掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2014年01月31日
昔の知り合い?
去年末に俺の携帯にやたらと電話をかけた人がいてなにごとかと思ったら一度会ったことがある人だった。あの時は毎日終電帰りの中連絡が取れないことも多くなり自然とメールのやり取りもしなくなったのだが今になってまた会いたいというのはあまりにも不自然だと思った。
こういったものは10中8,9宗教やマルチの勧誘などろくでもないものなので適当にあしらって放置した。
年明けてまた連絡がきたのだが俺が連絡しないようにというのを無視して強引に押し込んだ。マナー違反もあるがわざわざ返信することもないとまたもや放置。
結果そのメールアドレスにやたらとアダルトサイトからの勧誘が届くようになった。この結果は予想していたことだがまたかと思った。というのも2年前この人は同じことをしていたし俺もまたそのことを未だに覚えていたりする。
1年前の偽NHKストーカーといいうかつに連絡先が漏れるとろくなことがないなと思った。
[ 投稿者:りっく at 14:03 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月30日
都会のトラブル
週の初めに駅前で痴漢冤罪の演説があった。新宿線は痴漢冤罪で結構有名らしい。
その人がいうには指先など徹底的に調べられたが被害者のスカートの繊維はまったく確認されなかったらしい。そこでスカートに触れないようにしゃがんで手を入れたに違いないと言われたのだそうだ。そんなあからさまに怪しい姿勢をしていたらすぐに痴漢だとばれるのにということだった。そんな状況でよく検挙できたものだと思う。以前にもやたらと職質や荷物検査をしたことで話題になった新宿署だが仕事熱心なんだかノルマがあるのかと思ってしまう。本当に仕事熱心なら状況をよく調べるから多分検挙ノルマの方が当たっていると思う。仕事しないよりははるかにましだとは思うがこれはこれで問題だ。いつ自分が狙われるかわからない。
逆に路上喫煙とかは多すぎて注意しきれないのか結構見過ごされている。タバコ屋の前に吸殻入れがあったりしてそこでぞろぞろと吸っている。ガラスで囲われた空間ではないのでその煙があちこちに向かっていく。その付近を歩きたくはないがまともに通勤コースだ。信号待ちでもタバコを吸う人がいてしかも吹かしていた。ちょうど頭より二周りくらいの大きさの丸い煙になったのだがそれがそのまま横に流れて隣の女性の頭を完全に囲んでしまっていた。女性は急に苦しみだしとにかく扇いで煙を逃がしたが咳は止まらなかった。そのまま何かのウィルスに感染してしまわないかと思う。俺も漂ったタバコの煙でくしゃみしたところからいきなり肺炎になりかねないので怖いといえば怖い。あと火をつけたまま振り回したりする人もいる。自転車ですぐ脇をすり抜けるように通る際にタバコを押し付けられかけたこともあるのでできるだけ表通りの歩道を通らないようにしている。といっても駅に近くなると逃げられない。電柱には一応自転車は基本車道とあるがほとんどの自転車は歩道をかなりのスピードで走っている。
痴漢の話に戻るがあの演説の後痴漢が出た。
押さないでも入れるスペースがあればできるだけ早い電車に乗りたいとなんとか乗り込んだ電車だがオヤジがドア横のスペースから動かないように粘っていた。ドアが閉まると同時にドアの横からちょっと中に入ってきたのだがちょうど俺がドアと椅子の横のパイプとオヤジに挟まれる形になった。眼鏡かけた白髪の初老で見た目は人畜無害だがこのオヤジが曲者だった。
オヤジはああっ、ううっとか言い出してうるさいと思っていたら尻を触ってきた。3本指で尻に押し付けてそこからぐりぐりと動かしだした。まじかこいつ。俺を誰だと思っているとかいってやりたい。気持ち悪いを通り越して怖い。その場で押さえたいところだが見た目的に俺のほうがやばくて揉めると勝ち目がない。会社名など調べられて連絡も行ってとなるとちょっとまずい。ということで基本泣き寝入りかと思った。指から逃げたいが体全体でドアに押し付けられて動けない。満員電車おそるべし。指を奇妙に動かして俺がどいたらその分スペースが空いて楽だというところか本当に楽しんで痴漢をしているのかは他の人の判断からは難しいところだ。
それにしても冤罪で検挙される話はよく聞くのに本当の犯人はまったく捕まらないものだと思う。
[ 投稿者:りっく at 21:30 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月29日
Kindleアップデート
Kindleソフトがアップデートされたという通知がきたので更新してみた。
さてソフトを起動してみるとなんだか様子がおかしい。
立ち読みの本はすべて消されていてうさ先生外伝の表紙が消えていた。よく叩かれるソフトではあるがこういうことかと思った。
書籍自体は充実しているので今後使う機会もあるとは思うが電子書籍のプラットフォームはいろいろあるので他にもっと使いやすくて充実しているようなところがあればそちらをメインに使うようになると思う。
消したいのはやまやまだが他に自分の電子書籍を登録できるところを知らないので難しいのがきついところだ。
[ 投稿者:りっく at 13:54 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月28日
無料サービス券
引越し当初は手元に調理器具が無かったため牛丼屋によく行った。最初に入ったところで無料サービス券をもらったので早速活用している。
がしかし俺の場合どうも女性店員と相性が悪いらしい。最初に入ったとこのおばちゃんにもらったチケットなので女性だから悪いというわけではない。
まず引っかかったのは駅付近の混雑している店。混んでいるが空いたところでさっと座るとサービス券を前の人の置忘れのごみと間違えられて持っていかれてしまった。もう片付けてあるのにまた掃除をし始めたのと日本語が片言のあたりちょっと引っかかってはいたのだが当初店の方針なのかと思ったくらいだ。
というわけで作業場付近の空いている店に行った。今度はちゃんとサービス券を使えたのだがお茶がでなかった。サービス券を使ったらお茶のサービスはなくなるという決まりなのだろうかと思った。
他のところではちゃんとサービス券も使えてお茶も出るのでたまたまだと思うのだがそこが男性店員だったので不遇の特徴を集めてつい女性店員の店は相性が悪いと思ってしまう。といっても前に入ったスタバの店員さんは素晴らしかったのでその人個人の失敗だと思う。
もともともらえないものだったし運が悪かったと諦めてもいいものではある。がしかしちょっと期待して牛丼屋に行き過ぎたかなと思った。
[ 投稿者:りっく at 11:37 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月27日
若ナビ
駅前でよくティッシュを配っているがコーヒーも配られていたので受け取ってみた。ドリップオンのコーヒーに広告がついている。それとパンフレットも受け取った。
広告には東京都若者総合相談若ナビとある。18歳以上の若者を対象とした無料相談窓口なのだそうだ。宣伝までしているということはこころの相談窓口でよく言われているようなずっと誰かが話していてなかなかつかまらないなどということはなさそうだ。あるいは相談事はあるもののどこに相談していいかわからないというのもあるだろう。俺もビルの玄関や地面で寝ている人を見てきているだけにこういう窓口は必要だと思っていた。若くして学校も卒業して就職も決まっていなくて家にもいづらくて路上暮らしあるいはネットカフェなど転々としている人たちがいるらしい。日銭は稼げるが将来の不安はあるだろう。
対応も電話相談、メール相談、面接相談と充実している。もちろん相談は無料で秘密厳守、名前は言わなくてもOKなのだそうだ。
これを俺がもらってもよかったのかどうかと思うがこうやってブログに書いたりする人もいるので効果はあると思う。




powered by Google

気になる人は検索どうぞ
[ 投稿者:りっく at 11:19 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月26日
あっさり帰宅
今朝は雨だったのでボードには行かずうちでじっとしていた。せっかく来たのにもう帰るのはもったいないと思ったがとくにすることも無く帰りが遅くなるのも嫌だったので昼過ぎには帰ることにした。
その前に灯油を買いに行く。週末だけしかうちにいないのならそんなに使わないのでうまくいけば今シーズンこれでもつだろう。銀行の通帳も記帳して残高をチェックしておいた。
昨日いろんなものが壊れていたのは隣らしい。強風のせいというよりは放し飼いの犬が暴れたように見える。うちには影響が無かったしさすがにカメラでも隣の様子までは映していないので詳しくはわからない。いずれにせよ確かに風は強かったものの物があちこち倒れるというほどではなかったはずだ。
帰りのバスはまだ時間が早いこともあって1台だけだった。夕方から出る便なら臨時便が出て2,3台になるがこの時間に帰るのは中途半端なので利用客も少ないのだろう。直近に手続きしたのに窓際の席が空いていて隣に誰もいなかった。とはいってもなぜかその向こうのオヤジがものを置いていた。俺が座っても動かそうともしない。しばらく寝た振りをしていたが休憩所で俺がひざの上に置いた荷物を棚の上に上げるとどけた。と思ったら走り出したらまた俺の隣に荷物を置いていた。またやっかいな奴に引っかかったものだと思う。足を真横に組んで突き出した足でトイレにいけないようにしていたりお茶を書類にこぼして通路に捨てたりやりたい放題だった。他の客は比較的おとなしかったがこいつと他1名で台無しになった。あとは髪を脱色した若者がまた口を開けてポテチを食べていた。いまどきの若者には口を開けて大きな音を出してポテチを食べるのが流行っているのだろうか。
2回目の休憩で俺が出るためいったん荷物をどけていたのだが早く帰ってきてひざ掛けをちょっと隣にはみ出させてみた。また俺の隣に上着を投げだそうとすると俺の服にあたることになる。ここでなにやってんだお前とやってみようかと思っていた。さすがにものをくっつけて置く度胸はなかったようだが嫌そうな顔をして俺の服にかからないように荷物を置いた。というより顔の上の高さから苦々しそうに座席に叩き付けた。ちなみに休憩所で俺が降りるときには肋骨に肘うちを食らわせられている。ここで揉めといてもよかったなと思う。どこかの国の外交が思い起こされた。
なんとか新宿に到着。早めに荷物を片付けた俺はさて上着を着ようと隣の席に立つ。当然ながら窓際の席は棚の分天井が低く立って上着を着ることはできない。親父が突き飛ばしてきたら上からエルボーを落とす準備も万端。さすがのオヤジもこそこそ逃げ出した。長野便バスツアーほどではないが松本便との客質の差が大きいと思った。
新宿にはちょっと遅れて着いたので行き場所に迷った。周りに引きづられてちょっとうろうろした後古本屋に寄ったが秋葉原に行くにはもう遅すぎるし食事にはちょっと早い。結局うろうろしている間にいい時間になったので食事にすることにした。帰った後だと遅いのでここで済ますのだが微妙に混んでいる。よく行くお店の系列は避けようと思っていると結局はなまるになった。階段を下りるのが面倒だがそれ以外は問題なし。座席まとめて確保のおばちゃんもいなかったが家族連れがなぜかカウンター席にいたので俺は逆に4人がけの席に座った。混んできたら顰蹙ものだが食べるのも早いので問題なかった。高田馬場で食後のコーヒー。さすがに休みの日は大丈夫だろうとスタバに寄ったがほぼ満席だった。パソコン広げるわ参考書広げるわとここは何の店かと思うほどだったが2時間粘ればネットカフェより安くつく。コーヒー1杯でそれをやる度胸はないので時間単価のネットカフェのほうが俺に合ってる気がする。確かにメールチェックくらいはしたが実質飲み終わってすぐ出た俺は心なしか喜ばれていた気がしなくも無い。
ありがたいことに帰りの電車は空いていた。よくしゃべる人が気になったがゲームでもしてしのいだ。帰り道は遠いし寒いが早めに帰っておいてよかったと思う。
[ 投稿者:りっく at 22:56 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月25日
もう3月並みのゲレンデ
今日はボードに行った。
いい天気で道路に雪もなく渋滞もない。なぜかオリンピック道路方面にたくさん車が行ったので逆に国道で行っても問題なかった。
駐車場にはまだまだ空きがあった。それなりに入っていたとはいえ満車にはならなかったようだ。ゲレンデ状況はきれいな圧雪で滑りやすい。ただ昼過ぎからシャーベット状になった。湿っていて雪玉は作れるがちょっと疲れる。新雪コースは固くなっていてむしろ危険だ。
ちょっと昼寝を長めにしたため大雑把にリフト2本ずつ滑るくらいで終わってしまった。白樺コースからゴンドラ2本で終了といったところでビンディングが壊れた。金具をなくすと今シーズン終了かなと思ったがなんとか見つかった。雪の広場で修理したが意外と時間を取ってしまったため休憩してゴンドラで戻ることにした。
その前に新しくできたコナユキカフェに行ってみた。喫茶専用というだけあっていいコーヒーが出てくる。他のところは自販機みたいなところで普通のカップを使うがここは紙コップのようだ。イメージ的にはスタバみたいなものだろうか。自販機コーヒーの値段が若干上がっているので椅子も確保できて300円ならいいと思う。客も最初は心配したが順調に入っているようだ。たまにあちこちの席にウェアをかけて占領するような客もいるが座るところに困る心配はなさそうだ。カップル用はもちろん一人用の席もちゃんとあって入りやすい。次もまた利用しようと思う。
早めに駐車場に戻りそのまま帰った。まだ明るいので買出しに出た。この際真っ二つになったブーツを買い替えようと思ったが値段が高めで躊躇した。ネットなら安く手に入るがサイズが合うかどうか。あと受け取りの問題もある。とりあえずまた接着剤で逃げようとは思うがこのゲレンデ状態ならもうシーズンの残りは全部スキーでいいかもしれない。
スーパーにも寄ったが買ってもどうこうできないので買い物は少なめで済んだ。
どうも明日は雨らしい。というより夜にもう降り出していた。あと風が強くてうちはいろんなもの取り込んだがどこかのうちではいろんなものが倒れたり飛んだり壊れたりする音がずっと鳴り響いていた。明日大惨事になっているのはどこのうちだろうかと思う。
[ 投稿者:りっく at 23:34 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月24日
終電での帰宅
仕事のほうは結局2ヶ月の予定が1ヶ月で終わり元々2ヶ月もかからないからできればこれもやって欲しい、できなかったらそれでもいいという仕事まで終わってしまった。しかも今月は2週目から始まりあと1週間残している。いくらなんでも飛ばしすぎたか。
今週も帰宅するため昼に特急の指定席の埋まり具合を見てみた。早くもかなり埋まっていたので慌てて切符を買って席を確保しておいた。現金払いがきついが仕方が無い。
いつもの時間に仕事を終えてJRに乗る。その前にコンビニで買出しも済ませておいた。新宿まですぐというだけあってそれでも発車時刻まではかなり余裕がある。といっても特急は到着してから掃除して折り返すため着いてからもかなり待たされる。発車直前くらいに乗ることになるため指定席のところでもかなり並んでいた。もちろん自由席のところはもっと並んでいておそらくかなりの人が立っていたと思われる。
昼過ぎに半分くらい埋まっていた座席はほとんど埋まっていて俺の隣にも誰か座った。斜めに座った人の隣には誰もいなかったが2座席買い占めたか先に通路側を指定したため窓側が空いたかのどちらかだと思う。
時間が時間なので発車と同時に食事する人も多い。俺もそうなのだが隣はしっかりとした弁当を食べていた。当たり前のようにビールもあるところが少し不安だが酔って何かされないかと思ってしまう。結局何事も起こらなかった。せいぜい肘掛に思いっきり腕を乗せて俺が座っているところが狭く感じたくらいだ。
中央線で前の電車が止まって動けなくなっていたらしくいきなり遅れだした。中央線の遅れはいつものような気がするが今回ちょっと早いところから遅れているので不安になった。結局あちこちの駅で終電発車時刻を過ぎていたためずっと待たせることになっていたようだ。待ってはくれるがすばやく乗り換えないと乗り遅れてしまいそこからどこにもいけなくなるという不安がなくもない。始発で乗り換えに間に合わず次の電車になってかなり遅く着いたという経験はあるので終電で遅れるとどうなるかと思うと怖い。遠出のときは必ず万札持っておかないと急に泊まりになったときに野宿になる可能性もあると思った。
篠ノ井線は乗換えですぐ発車したが大糸線はまだ余裕があった。むしろ遅れてくれたほうが駅でも待ち時間も少なくて済むくらいだ。
今日の終電は怖いくらいに混んでいて駅でもそれなりに並んでいた。誰か座席に吐いたらしく拭き取った跡はあるがそこに酔っ払いが座った。これぐらいなんとかなるということだがその酔っ払いがずっと大声で話していてうるさかった。向こうでも若者が騒いでいるし俺の向かいもずっとしゃべっていた。深夜の終電だというのに気が休まる余裕もない。
今回も最近お気に入りのコースで帰るのだが月明かりがなかったのでLEDライトをつけた。持っておいてよかったと思う。肝試しみたいなところもあるがそこはパスして気持ち程度遠回りして帰った。
[ 投稿者:りっく at 12:15 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2014年01月23日
有志の飲み会
今日は有志での飲み会があった。新年会や歓迎会などはなかったので実質これがそういう機会になるのだが最初だからということで出ることにした。金曜ではないので逆に出やすい。うちの方だとやたらと金曜に用事を詰め込まれることが多い。明日休みなのだからということなのだが休みの前日だからと急に残業したり時間おかまいなしに飲み会したりだらしなく過ごすのはどうかと思う。元請が東京から来ているため水曜に飲み会というのもあった。2次下請け的に出にくいので断ったが付き合いも大変だと思う。
最初から飲まないと宣言しているので無理に飲まされる心配は無いがメンバーがやたら飲むので素面で大丈夫かと心配された。第一印象はみんなおとなしかったので大丈夫と思ったが盛り上がったときは凄かった。といっても暴れるわけではなく特に問題は無い。凄いのは話の内容でなんでも上役にひどいのがいるらしい。簡単にいうとめちゃくちゃなこと言ってきてお前等バカみたいなことをいうらしい。しかも自分の仕事はしないということで話題の中心になっていた。俺の知らない人なのでコメントはできないがどこにでもこういうのはいるものだと思う。そしてその人を高待遇で迎えるまたひどい人もいるということだった。ただ問題なだけならいいのだが現場の人はその人たちの分までカバーして頑張っているということだった。しかもその人達は評価が高くカバーしている側が悪いことになっているのだそうだ。
さらに話は進んでではその人たちを会社から追い出せばというところまで来たのだがその位置はやたらと中間管理職がストレスでうつになるらしくうつにならない彼らは貴重なのだそうだ。結果嫌ではあるが受け入れるという結論に達した。自分の中で抱え込まず全員で意識を共有して最終的に現状を肯定できるあたり素晴らしいと思う。内容はひどかったがストレスも発散でき現状の確認と明日からどう接するかなど意識共有もできてなかなか有意義な時間になったことと思った。
何時間居座っても追い出される気配が無かったので終電を心配された。同じ都内とはいってもかなり遠い。しかもいわれるとは思ったが東村山ってあの東村山音頭のとこだろ、志村けんが踊ってたアレ。これで完全に田舎扱いである。所沢までは結構遅くまで電車が出ているのでそんなに心配ではなかった。他にも遠いところから来ている人もいるからということで解散。さて清算なのだがこれだけ居座ってかなり飲み食いしたのにメンバーズカード作ったりなどしてかなり安くなった。店の経営大丈夫なのか、ブラックじゃないのかと心配になるくらいだ。高いからいいというわけでもないし安く済むならその方がいいので納得はした。また行きたくなるということでリピーターが多いのだろう。
これで打ち解けたのかどうか。明日からはいつもどおりだと思う。
[ 投稿者:りっく at 23:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]