掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2019年06月21日
他社のスパイ?と野球観戦
今日は会社を休んで毎年恒例の同業者さんの懇親会に参加。いやそれが目的じゃないけど。
あまり寝てないが新宿に到着。さてJRに乗り換えるのだがエスカレーターはまだ動いておらず扉で通行止めになっていた。
ニュウマンや高島屋はもちろん開店前だがJRの改札もまだ開いておらず道路を渡る必要があった。
さらにJRはほぼ始発でまだ快速などは動いていない。コインロッカーは特別警戒で使用できなくなると張り紙があった。まだ先の話なので当日中に出すなら問題ないらしい。
いつもならSuicaが使える駅のコインロッカーに預けるのだが、今回はネットで格安ロッカーを探してそこに入れることにした。目的地でも預かってもらえるが格好が悪い。
ことごとく始発前であきらめて山手線に乗る。そしてやはり目的地を寝過ごし2周することとなった。
駅近くで200円ロッカーと出ている。最近流行りの番号を押して精算する形ではなく昔ながらの100円玉入れて鍵回す奴だ。100円玉がないときつい。
それより通路が狭くて若い女性の利用が多かった。女性が入っていくのを見て後ろからついていくと疑われると思ったので、時間をずらしたらまた別の女性が入っていってしまった。たまたまだとは思うが雰囲気的に女性は使わなそうなので逆に安心できる。
利用客も通りが狭いことが分かっているので近づくと道をあけてくれる。そして鍵式というもの自体は古いがロッカーは新品のようにきれいだった。
荷物も預けたしと目的地に到着。いくらなんでも受付直後は早すぎた。時間まで結構ヒマ。配布書類はあらかじめ読んでおかなかったので今のうちにチェック。
今回もなかなかいい情報が手に入った。
業界ではどこもかしこも右に倣えで機械学習に取り組んでいるのだが、意外とハードルが高い。
AIという言い方を使うことが多いが、いろいろとその手の情報を入手して、どういう仕組みで動いているか少しでも勉強していればAIという用語は使わないそうだ。日本のビジネスでの実際はアピール度の問題で使うことのほうが多いと思う。この話は長くなりそうなので別の機会に。
では自社でもAIその他に取り組もうといったところでわかる人がいない。これが今よく言われる人材不足である。統計学をきちんと理解して使いこなせるのは全国で2千人ほどしかいないのだそうだ。
そこで自社にそういった人材を入れるとなると高い給料で中途入社してもらうか外注に頼るか。外注だと経歴偽装の問題もあるしそもそも作って終わりではない機械学習にはなじまない。pythonを覚えてAI人材として高単価で売りつけるという詐欺商売は、前から言っている通り成り立たないと思うのでやらかした会社がどう修正するか見ものである。
結果自社で育てるほかはないのだが、ただでさえ自分の仕事で忙しいのに勉強に充てられるわけもない。いい会社なら社員が結婚している確率も高そうだし、しっかりとした趣味や社会活動を持っている人もいる。会社の利益向上のための勉強をさせるなら時間外賃金を払うか業務時間内にやるしかないが、なかなか協力してもらえないのだそうだ。そもそも今まで覚えてきたことで仕事はできているので新しいことを覚えようとしないということで困っているということだった。
といってもそういう仕事も受けてそのプロジェクトを軸に他部門にも成果を波及させていこうとしているということだった。機械学習が分かっても業務が分からなければどのみち仕事ができないのでこんな形に落ち着くのは自然だと思う。
ロッカーから荷物を出して球場へ。
ロッテ戦は3年ぶりなのだそうだ。相変わらずあちらの応援はすさまじい。チアもマスコットも来てくれているということでやはりつばみが絡んでいった。
試合は最初こそよかったが見事にボロ負け。詳細は後日。
[ 投稿者:りっく at 09:47 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月20日
夜間移動
今の体力でできるのか不安なのだが、確認のためにも夜行バスに乗ってみることにした。もちろん用事があるからなのだが。
定時で仕事を終えて帰るもなぜか渋滞きつめ。それでもなんとか帰宅。
松本や白馬からのバスで夜行があればいいのだが、ないので長野からとなる。ちょっと高くつくが長野は競合もあるし平日ということもあって実際そんなに変わらない。松本の終便で行って前泊するという手もなくはなかったが、時間的にギリギリなので終電が怖かった。
帰ってすぐに出る電車に乗るのが一番だが、さすがにきついのでちょっとうちでゆっくりして1時間後の電車に乗った。
それでも長野ではちょっと時間が取れると思っていたが、まさかの延着。停車時間が短くなればあっという間に追いつくと思ったが、どんどん遅れてきて最後まで詰まらなかった。
