掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年01月18日
哈爾濱街歩き 観光地編
R0017281
哈爾濱の冬は氷祭り!街のあちこちでなにやら準備していましたよ。
今回は珍しく観光っぽいところにも行ったのでちょっと紹介しましょう。
【松花江】
R0017144 R0017168
 12月末にして完璧に結氷。市民の遊び場になっていました。スケートやら犬ぞりやら馬そりやら川の上なのに何でもあり。中央大街の外れにあるスターリン公園から太陽島までの馬そりは二人で片道60元でした。客引きのおばちゃんがスターリン公園にいっぱい居るので、彼女らについていけば乗るのは簡単です。帰りは歩いて渡りましたが、つるつるの氷に薄く雪が積もってものすごく歩きづらいです。氷は充分厚く下を流れる水も見えず。何度も転びそうになって20分ぐらいで渡りました。
 行き方:スターリン公園は101,103他のバスの終点友誼路から中央大街と逆方向に歩いて5分ぐらい。
【太陽島】
R0017154 R0017160
 ロシア人の別荘地らしい。風情のある建物が散在していますが、ずいぶんとおおらかな間隔で開放的なところに建物が建っているのでなんだか中国らしくないなぁ。○○集団培養中心って看板の建物が結構多かったのですが、勝手に企業グループの研修センターと解釈してましたが、実際のところどうなんでしょうか。氷祭りは入口まで行って120元だかの入場料にびびって退散。中国の観光地はどう考えても高すぎ。
 氷像も松花江から氷を切り出してせっせと運んでいたのでまだ作製途上だったんじゃないかなぁ。
 行き方:スターリン公園から馬橇、または友誼路からバスもあるらしい。29路だったかな?
【中央大街】
R0017212 R0017207
 哈爾濱といえばまずはココが紹介されてますね。1900年頃の古い建物がバリバリ現役で使われています。もうちょっと予習しておけば価値ある建築物を楽しめたかも。商店街ですが店自体は上海の南京東路をいくらか小さくした感じであまり新鮮味はありません。ロシア物産店が見受けられますがどこでも同じモノを売っている上値段が高すぎてうんざりします。
R0017210 R0017204
 氷像が並んでいますが勿論溶ける気配はありません。小便小僧は小便がつららになってしまって一層寒さを引き立てます。右のはベートーベン。こんなところで雪をかぶってなんだか気の毒だなぁ。ココの氷像、結構詳細にできていて素晴らしいのですが、いかんせん寒すぎて無難なお店に寄り道しながら歩くことになります。店の中の暖かさが本当に身にしみます。
【聖ソフィア教会】
R0017240 R0017338
 場所を勘違いしてたどり着いたら真っ暗でした。まだ16時のはずですが・・・。なので次の日に出直して中に入りました。15元なり。中は教会ではなく昔の写真の展示館になっています。面白いぐらい今と変わっていない哈爾濱の昔の写真が見られるので、まず初めにココを見ておくといいかも。ちなみに満州国は当然のことながら無かったことになっています。今はこの教会だけが普通の街中にあるので、かえって奇怪さが増しますが、文革前にはこんなのがごろごろしていたらしく、勿体ないですなぁ・・・。
 行き方:中央大街からなら西十四道街を東に向かい尚志大街に出たら歩道橋を渡って道里市場の中を抜けると楽だと思います。哈爾濱駅からのバスなら哈一百のバス停で降りて目の前の道里市場を通り抜ければよろしいかと。
R0017256
こんなクソ寒いのになんと結婚写真撮りに来ていました。そりゃ絵になるから気持ちは分かるんだけど風邪引きそうだ。ワゴン車で乗り付けてもこもこした上着ぱっと取ってぱっと撮影して3分ぐらいでぱっと去っていきました。業者さんも慣れたもんだねぇ。
[ 投稿者:もに at 22:22 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/78.80/a00424/0000268175.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/78.80/archives/0000268175.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 7 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら