掲示板お問い合わせランダムジャンプ

このブログについて
このブログは「日本武道総合格闘技連盟」からの情報をご案内いたします。
http://www.budo.or.jp/

2007年03月29日
かな
青年寮ねこ カナ

長野県本部 青年寮で飼われている猫。
名前は「かな」
[ 投稿者:budo at 23:57 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

小金井常設道場の道場開き
画像 001

★★★★★小金井常設道場の道場開きが行なわれました!!★★★★★

 3月25日(日)第19回関東エクスチェンジトーナメント終了後、
小金井に移動し、小金井常設道場の道場開きが行なわれました。
参加者は人脈の広い西川道場長とあって、多方面からの人がお祝いに駆
けつけて盛大な道場開きとなりました。
司会はもちろん禅道会が誇る名司会、木下幸一氏。今回も絶口調で大い
にこの道場開きを盛り上げてくれました。
会は来賓紹介から始まり、乾杯は西川道場長の元上司である渡部恭三さ
んに音頭をとっ頂きました。

次に演武です。しかし、ここでハプニング!
 

続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 22:58 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

地区大会 第19回カルチュラルエクスチェンジトーナメント
   第19回カルチュラルエクスチェンジトーナメント

   開催日 平成19年3月25日(日)
   会 場 台東リバーサイドスポーツセンター柔道場
   主 催 特定非営利活動法人日本武道総合格闘技連盟 横浜事務所


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 22:02 | 地区大会 関東地区エクスチェンジ | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月26日
ジプニーでGO! Complex&Binan編
画像 016

 現在、長期滞在をされている「ぼくでん」さんに現地の模様をレポートして
頂きました。「ぼくでん」さんの第1弾は、
 〜 ジプニーでGO! Complex&Binan編 〜 です。
ジプニーとは、フィリピンを代表する独自の乗り物。米軍の使っていたジープ
を、15人ほど乗れる乗り合いバスに改造したものです。
ド派手な塗装にブリキのおもちゃのようなデザイン。道路にはこのジプニーが
沢山走っています。乗りたい所で乗せてくれ、降りたい所で降ろしてくれる。
便利で安い乗り物で、庶民の足として大活躍をしています。
「ぼくでん」さんはこのジプニーに一人で乗り、フィリピンを満喫しています。
その模様を是非お読み下さい。

画像 042

第1弾「ジプニーでGO! Complex&Binan編」  ぼくでん

 ショッピングモールの前を次々に来るジプニーの中ならBinanの文字を探し出
し、まだ乗客が誰も乗っていないジプニーに乗り込み、11ペソをちょっと高
いなと思いつつも支払う。乗客が一人もいないとき、適正な運賃を知っているも
のはドライバーしかいないので、勝手な妄想を働かせてしまう。シートの一番前
に座っていたので、後ろの乗客の運賃を運転手へ手渡さなければならない。
乗客に言われる地名が聞き取れないので、運賃やおつりの受け渡しに専念した。
「テンキュー、ポ」
とお礼を言われるとやる気が沸いてくる。

画像 013

20分ほど走り、周りがにぎやかになってきた。ここがどこだか全くわからない。
少し不安を感じ始め、乗客がみんな降りてしまったところで慌てて運転手に
Binanかどうかを尋ねた。危うくBinanを通り過ぎるところだった。




続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 00:14 | 引きこもり・不登校・ニート等の青少年自立支援事業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月19日
月刊「空手道」で取材!!
 東京小金井道場で、月刊「空手道」さんの取材がありました。
その模様です。月刊「空手道」を乞うご期待!!


