掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2019年09月08日
台風接近中
予報では今日の午後から雨が降ってきて深夜には台風が直撃するらしいということだったので、出かけるのをやめてうちでじっとしていた。東京に行こうと思ったのだが、帰りの電車が運休になって乗り継ぎができなかったら終わりだ。
ダメだろうなと思いつつ洗濯。あとジャムづくりをした。元々土曜が雨で予定もキャンセルしようと思っていたところだったので、瓶を買っておいてよかったと思う。
意外と量が少なく1回にできる量は2瓶に足りない程度。1瓶は自分で使って空いたらまたジャムを作ろうと思う。余った分は適当な容器に入れておけばいい。
多めにリンゴを剥いておいたので残った分は焼きリンゴにした。リンゴは冷凍庫に入れるとすが入るのでできないと思っていたが、焼きリンゴにすると保存できるらしい。バナナは1日1本と決めると順調に消化できたが、マルベリーがなかなか減らない。芯があるのでちょっと溶けた状態でないと食べづらいし、大容器いっぱいに入れていたため食べても食べてもまだ半分以上残っている。
夕方暗くなってきたところでそろそろ降ってくるだろうと窓を閉めたが、結局雨は降らなかった。
これなら出かければよかったと思うのだが、出たときに限って雨なので出なくてもなんとかなる予定を作っておくものだと思った。
[ 投稿者:りっく at 22:45 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年09月07日
霞沢ピストンと終バス
さて、目的の霞沢岳に登るのだが、朝食を頼んだので6時出発になる。早い人だと3時から準備を始めるので、ガサゴソ音を立てるし大声でおしゃべりして注意されている人もいた。飲食禁止と書いていて部屋の案内の時に注意されているはずなのにおやつだ飲み物だと食べまくる人もいたしやはりマナーが悪くなってきていると思う。
最初は歩きやすいだらだらとした登りだったのだが、K1ピークに近づくにつれ極端な急坂になる。急坂を何度も上り下りさせられるという情報を聞いて白馬のキレットみたいなものを想像していたので、それよりはだいぶ楽だと思う。それでも普段運動してなかったのが響く。
このコースの通過点は特徴があってジャンクションピーク、K1、K2とこれが日本の山かと思うネーミングが続く。スタジオジャンクションなどというのもあって、何か特別なものでもあるのだろうかと思ったが、単にそう呼ばれているだけで見た目的に何か欧米めいたものがあるわけではなかった。ネットで調べるとジャンクションピークは尾根の合流点ということらしい。
登山客が少ないこともあって登山道は狭め、草で分かりにくいが踏み外すと崖になる。コースタイムもかかるし危険だしやはり健脚向きというだけのことはある。俺が行ってもよかったのだろうか?
時間的にそろそろかなと思っていたところでK1ピーク到達。さすが360度の絶景というだけのことはある。ここがあまり人気がないのが意外としか思えない。先客がいたので休憩は後でいいかと写真だけ撮って先に進む。
去年滑落事故があったというところは上に迂回するようになっていた。見た目結構怖くこれで落ちたら確かに助からない。迂回路があるといっても前後も危険だし蟻地獄のように吸い込まれそうだ。
K2ピークというのもあるはずだが、看板が見当たらなかった。多分あそこだとは思うがなんとも言えない。
霞沢岳頂上到着。K1からは無我夢中であっさりついたような感じ。人も来ないところで長めに休憩した。もうちょっと先まで登山道があるのだが、帰りの時間も気になるしここで引き返すことにした。行ったところで見晴らしはいいが標識はないしここは何だろうと思う有明山状態になるのだろうと思う。
やはり俺の場合下りのコースタイムがかかるようで、予定よりどんどん遅れていく。明神岳の見納めと展望台にわざわざ寄ったが、小屋は人でいっぱいで、たばこを吸っている人もいたのでそのまま左折した。
この先はここまでと比べると格段に安全だが、川を渡るところもあるので絶対大丈夫とは言えない。
来るときにどんな標識があるのか覚えていたので、徳本峠0.8kmの次に1.6kmだかちょうど半分くらいの看板が出てくるはずなのだが、そこまでなかなか出てこなかった。
靴を貫いて枝が刺さったかなと思ったら靴が破けていた。そこからどんどん破けていってサンダル状態、最後完全にソールが外れた。
こんな時のためにテーピングと思ったが見当たらない。後でうちに忘れてきたと分かった。
最初スパッツでくくったが、傷むので靴紐でしばりつけた。それでも歩くペースが極端に落ちる。もうだいぶ下ったところなのですり足でも大丈夫なのだが、まわりにほとんど人がいないのが気になる。そういえば途中走って追い抜いて行った人がいたのだが、終バスかもしれない。
明神には旅館と山小屋がある。最悪当日でも宿泊できるだろうかと思いつつもまだバスがあるかもしれないとバスターミナルに向かう。
バスターミナル7番には2人ほど並んでいた。まだ大丈夫だったかと時刻表を見るとちょうど終バスが出たばかりだった。
新島々行きならまだ出てるだろうと切符売り場に行ってみると18時のが出ていた。手元に沢渡行きの帰りの切符があるが、これで乗れるだろうか聞こうと思っていたら、窓口が閉鎖された。
同じことになっている人は他にもいて新島々行きのバスに空きがあれば乗せてくれるという。しかもチケットは買いなおす必要もないし、バスセンターにも寄り道してくれるらしい。
まさか日が落ちる前に終バスが出ると思っていなかったのか同じような人が10人くらいいたが、全員乗ることができた。
前のオヤジが途中で降りる人はトランク使えませんと言われてキレていた。「なんでだよー、それくらい融通利かせろよー」というのだが、「それじゃ乗らなくて結構です」と言われて「チキショー」とか叫びながら乗り込んでいた。大量の手荷物が引っかかって動けなかったのだが、最後自分の手荷物を全部向かいに投げ込んで手ぶらで2人分占領した。合計4人分独り占め、ひどい奴もいたものである。
俺としては靴が破れて遅れても自己責任。終バス間に合わないならタクシーか山小屋かと覚悟していたので、チケットの買い直しもなくさわんど大橋から歩くでもなく新島々行きに乗せてもらえるとか神対応と思っていただけに驚いた。ちょっと話声で聞こえたのだが、同じグループ会社でも別会社でいろいろと大人の事情があるのだそうだ。
DQNの乗ったバスに頭下げて手を振ってとスタッフの対応がすごく印象に残ってしまった。そういえば途中大正池とかでも人が乗ってくるので、追加で乗せた人のせいで乗れなかったらどうしようと思った。
バスセンターでは、営業は終了していたが、降りて駐車場に向かう人のために電気はついていた。土曜日ということもあって駐車場はほぼ満車のようだ。
帰り、いろいろバス停に寄っているバスを追い越した。スーパーにも寄って帰ったのだが、いつもの帰宅時間とあまり変わらないくらいに帰ることができた。
[ 投稿者:りっく at 20:43 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年09月06日
1泊2日強行軍初日
休みの日程は押さえておいたものの、直前まで迷って山に行くことにした。
徳本峠小屋は事前予約制なので昨日中に連絡しておいた。収容人数も少ないので予約が取れるか心配だったが、平日だということもあって大丈夫だった。テントという手もなくはないが、もうだいぶ気温が下がってきているので多分きついと思う。
朝は出勤渋滞の前に出たはずだが、それなりに混んでいた。あまりに空いていて山麓線経由だと暴走車が出てきそうで普通に新村で曲がった。その先タクシーにあおられるか心配だったが、つかず離れずでついてきたので安心して運転できた。
第1駐車場は利用できなかったので第3駐車場へ。上の方は満車だったが下の駐車場はかなり空いていた。
前に沢渡に来たときは1日千円だったような気がするが、今では1日600円。2,3日止めても許容範囲内である。
バスセンターで往復切符を買って展示物を見ているとバスがすぐに来た。ドル箱路線だけあっていい車両を使っている。
