掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2019年01月26日
イベント出席強行
積雪70cmも!とか交通機関が麻痺する!大糸線が運休!とかいってやたらと外出させないような天気予報の有様だったが、朝になってみればたいしたことなかった。
実際の積雪は数cmで足跡がつく程度。この土日にどうなるかはわからないが、動けなくなったらそのときはそのとき。行かなくて後悔したくないので出かけることにした。
今日の目的はYahooのカンファレンス。こういったイベントは最近あまり行ってないのでできる限り出席したい。いい会社なら研修の一環として会社負担があるのだが、うちの会社に期待するのは無理だ。そもそも昨日飲み会やってたりする。東京往復なら交通費宿泊費で万単位の出費になるので自分から行こうなどというのは俺くらいのものだろうと思う。
駅に着くまでの道もむしろ雪が少なく踏むとじゃりじゃり音がした。靴がずぶ濡れになるだろうと思っていたがまったく濡れずに済んだ。
気になってHPを調べたが昨日まで南小谷から糸魚川が運休予定だったのが、今朝見ると大糸線は朝から通常運転だった。
駅についても普通に人がいる。これくらいの雪で出かけるのを躊躇するような人もいないのだろう。
雪で30分くらい遅れるかもしれないと思って1本前の電車にしたが、その必要もなかった。松本は2度でむしろ暖かいと思うほどだった。
バスの待合所はそれなりに出入りがある。いつも地下で待っていたがここの椅子も座り心地がいいし暖かくて快適だ。
1本前のバスに乗れなくもなかったが、誰かの隣に無理やり割り込むのも気が引けるので予約したバスにした。早くつきすぎても暇だ。逆に松本で時間が余ったので軽く食事した。マクドのコーヒーが0円とかいうのが見えた気がしたが、コンビニでパンとか買ってさっと食べる。バスターミナル地下は空いているし水も飲める。
10分前に案内があったのでバスに乗った。空いていると思ったが直近でほぼ満席になったようだ。
朝も早いし雪かきもちょっと覚悟していたのでほぼ徹夜。あまり寝ていないので車内でずっと寝ていた。ということであっという間に新宿に着いたイメージだ。
まだ時間があるので軽く店を回る。もはやルーティンワークだが、今回の店員さんは日本語が片言だった。この業務海外の人にやらせていいものかと思ったが、それこそ外国人差別になる。手順がしっかり確立されているなら確かに誰にやらせても同じはずだ。それでも信用が云々言っていた時代はもう終わったのかもしれない。ともかく交通費はなんとか目処がついた。今年も東京にはちょくちょく足を運ぶことになると思うが、もうあまり稼げそうにない。
六本木はものすごく久しぶりだ。首都高の下の両サイドというイメージはかわらない。似たような人が次々と会場に入っていくのでついていくとあっさり会場に入れた。
この手のイベントはQRチケットをスマホで見せ、アンケートもスマホで答えるのでもうスマホ持ってないというのは難しい。俺的にはなくても困らないといったイメージを持っていたが、積極的に動くとなるともはやないと困る段階にきている。ついこの前までは特にやり取りしないしLINEのアカウントなんていらないといっていたが、いろいろ不都合も出てきたばかりだ。
細かい内容は公式ページにあるのでここで書かないが、今回の目的は俺のやる気をさらに底上げしてもらうことだったので、十分すぎるほどだった。さらにやりたいことも見えてきたしもっとがんばらなくてはという気持ちにもなった。
それと同時に自分の周りを見てかなり残念にも感じてしまった。いくらなんでも差がありすぎる。
6時間ばかり休憩を挟みつつぶっ通しでいろんな話を聞いた。ネットで調べて自分で試してみればある程度わかるような内容も多いのだが、全部やるのは無謀だしこういった形で概要を知るのもいい。
なんとなくイメージでこういうものだろうと思っていたが、本来見るべきはここだといったこともわかる。
バスで寝たものの寝不足だったはずの俺が最後までばっちり聞いただけの事はある。本当に参考になったし、何より話者は基本的に年下。入社1,2年でも短納期であそこまで作るのかと思った。
それもこれも大会社のバックボーンあってのものだが、各プロジェクトは数人でもあちこちのプロジェクトと絡み合って各担当のやっていることは少しでもかなり大きなものが作れるというのが気になった。本来会社はこうあるべきだと思う。
この巨大会社と渡り合うのはかなりきつい。同じようなことをやるならインフラだけ、画面だけとかいろんな会社に割り振って数社、いや数十社からんで1プロジェクト作るくらいでなくてはいけないが、そんなことができるベンチャーも限られるだろう。後の話であなたの会社ではデザインは専門家がやらないのかと突っ込まれたが、得意分野をはっきりさせて専門家同士でレベルの高いものを作らないと売れるものも作れない。
自分のやりたいことを実現させるには何が必要か、どんな方法で実現するのか改めて考えさせられることとなってしまった。
今俺がやってるのが基本GoogleでmBaaSとか使ってできるだけ手短にやりたいことができるかの検証みたいなものだが、さらに上を目指すには、世間に認められるプロダクトを作るにはこのままではそろそろ頭打ちになりつつあるというのがはっきりと見えてきた。
終わった後、ネットワーキングパーティというのがあるので参加してみた。事前に聞いた話だと俺みたいなタイプは絶対に浮くという。
当初ネットにつないで何かするのかと思ったが、単なる立食パーティーだった。ビールやワインまで出る。俺の頭が古いからいけないのだが、交流会といってほしい。ついスマホの充電切らさないように気を使ってしまった。
コップを空にしがちなのでスタッフに気を使わせてしまいがちだが、こういう場では食べる専門となる。ただ、俺が壁の一部になるぞというのでこういう感じかなとやってみた。社員さんにどんどん話しかけて仲良くなったほうがいいのだが、性格的にやりづらい。
それでも講師の方が話しかけてきてくれてそこそこ話はできた。ここぞとばかりに用意しておいたPWAを自慢。ちょっと失敗したかもしれない。あちらでも審査のないPWAは脅威に感じているということだった。あと、カセットライブラリは終了というのはもう決定事項で動かないらしい。iOSのARマップはすごいのだが、使える機種が限られるのが残念だ。やはりスマホも最新機種にしないとこういうのについていけない。
ちょっと話が戻るが、休憩時間にいろんな展示を見た。いまやAIとか機械学習の話は避けて通れないが、こういった現象が起きるとかこういった活用例があるという話はよかった。ちょうどメディア関係の人が突っ込んだ質問していたのでつい聞き入っていると次の講義に遅れそうになってしまうくらいだ。
水はもちろん、コーラとかオレンジジュースまで用意してもらっていた。一緒に作業してくれる仲間を募集しているそうだが、もちろん俺は年齢制限とか過去の経歴ではじかれることだろう。やっても協業できるかどうかくらいだ。
他業界の話を聞いてても思っていたのだが、自分が何をしたいのか、世の中をどうしたいのか、それに対して自分が何をできるのかを考えて行動していかなくてはいけないと思う。わかっていても流されて動けないというケースがほとんどではあるのだが。
いつまでも壁の一部になったままというのもなんなので、早めに会場を出た。話が盛り上がって締めの挨拶が中間になってしまったところだが、どうせあと10分だしそこで十分だった。普段なら最後まで居座るのだが、そんなことをしても単に惰性で居続けるだけに感じた。アンケート回答でモバイルバッテリーがもらえたが、残り少しだったのでちょうどよかった。持ってないし今日は危なかったのでちょうど欲しいと思ったところだ。
渋谷まではそんなに距離がないと思ったので歩くことにした。いつも神宮から歩いているので距離的にはこっちが短いが、ほかに歩いている人がほとんどいないのでちょっと長めに感じた。
明日は特に予定がないが、帰り大丈夫かちょっと心配ではある。
[ 投稿者:りっく at 06:49 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]