掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2008年07月31日
ニッコウキスゲ
7月26日。車山肩にて

DVC00210DVC00208
DVC00209

[ 投稿者:りっく at 20:51 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月30日
体型の変化
最近何を間違えたのか胸が出てきた。腹が出てくるならわかるが年定的にも性別的にもあり得ない。
気がついたのはほおづえついた時に何か当たるなと思ったら胸だった。これが見つかってからはいろいろと面倒で今まで通りに両腕で物を持ち上げようとすると当たるしシャツが何となくきつい。
サイズが小さくなったシャツを着ているとまわりの人がこちらを見ているような気がする。この時期シャツ一で過ごすことが多いので変に注目を浴びるのを避けて外出しなくなりそうだ。
ちなみに鍛えていないので今までは女児体型だったがそれで長年慣らしてきたので今更変わっても急に着込んだりできずどうしたものかと思う。
[ 投稿者:りっく at 22:50 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月29日
ボーナス
今の会社に入社してまだ数ヶ月だがボーナスが出るのかどうか不安だった。
確認するには口座に入金されているか明細をもらうかするしかないのだが給与明細は用事のついでに数ヶ月分まとめて会社で受け取るのでもらっていない。また給与が出た、賞与が出たと誰かが知らせてくれるわけではないのででないのではないかと思っていた。ちなみに前の会社ではくそ偉そうに出してやったんだとアピールするので入金日がすぐわかる。
求人票にはボーナスの表記があったが雇用契約書にはそこまで細かくは書かれていない。それでも期待して前の会社で支給される頃に銀行の残高を見てみたが増えていなかったしこれはでないなとあきらめていた。
もうあきらめて忘れかけていた給与振込日になって残高を見ると思った以上に残っている。よく見ると直前に賞与が振り込まれていた。金額的には寸志だが前の会社では5年勤めてずっと寸志だった上に最後はそれすらだまし取ろうとして社長が訴えられかけている。しかも今の会社ではちゃんと残業代も精算されているので結構残業した今月は人並みの金額になった。
ガソリン代値上げもあってこんげつかなりピンチだっただけにやっと安心した。ただもうちょっと早かったら3連休の前におろして遊びにいけたのにと思うと残念だ
[ 投稿者:りっく at 21:17 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月28日
言いがかり
週末精神的にずいぶん打ちのめされたと思うがこれで萎縮してしまったのか会社でも悪口を言われているような気がする。というよりはっきり俺の名前が出てきている。
と俺の仕事の成果物に問題があると言われ精査することになった。これは定時帰りが祟って狙われ始めたかなと思ったが実際の内容のほとんどは口頭での仕様追加の説明だった。最初の呼び出し方に疑問が残るがこちらの落ち度はさほどなさそうだ。激しい言い争いを覚悟していったがなんということもなかった。
ちなみに俺の現状は今までと違って無条件に残業を断るのではなくやる時はやる、やらない時はやらないといった感じで定時帰りか一番遅くまで残るかのどちらかになっている。やることがないならさっさと帰るのが原則だがある程度のおつきあい残業が加わった形だ。ただやるなら夜食もとってしっかり時間を取ってやる。でこれが食事もとらずにずるずると8時まで居残るだけの人からするとかなり気に入らないらしい。ということで時々つつかれる。
悪口だけはかなり飛んでくるのだが定時内に雑談するわタバコ吸うわで仕事が遅い人に文句を言われてもびくともしない仕事をしているつもりなので当面は大丈夫そうだ。
[ 投稿者:りっく at 23:15 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月27日
自分がいやになる一日
昨日は泊まり込みだったので今日は朝からボランティアの見回りに参加。
朝一は人は足りてるからお前みたいなのは要らないといった仕切るおばちゃんはおらず結局たったの4人。学生さんも別のところから協力してくれてはいるものの俺の目には人数が不足しているように見えた。確かに入り込みの数を数える仕事は今日はもうやらないのでその分人はいらないがなにしろ観光客の数が多いので変な人も結構出てくる。背の低い草、名前の知らない草はここでしか育たない高山植物であっても平気で踏みつけられる。計画も立てずに登山道に入りまぁなんとかなるだろうと思いつつも質問してくる人など放ってはおけない。
途中からおばちゃんが復活したがあまり近くにいたくないので腕章を外して観光客として遊び回ることにした。本当はまずいのだろうが腕章無しですれ違った時はみんなどんな感じなんだろうという興味もあった。
結果見たくないものをたくさん見てしまった。ロープから足がはみ出るなんて生易しいものではなく堂々と中に入っていってわたしきれい?と写真を撮っていたりもする。登山道の意思がごつごつしている所をハイヒールで歩いていったりなど。なんだか今まで自分がやってきたことがなんなのだろうかと考えてしまうほどだった。
帰る前にはいったん全員集合せねばならずそこからが苦痛だった。もうおばちゃんの独断場。腕章をつけたまま年頃の職員相手に猥談をふっかけていたりもする。男だというだけで人の人格否定したりコンプレックスかなにか知らないがさほど仲のいいわけではない俺に取ってははた迷惑なだけの話だ。
帰った後反省会があった。お茶の魅惑もあったが俺のことを気に入っているらしいおやじに呼ばれ参加。ただかのおばちゃんとは距離をあけて座り何か意見交換で俺をあてて何かしゃべらせようとしても無視。っていうかいろいろと疲れ過ぎた。
とにかく今後はこれ以外のストレス解消法を考える必要がありそうだ。
[ 投稿者:りっく at 23:38 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月26日
何しにきたんだか
3連休で何も出来なかったので今日はボランティアのパトロールに参加した。予約をいれてはいなかったが飛び込みで参加。
やはり天気のよかった先週が一番人出があったようで今日は思ったより少なめだった。安心して遠出するとツアー客やグループに足止めを食らったり質問攻めにあったりしたので動けなくなり時間までに戻れないというハプニングが起こった。片っ端から謝り倒したもののなんだかボロクソに言われて以降死んだふりして一応夕方まで居残った。午後はほとんど動かなかった。無線の電源をわざと切るということなどするわけがないのだがそういう想像をされてしまう事自体が悲しい。状況がわかっていない新しい人はともかく俺より長い人が無線は見通し距離でしか届かないことを未だに学習していないとはどういうことだろうか?年配だから忘れたとか
また先週俺がいないところでごたごたがあったようで誰それが気に入らないとかいって職務放棄をして帰った人が多数出たようだ。新しい人ばかりで一ヶ所に固まってしまい時間前に持ち場を離れそうになったところを注意したその口調が問題だったのだそうだ。で喧嘩となったらしい。ちなみにその注意した人は2年前の大雨で俺が職員からの指示を伝える前に持ち場を離れるよう伝えるため個人的に動いた人である。状況は違うが俺からすれば自分は良くて他人はダメという人に見える。夕方そんな話と前任職員の悪口などが出回った。偉そうに新人を教育してやるとかいう割に問題が起きたら本人のせいにして排除するとはどういう考えを持っているのかと思う。俺もとばっちりを受けてしまい2年目3年目はいらないなどと言われた。できないからこそ教育してできるようにするのが教育ではないのだろうか?また前任者の悪口について確かにいろいろと問題のある人だったかも知れないが俺や他のほとんどの人とは問題なくやり取りできており何かしらやられたという本人にも悪いところがあると見るのが自然だと思う。それ以前に前任者本人がいないところで彼を知らない新しい人に説明することはどうかと思う。
今日は車泊したが凄い大雨で夕方食事のためいったん下に降りて戻ってくる途中視界がほとんどない状態で大変だった。駐車場では他に明かりがないので雷が鳴るたび空一面が明るくなる。かなりの迫力であまり寝付けなかったが後でこの状況を動画で取っておいてアップすれば良かったと後悔したくらいだ。
[ 投稿者:りっく at 23:31 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月25日
あさがお?
DVC00207

葉の形がずいぶん違うが朝顔のような花を咲かせる。植えている朝顔はなかなか育たないがこちらは頼みもしないのに大量に花をつけていたりする。
昼というより朝花を咲かせるのでひるがおでもないと思う
[ 投稿者:りっく at 20:46 | 写真 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月24日
彼女の旅立ち
朝ずいぶん静かだと思ったら既に彼女の姿はなかった。玄関もほとんど汚れていない。
いつかはこういう日が来るのだろうと思ってはいたが3連休の大騒ぎが嘘のように静かだ。何の前触れもなかったので驚いた。
今年は特に彼女との距離をずいぶんと縮めてしまったので突然いなくなるとすごく不安になる。実はその辺に隠れてるんじゃないかと探してみたがやはりいないようだ。俺にもとうとう寂しいという感情が生まれるのだろうかという気にもなる。
深夜にかなり蚊に刺されて寝苦しいといっているうちに朝になった感じだった。そのためかなり早いうちから起きていただけにいつもとうってかわったあまりの静かさが不気味ですらあった。来年また遊びに来てくれるだろうとは思うが絶対という保証はない。俺はただ彼女の帰りを信じて待つことしか出来ない。
まさに大切なものを失ってしまったという感じで何も手がつかないままかなりの時間を過ごした。気がつくともう30分くらいしたらうちをでないといけないところまで時間が過ぎていた。あまり寝ていないだけあって眠気が襲ってきていた。と外で何やら声がする。見ると庭先に彼女がいた。
元気そうで何よりだがこのタイミングと距離感からしてお別れの挨拶だと直感した。
彼女は俺の姿を確認するといつもの歌を歌いだした。連休中に聴くことはできなかったし俺が作業中でない時に歌うのは珍しい。やはりお別れなのだろう。
彼女の相変わらず高速高音の曲が一通り終わるとそのままどこかへ行ってしまった。俺が出かける時にはもういなくて帰ってくるわけでもなさそうだった。
さようなら、また来年
[ 投稿者:りっく at 22:33 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年07月23日
ブログの書き込み
サッカー選手がブログにわざとイエローカードを貰ったと書いたということで話題になっている。
その対処としてはブログ記事を削除し謝罪したというのだがなんだか腑に落ちないところがある。
勝利に浮かれて楽しかったからファンを楽しませようと嘘の内容をブログに書いたのならともかく実際にそう思ったことをブログに書いて何が悪いのだろうか?問題はブログに書いたことではなくてわざとイエローカードを貰ったことではないのだろうか?とすると批判の矛先は真実をブログに書いた本人ではなくて関係者にいくべきだと思う。軽率だ、思っていても口に出すなという批判があるようだが俺はおかしいと思う。世の中本当のことを言ってはいけないという風潮でもあるのだろうか?
サッカーでわざとイエローカードをもらっているような話は解説でもそういう発言する人がいて「あそこでは反則もらってでも止めろ」などと言ってた人がいるのを覚えている。サッカーのテレビ中継が多くなってきてからスロー映像なども取り入れられるようになって服を引っ張ったり足を引っかけたりなどの行為は当たり前のように見られるようになった。結果として俺みたいなのはあんなことして勝って面白いのかなとサッカー中継を見なくなってしまった。
それはともかく既に批判の的になってしまったのは事実なのでこれからはクリーンなサッカーを目指してますと主張して仮に負けても相手チームに批判が集中するような選手になってくれるといいと思う。
勝ち組負け組に限らず勝つことがすべてだという風潮の中でその影にある真実を隠そうという体質には疑問を感じる。
[ 投稿者:りっく at 07:37 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]