掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2009年01月10日
吉林という街のこと
R0016989
中国の鉄道は駅に近づくと街に敬意を払うが如く徐行しながらしばらく走行して、そろそろかな?と思ってからずいぶんと経ってからしずしずとホームに滑り込みます。K215次もそのご多分に漏れず吉林に到着。ホームは刺すような寒さ。着膨れの人民達に揉まれるうちに駅前広場に押し出されます。
R0016994 R0017012
ぼこぼこの舗装にポンコツバスに焼き芋屋台、省の名前が付いているぐらいだからもうちょっとましかと思ったんですが、予想以上に田舎ですなぁ。
 実はこの街に来たのは予定外。前日天津駅で哈爾濱行の切符がどうしても取れず(空席状況表示板には軟臥有!と書いてあったのに!)苦し紛れに筆談帳に書いた地名が吉林だったのでした。意外なことに駅員の返事は”有!”どこから来る列車で何時に着くのかも調べずに、とりあえず北に向かう列車の切符を購入できたことに感謝して列車に乗り込んだのでした。ワタシは何故あのとき長春と書かなかったのか、未だによく分かりません。
 まぁこれも縁なので駅前のメインストリートを歩きます。電子地図によればすぐ近くにバスターミナルがあるようなのでそのあたりで朝食を取ってとりあえず長春方面に向かうことにします。直接哈爾濱に向かわなかったのは、300kmの距離をひたすら凍結路面を走るバスに乗るのにちょっと気が引けたからというのと、長春も少しつまみ食いできたらという目論見からです。
R0017006
 朝食はセロリの水餃子半斤8元也。にんにくと唐辛子を黒酢に入れていただきます。セロリが利いて結構美味い。店のおっさんがそのいかつい見た目と違ってやたらと人なつっこくて、お前さん何族だ?なんだ漢族じゃないのか?留学か?中国語上手だね!(コレは嫁に向かって)などと根気よく筆談で対応してくれます。他のお客さんにもこの人日本人だって!なんて言ってるみたい。駅とバスターミナルの間にある図們江飯店というお店、吉林行かれる機会があるかたは寄ってみてください。やたらと歓迎してくれると思いますよ。
R0017025
 9時発の吉林から長春へのバスは36.5元也。鉄道の3倍しますが、着席料と行列せず買える手軽さがあるから仕方ないかな。予想外にきれいなバスはガラガラで、一番前の特等席を確保。高速道路を90km/hぐらいで快調にとばします。ところでこのバス、これまでの中国のイメージを覆す最新型のきれいなバスなのですが、車内に響くカリカリという運転手と車掌がヒマワリの種をかじる音がやっぱり中国を感じさせます。5分おきぐらいで車掌から運転手にひとつかみずつ渡される種。運転しながら食べるなんて器用だなぁ。長春までは約120km、2時間かからないかな?
[ 投稿者:もに at 21:50 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

中国縦断の旅
R0016973
 (盤石駅に停車中のK215次)
今回は主に鉄道移動の旅。天津吉林長春哈爾濱広州と約5000kmの中国縦断。
9日間のうち3泊を車内ですごしました。
 K215(北京→図們) 天津→吉林 硬臥下段263元
 K39(北京→チチハル)長春→哈爾濱 無座37元
 T238(哈爾濱→広州東)哈爾濱→広州東 軟臥上段1034元
  (今回1元=13.5元位、吉林→長春は高速バスで移動)
R0017151
 (太陽島から見た松花江)
哈爾濱は厳冬。気温はマイナス20度以下、街は氷に覆われていました。
松花江もすっかり結氷中で歩いても馬車でも渡れます。
R0017550
 (広州中山六路界隈、正月飾りの付いた並木)
広州も一応冬ですが、昼間は20度以上朝もだいたい10度ぐらいでとても過ごしやすく感じました。
街には緑が豊富で眩しいほど。建物の造りもずいぶんと解放的。

