掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2017年02月17日
一線を越えたとき
いつかこういうこともあるかなと思っていたがやはり避けられなかった。
俺の基本的な仕事のスタンスは今できていないものはできない。まず先に何ができるか調べてからできることを積み重ねていく形だ。
これが設計専業になるとできるかどうかではなくこうするんだと決めて後は技術力の問題だとか言い出す。いずれ衝突は必至だった。
俺の仕事の成果は都度発表しているのでやってみようと思えば誰でもできる。勉強すればできるはずなのだが気持ち的には話を聞いただけでもうできる気になってしまう。俺ですら注意しなくてはならないと思っているが中にはそうでない人もいる。特に元請とか発注者の立場になると何も考えずに俺はこう決めたんだからそれを実現するのはお前たちの責任だという。できもしないことの責任を押し付けてどうするのかと思う。
そんな感じで俺の仕事についてこういうこともできるんじゃないかといってきた。やたらと同意を求めてくるのだが言っていることはおかしい。ではこの場合どういう結果になりますかと聞くとそんなのは知らない、どうでもいいと言い出す。いくら設計専業でもそれはだめだろと思った。仕組みが違うといっても聞かずこうだよな!こうだよな!と同意を求めてきた。
これを同意したら結局できないことになったら俺の責任になるんだろうなと思って聞いてみた。それ同意したら責任問題になりますよというとさすがに引き下がった。普段の俺なら折れてしまう可能性も高いのだが今回ばかりはできないことは目に見えている。いくら脅されても従うわけにはいかなかった。
これであいつは従わないとか会社に伝えて契約切られたらそれはそれでもいいと思った。そういうやつも世の中にはいる。
ただこのプロジェクト今となってはいざというとき俺一人で完成まで持っていけるが他のメンバーにはさすがに無理なので残すしかなさそうだった。
絶対の勝算を持たないとぶつからない俺の性格も問題だがとにかく疲れた。
[ 投稿者:りっく at 05:31 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/78.75/a07112/0000527773.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/78.75/archives/0000527773.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 8 x 9 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら