掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2006年07月31日
偽装請負
asahi.comに衝撃的な見だしが並んだ。
「偽装請負」労働が製造業で横行 実質派遣、簡単にクビ
労働者派遣法などに抵触 偽装請負とは?
生活費数万円、突然の解雇予告 偽装請負のメーカー工場
かくいう自分も限りなくグレーなところで働いているのだが大手メーカーなど日本を代表するような企業も手を染めている。
ここで問題となるのは客先で時間管理や指示をしている結果無茶な残業や無理な仕事のさせ方で体を壊す人がどんどん出てきていることである。従業員ならうかつに解雇できないとしても派遣ならやりやすい。まして偽装請負なら解雇したのは自社ということになるので責任は及ばないと考えられる。
違法である偽装請負は労働者派遣法違反だけでなく職業安定法違反であり懲役刑にもなりかねない重い処罰が待っているがこのことについて経営者、労働者ともに認識が薄いようだ。IT業界は労災事故が少ないからということらしいが実際は仕事上で精神的に追いつめられ病院送りにされる人が後を絶たない。その場合自分のせいだと言われ泣き寝入りになることが多いためむしろ水面下の問題は多いと思う。
また正社員と同じ仕事をしてもピンハネ分で半額以下の給料となりボーナスも昇給も会社同士の契約に左右されほとんどないというのが実態で格差社会に貢献しているといっても過言ではない。かくいう自分もそんな状況でバイト代程度しか稼いでいないのだ。所得税も3年ほど払っていないし結婚など考えることもない。しかも入社時は試用期間だからと厚生年金にも入ってもらえず少ない給料から国民年金を払っていた。
それでも最近やはり世間の目が厳しくなってきたので各社いろいろと対策を講じてはいる。
自分のところでは常駐期間の長い人をリーダーとして祭り上げその人から指揮命令を受けているという形にして法律に引っかからないようにしているつもりではある。自社に戻るのは多くて年2回で勤務表は客先に提出してそのコピーが売上計算の元となり自社の勤務表となっているのだが最近ではそのままだとちょっとまずいのか先程のリーダーが目を通したという形式を取っている。
そこまでの対策をしているがでは自社で労働管理をしているかというとそうではなく俺がそのリーダーに時間がなくてこれ以上仕事増やせないといっても客先からどんどん仕事送りつけられるし病気で休むとまず客から仕事どうするんだと言われる。長くなると契約打ち切りで自社に戻ると仕事できない人はいらないと自主退職を迫られるといったところだ。
毎日ほぼ定時の俺は実態を把握していないが残業時間に見あった仕事をしていないと勤務表を修正させられるということもあるかも知れない。かくいう自分も過去にやったことがある。
告発して辞めたいのはやまやまだが次の仕事なくて食っていけないから困る。格差社会対策というのはこういうところから手を付けて欲しい。自社では正社員なのにフリーターと変わらない。

他にも参考リンク
IT業界のタブー「偽装請負」に手を染めてませんか
偽装請負・偽装派遣にご用心
[ 投稿者:りっく at 23:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]