食べ物も街の雰囲気も人々の顔立ちも全然違うのに一つの国で(一応)言葉も一つ。
広さを実感。列車の中で何もせずだらだら過ごすのもなかなか楽しく、線の旅を堪能しました。
それにしても中国の鉄道のスピードと乗り心地には感心。例えばT238は3647kmを所要36時間53分、平均でも98.5km/hで北から南まで一気に走り抜けます。
最高速度はGPSによれば150km/h出していました。全体に停車時間が短め(概ね5分以内)です。なのでホームでの買い物の楽しみは少ないですが・・・。
今回は南北で40度の温度差を体感しましたが、この国は東西のほうがずっと長いのね。
いつかはウルムチまで鉄路で行ってみたいものです。
[ 投稿者:もに at 20:14 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年12月27日
Nokia中華端末化計画
酷い目に遭いながらも案外楽しんでるあの国に、懲りずにまた行くことにしました。
で、せっかくなので旅先で役立ちそうなツールを我が家のケータイNokiaE51とE61に入れていくことにしました。参考になるか分からないですけど備忘録的に・・・。
1.Minimap(中国国内地図)
 こいつはマジで素晴らしい。オフラインでもオンラインでも使える電子地図です。通信できればバスや鉄道路線も検索〜表示まで可能です。GPSや地図上クリックと連携した公共交通検索は実に素晴らしい。これだけのために中国でSIM買ってもいいな。言葉ができないとパケット通信開通は難しいだろうけど。
→アプリのダウンロード
 ココの”立刻下戴”ボタン(戴はちょっと違うけど)からダウンロード
→地図データのダウンロード
 同じく”地図下戴”ボタンから欲しい場所のデータをクリック。全国でだいたい200MBになりました。NokiaMapと同じぐらいですね。
 ダウンロードしなくてもアプリでオンラインにして表示させていれば勝手にキャッシュにたまっていきます。
→地図のインストール
 SDカードにアプリ本体をインストールします。
 地図データを解凍し、E:\Data\Minimapにコピーします。
→起動
 起動時にネットワークに繋ぐかどうか聞いてきますがNoにして取消確定を押せばメニューが出てきます。ネットワークに繋ぐと渋滞情報やら検索機能やらいろいろ使えます。地図は表示されるお店に偏りがあるような・・・。李先生加州牛肉面大王がやたらと表示されるのは何故だろう?

2.路路通(全国鉄道時刻表)
 似たようなのは探すと結構あるんですけどコレが一番使いやすかったです。
 駅間、列車番号、駅の時刻表をオフラインで検索できます。
 12/25現在12/8版が最新のようですね。
ココから”下戴中心”ページへ行き、下の方の路路通時刻表手机版系列のs60第三版(免費版)をダウンロードしインストール。
→日本語入力できれば北京とか天津とか簡体でも同じ文字の地名なら検索できます。下のZTA4があれば尚楽しい。

※姉妹品に巴士通という都市圏バス路線の検索ソフトがあるんですが、こっちは下のZTA4の入力を受け付けてくれなくて残念。SMSとかで書いてコピペすればいいんですがちょっと面倒ですね。

3.ZTA4(ピンイン入力)
 賢いピンインFEP。
ココからダウンロードしインストール。QWERTYと数字キーと別のアプリなので注意。
→インストールフォルダのZTA4のオプションからSwitchFEPで切り替え。
→あとは#押していけば右上にピンインマークがでて、入力可能に。
→数字キー版はキータッチが最小で済むように予測変換を装備。たとえばGuang(たとえば広州の広の簡体ね)と打ちたいときには4(GHI)8(TUV)2(ABC)6(MNO)4(GHI)と最大でも5キーで候補が表示されます。一度変換すると4を打っただけで候補にでるようになります。慣れるといい加減なピンインでも地名ぐらいは打てるようになるので楽しいですよ。勉強にはならないけど。

これまで毎回毎回地図を現地調達して、それからプランニングしていたのに、だいぶ楽になりそうです。日本よりNokia機が普及しているからフリーソフトも充実しているんでしょうけど、ちょっと羨ましいですな。
Nokia機が普及しているのを実感したといえば、前回広州東から香港直通列車に乗ったときのこと、深センから香港に入ったとたん車内に溢れるNokia純正メール着信音・・・。ローミングのご案内が一斉に届いたんだと思いますが、びっくりして笑いが止まりませんでした。ホントになんじゃコレってぐらいあちこちで鳴ってましたよ。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 23:45 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年08月30日
龍津中路界隈
P8100293 P8100348
広州の前半は華天賓館というホテルに泊まっていました。
所在地は龍津中路。高層アパートやら食料品店が立ち並ぶ実に庶民的なエリアです。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 14:23 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年08月24日
再び広州へ
P8090270 P8110402
冬に続き、今年の夏も広東省の旅。
広州の強烈な太陽に焼かれ、雨の香港でずぶ濡れと強冷房のダブルパンチで寒さに凍え、強烈な胃炎に苦しむ佛山、大して移動しない割に苦しい旅でした。
おいしいものを目の前にして食えない苦しみは計り知れず。食い物の恨みは恐ろしいぞ!次こそ小便がお茶になるぐらい飲茶三昧してくれる!


