掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2011年11月05日
学園HPリニューアル!
IMG_2028

ディヤーナ国際学園のHPが新しくなりました!

学園HPはこちら

是非ご覧になって下さい。
[ 投稿者:budo at 12:45 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

広島で教育講演会
111104_1926~01

11月4日(金)
広島地区で2回目の教育講演会が行われました。
[ 投稿者:budo at 10:46 | 講演会 理事長・副理事・理事 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

中部地区技術講習会
gijyutu

10月16日(日)上郷柔剣道場で中部地区技術講習会が行われました。
写真を取り忘れてしまいこの写真しかありませんでしたが、内容的には充実した講習会でした。
[ 投稿者:budo at 10:46 | 技術講習会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.9月 ⑤
⑤第1回 似顔絵大会♪

■ラオス修練所ブログ 9月分 その⑤
【第1回 ラオス修練所 似顔絵大会♪】

 夜の稽古のない修練所では、19:00の夕食後は比較的ゆったりと時間が流れます。
 そんな時は自然とリビングに集まって大きなテーブルを囲み、各々水やジュースを飲んだりしながら、雑談が繰広げられます。
 
 いつも、雑談の中から遊び企画が色々と湧いてくるのですが、今回は詩や小説や絵、更にはマンガまで創作する、修練所の『癒し系オタク不思議少女U』のお絵かきに触発され「自分たちも似顔絵を描いてみよう♪」・・・という事になり、更に、それならば、全員の似顔絵を書いてみよう・・・となり、勢いで『大会』にしてみました!!

 各人に用紙と筆記具が手渡され、お絵かき開始です。
 みんな結構真剣に描いています。
 しかし、ブログ上で当時の様子を記述するのは結構難しいですね。
 理由を言いますと、もくもくと皆で描いているだけなので、記述する内容が地味!!

 お絵かき写真は1点しかアップ出来ませんので参考までに。
 ※添付写真はUの描いた、みんなの似顔絵です

 結果から言いますと、やはりお絵かき慣れしているUの似顔絵が一番上手かったように見えます。
 参考までに、Aさんの絵はとても個性的で独特な盛り上がり評価を見せ、私の絵は比較的上手いと高評価を受けると共に、空白に描いた武器やアニメキャラの絵から、「ゆうき先輩は結構男らしい内面も持っている、もしくは持っていないので憧れている、という人ですね」等と、生徒達にプロファイリングされてしまいました。
 
 なお、一番酷(ひど)かったのは、○○○の絵だったと思います。
 漫F画○郎先生より酷い気がしましたが、中には、仁ママや不○家ペコ、鳥野一家なみに強烈な絵があったので、ある意味凄い画力を持っているのかもしれませんね。
 ・・・と言うか、この人の絵には根本的に悪意が垣間見えます。
 
 まあ、何はともあれ想像以上に結構楽しく盛り上がった企画でしたので、次回は何の大会をやろうかなー・・・と楽しみにしています!!
 
 追記:なお、今月は上記の『第1回 似顔絵大会♪』意外にも、『第1〜3回 ホットケーキ作りコンテスト♪』や『第3回 求む日本の味 ポン酢も手作り鳥鍋会 祖国望郷編』、『第2回 ラオス食材だけで本格的おでん作りに挑戦 苦悩地獄編』等が、修練所寮のリビングにて美味しく盛大に行われました!!
 


※なお、ラオス修練所に関する情報は・・・
①ラオス修練所ホームページ&ブログ
 ②NPO法人日本武道総合格闘技連盟HP
 ③季刊誌YU(年4回発行)内の『ラオス修練所通信』
・・・概ね以上の3つで紹介しております


それでは、また来月・・・・・・
[ 投稿者:budo at 10:40 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.9月 ④
④青木優樹寮長:仲間に散髪してもらう!!

■ラオス修練所ブログ 9月分 その④
【一日の始め方(朝の過し方) その3】

さて、洗面や清掃、水浴び等を終えた後は、内容はその日にもよりますが身体の声に従って始めた『内観系(座禅・立禅・呼吸法・ストレッチ・回し受け、低緩急シャドー、その他)』の早朝一人稽古を、周りが眠りの世界にいる静かな環境状態の内に行います。
但し、この内容は義務感でやると意味が無いので、季節や日によって変わります。
それが終わる頃には、東南アジア特有の雄大な朱色の朝日が、概ね日本の方角の地平から感動的な光を放ち昇り始め、我が身体の奥深くに命の温とみが伝わる、荘厳なる至福の時間を味わう事が出来ます。

一円のお金も必要とする事なく、法悦の調和とも感じる恍惚感を毎朝味わえる私は、早起きは一文の得・・・どころか、何物にも変えがたい創造主からのプレゼントを頂いているかの如き、まろやかにして清爽なる喜びを感じております。
これも『元気玉♪』の一種かしら?

さてさて、その後は修練所寮の起床時間である、06:00頃に起きて来た若い衆と一緒に、朝礼と清掃を行い再び道場入り、07:00に修練生用合同稽古を開始し、正午前後まで稽古して終了・・・という午前中の流れです。

ちなみに、私は稽古前にはどのような時刻であろうとも、基本『水』しか口にしません。
特に一日のスタートである朝は、『IN』よりも『OUT』を重視します。
つまり、呼吸にしろ、飲食物にしろ、身体からの分泌物や老廃排泄物、部屋の不純物(ゴミ)等々、まずは出せるものを出す、洗い流せるものを洗い流す、そして心身を極力『クリーン&純』な状態に掃除してから一日をスタートさせる、特に稽古前には空腹なくらいの方が『空なる感じ(あくまでも感じ♪)』で基本移動稽古がスッキリと行えます。

我が心身を磨く『稽古』、その後に我が身を清める『水浴び(水桶やシャワー、もしくはお風呂の意)』、そして我が身の置き場である部屋等の『清掃』、この『稽古・水浴び・清掃』の3点セットは、私が爽やかに日々を生きる上で欠かせない・・・生活儀式です!!

但し、上記3点に費やす自分磨きに必要な時間は、一日24時間の内のせいぜい5〜7時間程度でしょうから、実際にはそれ以外の日常時間の生き方、命の役立て方も人として重要と言えば重要かもしれませんね。

なお、私の消灯時間は平均すると22:00〜24:00くらいで、休日である日曜日
(朝礼なし)も、05:30〜06:00くらいには自然起床し、平日と同様に自然さんと挨拶、歯磨き、洗面、トイレ、清掃、水浴び、黙想等が休日のスタートとなります。


 以上、「その1」〜「その3」までの3項に分けて紹介しましたが、ブログ読者の皆さんの、日々爽やか新鮮な健康生活の参考になれば幸いです・・・。

[ 投稿者:budo at 10:38 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス修練所 2011.9月 ③
③隣国タイの日本食レストランが、ラオスに進出予定!!

■ラオス修練所ブログ 9月分 その③
【一日の始め方(朝の過し方) その2】

さて、私の一日のスタートですが、目覚まし時計は敢えて使わずに、ラオスの風土や季節感の中で、その日に身体が自然に目覚めた時間(季節や気候、体調等により日々変わりますが、早い日で03:30頃 〜 遅い日でも05:20頃)には起床し、まずは、うがい、歯磨き、洗面とトイレ、自室の清掃、滝に打たれる代わり(滝が無いので)の水浴び等を済ませ、真新しい下着に着替え、スッキリと眠気や俗心を断ち切ります。
そして、辺りが深々と寝静まっている中、一人心静かに正座黙想から一日を始めます。

私が気を付けている起床時のポイントとしては、カーテンを開らくまでは部屋の電気を点けない・・・という事です。
私の場合、他者は勿論、地球人の朝の基準である太陽さんより遅く起きる事も、まず滅多にありませんが、仮に日の出前後の起床であれば、まずは「その日の外の自然の仄かな明るさ(もしくは暗さ)を身に纏い、一日の目覚めとする」というのが、起床してすぐに行う自室清掃や空気の入れ替えと並んで、日々自然を感じ新鮮な心持ちで生きる為の、朝のスタート儀式として大切にしています。

また、日の出前の漆黒の闇に包まれた時刻に起床した場合でも、その日の微妙な空模様や季節感、風の具合、匂い等、繊細な自然の妙を体感するには十分過ぎるくらいの要素が存在していますので、やはり、人工的な蛍光灯等を点ける前にカーテンを開いて、まずは、今日この日、この瞬間の『自然さん』と「おはよう♪」と挨拶&対話してから一日をスタートさせるのが私流です。

不思議な事に自然さんと挨拶すると、その日の自分の体調具合(体幹から指先、内臓から心の様相まで色々と・・・)を極僅かな時間で感じ取れるので面白いですよ。
なお、私がこれらの事を行っている時間は、辺りは未だ眠りの世界ですので、静かに行動するよう気を付けています。

