掲示板お問い合わせランダムジャンプ

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2009年01月28日
ディヤーナ国際学園より募集
090127_1446~0002

高森町にある広域通信制・単位制高等学校のサポート校「ディ
ヤーナ国際学園」では、4月・10月入学の生徒を募集していま
す。
3年で全単位修得、本人の学力レベルに応じて指導するなど、
特色ある授業を行っています。
又、この学園では、引きこもり・不登校・家庭内暴力・非行・軽
度発達障害がい者の方達の自立支援もしており、自立をしな
がら高卒資格修得もでき、又、相談も受け付けしております。
ご希望の方は、電話番号0265-35-8615ディヤーナ国際学園
まで、お気軽にお問い合わせ下さい。


[ 投稿者:budo at 14:04 | 引きこもり・不登校・ニート等の青少年自立支援事業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月27日
2009.1月~2月の日程
20090127124310

< 連盟 2009.1月〜2月行事日程 >

1月11日(日) 運営会議及び関東地区道場開き
  18日(日) 中部地区技術講習会
  24日(土) 千曲市にて常設道場開きパーティー
  25日(日) 中部地区第49期グラウンド戦
  30日(金) 指導者強化合宿
  31日(土)    〃
2月 1日(日)   〃
   7日(土) 後援会10周年パーティ IN 駒ヶ根
   8日(日) 理事会
  14日(土) 東北中信地区審査会
  15日(日)     〃
  22日(日) 東海審査会
  28日(土) 飯伊地区審査会
3月 1日(日)    〃     、中部地区交流試合  

[ 投稿者:budo at 12:32 | 行事予定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

常設道場 道場開き
会場


1月24日(土)、長野県千曲市のホテルで常設道場開きが行
われました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 12:09 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

千曲市で常設道場開設
20090124111546

黒岩啓介道場道場長が長野県の千曲・戸倉・篠ノ井地区に常
設道場を開設しました。

道場開きが1月24日(土)に行われたのですが、時間があっ
たので道場開きの前に、皆で道場を見に行ってきました。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 11:45 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月26日
地区大会 第49期中部地区グラウンド戦
トップ

   空手道禅道会49期中部地区グラウンド戦

 開催日 平成21年1月25日(日)
 会 場 長野県飯田市上郷体育館 柔剣道場
 主 催 長野県武道総合格闘技連盟 
 主 管 NPO法人 日本武道総合格闘技連盟


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 14:36 | 地区大会 中部地区グラウンド戦 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月20日
広島で技術講習会
090118_1742~020001
広島支部で技術講習会が行われたそうです。
報告がありましたのでアップします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1月18日(日)に南観音常設道場にて技術講習会を行いま
した。
午前は座学を行い、昼食後に技術講習を行いました。
今回はグラウンドを中心とした講習だったのですが、参加者
も30名近くの参加者でとても活気のある講習会になりました。
終了後には近所のしゃぶしゃぶ屋さんで新年会を行ったので
すがこちらも20名近くの方が参加して大変盛り上がりました。
[ 投稿者:budo at 12:11 | 技術講習会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月19日
中部地区技術講習会
20090118164133

中部地区技術講習会が1月18日に上郷体育館で行われまし
た。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 12:02 | 技術講習会 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月12日
運営会議
20090111152219

1月11日(日)、高森町の龍ノ口会館で、今年最初の運営会
議が行なわれました。
[ 投稿者:budo at 15:15 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月09日
小沢師範のブログ ⑱
18

想像以上の力、よく火事場の馬鹿力(火事が出た時にばあさ
んがタンスを担いで逃げ出した等)と言われるが、人は誰しも
内に秘めた潜在能力を持っている。
顕在能力の何十倍とも言われるその力を、人はほとんど使わ
ないままその生涯を終える。
では眠っている潜在能力を引き出すには、どうすればいいのか。
私達は日々、テレビやネット等から溢れ出る情報の中で埋も
れそうに生きている。
その中から知らず知らずのうちに様々な価値観や常識等を植
え付けられる。
しかし本当に大切な事柄というのは自らの心の内側にあるの
だ。
心の声を聞くには、まず外界から入ってくる余分な情報を遮断
することである。
そして欲や煩悩を切り離すために人は坐禅を組むのだ。
[ 投稿者:budo at 14:23 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑰
17

