掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2019年10月02日
結婚、子育てとお金
勉強はしているものの、そういえばまったく成果を発表していない。
出るところに出て勝負してもいいが、まずはここでちょっと見せてみようと思う。
ということで、気になる給与の話。某巨大掲示板やマスコミでも年500万以上もらっていない人は負け組で結婚も子供も諦めろという。
俺もある程度信じているところがある。実際共働きで結婚式挙げない、子供にいろいろと与えない、大学まで公立校で頑張ってもらうところまでやっても足りるかどうか。
今どきの子供は携帯どころかスマホ、それもiPhoneじゃないといじめられるというし、それも与えた当日にいじめで壊される可能性もなくはない。脅されて誰かの課金コンテンツ払わされたりとか。
共働きでなんとか世帯年収500万越えを果たしてもリストラの危険がある。病気でいきなり動けなくなる可能性だってある。
彼女が浪費家というだけでそもそもアウト。離婚されて慰謝料に会えなくなった子供の養育費も払わされるとあってはだれが結婚するのだろうか?
道理でプラス思考、早い話が現実を見ないようでなくては結婚できないわけである。
といっても、東京にでも行かないとまわりは結構結婚している人ばかりだったりもする。食事がどう見てもまともじゃないし遊ぶといっても年1回家族でディズニーランドに行く程度なのだそうだ。あとは近くで買い物程度。夫婦子一人でも各3倍ずつかかるのにちょっといいところを要求される。ネカフェ泊はあり得ないしファーストフード店も毎回は使えない。高速バス嫌とも言われるだろうか?
あと多分子供が大学に行きたいといっても行かせてあげられないと思う。学費文系の最低ラインでも年100万くらい?理系とか奨学金ないとどう見ても無理だし返済に苦しむ人も結構目立ってきている。東京の大学に行ってアパート借りてとなると仕送りだけではほぼ無理だろう。
ずいぶん前に中学校の問題を取り上げたときに書いたかどうか、クラブ活動費もバカにならない。ブランド物のボールやウェア。安いのでいいのにと思うのに顧問や父兄の圧力で高いのになる。
我々の時代でも勉強しなくてはいけないときにバイトしていたのである。今の子はどれほど大変だろうか。で、無責任野党が金持ちもひっくるめて授業料無料とか言い出して格差拡大させるし、与党はある程度妥協したうえで返済義務のない奨学金の話ごまかすし。
金持ちには学費もしっかり出させて大学は自力で経営できるようにして、お金がない人は確定申告に子供の在学証明書をつければ給付するようにすればいいだけなのに、そうしようという政治家見たことがない。
話が脱線しすぎたので本題は明日へ。
[ 投稿者:りっく at 18:15 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/78.75/a07112/0000585628.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/78.75/archives/0000585628.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 1 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら