掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2016年11月03日
Lubuntu
普段はUbuntuを使っているのだが16からはさすがに重そうでそろそろAtomのネットトップに入れるのはきつくなりそうだ。ただでさえUnity使う気無くてGnome Classic入れているがそろそろ別のものも検討しなくてはいけないかもしれない。
ということで軽量で知られるLubuntuを試してみた。
最低限必要なアプリは入っているし動作は軽快。特にVirtualBoxで使っているとその軽さがよくわかる。今までちょっと重いかなと思っていた処理もスムーズで仮想環境を使っているというストレスがかなり減る。
質感はやはりUbuntuなのだがさっと処理する程度に使うならちょうどいいのでVirtualBox環境に入れて補助的に使うのにいいと思う。
ただ目的は非力なマシンでメインOSとして使うつもりなのでそれで足りるかどうかというところだ。とりあえずOSの変更はいろいろと手間がかかるのでLTSのサポートが切れるギリギリまではUbuntuでしのごうと思う。
[ 投稿者:りっく at 14:58 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2016年08月23日
LibreOffice64bit版
32bit版しかないということでずっと使うのを戸惑っていたLibreOfficeだがいつの間にか64bit版が出ていた。
Ubuntuなら基本的についてくるので意識はしないのだがWindowsやMacで使いたいといったときにわざわざofficeを買うのもどうかということで買えずにいた。OS切り替えまくる俺としてもそのうちの1つしかofficeが入ってなくて使うたびに再起動するのはあまりやりたくない。
ブラウザで使えるofficeもあるが肝心な時にExcelが入っていませんと使えないこともある。
32bitのものでいいのだがもうちょっとしたら64bit版が出るだろうと待っているうちに忙しくて忘れていた。
今まではVirtualBoxからUbuntu起動していたので使っていたがこの際入れておこうと思う。
[ 投稿者:りっく at 16:10 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年08月19日
キー割り当て
まだ手持ちのノートパソコンが動いているのもすごいがそろそろいろんなところが問題になってきている。
Atomで解像度も低いのでWindows7を普通には入れられない。Linuxでなんとかやり過ごしてきたがどこかのキーが押されっぱなしになるという問題が出てきた。ばらして掃除すれば治るようなものかもしれないが本当に壊してしまったらと思うと手が出せない。
ということでキー割り当てを変更することにした。
やり方は意外と簡単でxmodmapを使う。あちこちのサイトに使い方が載っているのであっさりとできた。
ただそのキーを向こうにすることはできたもののSHIFTと同時押しのキーも使えなくなってしまったのでいつでも戻せるようにしたいところだ。今のところ問題が起こってからTerminalを立ち上げてコマンド起動している。
[ 投稿者:りっく at 21:45 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年04月16日
Boot Repair
Windows XPのサポートは切れとりあえずubuntuを入れる人も少なくないと思われるがUSB経由でインストールしてUSBブートにしてしまったためUSBを挿さないと動かないということがあるかもしれない。
ということでHDDから起動したいという場合Grubをインストールすることになる。がしかしきちんと手順を踏むと面倒なのでGrubの修復という手を使ってみた。

Boot Repairを入れて実行するだけでそもそもGrubを入れていないHDDにもインストールすることができた。

手順は以下の通り

sudo add-apt-repository ppa:yannubuntu/boot-repair
sudo apt-get update
sudo apt-get install -y boot-repair
boot-repair
[ 投稿者:りっく at 07:36 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月24日
VirtualBoxの共有フォルダ
VirtualBox内のOSで作ったファイルを外に出すには共有フォルダを作るのが簡単だがOSのアップデートでたまにアクセスできなくなることがある。
共有はGuest Additionsのインストールが必要。VirtualBoxのメニューからDevices→Install Guest Additionsを選択してインストールする。共有フォルダはあらかじめ作成しておきVirtualBoxの設定で共有フォルダを選択しパスとフォルダ名を設定する。自動マウントと永続化するにチェックすると毎回使えるようになる。
あと自分のユーザ名をvboxsfに登録する。

sudo adduser (ユーザ名) vboxsf

これがどうやらアップデートの際に無効になるようで共有フォルダに入れておいたはずのファイルがいつの間にか見えなくなっていることがある。そんな場合はGuest Additionを入れ直すといいらしい。
最初わからずにスナップショットから復旧させてしまった。その時に作ったファイルは保存してなかったので消えた。いらないものなので問題はないがスナップショットからの復旧ではまたアップデートのやり直しになり面倒で時間もかかる。ブラウザの設定やcookieも元に戻ってしまうので意外と痛手は大きかった。
[ 投稿者:りっく at 02:54 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月16日
スクリーンショット無効化
キーボードを操作していてついPrintキーを押してしまう。Backspaceの横にあるのでたまに当たるとシャッター音が鳴ってファイルが保存される。便利な機能ではあるのだがシャッター音が気になるしどんどんファイルがたまっていくので無効にすることにした。
アプリケーション→システムツール→システム設定→キーボード→ショートカット→スクリーンショット
と選択して「スクリーンショットを撮る」を選択しBackspace
これで指が当たってもスクリーンショットは撮らないようになった。
スクリーンショットを撮るときはキーボードの設定を戻すかアプリケーション→アクセサリ→スクリーンショットで撮ることができる。
今まではそのやり方で撮っていたので俺としてはこちらの方がいい。
ちなみにunityではどうやるかわからないがアプリケーションから選択していく操作をするには前述のGNOME Classic設定にする必要がある。
[ 投稿者:りっく at 03:23 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月11日
旧バージョンの壁紙
今まで10.04(Lucid Lynx)の壁紙を使っていたが12.04ではなくなっていた。前の壁紙の方が良かったので壁紙だけでもと思い探すと見つかった
ubuntu-wallpapers_0.31.3.tar.gzをダウンロードし展開
この中に壁紙が入っていた。
[ 投稿者:りっく at 07:53 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月10日
UnityからGNOME Classicに変更
同じアプリケーションばかり使っているのならUnityでも履歴やランチャーでなんとかなるがいろんなアプリを使うとなるとコマンド入力になり不便だ。ということで元に戻すことにした。
Ubuntuソフトウェアセンターからgnome-panelをインストール
一旦ログアウトしてGNOME Classicでログインすると元の表示に戻る。
アイコンなども戻したい場合はgnome-tweak-toolを使うといいらしいがそこまではやらないでおいた。
[ 投稿者:りっく at 07:31 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2013年10月09日
Ubuntu 12.04 LTS
unityには慣れないので後で設定を変えるとしてubuntu12.04LTSを入れた。
VirtualBoxに入れるのでインストール自体は簡単ですぐに終わる。Ubuntu Japanese Teamのサイトに行き日本語Remix仮想ハードディスクイメージをダウンロード。あと設定するだけ。
壊れた前のパソコンもHDD抜き取って外付けで起動できるようにしているので前のバージョンも使えなくはないがもうサポート期間終わっていた。どうやらこちらで慣らすしかなさそうだ。
[ 投稿者:りっく at 00:09 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]