さて乗り場に向かうのだが、いつの間にか営業所がなくなっていた。
いつものところだろうと事前に確認せずに現地に向かうのは危険だと思った。さて営業所が移転したとして探しても近くにはなさそうだ。
東口であることには変わりないので簡単に見つかると思ったらそうでもない。近くを一周してもそれらしきものが見つからなかった。
電話番号も控えてないし、さすがにまずい。いろいろなところで手を抜きすぎたのがこういうときに引っかかる。
バス会社のホームページは低速回線では固まってまったく表示されない。
それでも予約確認書のコピーをSDカードに入れて持ち歩いているのでどこかのコンビニに入って印刷すればなんとかなる。集合場所が遠かったらそれだけでアウトだが時間がない。
とりあえず駅に戻ると見たことのあるバスが止まっていた。行先は違うがこの乗り合いバスはあちこち寄り道する。新宿を経由するならそのバスで合っているが、表示はちょっと先になる。時間的にもきっちりなのでこのバスで合っているだろうと列に並んだ。
受付して乗り込む。今日も明日も平日だというのにほぼ満席。若い人も多い。隣の人は乗るなりやたら食べ始めたがまだ許容範囲内だった。
途中休憩し、さらに先のエリアで止まった。運転手の休憩らしく降りられない状態で時間つぶしをした。
早朝ということもあり時間ほぼぴったりに新宿に到着。運転手が面白い人なのか忘れ物が多いと長々と話をしていた。このバスは引きつづき別便となっていったん空港に寄ってまた長野に向かうらしい。ほぼ掃除している時間が取れないということだった。
結局あまり寝てはいないが、夜行バスにしては寝られたと思う。
[ 投稿者:りっく at 10:46 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月16日
長期修行開始
以前から興味があった学習サイトがあったのだが、迷った挙句やってみることにした。嫌ならやめればいいというのが気楽でいい。
同年代の女性が去年から始めているということでブログにアップしているのだが、結構参考になる。全部やらなくてもいいし全部終わらせた人はいないというのが大きかった。
ただ問題はものすごく時間がかかることで全部終わらせるのには1日2時間毎日やっても最低3年かかるらしい。しかも英語。
外国では有名だが日本では知名度がいまいちで一部の人が勉強会をしている程度なのだそうだ。
さて朝から始めてみると結構面白い。最初はすでに知っている内容だということもあってすいすい進んで一日で半年分の作業を終わらせてしまった。さすがに今後はこのペースではいかないだろうが、あまりの速さにびっくりした。
申請すれば認定証ももらえるのだが、早くももらってしまった。
前にやったサイトでも怪物認定されて授業料タダでいいから他にもいっぱい受けてくれと言われる始末。俺はそんなに能力が高いわけではないのだが、ちょっとでも気を抜くと天狗になってしまいそうだ。
元のサイトでも週2マスの授業を受けていてこちらも順調に認定証までもらえた。先週また1つ終わらせたので来月にはまた認定証が増える予定だ。
問題集まで買ってやり始めた勉強のほうはいまいち進まず、趣味の方で始めたものは方向性で迷ってちょっと詰まっている。
今年は勉強の年だとは思っていたが、ほぼ半年進んでここまでできるとは思わなかった。そして何よりもっと早くやっておけばと思う。
夏場はたぶんペースが落ちると思うが、エアコン買ってさらに進めるかもしれない。
[ 投稿者:りっく at 07:21 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2019年06月15日
雨の中の草むしり
ブログの更新がかなり遅れ気味になってきた。
さすがに死亡説が出てきそうなので更新しないとまずい。

今日明日は雨予報だが、あまり降ってなかったので今日は草むしりをした。
基本的に軒下でやっていたが、雨が止んだのを見てちょっとだけ外にでた。
結局雨が降ってきてまた軒下に戻る。それでも午前数時間、午後数時間でそれなりに進めることができた。
雨の日には犬が出てこないので静かだが、隣が犬を抱きかかえて狭いうちとの境を歩いていた。普通に散歩させると雨が降ってきそうだからというのはわからなくもないが、傘さして歩けばいいのにと思う。
軒下から手が伸ばせる範囲内だけやって雨足もきつくなってきたところで中断。
たまった桑の実でペーストを作る。そろそろ容器が限界にきている。
またジャムにしないと保存が間に合わずに傷んでしまうので週明けには材料を買いに行こうと思う。もしかすると明日行くかもしれない。
冷凍保存分もあるのだが、こちらも容器いっぱいになった。
明日は雨の状態を見て続きをやろうと思う。
[ 投稿者:りっく at 07:21 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]