掲示板お問い合わせランダムジャンプ

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2009年03月30日
新しいTシャツが完成!!
青木師範代がデザイン!!
小沢先生に、
「これ、売れるの?」
と言われたTシャツが、いよいよディヤーナより販売開始!!

色はピンクと黒。

Tシャツ1
Tシャツ2

注文は、青木まで。
[ 投稿者:budo at 11:43 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月26日
空手道禅道会会則研究委員会発足
20090315163255

空手道禅道会会則研究委員会発足について

禅道会が発足して10周年となり、これからの禅道会を
後世に残し次代を担う世代へ武道文化を継承していくた
めに、空手道禅道会 会則研究委員会を発足することと
なりました。

禅道会の古い世代と新しい世代の双方の意見を交換しな
がら会則を作成するため、委員長は空手道禅道会初代総
務部長で最古参の支部長である、岩間真太郎委員長を迎
え、副委員長には当会で一番新しい従たる事務所長の熊
谷真尚副委員長を迎えることになります。
委員には、本部職員と研修生、監事には、各地区の支部
長が加わりました。

現代の日本社会に武道文化・武道教育を残すことは非常
に意味のあることであることを御理解していただき、御
協力の程をよろしくお願い申し上げます。
[ 投稿者:budo at 14:08 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 25
25

リアルファイティング空手道選手権大会、女子の部で活
躍した選手の中には、私が学園長を務めるディヤーナ国
際学園の生徒もおり、彼女達にとっても大きな飛躍の大
会となった。
また、一家を支える主婦として、子を育てる母として、
仕事もしながらこの道に打ち込み、初出場ながら見事な
闘いを見せてくれた選手達の存在が光った。
兄弟でこの道に取り組む少年部は多い。
それが現在は、親子で、また家族でこの道を志す人達も
増えてきており、大変喜ばしいことであると感じる。
時代の変化と共に、親子の断絶が叫ばれる昨今、当学園
に相談が寄せられる子供達の多くが、親子関係に問題を
抱えている。
いつか武道が親子を繋ぐ架け橋になり得ると私は信じて
いる。
[ 投稿者:budo at 13:56 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 24
24

無心で闘う。
そのことの大切さを思い返すのもまた試合の場でなければ
出来ないことである。
あの場所に立った者にしかわからないことが確かに存在す
る。
普段、道場生への指導が中心で、自分のための稽古をほと
んどしてこなかった者達も、わずかな時間であっても、自
らの稽古を重ね、自分自身と向き合うことの大切さを思い
出したことだろう。
私は、彼らの闘いを見ているうちに、気付くと大声を張り
上げて声援を送っていた。
あの頃、右も左もわからずに失敗ばかりしていた弟子達が、
今は自分の道場を持ち、多くの道場生を育て、こうして立
派に闘っていることが嬉しかったのだ。
懐かしい当時の彼等の姿を思い出した。
この上ない喜びの一日であった。

[ 投稿者:budo at 13:54 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 23
23

覚悟を決めて試合の舞台に上るということが、やはりこの
道を志した者の原点なのだと感じる。
現在でも一般男子の部でバリバリ現役として若い選手を斬っ
て落とす古参道場生ももちろんだが、精一杯の闘いを通し
て、誰もが新たな発見をするのだろう。
忘れていたあの頃の、緊張感や恐怖感、やり遂げた後の湧
き上がるような感動と、初めて生まれる相手への感謝の気
持ち。
支部長や師範代クラスになれば、当然一選手としてだけで
はなく、様々なものを背負いながら試合に臨むことになる。
数百名の道場生を抱える支部長であれば、結果を残さなけ
れば道場生に顔向けが出来ないと思うのもまた当然である。
しかし、一旦試合場に立ったら、全て忘れることだ。
[ 投稿者:budo at 13:52 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 22
22

やってくれた!
私の教えてきた最古参の道場生、かつては第一号の研修寮
で厳しい研修生活を送り、共に稽古をしてきた懐かしい日
々を共有し、現在は支部長として数百名の道場生の指導に
あたっている者達が、何年ぶりかで出場した本大会で大活
躍だったのである。
マスターズの部は、ある意味では一般男子よりも熱い闘い
を繰り広げる部門である。
不戦勝のラッキーが重なったとはいえ、見事優勝を飾った
K支部長は、数え切れない教え子達に囲まれ、喜びを分か
ち合っていた。
本大会の実行委員長でもあり、十年間研修生として地道な
修行を積んだS支部長は、大会準備で殆ど寝ていない状態
で試合に臨み、二回戦で惜しくも敗れたが、瞼を腫らし爽
やかに笑った。
[ 投稿者:budo at 13:50 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ 21
21

リアルファイティング空手道選手権大会-その名の通り、
禅道会の最高峰のこの大会は、ヘッドギアにシューティ
ンググラブを着用し、バーリ・トゥード(何でもあり)
に近いルールを採用している。
打撃技はもちろん、タックルや投げ技からのテイクダウ
ン後はグラウンドの攻防があり、一般男子はグラウンド
状態からのパウンドもあり。
高い集中力が求められる緊迫感溢れる試合である。
私は、過去に武道格闘技における闘いが、ルールの制約
に縛られ、真の実践性が追求されないことに疑問を感じ
ていた。
もちろん、安全性を最重視した上で、出来る限りリアル
に、人本来の闘い方が出来る体系を求めてきた。
そして、リアルファイティングが生まれたのである。

[ 投稿者:budo at 13:48 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月24日
ルールが変わります!!2
023

<一般・女子・マスターズ5級以下ルール>

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 15:27 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ルールが変わります!!
024

10周年を迎え、ルールの改善がされました。

少年(年少〜中学生)・シニア(45歳以上)ルール  

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 15:11 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月13日
総会
20090308145934

20090308145909

3月8日(日)高森地区で総会が行われました。
[ 投稿者:budo at 14:49 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009.3月~5月
CIMG1893

2009.3月〜5月 行事日程

<3月>
 1日(日) 飯伊地区昇段級審査会 & 中部地区交流試合
 8日(日) 日本武道総合格闘技連盟 総会
14日(土) 広島地区運営会議
15日(日) 中国地区昇段級審査会
20日(金) 飯伊地区合同練習
22日(日) 関東地区昇段級審査会
29日(日) 運営会議

<4月>
 5日(日) 中部地区技術講習会
12日(日) 東北中信地区少年大会
19日(日) 飯伊地区少年大会
26日(日) 連盟 定期講演会

<5月>
3〜5日(日〜火) 100キロ歩く旅
10日(日) 中部地区グラウンド戦
16日(土) 東北中信地区昇段級審査会
17日(日)     〃
24日(日) 東海地区昇段級審査会
30日(土) 飯伊地区昇段級審査会
31日(日)     〃


 
       
[ 投稿者:budo at 13:12 | 行事予定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月07日
ラオス視察
IMG_0052


『禅道会空手道 伝承者の会〜ラオス施設〜』志願者募集


3月2日(月)〜7日(金)の視察団がラオスへ行ってき
ました。
道場の建物等、視察してきましたが、とてもよかったとの
こと。

小沢首席師範の強い想いから 、修練専用道場を南の国ラ
オスの地に今年から建設する計画を進めています。
料金・期間等については、本部にお気軽にお問い合わせく
ださい。
長野県本部 0265(24)9688
 
1年=(5級に昇級)
2年=(1級に昇級)
3年=(支部長資格の取得・初段に昇段)
5年=(弐段に昇段)
※有段者に限り、首席師範の判断で参段まで昇段可。

28
[ 投稿者:budo at 14:26 | ラオス修練場通信 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

地区大会 第64期中部地区交流試合
しみ3

  第64期空手道禅道会中部地区交流試合

  開催日 平成21年3月1日(日)
  開催場 長野県飯田市上郷体育館 柔剣道場
  主 催 長野県武道総合格闘技連盟
  主 管 NPO法人日本武道総合格闘技連盟


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 13:41 | 地区大会 中部地区交流試合 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月03日
2.22総合空手道選手権東海大会
IMG_0592

 2.22総合空手道選手権東海大会 

 2月22日に浜松武道館にて開催された総合空手道選手
権大会は、総勢7団体が参加。
熱戦に次ぐ熱線で、大会を大いに盛り上げた。
総合空手、伝統空手、フルコンタクト空手、ブラジリ
アン柔術など、様々な流派が集結。
異種格闘技戦的な色あいも強く、技術交流という意味
では大変、意味のあるものとなった。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 15:03 | 武道空手道少年少女地区大会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]