続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 11:20 | | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2008年07月20日
いつもの宿で過ごす日々
R0016358 R0016364 R0016391
東京への出張ついでにご無沙汰していた東鳴子に行ってきました。
宿はいつもの初音旅館に3泊です。遅い時間の到着でしたが若旦那が待っていてくれました。それにしても上野から3時間弱で着けるのね。関東人が羨ましいです。
自炊部屋をお願いすると毎回同じ部屋ですが、どの風呂も等距離で台所も水回りも近くて日当たりもいいので一番いい部屋なんじゃないかな?
モバイル環境を持ち込んでみたけどイーモバイルは当たり前のように圏外(岩出山まではサービスエリアなのに・・・)、ソフトバンクはちょいと不安定ということで、eeePCはSDカードに入れておいた映画を見るのにしか使いませんでした。
いつものように第参浴場に浸かって氏家鯉店の鯉の洗いとずんだ餅と焼酎の日々。情報氾濫の世の中たまには抜け出して見るのも悪くはないです。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 11:33 | 温泉 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2008年06月08日
PANDA Night 2008
P6070102 P6080192
FIAT PANDAオーナー&LOVERSが集まるDJイベントということで、元オーナー兼オーナーの配偶者として出かけてきました。
P6070183
ワタシは音楽のことなんてちっとも分からないけど、DJさんの選曲の好みがやたらと合って、とても楽しい時を過ごせました。あっという間の7時間、DJの方々、参加された方々、楽しい時間をありがとうございました!

【関連リンク】
公共広告機構
 結構気になっていたコレがかかってびっくり。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 19:44 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2008年06月01日
湯川内温泉5泊6日~滞在中に食べたもの
R0016289
今回は胃潰瘍の療養もあったのであまり無理はせずに、と言いながら南九州でしか食べられないものを重点的にいただいてきました。
写真はある日の食卓。とにかく鶏刺しが安くて美味くて毎日欠かせませぬ。島娘ともよく合います。
出水市内はA-Coop、プラッセだいわ、サンキュー、ニシムタと鹿児島の大手スーパーは一通りありますし、柑橘の解説にやたらと情熱的な物産館もあるので例によって自炊せずにそれらを徹底活用です。鹿児島のA-CoopはなんとEdyが使えて結構びっくり。
かじか荘の台所はガスも水道も食器も使い放題なのでやる気になれば本格的な食事も作れます。現に滞在中立派なハンバーグをこさえていた若い(といっても我々よりちょいと上かな)カップルがいらっしゃいましたが建物の構造上、ニオイが建物全体に漂うので要注意です。我々夫婦はそこまで頑張らずに、宿ではお総菜一直線です(笑)。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 19:43 | 温泉 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

湯川内温泉5泊6日~かじか荘について
R0016241 R0016201
どこまでも透き通った夜の下の湯と、上の湯からみた湯治部

 ちょっと間が空いてしまいましたが、GWはまた九州に行っていました。熊本から鹿児島まで南九州を、今回はぶらぶらせずに滞在型で。人吉一泊してから鹿児島は出水市にある湯川内温泉かじか荘で5泊で、ひたすらぬるい温泉に入って温泉水飲んでごろごろしながらクッキングパパを見ていました。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 19:04 | 温泉 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2008年03月24日
今年最後の雪遊び
P3229779 P3219770
ということで、なんだか今シーズンはもう終わった感満載のニセコひらふに出かけてきました。
当初の予定ではオージー向けのコンドミニアムに泊まって、あとは順当にいつも通りこなす予定だったのですが・・・結局なんだか初めてづくしの旅なのでした。。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 23:53 | | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月16日
三才で三歳
R0016097 R0016094
地下鉄駅のポスターで気になっていたんですけど、建物の中も本当に三才駅一色でした。コレ名古屋の真ん中栄にある、今年で開業3年のLACHICという商業ビルの広告なのです。三才駅は信越線の長野駅から二つ目の駅です。どうしてこんな妙な広告戦略を打ったんだろう?分かる人しか分からないのに・・・。
コレを見かけてニヤリとした北信出身の名古屋人はどれぐらいいるんだろう?

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 21:28 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年03月09日
ボタンブラー
P3099693
会社でおいしくお茶を飲めるように、ボタンブラーというのを買ってきました(写真左のふたつ)。
コレを買うために松坂屋の地下にあるボタニカルズというお店に行ってきたのですが・・・明らかに男は対象外という雰囲気のハーブのお店で、なかなか辛いのでした。
買うときに商品説明からしてワタシを完全無視で嫁の方ばっかり向いて説明しやがる(笑)支払いワタシなのにカードを嫁に渡すなよ・・・
で、このボタンブラーを持ってこのお店に行けばハーブティーを日替わりでいただけるそうです。これは絶対にお得です。栄へ繰り出すときには毎回持っていこう・・・いや、嫁に連れて行ってもらおう。
で、なんでこんな辛い(笑)思いをして買いに行ったかというと・・・

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 13:24 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]