 1つ本音を書きますと「カーテンを開いた瞬間に、オバケや宇宙人と眼が合ったら怖いなー・・・お願いだから何もいないでね・・・」と思って開いているのも事実です。
 大人でも黒帯でも怖いものは怖いですから・・・。
[ 投稿者:budo at 10:37 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.9月 ②
②修練所の御神木と朝の訪れ

■ラオス修練所ブログ 9月分 その②
【一日の始め方(朝の過し方) その1】
 
ブログ読者の皆さんは、毎日どのように朝を過していますか?
 お仕事等によっては朝方、夜型等の方々がいらっしゃるでしょうから、一概にどの生活パターンが良いとは言えないでしょうが、この項では「毎日を誕生日のように新鮮な心持ちで稽古に取り組みたい」と考えている、私なりの一日のスタートの切り方、つまり『朝の過し方』を紹介しますね。
※季節や日によって差異はあります
 
ブログ読者の皆さんの『毎日スッキリ爽やか生活♪』の参考になれば幸いです!!
 
さて、私は『起床から朝礼や稽古が始まるまでの時間が、既にして稽古の一部』と捉えていますので、起床してからの時間の使い方(自称:儀式)を大切にしています。
儀式とは言っても特に大それた事をやっているわけではありませんが、住み込みの修練生活ゆえに、その日の天候や気分に流されて、朝礼時や稽古時に生活感臭さが出ないように気を付けています。
寝ぼけ眼(まなこ)で朝礼に出たり、稽古も移動稽古辺りでやっと目が冴えて来る・・・というのでは、折角の住み込み修練生活の貴重な時間を無駄にし過ぎですものね。

さてさて、修練所の起床時間は06:00・・・と、日本の学生さんや社会人の方々と変わりない極普通の起床時間ですので、特別朝が早くてキツイと言う事はありません(参考までに、禅道会本部研修寮の起床時間は05:30です)。
起床係が各部屋を回り起床し、洗面等を済ませ朝礼(黙想、道場訓の唱和等)、清掃、稽古準備、合同稽古・・・という流れですが、実情を見ると一部の人を除いては05:45くらいまでに自分自身で起床する人が多いです。

学生時代は母親に起こされないと起きない人達(私もそうでした)も、武道の施設である程度の住み込み期間を過ごしていく内に、それなりの体内リズムや自覚意識が出来上がっていくようです。

住み込み修行生活は、通勤や通学もしくは道場通い等の手間がなく、稽古をするには一見便利な環境ですが、反面、生活空間と道場が一緒のため日常感を引きずりやすい点が介在しており、ゆえに、意識の切り替えと共に生活習慣を整えるという留意点は、住み込み修業をする上では(特に若い人は)、結構重要なキーポイントです。
[ 投稿者:budo at 10:36 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ラオス通信 2011.9月 ①
①青木優樹寮長:回し蹴りを練り上げる!!

■ラオス修練所ブログ 9月分 その①

【首席師範の技術指導】

日本の皆さん、こんにちは!!
『空手道禅道会 伝承者の会 ラオス修練所』初代寮長の青木優樹です。
2011年の第9回目となる、月間活動報告をお届けしますのでご覧ください!!

今月も1名の滞在希望者が日本より来訪し、現在の修練所は・・・
◆修練生:5名【青木優樹指導員(寮長)・・・他4名】
◆海外特別研修生:1名
◆滞在者:3名
・・・の計9名で寝食を共にしています。

さて、今月の首席師範の技術指導ですが、テーマの主軸は、打撃から寝技までの全てに共通する『○い○(歩法とも言えるかもしれませんね♪)』と、それに付随して『そもそも破壊力とは何か?』という、武道技術の超重要ポイントと感じる大変に興味深い講習でした。

 なお、私自身が体現も理解も出来ていないので、ここで偉そうに記述する事は控えます。
 ある意味、今回のテーマは『達人』と『強い人』の間にある大きな境界線を越えられるかどうかとも直結する重要テーマだと思います。

 稽古に比較的集中しやすい環境の中で修練に取り組んでいますが、やればやるほど武道の奥深さが底無しに見えて来て、色々な意味で楽しさと苦しみが同居している毎日です。

 ラオスの空模様はとても美しく、日々違う顔を見せてくれます。
 私も日々新鮮な気持ちで、自分と、人と、そして自然と向き合っていきたいものです。
[ 投稿者:budo at 10:33 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]