掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2008年10月31日
年越し決定
今のプロジェクトだが元々の話では夏には抜ける予定だったもののどんどんずれ込んでいって今に至っている。作業予定も今月まで線引きしていたが来月以降の作業はないことになっている。
もちろん上流工程待ちで手が付けられないだけなので予定が遅れているとはいえ文句を言われる筋合いはない。定時上がりを続けていることで恨んでいる人がいるようなので切られるかなと思っていたが作業を追加し来年まで続けることが確定した。
営業的にはその分追加料金をちゃんともらえるのかどうか不安ではあるが俺がどうこういう話ではない。特に何もいってこないところを見ると売上に対し給料は少ないのでとりあえず黒字になっているのかそれとも赤字でも次に仕事をもらうためとりあえず置いているのかわからないが問題はないのだろう。今年入った人で俺以外は自社に戻っているようなので赤でも一応コンスタントに稼いではいるだけましだといったところだろうか
熱は多分下がっているものの髪の毛や咳のこともあり見た目に体調が悪そうに見えるらしい。文句を言いそうな人は別のところで作業しているので今のところ問題はないが早退した分残業代が目減りするので今日一日かなり残業してマイナス分をなくすことにした。明日から休みとはいえまだ予定は立てていない。
[ 投稿者:りっく at 23:18 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月30日
吸入薬
仕事以外ではほとんど人に会わないしそもそも外に出ることも少ない今の俺としてはうちにいる限り咳とは無縁だがやはり職場でむせてしまいいきなり出たばかりの薬を使うことになった。
やり方自体は事前に何度も説明書きを読んで覚えている。いったん息を吐き出しゆっくり吸い込みながら吸入薬のボタンを押してシュッとやる。そして息を数秒止めてゆっくり吐き出すという流れである。
しかしこの薬自体発作が起きない限り使うことはなく実際に使うのは目一杯むせている時である。
ということで使ってみるとまず目一杯むせている時に机の中や鞄に入れている薬を冷静に取り出せない。さて薬を使おうと容器は持ってみたもののゲホゲホやるなか吸い込んだタイミングでシュッとやるなどというのはかなり難しい。一応やってはみたもののこれでいいのかどうか不安ではある。
確かに治まりはしたがそもそもむせるのが治まりかけた頃に薬を使ったし完全にとまった原因は薬というよりいったん息を止めて吐き出したことによることのような気もする。
それでもあるだけ気持ちが楽だしこの先何度か使っているうちに本当のありがたみがわかってくると思う。ちなみに吸い込んだだけのアルコールで眠気が襲ってきた気がしなくもない。
あと終わった後にうがいをするのだがちょうどいいタイミングで流しが使用中だったのでちょっと待つことになった。いくらなんでも流しでポットに水を入れている最中にうがいをして吐き出すわけにはいかなかった。
[ 投稿者:りっく at 23:31 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月29日
初めての早退
今日は仕事を途中で切り上げて病院に行った。土曜日まで待ちたかったのだがいろいろ調べていくうちに肋骨が折れるとか死ぬとか症状を抑えるのが精一杯で一生治らないとかいう話が出てきたのでできるだけ早くいっておいた方がいいとは思っていた。
そこに来て定時上がりは楽だねとか聞こえてきたので急遽早退することにした。調べて何もでなかったらまた残業を復活させるという手もある。
朝よく晴れていて一日持つと思っていたが仕事場を出たとたんパラついた。道路は凄い渋滞でまともに城の前を通ったものだからかなり時間がかかった。
開業してそれほど経っていなかったのか建物はまだ新しく大きかった。さすがに平日は誰もおらず受付もスムーズにいった。症状は今のところ何もしなければ出ないのだがここのところ冷えていたのでちょっと熱があった。
