掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2005年08月28日
夏の空と秋の空
P8271562.jpg
土曜日の空/東山公園前(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P8281596.jpg
日曜日の空/名古屋城裏(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

土曜日の空と日曜日の空。
夏はすぎてもうすぐ秋。
土曜日は夏真っ盛り、暑くても日曜夕方の空はもう秋模様。意味もなく広角で空を撮りたくなる季節。
そろそろすだれを片づけて障子紙を貼らなくちゃ。
[ 投稿者:もに at 23:31 | 生活 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月24日
キューピー島を探しに行く 福江の先の黄島へ
P7251167.jpg
未知の島への素敵な航路(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251130.jpg
桟橋からの印象(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251132.jpg
いぶかしげに(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251134.jpg
島の辻(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251153.jpg
ポートレート(Olympus E-1&Zuiko90mm f2)
P7251142.jpg
島のたたずまい(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251164.jpg
まともな鳥居はひとつもなかった(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

福江港から30分ほど、黄島の桟橋には老若男女と一匹の犬が船を待ち受けていた。
一輪車やらバイクやら思い思いの輸送手段で家まで運ぶのだろう。平地は少なく一番高いところに灯台があっていちばん低いところに神社がある。人の気配がしない家もあるし学校は休校中。酒屋は見かけたけど郵便局はあとであることを知った。

集団化した猫と会う。いぶかしげに闖入者を見る目はこころなしか厳しいが別に逃げるでもなく日陰から出ようともしない。
猫を撮っていると島の方とすれ違う。おじいさんはこんにちは〜と歩いていく。
船の上で切符を売ってくれたじいさまが赤いカブに乗ってこんな仕事もしてます〜といいながら坂を上っていく。

なんだか愉快な気持ちで帰途につく。船の乗組員なのかよくわからないが、いつもこの船に乗っているおっさんに、華やかだったころの黄島の話をきく。水に苦労した歴史は日本初の海水淡水化システムですっかり解消したと笑いながらいう。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 22:45 | キューピー島を探しに行く | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月23日
キューピー島を探しに行く 補遺~五島のこと
P7241059.jpg
西の島の西の端の道のはずれ(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251087.jpg
嵯峨島航路乗船場にて(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251101.jpg
海を渡った空海の碑(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251105.jpg
三井楽バス停前の酒屋(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251121.jpg
楠原教会(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7251125.jpg
福江市街地(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

五島はいい。
何がいいのかうまくは説明できないのだがいろいろといい。
4年前、福岡から上五島への長崎航空(現オリエンタルエアブリッジ)のアイランダー機に折りたたみ自転車を積んで五島入りしたものだが、その路線もいつのまにか休止され、民宿を予約した私に公民館で野宿がいいぞと勧めてくれた新魚目町も合併でなくなって、サティはシティモールになったけれどもそれでもいい。

五島高校補習日に福江島各地から高校に向け続々運行される早朝バスやら奈留島から乗った貨物船で初めて上陸した福江島の奥浦の船着場はぜんぜん変わっていなかった。

しかし前回の旅の印象と寸分違わず変わっていなかったのは黄島海運の気のいいおっさんである。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 23:29 | キューピー島を探しに行く | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月15日
キューピー島を探しに行く 6
P7241020.jpg
黒瀬からの津多羅島(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7241023.jpg
キューピー島が見えた!(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)
P7241034.jpg
大宝からの津多羅島(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

しかし、やっとのことでたどりついた黒瀬漁港から見る津多羅島は、どう贔屓目に見てもキューピーではないのである。
噂は事実ではなかったのか?
仕方がないので西にクルマを進める。黒瀬から玉之浦に抜ける道はずいぶんと狭くてアップダウンも激しい。
そろりそろりと西に進む。木々に囲まれて車窓左手に見えるはずの島はほとんど姿を見せない。
どれだけの入り江を回り、どれだけの岬を登ったのかよくわからないのだが、ふと視界が開けた。
・・・見事なものだった。そこにあった島影は、まさに
キューピー島
玉之浦までずっとキューピー島。
恐ろしく透明な海に浮かぶキューピー島。
旅の理由付けとしてはなかなか上出来なキューピー島であった。
[ 投稿者:もに at 20:32 | キューピー島を探しに行く | コメント(8) | トラックバック(0) ]

キューピー島を探しに行く 5
P7241006.jpg
頑丈そうな倉庫
ウニの残骸
富江半島いろいろ(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

迷路のような富江の街を抜けると畑の真ん中の一直線に出た。案外平らな富江半島だが道路が複雑で観光パンフの地図だけでは脱出するのに一苦労する。
なにやら恐ろしげな名前の漁港やら頑丈そうな壁の物置やらウニのトゲだけが散らばる海岸やら、なんだかんだと楽しみながら、しかしじりじりと太陽には焼かれながら、どうやら半島の西のつけ根の黒瀬までたどり着いたのであった。
[ 投稿者:もに at 20:17 | キューピー島を探しに行く | コメント(0) | トラックバック(0) ]

キューピー島を探しに行く 4
P7240992.JPG
攻撃的なちいさな犬
静かな富江にて(Olympus E-1&ZuikoDigital14-54mm)

新田次郎が書いた”珊瑚”という小説を読んだことがある。
珊瑚漁で身を立てる若者達を描いた小説である。
そこにはずいぶんと栄えた富江の街が描かれているのだが、目の前にある富江の街は日曜ともあってやたらと静かで人通りもまばらである。
黒島行きの船も今日は運休である。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:もに at 20:06 | キューピー島を探しに行く | コメント(0) | トラックバック(0) ]