期間を過したいですね。
[ 投稿者:budo at 12:58 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.12月 ①
①生徒に技術指導する:青木優樹寮長

■ラオス修練所ブログ 12月分 その①
【今月の首席師範の技術指導】

日本の皆さん、こんにちは!!
『空手道禅道会 伝承者の会 ラオス修練所』初代寮長の青木優樹です。
2011年の12回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください!!

なお、現在の修練所は9名で寝食を共にしています。

さて、2011年の最終月となる今月の首席師範の技術指導ですが、テーマの主軸は『展開と抑え込み』でした。
 
 このテーマはとても重要ですが、正直言って、ラオス修練所に来る前の私でしたら、今現在の10分の1も意味が解からなかった・・・というか『普遍性』に気付けなかったと思うのですが、この2年間で自分なりにですが、随分と理解力や想像力、そしてポチポチの体現力も付いてきたと思います・・・ポチポチポチポチポチ、、、、、、、、、ですが。

 少なくとも、練り上げていく方向性に1つの遠くに輝く星が見えている気はします。
 この方向性や日々感じる想定や観念がズレ過ぎていると、かなり時間や労力を無駄にしたり、人におかしなことを指導してしまう気もしますので、自分なりにですが、色々な意味で気を付けるようにしていますし、毎月定期的に首席師範の技術を観察したり直接指導して頂けることは、進むべき道に光を翳して頂いている気がします。

 いつもながら、私はブログ上では技術に関して抽象的な事しか書きませんが、実際には結構綿密に机上でも整理整頓したり、日々の稽古や自主トレでは、かなり丁寧に『感じ練り上げる稽古』を大切に行っています。

 さてさて、例の如く、修練生にはクリスマスも正月休暇もありませんので、年末年始も通常通り毎日稽古あるのみです。
 まあ、今は今やるべき事を貫徹するのみです!!
[ 投稿者:budo at 12:57 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年01月06日
新年のご挨拶
20100731160134

新年明けましておめでとうございます。
昨年は格別の御厚情を賜り、暑く御礼申し上げます。
辰年は、「身を立てて天に昇る」「立ち昇る」と言われています。
新しい年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げます。

         特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟 理事長
         空手道禅道 首席師範       小沢 隆
[ 投稿者:budo at 14:33 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]