バス車内は今でも観光案内があって、釜トンネルの話も久しぶりに聞いたが、おしゃべりも多くそれほど聞き取れなかった。
大正池ではいったん降りてもまた乗れるのだそうだが、終点まで乗った。
時間もあるところで大正池に向かう。林間コースと梓川コースがあるので往復だとちょうどいい。さらにウエストンレリーフ経由で河童橋に出た。人も多いところでさっと写真を撮る。座って撮るとよさそうだとやってみたら周りがごそっとまねした。
明神へ。せっかくだから神社にお参りしたが、池まではいかなかった。有料ですぐ出るのももったいないし、時間はそれほど取れない。休憩室には穂高神社その他碌山美術館などの写真があった。
徳本峠へ。分岐点はすぐのところにあって、イノシシが豚コレラにかかったので注意するようにとの表示があった。
きつくはない坂を延々と登る。きつい登りと平坦な道が交互に続くほうが精神的には楽なのだろうが、これだといっきに高度差を埋められそうだ。
途中川も渡る。足場にしやすい石もなくちょっとくらい濡れる覚悟が必要なようだ。
意外と早く小屋に到着。珍しく1番乗りだった。受付だけ済ませて展望台に向かう。
野生のテンは初めて見た。何度も何度も目の前を横切り足元まで来た。さすがに体を上ってくることはなかったが、まるでペットのようでとても野生とは思えないくらいだ。体が小さいのでまだ子供かもしれない。
小屋に戻るとそろそろ登山客が入り始めていた。ベンチで休憩していると眠気が襲ってきたので中に入って寝た。ここは他の山小屋と違って予約した人しか入れないので布団は1人1枚で寝るスペースも十分に確保されている。最終的にはほぼ満室になっていた。
また展望台に向かう。一人でいると今度は野鳥が頭の上でじゃれあっていた。人が増えてくるとさすがにいなくなるが無警戒過ぎる。
夕食を取ってしばらくすると消灯時間。誰も大いびきとか寝返りとかなく静かな夜だったと思う。
明日は霞沢往復して降りるつもりだが、コースタイムによっては2泊することになるかもしれない。
[ 投稿者:りっく at 21:31 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年09月01日
主人公がほだかなんて知らなかった
ということで天気の子を見た。主人公の名前が帆高
事前に知っていたのは新海誠作品ということと人気があるというくらいで、予告編も見ていなかった。
あと全国に4つしかないというvive AUDIOがどんなものか気になっていたのだが、大人数が入っている時でないと8番スクリーンにならないので早めに行かなくてはいけない。
実際に行ってみたところ、見た目はほかのスクリーンとそんなに変わっているとは思えなかった。あとほかのスクリーンで同じものを見ないとわからないと思うが、雨音がやけにリアル。ほかのスクリーンでも音がいいと言っている俺的には区別など難しいだろう。
さすがに公開1か月くらいだとまだほぼ満席だった。俺一人で行って浮かないか気になっていたが、横4人は同じような人たちだった。左はカップルだろうと思っていたら親子。子供はずっとポップコーン食べてるしちょっとしたことでキャッキャ騒ぐしやはり混むタイミングは失敗かなと思った。それでも全体的にはさすがにマナーがいい。ちなみに今日の注意喚起はロゼリアだった。
いろいろ書くとネタバレなのでまずいのだが、あの終わり方は賛否両論だと思う。俺としては世界を敵に回そうが自分を貫くというのもアリだと思うが、映画のコメントではまったく評価できないという人もいた。同じタイミングで見ていた女子2人は終わった後ずっと文句言っていた。絵もきれいだしストーリーもありきたりのようでも楽しめた。全体的に良かったと思う。ちなみに瀧くんがいたが、妙に気になる店員さんが三葉だったり他君の名はキャラが出ているし、カナとかアヤネとかまんま有名声優さんの名前だったりといろいろ仕込まれている。
ちなみに今日は1日なので1100円で見れる。あと多分連休も月曜が休みになるのでそこが安くなると思う。逆に数百円余計に払って空いていると思われる土日を狙うのもありかもしれない。