この夏、大盛況のうちに北京オリンピックは幕を閉じた。
世界の大舞台で活躍する選手達の精神力の強さは、並大抵
のものではない。
もちろん、それまでの血の滲むような努力があってこその成果
なのだが、本番で120%の実力を発揮するために一番大切なこ
は何だろう?
競技であるから当然自分以外の人のことが気になる。
格闘技の試合であれば、どの選手も強そうに見えてきたりす
る。
しかし競技でも武道でも、それはまず己との闘いであることは
間違いない。
競技をするのも闘うのも自分。
競技を通して向き合うのはまず自分自身であるということに気
付くことだ。
他者や記録や結果等にとらわれず、無心で取り組む時、人
は想像以上の力を発揮する。
[ 投稿者:budo at 14:20 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑯
16

無意識の世界10-母子家庭に育ったせいか、私は幼い頃か
ら生きることの先に必ずある死について、そして誰しもが心の
奥底に抱える孤独感について考え続けてきた。
人はほぼ3歳までにその人の中枢となる性格が形成されると
言われるが、そのことに環境因子は大きな影響を与えると確
信している。
乳児〜幼児まで必要不可欠な母親の存在、エディプス期以降
なくてはならない父親の存在。
その他様々な家族という人間関係、家庭という一つの社会の
中で、人は育まれる。
生まれてからしばらくは母子一体型であるが、最近多いネグレ
クト(育児放棄)や虐待などで、この頃すでに母不在となってし
まったの子供が受ける影響は深刻であることは間違いない
だろう。
[ 投稿者:budo at 14:17 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑮
15

無意識の世界9-フィリピンの自立支援施設での研修を経て、
日本へ帰国した青年達が、日々武道の稽古を重ね、試合に
挑戦するまでになった。
警察の介入するほどの家庭内暴力で施設からも見放さ
れた
青年が、周囲の声援を受け一対一の武道の試合で懸命に
闘う姿に会場は沸き立った。
離婚による父親の不在と母親の再婚、行き場のない彼自身
が爆発させた暴力は、自己責任で試合に立ち向かうと
ころま
で昇華されてきた。
自分自身のこれまでしてきたことや、意識の奥深くに存在す
る感情まで受け止められるようになり、ようやく自分自身と
向き合う練習が可能になったのだ。
武道の試合とは、等身大の自分自身と向き合うことに他な
らない。
今がスタートだ。


[ 投稿者:budo at 14:11 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑭
14

無意識の世界8-平成17年より社会不適応者の自立支援事
業を始めて、幼い頃自分が思い描いていた桃源郷ともいえる
フィリピンと長野県を行ったり来たりの日々が続いている。
時代を反映してか、様々な問題を抱えた青少年達が続々と
預けられてくる。
現在のところ一番の悩みはスタッフ不足である。人は誰しも成
長の過程の中で楽しかったり嬉しかったりする経験ばかりで
はなく、悲しかったりせつなかったり、時には思い出したくない
ような辛辣な経験もするかも知れない。
それにしても、ここに来る子達を見ていると余りにも背負うもの
が大き過ぎる。
武道を通しての育て直しを念頭においているが、育て直しが必
要なのは、もしかしたら親かも知れない。
[ 投稿者:budo at 14:09 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑬
13

無意識の世界7-7月。季節は春から夏へと変化している。
夏の夕暮れ、夕立が通り過ぎ辺りが薄暗くなる頃、何処か
らともなく聞こえてくるヒグラシの寂しい声を聞いていると、永
遠ではない時といつか必ず終わりの訪れる命のはかなさを漠
然と感じていた子供の頃を思い出す。
「いずれ死ぬのなら、人は何のために生まれてくるの
だろう?」
思えば幼い頃より、いつまでも答えの出ることのない「
生きる
こと」に対する疑問に苛まれ続けていた。
人生八十年と言われるが、自分自身がその半生を過ぎ、多
くの人との出会い、そして別れがあった。
日々実感する。
人は関係性の生き物、一人では生きられないのだ。
私もあなたも、多くの存在に生かされているのだ。
[ 投稿者:budo at 14:07 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑫
12

無意識の世界6-意識にとって都合の悪い体験から生まれ
た意識は、様々な方法で無意識の彼方に置き去りにされ、押
し込めて蓋をされる。
この『無意識の中にある強い感情を伴ったイメージの塊』
である『コンプレックス』は、日常の中で意識化されることは
ほとんどないのだが、私達の行動や動作、感情に強く影響
を及ぼしているといわれる。
このコンプレックスの全体的傾向が人の意識に強い影響を
及ぼし、性格を形成させているのだ。
十人寄れば十人十色、ということは、誰の無意識の中にも
コンプレックスは存在していてそのコンプレックスに支配され
ないためには、それを意識化することが必要になる。
その意識化のために武道が適しているのである。
[ 投稿者:budo at 14:05 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑪
11

無意識の世界5-人は生まれてから、様々な経験や学習を
通して、言葉の発達と共に、自分という意識(自我)を獲得し
ていくといわれる。
しかし人に起こり得る経験は、必ずしもその人にとって都合
の良いものばかりではなく、人の心は傷付きやすい。
そのため、人は心の成長過程の中で、意識にとって都合の
悪い体験から生まれた意識を、様々な方法で無意識の彼方
に置き去りにし、押し込めて蓋をし、忘れ去ろうとするのである。
そういう意味では、無意識とは意識(自我)が認めたくない思
いや、他人に知られたくない欲求の貯蔵庫とも言えるのだ。
そのような無意識下のとらわれのことを『コンプレックス』と
呼ぶ。
このコンプレックスが曲者なのだ。
[ 投稿者:budo at 14:03 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑩
10

無意識の世界4-人の心の中には、自分では普段意識して
いない「無意識の世界」がある。
自分自身を振り返る時、普段の何気ない言動や動作、考え
方は、実は深層心理(無意識)の強い影響を受けていることが
わかる。
武道をはじめとする東洋の文化は、この無意識を意識が冷
静に観察し、どう取り扱っていくのかがテーマであった。
特に、体力のない者が体力の優れた者に勝つには、心の構
造をよく知り、身体と心の関係性を、自分自身と向き合うこ
との中から理解していくことが大変重要で、「柔よく剛を制す」
を体現するためには必要不可欠なのである。
さらに、あなた自身が、自らの心を成長させたいと願っている
のであれば、武道の道は最適である。
[ 投稿者:budo at 14:00 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小沢師範のブログ ⑨
9

無意識の世界3-今年もこの季節がやってきた。
私の住む長野県の南端では、4月頭にはあちらこちらで桜の
花が満開となり、桜の下で、それぞれが至福の時を過ごす
光景を見かける。
桜の花の命は儚く、ようやく花が開いたかと思えばその花び
らが風に舞う。
今から十余年以上も前に、ランニングコースの桜並木の下で、
私は重要な気付きと出会う。自分自身が抱く悩みや苦しみ
はどこから生まれるのか-?
今ある私を、私の意識を操っているのは何者なのか-?
身も心もバラバラになりそうな感覚に苛まれ続けていた自分
が、長く待ち望んだ桜の花を観た瞬間、瞬間的に、確信的に
感じたのだ。
全ての命の宿命である『苦』は、真理への導きであるのだと-。
[ 投稿者:budo at 13:57 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年01月07日
本部の稽古納め
20081227194249

本部の稽古納めの様子。
基本移動稽古、3時間半かかったそうです。
[ 投稿者:budo at 13:01 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]