掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年03月30日
出張
出張の終わりに、丸ビルで昼食。
マンゴートゥリーでタイランチ。
シンハービールは、新婚旅行以来。

F1000009

F1000008
[ 投稿者:Landlocker at 18:34 | 生活 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2009年03月22日
ゲレンデで!
10時40分から峰の原スキー場で望月先生の細板講習1コマを
受講することになってました。実は前売りリフト券が1枚残っていたのです。
が、9時に峰の原に着けばスカーレットラインはリフトが止まっている。
今日はクローズ?レッスンはキャンセルか?
歩いて行くと、イエローラインは動いている。
ゲレンデはどんな?
斜面を滑走して来るテレマーカー発見!「十分滑れますか?」聞いてみた。
「大丈夫ですよ。」とのことで前売り券のラスト1枚に日付を入れてもらう。
イエローラインを3本滑った。ザラメで細板には快適でした。
がっ!強風の中、強行運転していたイエローラインもついにストップ。
レッスン前に、ブルーラインのみ。滑ってみるが、
腐った雪と向かい風で止まっちゃう。ここでレッスンか〜!
ショートターンのレッスンになりましたが、まずスピードが0に近い。。。。
ショートターンできない。
でついには12時ごろにブルーラインも止まった。そしてクローズの宣言!
むむむ、ザラメ雪が勿体ない。

Seal
そこで。。。。ゲレンデをシール登行!
4回登って滑った。スカーレットライン3回、イエローライン1回。
15分程度で登って、5分で下りて来る。4回で約2時間。
スキーやボードを担いで登る人もちらほらいたが、シールは断然楽です。
ゲレンデでシール?強風でリフトが止まったら有効なんですね。
クローズしたスキー場でも有効か?
うん?ゲレンデではなく春のザラメツアーに行くべきか?
[ 投稿者:Landlocker at 23:39 | スキー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月21日
位ヶ原
kuraigahara2

信州テレマークスキー組合の初心者向けツアーに参加した。
9時に国民休暇村第1トリプル前に集合。
凍結道を想定して、上田を6時に出たら、全く凍結無しのアスファルト道で
快適に走ってしまい8時15分に着いちゃった。

リフト3本乗り継いで、位ヶ原入り口から登る。
途中、ビーコントレーニングもやった。初めてなので、ありがたい。
5月のような陽気で汗だく。
滑降、やたらと加速する(汗)。
解けたザラメのようで、隅っこのほうはモナカでした。
信テレの小学生部隊、登りは子供でしたが、滑りは凄い。末恐ろしい。

kuraigahara
近年まれに見る暖冬なんだろうな。
なにが「カマキリの卵が高い位置に産んであるので降雪は多いだろう」だ。
昆虫も予測できなくなってしまったということか。
しかし、これって根拠ないよな。
信じてはいけないのに希望的観測が入ってしまうのか。
あと、何でも温暖化のせいでいいのか?本当か?
マスコミに踊らされているんじゃないのか?
私の子供の頃は氷河期がやってくるって言われていたんだぞ。
[ 投稿者:Landlocker at 20:39 | スキー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年03月14日
特訓
朝、大雨の音で目覚めた。
本日は T.M.N.スキースクールの特別講習会にエントリーしていたのです。
が、上田を出るときは強い雨。テンション下がる。
しかーし、峰の原が近づくとボタン雪が強く降ってきた。
車はスリップしつつ冷や汗。
望月先生にクラス分けしてもらうが、
私はいつも背伸びしたクラスで講習を受けてる印象が強い。
今回もだ。
膝下くらいの重めの新雪を滑る。急斜面やゲレンデ脇の不整地で練習。
午後からは、こぶ斜面、林間、いやというほど転びまくりました。
低い姿勢を心がける。それが全てかもしれない。
あとは、状況に応じた切り替えの妙か。。。。
う〜ん、望月先生〜、レベル高すぎです。これは特訓ですよ〜。
終了時はもう、よれよれでした。

IMGP1579
午前中、雪が激しくなっていく前に撮影。

IMGP1580
午後は晴れたが、どんどん雪は重くなっていく。
この正面のコブ斜面を滑ることになった。。。。4回滑った。疲れた。
新雪が積もっているといえども斜度36度。
コブ斜面嫌い。
[ 投稿者:Landlocker at 21:08 | スキー | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2009年03月08日
Mt. Neko of Today
Neko

今週も根子岳に。
本日は、えむやまさんと。
カリカリのツルツルの斜面にて登っている段階で
シールが効かず後ろに滑ったりした。ホラーです。
トラバース中に滑落しそうになったりもした。

28922021_269668606
これが、カリツルバーンだ!(えむやまさん撮影)

滑走は、カリカリハード、クラスト、モナカ、下の方はようやくザラメ。
ザラメなのかと思えば、突然モナカで板が廻らないで転ける。
大変な思いをしながら下りてきた。気持ちよく滑れたのは牧場あたりから。。。
午後1時30分駐車場に到着。

その後、えむやまさんと渓流にて釣りして帰った。
いや〜、全身運動。くたびれた。
[ 投稿者:Landlocker at 22:00 | スキー | コメント(4) | トラックバック(0) ]

2009年03月01日
菅平牧場
本日は、妻をバックカントリーに連れ出した。
私は、細板セントイライアス。妻は、太めの板シーデビル。
滑りはじめのクラストはセントイライアスではホラーでした。
無理にターンしないことを心がけ、できるだけ板に付いていくような
正対のターンで乗り切る。
途中でスマイルフルな雪になりました。私は低い姿勢を心がけました。
妻のシーデビルは安定しており、
絶対に転ばないような安定姿勢を心がけて滑っておりました。
なによりも妻はご機嫌でした。

St.Elias
私のセントイライアス。

K.tele0
奥ダボスの第3トリプルリフト降り場からシール装着し歩き始めた。
先を行く妻。激しい運動は控えたほうが良いらしい。
本日は牧場なのでゆっくり行こう。非難小屋あたりからトラバース。

St.Elias2
シール外す。まずは少しだけツリーラン。細板を噛む雪、曲がらず怖い。

K.tele1
滑走開始前の妻。シーデビルは浮き上がるので楽なよう。

K.Tele2
リラックスして滑る妻。

K.tele3
絶対転ばない安定を心がけて滑る妻。

yushitesen
この有刺鉄線には注意ですね。
[ 投稿者:Landlocker at 17:32 | スキー | コメント(3) | トラックバック(0) ]