俺が診てもらいたかったのは呼吸とアレルギーなので両方専門にしているところにいったのだが小児喘息やアレルギーなど子供に出易い病気が主体なので待合室にある本も絵本などが多かった。後から数人はいってきたが子供連れとか風邪の人が来るようだ。咳をしたときうつしたとかいわれないよう慌ててマスクした。
検査の方はほとんど問診であと聴診器をあてるくらいだった。身内にアレルギーの人はいないし刺激物さえなければ普段の生活には問題がない。目の前で発作を起こしているわけではないし診察しづらいそうだ。無理矢理刺激して発作を起こさせて検査するという方法もあるらしいが自己負担でも相当かかるそうだ。いちおうその検査の覚悟をしてはいたがとりあえず発作を楽にする薬を出してもらって様子を見るというところに落ち着いた。結果結構早く帰ることが出来たが久しぶりの院外処方箋が出たので薬屋に寄った。
受け取った薬は吸入薬で初めて使うので使い方を教えてもらった。吸い込んだ後はうがいをするようにとのことだった。アルコール成分があるというのがちょっと気がかりだがうがいをしてすぐ出すなら問題ないだろうと思っている。心配したステロイドでもないようだ。
[ 投稿者:りっく at 21:53 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月28日
長髪の効力
今は田舎に住んでいるだけあってマイカー通勤をしているが仕事場の駐車場は主に客が使うので我々の駐車場はちょっと離れたところを借りている。いつもそこから歩いているのだが俺の浮浪者風の長髪が目にとまるのか珍しく声がかかった。始業は9時でそのちょっと前に通りがかるので近くの人だと思ったらしい。実はちょっと離れたところから通勤していると伝え適当に世間話をして別れた。髪の話は特に出なかった。
ちなみに最近仕事場のメンバーが髪を切り出した。冬に向けてここで髪を切っておいてあとは春先まで伸ばすといった感じだ。今まで私は自分のことに目を向けずに頑張ってますと言わんばかりに髪を伸ばしたり髭を伸ばしたりする人が目立っていた。残業ももちろんするのだが基本的に夜7時くらいからエンジンがかかるように見える。俺の場合午前中に飛ばすので午後は既に疲れていて残業時間に重要な話をしても基本的に聞き流していたりする。で出来る限り定時であがるようにしている。
そこで他のメンバーとの統一を図る意味でも髪の毛だけは伸ばしていたりする。以前にも何度か伸ばしていたことがあるので気にはならない。
おかげさまでコンビニでも弁当屋でも顔パスだったりする。不思議なことにこのルックスでなぜか知らない人に話しかけられることが多い。ちなみに短めにして繁華街を歩くとたまにナンパされそうになる。
このままの頭で客先に行くのだが他のメンバーも同じような髪型だし俺の場合特にひどいとはいえ毎日首筋の炎症に薬を塗って髪の毛で覆っていたりするので文句を言われたことはない。
切らない理由にはいきなりバッサリ切るとつばめちゃんが俺を見間違えることもある
[ 投稿者:りっく at 22:15 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月27日
休み明けの給油
今朝ガソリンを入れたらまた値下がりしていたようで会員価格でリッター145円くらいになっていた。まだ高いがあのバブルのような原油高はなんだったのかと思う。
また寝下がるのかスタンドに入っていく人は誰も居なくて一人でゆっくり給油した。清算もゆっくりしていた感じだ。明日まで待てばBOXティッシュがもらえたりするがガス欠ギリギリで給油するので明日まで持つかどうかわからなかった。
昨日の疲れが残っていたのか体の節々がちょっと痛い。なんだかふらつくがずっと咳していることもあってそうとう体調が悪そうに見えた。思いっきり睨まれているような気もするが今日も定時であがった。俺のことかどうかわからないが裏で営業交渉みたいなものがあったようだ。ちなみに俺の仕事だが上流工程が2ヶ月遅れで今の手持ちが終わればちょっと空く程度。あまり進めても手戻りがおおくなるだけだったりする。そこをみんな仲良く生活残業するのがいいみたいな雰囲気があるがそれで体を壊す必要もない。残業代が少なくなるのは残念だがうちでゆっくりお茶でも飲んでストレス解消をした方がいい。
それとは別に何かあれば早退して病院に行く心づもりだけはしている。
ちなみに有休の話だが単なる勘違いだったようでやはり10日支給されていた。前の会社でのことがあっただけにちょっと怖い想像もしたがこれで安心できる
[ 投稿者:りっく at 23:03 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月26日
久しぶりのボランティア
今日は諏訪の雑木処理に参加した。昨日歯医者に行った後はずっと寝ていて天気予報を見るのを忘れていたがちょっと雨がパラつく感じだった。
集合が早いこともあり朝5時過ぎにうちを出たが車の量は渋滞にならない程度で意外と早く現地に着くことができた。
前回のこぎりでいまいちスピードが出せなかったので今日は手頃な大きさにカットした枝をチップ機まで運ぶ役をしようと思っていたが、現場からチップ機まで距離があるのでそのまま散らばらせることになり今回も枝を細かくする役になった。
が車に積んでいたと思っていたのこぎりが実は積んでなくて枝を手で折る羽目に。まさかの雨でいつもの雨具を持ってきていない。仕方なくいつも持ち歩くポンチョを初めて使ったが風にあおられ枝に引っかかりすぐ破けてしまった。
さて作業の方だがチェーンソーを持っている人がどんどん木を切り倒していくので我々は枝を細かく切って土に還り易いように適当にばらまく。今回は太めの枝を市長がチップ機にかけるという作業もあるようだ。
ちょうどいい大きさの枝があったのでこれで小枝を払ってみるときれいに取れる。ちょっと太くても鉈で切ったように割れていくので結構役に立った。途中つかんでいた幹の皮がむけてすっぽ抜けたり手が滑って足にあてたりもしたが鉈だと大怪我だが枝ならちょっと痛みを我慢すればなんとかなる。あまりの切れ味に秘剣なんとかとか頭の中で唱えてすぱすぱ切りまくった。切った枝は草むらに隠れるくらいに散らばらせるという作業を3山はやったと思う。当初の心配をよそに結構仕事をした感じだ。腕の太さの丸太をぶん回してストレス解消にも役立ち当面暴力事件を起こす気も出せない感じだ。
腕がだるくなる頃に終了という声がかかった。いつの間にかあたりのメンバーはいなかった。枝をあちこちに投げ込んだりするので固まって作業すると危険だと他の人の居場所を確認しつつも一人で作業していたが他のメンバーは奥まで入っていったようだ。
終わった後豚汁が出た。予想はしていなかったが弁当を用意していなかったのでありがたい。年配の人が多かったからかちょっと渋めの味だった。弁当屋などで売っていたり丼もの屋で食べる豚汁とはひと味違う。
他のメンバーはゆっくりしていたが久しぶりに出かけた気がするので山梨まで出た。今日は地元の客が多いなと思ったら選挙の協力をして欲しいなどという話が聞こえてきてウザがられていた。
俺も食べている最中に延々話をされたら疲れるし味がわからないしで食べる時間を遅らせた。豚汁食べたばかりなのでおなかの方は大丈夫だ。なんとなく眠気が襲ってくる。
いろんな客が来てずっとバタバタしていたが疲れもあって離れたところで半分寝ていた。帰り際は延々結婚ネタだった。俺についてはいろいろいったところで考えが変わることはないし死ぬか借金地獄でここを離れることにでもならない限り彼女と引き離される心配はない。結婚が目的なのではなく好きな相手と一緒にいればそれでいいと確信した今となっては結婚していないことで自分を卑下することもなくなった。
帰り温泉に入ろうと思っていたが雨だったのとなんとなく気が乗らなかったのでやめた。
[ 投稿者:りっく at 23:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月25日
歯医者8
今日また歯の検査と歯石取りをした。あとちょっとだけ残っていた虫歯も治した。
前回と同じように薬で色をつけたのだが前回よりましだったとはいえまだ大分磨き残しがあったようだ。今回特に目立ったのは聞き手側の前歯と奥歯の中間の歯。歯ブラシを持ち替えるところに磨き残しがあったようだ。
磨き方は前回習ったところなので今回は歯間ブラシの説明になった。歯間ブラシとは



こんなやつで歯と歯の間を磨くものである。子供の頃は歯と歯の間はきっちり締まっているが年を取るにつれ歯と歯の間に隙間が出来そこに食べ物のかすなどが詰まり易くなるらしい。年配の人がやたら爪楊枝を使うのはこれが原因なのかと思った。
時間をかけて歯石を取った後ちょっとだけ残っていた虫歯を治した。奥でわかりにくくしかもまだ初期だったが今のうちに治しておいた方がいいということで治したのだが前回同様まずは麻酔した。ただ虫歯が小さかっただけあって麻酔も少しだったらしく上あごが麻痺する感じはなかった。しかもきっちり効いていて治療しているかどうか目をつぶっていてはわからないくらいだった。
ということでやっと治療終了になった。ただやはり定期的に診た方がいいということで予約を勧められたが先に息苦しい方が気になるので予約は取らず時間がある時にいくことにした。後日そろそろ診ておいた方がいいという頃合いで通知をくれるらしい。

[ 投稿者:りっく at 22:37 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

狼と香辛料 Blu-rayDiscBOX


これが予約が殺到していると話題になっている狼と香辛料のBlu-rayBOX
全13話収録で特典は描き下ろしインナージャケット、カラーブックレット、DVD版ジャケットイラストカード、特製ブロマイド&スタンドセット、収納BOXとなっている
TVや携帯で放送した1期が大当たりでヒロインのホロが自分をさしていう「わっち」がネットで流行した。
ちょっと昔の時代設定で絵ももちろんきれいだがストーリー展開がドキドキさせるものだった。商人の駆け引きなど大人が見ても十分参考になるし主人公とヒロインの関係も見逃せない。
特典のインナージャケットが原作イラスト担当者の描きおろしというのもウリらしい
[ 投稿者:りっく at 17:30 | レビュー | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年10月24日
有給休暇
会社より今月初めから有給休暇が使えるという通知が来た。これまでは全く使えず休んだら即欠勤だったので心理的にきつかったがこれでだいぶ楽になる。
これからは休日予定が取れずかといって通院の期間をあまりあけるわけにいかない時に平日休むことが出来るしその分無理に残業する必要もない。過去に健康診断で遅刻したりしたことはあったがその分残業して若干残業が出る程度に調整したことがある。
それは良いのだがついた日付がなぜか5日のみ。労働基準法では6ヶ月継続勤務で8割以上出勤していたら10日つくはずなのでどういうことか気になる。
有給休暇のつけ方はちょっとわかりにくいが最初の6ヶ月で10日、そこから1年経過つまり1年6ヶ月でさらに11日つくことになる。前の会社ではどうも運用がめちゃくちゃだった気がするがこの会社ももしかするとという不安が頭をよぎった。
有給休暇が出ないとなれば完全に問題だが5日のみというのは会社側が労働組合や労働者代表との協定で5日を超える分を指定することが出来るらしくそれを使っている可能性があるかも知れない。できれば入社時にそういったところも説明して欲しかったがそもそもまわりで有給休暇を消化している人がいるかどうかさえわからない状態なので誰も取っていないから問題にならないだけなのかも知れない。ちなみに以前会社を辞めた人は入社以来全然取っていなかったらしい。
ちなみにうちはフレックスなので有休+残業となったため実際の労働時間が有休分目減りするような場合有休の分を8時間労働としてちゃんと計算し残業代がでているかどうかも気にはなっている。有休は出るだけ有り難いと最悪の場合も泣き寝入りすることが多いが社内の立場を悪くしても聞くべきことは聞いておくべきかちょっと迷っている
[ 投稿者:りっく at 21:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]