他にも劇場はあるのだが、近いのとそのまま買い物や食事ができるのが大きい。ただ、イオンモールの駐車場は昼から行っても満車なので、いつものように向かいに止めればよかったと思った。軽く降ったときに傘を持ってきていないということで立体駐車場にこだわったのが失敗だった。どこも空いてなくて出ると道路も渋滞していて歩道に乗り上げながらクラクション鳴らして突っ込んでくる車もいた。以前はここまでひどくなかったが、周辺の店や住民は不満たらたらだろうと思う。
終わってすぐ現実に引き戻されるのもどうかと思うので、いつものようにコーヒーを飲んで帰った。
[ 投稿者:りっく at 06:30 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月31日
体力の確認
今年はあまり歩いていないので、さすがに不安になってきている。
まだ歩けるか確認も含めて今日は高原に行くことにした。明日でもよかったのだが、疲れが残ると月曜が心配だ。
気合を入れて早く出るでもなくいつもの通勤時間帯に出る。松本からは後続車もなく気楽に霧の駅に着いた。シャッターが降りているがもう営業していないのだろうか?ちなみに自然保護センター側は施設利用者専用となっているのでもう止めていない。
第4園地から沢渡へ。笹薮が迫ってルートがほぼ消えていた。また、足元が見えないうえにルートが水路状態。昨日まで雨が降っていたこともあって笹も濡れていて服は濡れる靴は浸水すると大変だった。
八島を回って外輪山へ。アサマフウロが見ごろだが、人が多く写真を撮りまくっていたのでそのまま通過してしまった。ハクサンフウロならあちこちで見られるが、アサマフウロはここしかない。
ゼブラ山で休憩。この先は人が多そうだからとここで早めの昼食にした。そこから北の耳、南の耳はタイミングが良かったのか誰もいなかった。車山乗越で大集団と合流。車山の登りに入る前に休憩していたので追い越した。俺的にはこちらのルートの方が楽だと思っていたが、よく考えてみると車山まで一気に登ってあとはゆっくり降りていくのより、ゼブラ山、北の耳、車山と急な登りが時々入る時計回りのほうがきついかもしれない。車山はさすがに人が多かった。
あまり休憩もしない上に歩くペースも一定なので、コースタイムもそんなに悪くなかったと思う。
そこから美ヶ原へ。ポニーにニンジンをあげられるようになっていた。珍しく子牛を見た。まだ太る前なので痩せている。いつもは見ていると逃げたり後ろを見たりする牛が珍しく近寄ってきて年配カップルにからかわれた。うるさいが歩く速度は同じでずっとついてくる。さすがにもう暗くなり始めてきそうなので、王ケ頭で引き返した。給油のためちょっと遠回りしたが、そのまま帰っていつもの帰宅時間くらいに帰ることができた。
[ 投稿者:りっく at 20:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月12日
まさかのどんでん返し
元々は昨日帰るつもりだったのだが、どうせ帰っても暑いだけなので今日もこちらにいることにした。直近になったがいい席が余っている。ギリギリまで時間をつぶして球場に向かおうと思った。
最初はコミケやお台場に行こうと思っていたが、行ったばかりだしいまいち乗り気になれない。
今日の先発は今シーズンあまり勝てていないブキャナン投手、相手はおととい応援したばかりのDena。しかもよりによって東投手。強気の投球で去年のハマスタで応援して勝ったのだが、敵に回ってほしくなかった。
それにしてもなんだこの打線。1番乙坂選手、2番筒香選手、3番伊藤選手。5番佐野選手でロペス選手がいない。こちらも1番廣岡選手で捕手が西田選手。
初回から崩れるかと思ったらあっさり3アウト。危なげなく2回を終えるとその裏に雄平選手の先制ホームランが出た。後が続かないところで3回満塁のピンチ。4回に逆転されてしまった。
こちらはきっちり3人で終わるところを相手は3塁まで進むかなり危ないペースで試合が進んだ。
6回相手が3者凡退したところで裏に同点タイムリー。そこから両軍継投リレーで9回、村上選手が1塁踏まずにホームに投げオールセーフ。さらに筒香選手のタイムリーで2点差にされてしまった。
そしてその裏に山崎投手が出てきた。球場でBGM流れていなくとも自分たちで歌うヤスアキジャンプが出た。味方なら心強いが敵なら気持ちが折れそうだ。
誰もが「あ、これ負けパターンだ」と思ったところでバレンティン選手がホームラン。1点差か、あのエラーがなければなと思っていると雄平選手が塁に出た。
とりかえせーと聞こえてくる中バッターはエラーをした村上選手。やけくその応援の中まさかの逆転サヨナラホームランが出て試合終了。あまりの出来事にわが目を疑った。
球場は大騒ぎ。そこら中でハイタッチが起こり抱きついたりいろいろ凄いことになっていた。
興奮冷めやらぬところで上野の寿湯に向かった。夜遅くまで営業していてシャンプーは備え付け、貸しタオルもある。ネットカフェのシャワーもいいが、たまにはこういうのもいい。いつもは翌朝朝風呂のある銭湯に向かうのだが、汗でべたついていたので早めに風呂に入りたかった。
やたらと遠い出口とそこから人通りがほとんどない通り。これであってるのかと思っていたらあっという間についた。
そこそこ混んではいたがまだましな程度。ここからまた電車移動なのでのぼせない程度にさっと出た。
のども乾いているところで駅構内でしか買えないという炭酸ジュースを買って飲む。冷たくておいしかったが、山手線に乗っている間に飲み終えるのは大変だった。
[ 投稿者:りっく at 19:19 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月11日
お台場巡り
今日は予定を入れていない。ドームに行くか今日もハマスタにするかとも思ったが、まずはコミケに行ってみることにした。
朝はかなりゆっくり出る。定食を食べていると空いた店内で食べ終わった後にコンセントを借りて延々粘る人たちがいた。
喫茶店でも疑問だが、ごはん食べる店ではどうかと思う。店員は外国の人であまり気にしていなかったようだ。
秋葉原に行ってみたがもちろん早すぎで店も開いていない。UDXでイベント列ができていたが、あまりに列が長いのとさほど興味がなかったのもあってやめておいた。
コミケは今年から有料になったということで、手首にピンクの帯をつけないと入れないらしいのだが、混雑緩和のためなので空いてきたらチェックしないのだそうだ。現地で売っているということで探したがどこで買うのかわからなかった。
他にもつけていない人がいたのでもしかするとと思って並んだらそのまま入れた。
東京オリンピックの関係で東展示場が使えないのが痛い。新たに南展示場ができていたが、そんなに広くないイメージだ。ということで企業ブースは青海に行ってしまった。
さすがに昼を過ぎていても混んでいたが大手は品ぞろえが豊富だし完売のサークルはまだ見当たらなかった。
元ネタはよくわからないものが多くなってきた。わかるのはアイマスとごちうさくらい。メールくれるところに今回も寄ってみたが、混んでいたのでパス。あちこちで座れるところがあってだいぶ楽になってきたと思う。行列としてはコスプレに興味ない人は完全にパスできるのが大きい。それでも一方通行が多く結構迷う。全部見て回ろうとすると同じ通路を何度も通ることになってしまった。
企業ブースは青海まで行かなくてはいけないのだが、ゆりかもめに乗ってくださいということだった。ものすごい列ができていたのであまり時間が変わらないだろうということで歩いて行くことにした。途中で右に曲がる人がいたのでそれについていけば行けそうだ。
暑い中そこそこ歩く。入り口では手荷物検査をやっていた。といっても制汗スプレーとライターを探すほど細かくないようだ。ここでやらかす奴がいるのではと気になっていたが、動画が広まり特定されたばかりなので似たようなのも出にくいだろう。
企業ブースはAとBに分かれていたが、通路も広く動きやすかった。
例年いろんな配布物があるが今年はあまり目立たない。うちわで列ができることもあった。
注目のアニメというほどのものは見当たらず、バーチャルアイドルのステージに人が集まっていた。
冴えカノ続編と俺ガイル3期に期待したいところだが、TBSのブースでちょっと予告をやっていた程度。ゲームはアズレンくらいしか頭に入ってこなかった。
最後まで粘るつもりが特段見たいものもなくあっさり出る。せっかくだからトヨタのショールームに行ってみた。
映画みたいなのをやっていたので並んで入るとレースの体験で、画面に合わせて椅子が振動するようだ。結構迫力がある。
他にもハンドルを動かして実際にレースでどれくらいGがかかって操作しづらいか経験するやつ、これ前にもやった。
VRで危険感知して車を制御するのを体験するコーナーがあった。衝突実験に使われる人形の隣でVR眼鏡かけるのが怖そうだ。外から見た映像ではその人形が話しかけてくるようだ。
ドライブシミュレータではレース観客がやたらと前を横切ったり、わざわざゆっくり歩く高齢者がいたり、煽り運転で前に割り込んできて急ブレーキかけてくる車がいたりとみてて面白かった。事前に予測してブレーキがかかるのだそうだ。
また、パラリンピック支援ということでホッケーや車いすバスケットボールの体験をやっていた。座ってシュートするのはあまり力が入らないのか飛距離が足りないケースが多いようだ。
見どころも多くかなり時間がつぶせる。
さらにヴィーナスフォートにも寄ってみた。ただのショッピングセンターかと思うと夜空が見える。いやまだ外は明るいだろうと思っていたら作り物だった。普通に夜空を映し出していたらすぐ気づくが、せり出した建物がやたらとしっかり作られているのでぱっと見作り物と分かりにくい。大きな噴水もかなり見ごたえがあった。
昔の車やグッズなどを展示しているところがあってここもかなり見ごたえがあった。金魚すくいをやってみると、生きた金魚ではないのでいくらでも取れてしまう。4匹まとめて取ったりしていると水槽が空になりつつあったので適当に破いて出た。もらえるのは3匹までだが、飾りになるか試してみたいと思う。それっぽい袋に入れてくれるので雰囲気は出ていた。
夜はまだまだ長い。ということでダイバーシティ東京にも行ってみた。あまり人が向かっていないようで結構人がいた。
建物を通り過ぎてガンダムのところへ。ユニコーンはよくわからないがあちこちがピンクに光っていた。話しかけたりはしないようだ。
そして名物股くぐり。一番近いところから撮影するということは股間ドアップになる。
他模型展示のところに行ってみると、タレントが改造したものとか工場の様子とかがありこちらも見ごたえがあった。主に物販だが、ここだけのオリジナルなものもある。プラモデルはいろいろとかさばるので持って帰るのはきつそうだ。
映像ではララァのセリフをまねているらしいキティとアムロが話していた。ガンダムVSキティ...なんだこれ。
夏祭りということで縦に並んだザクの頭でだるま落としをやっていた。かなり成功率は低そうだが、だれか成功したようだ。
夜9時までとは言わないが、食事も含めてかなり時間を潰せた。
ともかくいろいろ行ってみるものである。明日も行きたいが、朝は遅そうなのが難点だ。
[ 投稿者:りっく at 05:45 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月10日
中日戦@ハマスタ
今日は取れたチケットの関係で横浜になる。
朝は比較的ゆっくり出て新宿に向かった。お金関係のところをなんとかして渋谷に向かう。
ネズミ騒ぎで気になっていたコンビニに向かった。神南1丁目というから前に行ったところかと思ったが、同じ番地でいくつもファミマがあるので別の店だった。ぐるっと回ってノーマークだった店が閉まっていることを確認した。場所的には結構目立つところにある。
渋谷では植え込みに大きなネズミを見たことがあるので、いるとは思っていたが、店内にいるのは驚きだった。店員が気づいていないはずがないし、誰かが集めて放ったDQN動画じゃないだろうかと思ったが、真相はわからない。
ちょっと遠いので早めに出る。渋谷の東急は地上駅のイメージがあったので地下駅はちょっとイメージと違う。ちょっと曲がって止まるということもない。といっても何度も地下駅に来ているのでいい加減慣れないといけないのだが。そして車両は東京メトロ。相互利用なので特急もメトロ車両となっていた。特急はFライナーということで特急料金は取られないが普通車両だ。
球場外では大魔神のトークショーをやっていた。知っていればもっと早くに来ていたのにと思う。
遠くから眺めてチアリーディングから座ってみた。
球場ではまったく同じ番号のチケットを持っていた人に間違えてるんじゃないかと言われて移動した。結局あちらが間違えていたらしい。俺が間違えたと思っていろいろ移動した挙句職員に聞いて案内してもらった。そこでもまだいたらどうにかなったのだが、隣の人にも同じことをやって逆に移動させられたらしい。
イベント1つ見過ごしたが、たくさんイベントがあるのであまり気にならなかった。
先発は石田投手。初回からいい調子で投げていたのだが、アルモンテ選手にホームランを打たれる。裏の攻撃はいいところまでいっても得点にならずに4回ビシエド選手にホームランを打たれる。
ホームランは仕方ないが、味方の援護がないのがきつい。
5回さらに追加点を取られたが、裏に1点取り返した。
6回裏に伊藤選手がホームラン。初めてなのだそうだ。
7回に平田選手のツーベースでまた引き離される。その裏上位打線に来て代打桑原選手で盛り上がるも飛距離が足りず点が入らない。
8回ロドリゲス投手が出て相手は勝ちパターン。これで終わりかと思ったらロペス選手のヒットから伊藤選手の2打席連続ホームランで同点。がしかしその後が続かない。
9回まだ同点だが山崎投手が出る。ヤスアキジャンプ初めて見たがやはり球場でみると迫力があった。実は意外と飛んでない人も多い。
その裏、筒香選手が歩かされて満塁。ソト選手が打ち取られて終わりそうなところだったが、代走で出た乙坂選手が犠牲フライを打ち上げてサヨナラ勝ち。
ヒーローインタビューは期待されていない者同士で会場は盛り上がった。
ハマスタはここから花火。いったん暗くなるので席から動かずイベント終了で一気に駅に向かうのだが、混んでいたので日本大通りから乗った。
夜は結構遅くなったが、寝る場所の心配はなさそうだ。
[ 投稿者:りっく at 07:29 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年08月09日
契約終了決定
今日の帰宅間際に別室に呼ばれて来月末での契約終了が告げられた。
元々新人さんに引き継いで終わりだと思っていたので驚きはなかったのだが、盆休みの連絡はとうとうなかった。
本来なら去年は休みにしていた15日は出勤となりますという話をずいぶん前からしなくてはならなかったのだが、電話から漏れ出た話から推測してもしかすると休みじゃないかと予想しただけで終わり。
去年は休みだったし普通お盆休みといえば15日だろうと休んだら無断欠勤になるところだった。といってもまだ先の話なので実際休んでしまう可能性もあるのだが。それに電話での話は誤解が生じやすいよううそを織り交ぜて実は出勤したら休みで入れず引き返すこととなる可能性もなくはない。
会社からも連絡がきた。契約終了と聞いたのでこれから営業を再開するのだそうだ。いつもながら行動が遅い。今回は契約なくなる可能性があると忠告していても何もしていなかったのだから本当にやる気がないのだと思う。
次の仕事見つからなかったからクビとか言いだしたりするかもしれない。そんなことができるはずもないのだが、休み明けに呼び出しがあるのだそうだ。過去に辞めさせられた人が多いこともあってないとは言い切れない。
自己都合にしないようにしていれば整理解雇でも無効で争えるし営業のさぼりはしっかりと記録しているのでそんなに気にしてはいないが、慌てて連絡をよこすあたりうちの会社もうダメかもしれない。
[ 投稿者:りっく at 06:24 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]