掲示板お問い合わせランダムジャンプ

2017年09月23日
10年ぶりの再会@旭川
1
9月20日〜22日に天然有機化合物討論会に参加して研究成果を発表すために札幌に出張。
この後、9月25日と26日は網走の東京農大の共同研究者を訪問することになっていた。

2
で、途中の土日、9月23日と24日に 昔の釣友 Hopper さんと再会する約束をした。
最初は、僕が札幌から Hopper さんが住んでいる苫小牧にレンタカーで行く予定でしたが、僕の旅程を考慮して、Hopper さんが旭川で会おうと提案してくれました。
で、9月22日に道の駅「あさひかわ」に移動。

Hopper さんは仕事を終えて、午後8時には道の駅に駆けつけてくれました。
10年ぶりの再会に涙が出そう。
4
その日は道駅も最終まで粘ってみたが、9時前にホールからは追い出され、早々に車中泊。
明けて9月23日、旭川周辺の河川へ釣行。


5
朝早々に入った流れ、早々に Hopper さんが アラサーとアラフォーのニジマスをキャッチ。僕も同じく三十半ばのニジマスを D-インサイトでキャッチしたのですが、水辺で寝かせておいて撮影しようとする中、撮影前に逃亡。その後、これが悔やまれる厳しい事態になるとは思わず。

7
その後、全然フックアップできす、なんだかスレているニジに非常に手こずりました。昼過ぎにバイトあるも乗せられず。非常にテクニカルで小さなルアーで釣る釣りに戸惑うばかりでした。しかし、この釣りを通して接した自然は私の心の糧になることでしょう。


第一日目は16時には退渓して温泉へ。
そして、道駅「あさひかわ」で再会を改めて乾杯。
10年は長い、でも早い。
お互い変わっていないが、涙もろくなった。それが、老いなのでしょう。

二日目は石狩川の支流の山の中の渓流を釣りました。
8_n
Hopper さんのおかげで、渓流でニジマス釣りました。

8
ものすごく山奥なのに急流にニジマスがいます。
釣り方はかなりテクニカルです。

9
旅先で釣りが展開できるは一重に釣友のおかげです。
そして、今回はサイズはさておき7尾釣れました。

10
獲物のサイズではない。
ロッドを出して歩いた川の風景と
それを囲む自然の匂いは心に刻まれて思い出を醸し出します。

11
遠路はるばる駆けつけてくれた Hopper さんへの感謝の念がつきません。

12
対岸でアラサーニジマスを釣り上げる Hopper さん。

そして、Hopper さんは苫小牧へ、僕は丸瀬布へ。
Hopper さんとの別れ際、固い握手とハグ。
おっさん同士のハグも悪くない(笑)

13
Hopper さんに教えてもらった道の駅、丸瀬布に着いたら、SOULS の車が来た!
夕まずめを運動公園前の川でやってみるが、根性なく僕はそうそうに温泉に行った後、
道の駅丸瀬布で車中泊しました。明け方ずいぶん冷え込みましたが5度まで対応できる
シュラフのおかげでなんとか快眠できました。
[ 投稿者:Landlocker at 15:32 | 釣り | コメント(2) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント
お疲れさまでした!
年を取ったせいか、機動力も弱くなり、

ここ数年、ぼんやりともう会うことも無いかな・・・なんて

思ってたところの再会に感激しました!

こうして会うと最初のからみも初めて依田川で釣りしたことも

昨日のように思い出します。

ホント、あっという間で何も出来ず帰してしまったようで

そのことが心残り。

次こそは!?

まああまり期待しないでください(笑)
投稿者: Hopper at 2017-09-29 20:14:32
> Hopper さん
あっという間になにもできず帰ってしまった? そんなことないですよ。一緒に行って満足できる釣果を求めるのであれば、僕は Hopper さんに最初にお金を払わなくていけません。そして、釣れなくてもほろ苦いが十分素敵な時間が流れました。積み重ねたコラボ釣行があるからですね。それに、釣れる魚はいたのに僕がかけられなかったことは、Hopper さんが証明しています。心残り? 心をいろんなところに残しておくことは、再会への決意なのです!(笑)
投稿者: Landlocker at 2017-09-30 08:03:40

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/80.06/a05144/0000539594.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/80.06/archives/0000539594.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 7 x 4 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら