掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2010年09月30日
3番館終了のお知らせ
長らくご愛顧いただきました3番館ですがiswebライトサービスの終了に伴い10月末で閉鎖します。
コンテンツの引き継ぎは基本的に行わない予定ですが旅日記など人気のものはもしかするとメインのホームページに戻すかもしれません。
CGIゲーム等はそのままでは移行できないので終了となります。
[ 投稿者:りっく at 00:53 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月29日
人を傷つける言葉と人を救う言葉
水分を取りまくってなんとか持たせていた体重だがとうとう下がり始めボーダーラインを割ってしまった。鎮痛剤を飲んでいるのでどのみち献血はできないがこれで完全にアウト。
まだ摂食障害が続いていて昨日はなんとかサンドイッチを食べることができたが今日は無理だった。日曜は朝から何も食べずあれだけ動いて夕方うどんを食べるのに苦労する有様だ。
会社からはあれ以来特に話はない。俺の方は面談の詳細なメモと心療内科の診断書を持って会社を訴える準備ができている、とそこら中に触れ回っているのでうかつに手出しができなくなっているといったところだろう。会社の他のメンバーについては事情を知らない人の他は、うかつに首を突っ込んで巻き添えを喰らわないようその話題に触れないようにしているようだ。
人の人格を否定して嘘をついてないことをでっち上げて一人退職に追い込むような会社について、完全に見切りをつけ転職活動に入ったのだが当然ながらあっさり書類選考で落ちた。さて次を探さなくてはいけないのだが今までのブラック企業転職歴を見ても次まともな会社に内定するように思えない。それと辞めたとして今やっている仕事の面倒を完全にカバーできる人がおらず、傍目に仕事から逃げたように見えるということもいまいち転職活動に本腰を入れられずにいる。
そこにきて人を信じろとか人を許せという言葉が入ってきた。この状況下即座に受け入れて対応するのはさすがに無理だがさてどうしたものか。
俺の場合弱い相手や攻撃してこない相手を叩くことははしたないと思っているのでできない。誰かをいじめて苦しんでいるさまを見て喜ぶ趣味もない。前に会った人が言うにはずっと痛めつけられてきた人は傷ついている人の気持ちが分かるから人を傷つけられないのだそうだ。結果一方的にやられるだけの人になってしまい負け組確定しているのだが人として好かれる可能性は高いのだそうだ。確かにこの人と付き合うと損とか得とか考える同世代を除くまったく利害関係のないずっと年上またはずっと年下とは仲がいい。あと人に養われるなどプライドが許さないがただ一緒にいたいだけという彼女が一番仲がいい。
そんなわけで当時頭にはきたがその先なにもないので何事も起こっていない。また挨拶は声はやや小さいものの普通にできている。俺としてはこのままの状態で居残ることもできるのだが、今の仕事が終わるまで働かせて次の仕事がなくなれば嫌がらせでもなんでもして追い出すという会社、またそれを実行する上司を許したりとか本当にできるのかどうか難しいところだ。ただ確かにこの人ダメだなと見限ってばかりいてはいずれ誰もいなくなるということはあるのでもうちょっと考え直してみようと思う。
[ 投稿者:りっく at 23:42 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月28日
東京日帰り(2)
9/26の続き
この先ずっと室内から動かないので先に食事を済ます。相変わらず食欲がないところでうどん屋を探したのだが見当たらない。ラーメン屋はあちこちにあるのだがうどんは不人気なのだろうか?駅構内という手もあるがどの駅だったか覚えていない。昭和通りの方に出ればなんとかなるだろうと行ってみてやっと見つかった。セルフサービスでも立ち食いではないところがありがたい。そしてやはりつゆは黒かった。
今日のメインとなるライブハウスに向かった。歩いてみると想像以上に距離があると思う。本当にこちら方向で良かったのかと迷ったところでなんとか現地にたどり着いた。
ちょうど座るところがあったので座ったのだがスタッフ専用シートなのかどうか最後までわからなかった。今の体調ではずっと立ったままというのは無理だし仕方ないかと思いつつも傍目には平然と座っていたと思う。
真正面に座ったのでステージの音が直接体に響いてくる。音割れもなくなかなかいいスピーカーを使っていると思う。荷物がずっとふるえていてちょっと心配なくらいだ。
待ち時間にかかっている曲はけいおんでけいおんの曲を歌うアーティストも多かった。けいおんバンド(仮)という名前のバンドを探したのだが当日ジャムパンと名乗っていて気づくのに時間がかかった。
レミクラの出番は最後だった。久しぶりのライブなのだが相変わらずの盛り上がりだった。途中2度ほどミスがあったのだがそのまま歌いきって全体として大成功だったと思う。実は直前に歌詞間違うんじゃないかと思っていて本当にそうなったのでびっくりした。うかつなことを思うものではないのだが勝手に意識に入ってきたものだから拒絶のしようがない。だいぶ前に出て行った彼女の非常識な能力が俺にも移ったのかと思ったのだがそうでもないだろう。あんなのをまともに受け継ぐと目の前で何人も人が死んでそうで怖い。一度お別れしてからまた帰ってきたがさすがにこれだけ冷え込むとこちらにはいられないらしく最近はまったく姿を見ない。おそらく次に会うのは8ヶ月以上先になるはずだ。しかも今回さる事件が起こったため二度と帰ってこない可能性も高い。
とできたばかりという新曲が発表された。何があっても人を信じつづけろといった内容だ。自他ともに認める人間不信の固まりの俺の前でそんなことをいうなんてと思う。しかし他ならぬ彼らの言葉である。他の人が言ったのなら軽く受け流すとしても今回はまともに聞く必要があるなと思った。そうでなくても最近人とのめぐり合わせが良くていい話が次々と舞い込んでくる。しかもこの歌詞ただ耳あたりのいい言葉を並べただけではなくて裏切られたりすることもあるけれどなどいろいろ考えてある。残念ながら全部覚えきることはできなかったが機会があれば全部チェックしてみたい。
時間として40分取ってあったらしいのだがあっという間に終わった。明日は仕事なので早く帰らなくてはいけないのだが終わった後もなかなか動けなかった。
外に出ると雨が降っていた。ぼーっとしていて道を間違え品川を大回りしてしまった。駐車場までで1時間位かかってしまったと思う。さっと首都高にのり中央道に向かったのだが八王子を過ぎたのが12時すぎだったからか休日千円は使えなかった。それでもETC割引があったのでそんなに痛手はない。サービスエリアを見つけては1時間寝るといったことを繰り返しうちについたら朝になっていた。
[ 投稿者:りっく at 21:52 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月27日
ザ・ビッグ
ジャスコがいつの間にかザ・ビッグという名前になっていた。Wikipediaによると18日に変更になったらしい。
入ってみるとオープニングセールとかでいろんなものが安くなっていた。また食料品とその他のしきりがなくなったので店内がすごく広く感じる。
印象としては衣料品の選択肢が減り生活用品の選択肢が増えたといったところだ。セール商品の山積みが心配だが今のところ子供が暴れたりして崩すことはないようだ。ただジャスコだった時に鬼ごっこしようぜ!と大声で叫んで暴れ回った子供の印象があるので不安ではある。
久しぶりに駐車場が満車に近い状態だったがレジはあまり並んでいなかった。生活用品の陳列を増やしたことで隣の綿半と競合するところも気になる。
オープニングセールが終わったらどうなるのだろうか。いずれにせようちから近いのでよく利用することにはなるだろう。
[ 投稿者:りっく at 22:22 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月26日
東京日帰り(1)
いつもは高速バスを使うのだが今回は帰り時間が遅いのと体の回復のテストを兼ねて車で東京に向かった。
甲府を越えてしまえば休日首都圏に向かう車など少なく空いていると踏んだのだが途中からまた混んできた。高速だというのにずっとつながった状態で60km/hで走る形だ。
首都高は初めてだったが次から次へと左右に分かれる標識が出てきて面白い。そしてやはり道を間違えた。といっても途中までは合っていたし降りてちょっと走ってもたいした距離ではなかったのでさほど問題とならなかった。今日のメインは夕方以降なのでまだまだ時間的に大丈夫だ。
駐車場はあちこちにあるのだが料金がまちまちで迷う。まずは一日最大料金設定のあるところ、またその料金もお台場に近くなると急に高くなるのでJR沿いあたりで探した。なんとか一日最大1500円の駐車場を見つけてそこに止めた。大通り沿いなので帰りも迷わずに帰れそうだ。
まだ時間があるので秋葉原へ。最近はラジオ会館やラジオデパートでパーツ漁りをすることが多い。無事目的のものを見つけて買うことが出来た。
他にPSPソフトなど安いのがあればと思ったがネットで値段を調べて現地で探しても安いソフトは見つからない。帰りのためにGPSユニットとナビソフトを買っておこうかと思ったがソフトはなんとか安く手に入りそうだがGPSユニットがさほど安くない、また売り切れの店も結構あった。結局何も買えずに終わった。自作マシンがどうとかいうイベントをやっていたので覗いてみたがあまり人の多いところにいって押されるとまずいのでざっと様子を見るだけで終わった。ゲーム用のマシンを自作して納得のいくものまたは安いものを手に入れようとする人以外はあまり意味がないかもしれない。
最後にヨドバシを覗いたが家族連れが多く長居は危険なのでざっと見ただけで外に出た。車を降りたときはさほど痛くなかったので今回は大丈夫かなと杖を車に置きっぱなしで来てしまったがそろそろきつくなってきていた。
(続く)
[ 投稿者:りっく at 21:26 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月25日
iBookの最期
騙し騙し使い続けていたiBookだがとうとう動かなくなった。
無線LANを手に入れて利用機会が増えると思ったが逆で寿命を縮めてしまったかもしれない。発端はカーネルパニックから。使っている最中に突然強制終了の画面になる、あるいはまったく動かなくなった。
それでもネットにつながないなら大丈夫かと使っていたがそのうちに普通に立ち上げても数分でマウスも何も効かなくなって強制終了。そんなことを繰り返した後起動中のりんごの画像が壊れてしまった。
これを直そうとセットアップディスクを入れて再インストールしたのだが途中で止まってしまった。以後内部のハードディスクは認識されなくなった。しかもセットアップCDが取り出せなくなってしまった。分解したりいろいろしてなんとか取り出せたもののまたインストールしても途中で止まってしまうようになった。またCDが取り出せなくなったりと無駄な時間を費やした挙句もう使うのを諦めることにした。
メインのデータは途中から起動用の外部ハードディスクに移しているのだが起動にも使うだけあってHFS+フォーマットになっている。これのためにUsersの下にアクセスできずデスクトップに置いたままのデータなどは普通には取り出せない。さる方法で取り出せたのだがかなり面倒だった。写真などファイル数が多いので大変だ。
さらに困ったのがiPodで元々Macと一緒に買って外付けハードディスクとしても使っていたのでこちらもMacでフォーマットしたものだからとWindowsのiTunesでは読み込みが出来ず復旧と称したフォーマットで全データを消してしまう。こちらの方はユーザ単位で管理しているわけではないのでUSBで接続しUbuntuを使ってデータを無理矢理引っこ抜いた。
音楽データの方はWindowsのiTunesに接続したときに間違って全部消してしまった。リンク先をこちらにしますかとかいうメッセージだったのでiPodのデータはそのままで今後はこちらのiTunesで管理することなのかと思ったら新しいiTunesの設定をiPodに同期するという意味だったので何もない状態で同期させるとデータが全部消えてしまうという寸法だ。またCD読み込ませて作り直さなくてはいけないようだが仕方ない。この際最近聞いていないようなものは消去してしまうのもいいかもしれない。
そんな流れでiBookはお蔵入りした。今使っているパソコンがあってなんとかネットは続けられるのが唯一の救いだ。
[ 投稿者:りっく at 20:31 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月24日
霧ヶ峰外輪山2010年9月 ゼブラ山 八島湿原
9月18日の写真

1

ゼブラ山

2

ゼブラ山から北

3

ゼブラ山から八島湿原

4

ゼブラ山から北の耳方面

5

ゼブラ山から車山方面

6

八島湿原手前にはシカの防護柵ができた。開けて通ることはできるが必ず閉めていくこと。

78

八島湿原
[ 投稿者:りっく at 07:25 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月23日
アップデートマネージャ
最近アップデートマネージャが途中で動かなくなることが多い。アップデートをインストールしようとするとウィンドウが灰色になりインストール開始したように見えるが「管理作業を続行するために...」のポップアップが表示されずそのまま動かなくなってしまう。
結局そのまま諦めていたのだが端末でsudo apt-get updateと入力し更新のチェックを行うとメニューバーに進入禁止のマークが表示された。
右クリックで「すべてのアップデートをインストール」を選択するとアップデートマネージャに表示されているものと同じものが表示されアップデートをすることができるようになった。
[ 投稿者:りっく at 02:51 | Linux | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年09月22日
霧が峰外輪山2010年9月 赤い三角屋根の秘密
9月19日の写真

ずっと気になっていた赤い三角屋根。なぜこんなところに小屋があるのか、ここで何をしているのか、人が住んでいるのか物置なのかわからずにいた。
そして今回寄り道してとうとうたどり着くことが出来た。

3

赤い三角屋根の建物は山頂休憩所だった。

12

鍵はかかっておらずいつでも出入りできるが自動販売機こそあれどう見ても物置としか思えない。それでもいろいろと片付けたら結構いい雰囲気になりそうだ。

45

ここはもともとスキー場だったらしくリフト職員の休憩所か物置だったと思う。ここまで歩いてこないとリフトが見えないが建物は目立つので気になる人は多いだろう。

67
8

もうちょっと先まで足を延ばしてみる。まだまだ先まで歩けそうだが今回はここで引き返した。
[ 投稿者:りっく at 03:00 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]