画像 224
画像 222
画像 221
画像 226

[ 投稿者:budo at 11:41 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

支部長会議及び運営会議
画像 227

        支部長会議及び運営会議

   開催日 平成19年3月18日(日)
   会 場 長野県下伊那郡高森町中央公民館 学習室AB
       PM2:00〜7:30


 今年よりリアルファイティング空手道選手権大会の階級が5階級となる
為、無差別ルールについてルールが見直されたり、その他の多くの議題を
話し合いました。
 終了後、「NHKスペシャル 介護の人材が逃げていく」の番組を観て、
日本の介護の未来について考えました。

★4月には各地区で少年大会、5月には佐山聡氏を向かえて講演会が予定
 されています。
[ 投稿者:budo at 11:39 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

日本武道総合格闘技連盟 総会
画像 210.jpg

 3月11日(日)、長野県下伊那郡高森町山吹にある竜口龍の里会館において、
特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟 総会が行なわれました。
[ 投稿者:budo at 11:37 | 様々なイベント | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月08日
地区大会 第56期中部地区交流試合
集合写真4

     第56期中部地区交流試合

  開催日 平成19年3月4日(日)
  会 場 長野県飯田市武道館 柔道場
  主 催 長野県武道総合格闘技連盟
  主 管 特定非営利活動法人 日本武道総合格闘技連盟



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 13:06 | 地区大会 中部地区交流試合 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

フィリピンで福祉研修生募集をしています!!
s-2

   フィリピンで福祉研修生募集をしています!!

ホスピタリティ溢れる南国フィリピンで将来的に介護、福祉事業に携わることを
目指す福祉研修生を募集しています。
高齢化社会日本では、近い将来、介護事業にたずさわる人が必要不可欠となりま
す。
フィリピンの介護・福祉事業は、世界中で高い評価を受けており、毎年優秀な介
護士が誕生しています。
また政府主導で介護士の養成、福祉事業の充実を進めており、日本政府ともフィ
リピン人介護士の受け入れで基本合意がなされています。

<場所と施設>
フィリピン、ラグーナ洲カブヤオにある日本人ビレッジ。
その中に、10年の歴史を誇る「介護医療付高齢者ホーム」及び介護学校の運営
実績をもつ「ジェロントロジー研究所」が運営するローズプリンセスホームで福
祉研修生を募集します。会長は日本人で言葉の心配もありません。
また、日本人ビレッジ内は、警備会社による万全なセキュリティーと24時間対
応の医療体制が整っています。研修後、福祉事業のスタッフとしての働くための
スキルを学びます。
興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。

    〜 問い合わせ先 0265(35)8615 〜
[ 投稿者:budo at 13:04 | 引きこもり・不登校・ニート等の青少年自立支援事業 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月06日
『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』その4
菓子

   『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』

                   フィリピンスタッフ 西村拓朗


・・・・・・・・・・・・・・・ その4  ・・・・・・・・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 14:36 | 救済支援チャリティ活動 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』その3
先生と子供

『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』

                   フィリピンスタッフ 西村拓朗


・・・・・・・・・・・・・・・ その3  ・・・・・・・・・・



続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 14:22 | 救済支援チャリティ活動 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』その2
玩具1

   『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』

                  フィリピンスタッフ 西村拓朗


・・・・・・・・・・・・・・・ その2  ・・・・・・・・・・


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 14:10 | 救済支援チャリティ活動 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』 その1
takurou

   『フィリピン人、日本人、文化交流フェスタの中で』

                   フィリピンスタッフ 西村拓朗


 平成19年1月20日、空手道禅道会フィリピン道場で「フィリピン人、日本人、
文化交流フェスタ」が行なわれました。
そこで、このフェスタの実行委員長を務めたフィリピンスタッフの西村拓朗指導員に、
その模様を報告して頂きましたので、是非、皆さん読んで下さい。
依頼文字数を大幅にオーバーしている為、4回に分けて掲載致します。
1回目は、フェスタ当日を迎えるまでの模様が書かれています。


・・・・・・・・・・・・・・・ その1  ・・・・・・・・・・


続きを読む ...
 
[ 投稿者:budo at 13:54 | 救済支援チャリティ活動 | コメント(0) | トラックバック(0) ]