掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2015年10月31日
年内最後の草むしり
最近ではあれだけ暴れ回ったモンスタもおとなしくなったのでまわりがやっと静かになってきた。
今日は遅めに起きたが何もできないまま昼前になり慌てて洗濯した。朝は冷え込んだが日が出ているのでそんなに寒くはなく外に出るにはちょっと日差しがきついと感じるくらいだった。
普段なら夕方から草むしりを始めるのだが今回は時間がかかりそうだったので早めにスタートした。残っている枯れ草を抜いて1ヶ所に集めあとフェンスの簡単な補修。また壊れるだろうがうちにいないだけにややお手上げ気味だ。今日はほぼ見かけなかったが写真でみる限りモンスタ子は親の目がなければやはり玉蹴りをしてフェンスにぶつけていた。見つからなければ何してもいいと親が教えたのだから忘れたころに子供がやっていてもおかしくない。また目立つところにあげておいたがもはやただの黒歴史に終わるだろう。
目立つところの草むしりをほぼ終えて通路も広めに確保した。そこそこ汗をかいたのでちょっと休憩。夕方買出しに出かけた。ここで調理できる食材には限りがあるので保存食が多い。こちらの方が基本的に安いのでかなり買い足した。先週買い損ねた落雁を買おうと思ったがもう西友では扱っていないようだ。確か西友にしか置いていなかったと思っていただけにもったいない。他もあたったがやはり見つからなかった。
夜は老人保健センターの風呂に入った。ここも温泉だがなんと300円で入れる。知ってる人は知ってる存在だがここをなくすという話を共産党かどこかの市議のチラシで知った。行く直前にネットで石けん等持参という情報を得ておいてよかったと思う。あと閉まるのも早めなので注意が必要だ。暗い中もう何も施設はないのではないかと思ったら見つかるくらい奥にある。有明山神社の横なので知らない人が見ると神社の付属施設と思うかもしれない。くるまやとここの温泉のセットで観光するという人もいるようだ。風呂は成分表のある温泉ではあるが加水したり循環させたりはしているらしい。それだけ安心して入れるということだった。ぬるいのと熱いのがあるが熱いのでちょうどよかった。ぬるいのはちょっと狭いし長湯するのはきつい。客足はそこそこでこの入りなら十分だと思う。観光客より地元の人向けということだったが他の人の体を次々と洗っている人がいた。仲良し老人連中ということだろうが知らない人が見るとそういうサービスがあるのではないかと思うだろう。
そこそこ人は入っているので悪くはないはずだが老朽化の改修費用が出るかといわれると確かにきつそうではある。なくなるのがもったいないと言われれば確かにもったいない。叩くとすれば今回新しくできる温泉は市役所と合わせて借金で箱物を次々と作ったうちの1つと言われやすいところだろうか。温泉健康館もなくなるというのは今回初めて知った。前に入ったばかりのような気もするがなくなる前にもう1回入っておきたい。
露天も休憩室もないところでさっさとあがって帰った。ジュースなどの自販機はあるが通路のベンチだと休憩した気にならなそうだ。
明日は早めに帰るかいつも通りに帰るか微妙なところだ。月曜休みにできればいいのに通院予定を入れたので定時までいることにした。
[ 投稿者:りっく at 21:05 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月30日
始業前倒しは効率がいい?
今の作業場は今までのところと違って朝の開始時間がちょっと早い。帰宅も早くなるので残業しないならいい条件なのだが当たり前のように残業しているのでちょっとややこしいことになっている。
朝の時間を有効活用しようとか朝の方が頭が回るということで一時期早めに出社することがもてはやされた時期があったが今の作業場を見ていると単に労働時間を引き延ばす言い訳のように見えてきた。朝は早くても帰宅が遅いなら労働時間は長くなる訳でまったく効率的ではない。
さらにまずいことに深夜残業は作業開始後12時間過ぎてからということにはならず決めうちで22時からとなるため労働時間が伸びても深夜残業に含まれなくなる時間が増える。早く帰宅できるからいいじゃないかというのだが労働時間の長さに比例して疲れが蓄積する身としてはきつい。といっても深夜のコンビニなどいきなり深夜残業ベースの給料になることもあるので制度に文句を言うのもおかしいと言えばおかしい。早く出社するのだからもっと速い時間帯の電車を増やせというのもいいにくいだろう。
やはり仕組み的に長時間労働にならないようなものが必要なのではないかと思う。
[ 投稿者:りっく at 06:44 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月29日
阿智神社の藤
5/6の写真

DSCN0261-1DSCN0262-1
DSCN0263-1

日本一の大きさを誇る曙藤で「阿知の藤」と呼ばれている。
[ 投稿者:りっく at 11:12 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月28日
倉敷
5/6の写真

DSCN0247-1DSCN0248-1
DSCN0249-1DSCN0250-1
DSCN0251-1DSCN0252-1

倉敷川沿いはやはり一番絵になる。

DSCN0253-1DSCN0254-1
DSCN0264-1DSCN0265-1

倉に囲まれた狭い路地もいい。

DSCN0255-1DSCN0256-1
DSCN0257-1DSCN0258-1
DSCN0259-1

美観地区でも川沿いでなくちょっと別の通りを歩くと空いていて見応えもある。
[ 投稿者:りっく at 11:02 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月27日
ひなげし
5/9の写真

DSCN0267-1DSCN0268-1

なくなりそうでなくならないが砕石など他の草があまり生えていないところに生えていることが多い。例年数株だけ極端に大きくなる。
[ 投稿者:りっく at 10:02 | 写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月26日
りんごの花
DSCN0056a

4/29の写真

今年初めて花が咲いたかもしれない。手入れも適当なところで実はならなかった。
[ 投稿者:りっく at 21:37 | 写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月25日
湯田中への旅
昨日の夜急に雨が降ったので今日は小布施の美術館めぐりでもしようかと思ったが結局晴れたので湯田中に出た。
終点まで行くなら特急で行くとして特急の始発はかなり遅い。9時発のに乗らないといろいろ見て回れないと思う。ということで9時発のに乗る。こちらは元成田エクスプレス。最新式車両というイメージが強いのだが車体には大きな猿の写真。イメージ絵も猿で名前がスノーモンキー。展望車両はないので並んで乗る人などいないだろうがそこそこ混んでいた。車内はゆけむり号とくらべて荷物スペースが大きい分やや狭く感じる。のんびり号ではないので基本的には案内がないが北信五岳の案内はあった。そして今日はよく見えた。今日のんびり号に乗ればゆっくり見れたと思う。
昨日ゆっくり見ていろいろ覚えただけあって今日は早く着いた感じだ。最新式の車両が湯田中に着くとああ、あこがれの志賀高原と音楽が流れるのがちょっとシュールだったりする。すぐに渋温泉などへ行くバスが出るそうだがちょっと歩くことにした。
一茶の散歩道というところだが手前から行くとちょっときついらしい。平和観音の方から回った方がいいと案内があったがそのまま進んだ。途中展望園地に向かったが景色の見えにくいところで奥まで進んだので結構大変だった。案内板から先遊歩道ではないとあったが登山道みたいだ。普通の靴で行ってしまったがここからは最低でもトレッキングシューズでないときつそうだった。急な斜面によく滑る道でかなり上の方まで歩いたが結局何も見えず下り坂になったところで引き返した。今日はとにかく地獄谷まで行く予定でここで時間を使うわけにはいかない。
降りて平和観音など見て回って上林温泉に出た。そこから遊歩道で地獄谷に向かうのだが今日は猿がいないらしい。前もって情報は得ていたのでともかく今日は遊歩道を歩くことが目的だと先に進んだ。人によっては手前の案内で引き返したようだ。
途中の道は涼しいというよりもう寒かった。日が出ていれば暑いはずだが木陰だとじっとしていられない。道自体はアップダウンもほとんどなく快適に歩くことができた。
地獄谷到着。派手にお湯を吹き上げているところで休憩すると風がこちらに向かってくるとき結構お湯をかぶることになってしまうので先に進んだ。隣の温泉は猿も入る温泉で日帰り入浴もできるようだが歩いて帰ると湯冷めしそうだと思う。野猿公苑に向かったが猿がいないからということで入ることができなかった。料金も取られないが手前で通行禁止になっている。何もいなくてもここが猿も入る温泉だと写真撮って帰っても良かったがいないなら仕方ないので帰ることにした。その前にそこそこ歩いたので待合所で軽く休憩した。猿は奥の方にいるのでこちらまで餌をもらいにくることはなさそうだということだった。餌のない時期ならたくさんくるのかもしれない。そもそもそんなことしなくてもうちの方なら中房に行けば猿の姿を見かけるので無理してまで見ようと思っていなかった。ただ野性のものを見るだけという以上のものが得られそうな雰囲気だったのでまた機会があれば行くと思う。
帰って渋温泉など見て回った。射的などあったがやっているのだろうか?足湯に浸かっているとちょうどいい時間になったので食事をしようと思ったが旅館はあっても食堂は少ない。結局見つからず駅を通り越して道路まで出るがまた戻ったところにドラッグストアがあった。適当にパンなどかって駅に向かうがここでコンビニが見つかった。特急が出るまでは時間があったので各駅で信州中野に向かった。乗客は俺一人だが駅の人が送り出しに出てきたのでちょっとびっくりした。須坂で見たイオンは間違いで大きいイオンがあると思ったのは中野の方かもしれないと思ったがさらになにもなかった。そこそこ歩いてセブンイレブンにつくが何も買えずに出た。時刻表を読み違えて1時間待ちということに気がつかなかったので長野行きに慌てて乗った。途中で引き返してまた特急に乗ろうと思ったが眠いので寝てしまっているうちに長野についてしまった。せっかくだから荷物を置いて夜にまた温泉のためだけに湯田中に向かおうと思ったが寒かったので部屋に戻ったら風呂に入って寝た。明日に疲れが残らない自信はある。
[ 投稿者:りっく at 08:32 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月24日
須坂、小布施への旅
今日はこちらから出かける予定だったが朝ゆっくりしすぎて昼前まで部屋に居ついてしまった。
長野電鉄で出かけるつもりではあったが目的ののんびり号は昼前に出発する。2日乗車券を買って朝一で小布施辺りまで出かけて戻って乗ろうと思っていたがどうせまた行く予定だしいくなら時間を取ってしっかり見たいというのもあってやめておいた。
朝一だと窓口が開いていないかもしれないという心配もあったが昼ならなんの問題もない。特急券は別になるので自動券売機で買って乗車口に行くとまだ誰もいなかった。ということで難なく一番前の座席を確保できた。のんびり号は元小田急ロマンスカーで以前に行った鉄道博になかった車両なのでまさか長野で見られるとは思っていなかったが乗ることまでできてしまった。古い車両とはいえ高級仕様で内装はいい。最前列は展望座席ということで乗務員は上に上るのだが乗るときに梯子をかけていた。乗る前に列に並ぶということもなかったが呼びかけられて観光案内の冊子をもらった。おしながきということで列車に似せた紙に車内販売のメニューが書いてあるものもあった。この電車に乗るなら駅にのんびり号の案内があるのでもらっておくと各名所でのだいたいの到着時間がわかるのでいいと思う。
発車直後に車内販売があった。各駅と同じスピードで進むとはいえ時間を稼いでもよくて1時間程度。今食べておかないと食べきれない感じだ。値段も安めだが量も少なめでちょうどいい。年配者も多かったこともあり飛ぶように売れていた。地下区間は目立たないが外に出るとゆっくり走る姿が目立つ。途中立ち止まって休憩もするが村山橋などでは外に出ることはできないようだ。案内の放送はあるのだが年配者連中はとにかくガツガツ食うしやたらしゃべるしであまり聞き取れなかった。よく聞くと結構すごい内容だったりする。隣に見えます建物が某IT企業の経営者が入っていたとされる刑務所で、ってホリエモンか。今まで知らなかった。この辺ではえのき茸の栽培がさかんで加齢臭にも効くと評判です、まではよかったがお子さんにお父さんくさいと言われて困っているお父さんにおすすめとか言わんでいいw 2chにスレ立ててネタになりそうな話のオンパレードだった。あっという間に須坂、小布施と過ぎて山々が見えるあたりに出たがせっかく天気はよくてもガスがかかっていて北信五岳はよくわからなかった。そしてあっという間に湯田中についた。温泉に入るには早いし迷ったが裏の温泉だけ確認して展示室をちょっと覗いてまた戻ってきた。そしてまた下りのゆけむり号に乗る。これでさっき聞き逃した内容も聞き取れるだろう。湯田中では改札が開く前から並んでいて展望座席は無理だったので後ろの車両に乗った。中国の方らしきグループが占拠していて日が当たると移動したところで前の車両に移動した。展望座席でなくてもその後ろの車両からはちょっと高い位置にあることもあり意外と前がよく見える。隣はさっきどうせこの車両で帰るだろと声をかけてきた人だった。もともとこちらの人らしい。長野電鉄は元々木島平に向かう方が本線なので使われていない線路がまっすぐ伸びていて湯田中方面は横に曲がるとか、1代前の車両は自前だったとか湯田中に向かう勾配を登れない車両があるのでその車両は信州中野止まりになるとかすごい情報が手に入った。車内の案内は下り方面と違ってやや簡素だった。いくらか新しい内容も含まれていた。途中の休憩もほとんどなく解説を聞いて旅の締めくくりにしながらもさっと帰るのにいい感じだ。そしてあっという間に長野についた。といってもさすがに早いので各駅で須坂に向かう。イオンが結構大きいので買出しに良さそうだと思ったがイオン自体は2階建てのこじんまりとした建物で他はただの商店街だった。蔵のあるところまではちょっと歩くしそこは忘れもしないあの渋滞の名所なので車窓から見た覚えがある。電車の乗り継ぎもあるので街中を軽く歩いて駅に戻った。
そこから小布施へ。案内所で道に迷ったとき用の地図を手に入れて出たがあちこちに案内があるので混んでいるところはほぼ迷わなかった。年配者、カップル、女性の一人歩きといった構成でスイーツショップや土産物屋を見て回る人が多い印象だ。狭く曲がった通りに入ると急に煙突が出てきたりはしたが町として写真を撮るようなところはほぼ見当たらなかった。山麓の寺の方までいけば景色が良さそうだが結構な距離があるので手前のりんご園を軽く見て戻った。あちらは車で行くのが良さそうだ。入り口が狭い水害に苦しんだ街という印象の家もあったがただの民家を勝手に撮影するのは気が引けた。
小布施で時間待ちの間に展示されている車両を見て信州中野に向かったがちょうど特急が来たので乗って帰った。小布施の美術館はまた今度車で行くかしばらく経ってまた長野電鉄に乗りたくなったときに3館共通券を買って入ろうと思う。
[ 投稿者:りっく at 20:48 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年10月23日
白馬五竜カタクリ園
5/10の写真

DSCN0278-1DSCN0279-1

まずはスキー場にあるこの鐘を鳴らすところから

DSCN0280-1DSCN0281-1

幸せの黄色い...なんの花だったか
形的にはユリ系で下を向いているところがオダマキに見えなくもないが忘れた。

DSCN0282-1

遅いかなと思ったがちょうど見頃だった。

DSCN0283-1DSCN0284-1
DSCN0285-1DSCN0286-1
DSCN0287-1

カタクリ

DSCN0289-1

こちらも名前忘れた

DSCN0290-1

シラネアオイ
[ 投稿者:りっく at 11:28 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]