掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2006年07月30日
霧ケ峰高原(4)
八島湿原から御射山方面

hpW1px2a.jpgZpWgeZEL.jpg
NYtscqZz.jpgHA2IPhZy.jpg
sH0a8WcJ.jpgzUPXQxmo.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:33 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ヶ峰高原(3)
蝶々深山から物見岩、八島湿原方面

HRWCIld8.jpgtkaScvH4.jpg
OyvZzl0o.jpg 4DGCHXzO.jpg
en18YA6g.jpgvFEdvq1z.jpg
CDvYhRuM.jpgbmBxbRUu.jpg
XEHGEBoj.jpg0Sfr9N0C.jpg
TPRbqlVf.jpgaDgGAuLa.jpg
ibf3IK9R.jpg1KMbjiFn.jpg
S5NID5wj.jpgMUlQGQVG.jpg
z84EAXnl.jpgX0n2FByF.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:24 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ケ峰高原(2)
車山肩から山頂、蝶々深山方面
FSXE0a2Z.jpgPbRB4Dwc.jpg
uNrcLAwg.jpg6t6g6o87.jpg
DOhvj2cS.jpg692WushJ.jpg
JmTKpNyz.jpge7ioDpMq.jpg
bmddP5zd.jpgBPXMr9n3.jpg
SEQ9pmnM.jpg322yyjFM.jpg
zILlIJzK.jpgzyjZwLb9.jpg
d044GL81.jpgwd1JkVJT.jpg
QeN1caEV.jpgygDwKnEW.jpg
ItKrxy2N.jpgtc9k9ET3.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:14 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ケ峰高原(1)
インター近くの遠地から車山肩方面
ニッコウキスゲで有名だがそれ以外にもたくさんの花が咲いていた。

En8BL6y7.jpgkwQ2RIiX.jpg
OOHYonQa.jpgXI0kB0Im.jpg
kSDFfd5G.jpg4HjqsGql.jpg
DNI7GuDl.jpgThiZXffi.jpg
zvH0dURR.jpgvwzXbHHG.jpg
7nB8t5Dy.jpgBhbeJl00.jpg
d8EpPPqS.jpgiy72fQSc.jpg
X0g2ULJQ.jpgSyTZA2IX.jpg
GB4y4H8c.jpgUJ8aD36e.jpg
yjszydKD.jpgumNYmyXJ.jpg
pR8LoUMi.jpg169BpLxZ.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:00 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

巡回
今日はボランティアとして高原の巡回を行った。
道を聞かれるくらいならいいかと観光客ではなく腕章付きで歩いたのだが想像以上に大変。
とにかく犬を連れてくる人が多すぎる。あの病気ネタを使って注意したものの全員に効くわけではないようだ。それでもペットを本当に家族同然に大事に思っている一部の人は車に戻ってくれたようで一応は効果があったものと安心した。職場と違い言葉使いも穏やかに丁寧にと心がけたのでトラブルもなかった。
前回配ったアンケートがまだあったようで配ることとなったが今回はとにかく先に進むため誰彼構わず全員に配ってさっさとその場を離れることにした。配っている最中に犬を見かけると注意しにいくためかなりの時間ロスになってしまうのだ。車山肩の駐車場は既に満車でクラクションを鳴らしたりする人がいてうっとおしいのもありとにかく先に進みたかった。
とにかく山に登りきるまで犬、犬、犬で大変だった。なんとか頂上に着いたがあまり休憩せず次に進むことにした。小学校の遠足かなにかとぶつかってずっとついてきてしまったので結構騒がしくてゆっくり休めないのだ。またここまで犬を連れてくる人も居てまた時間を食ってしまい予定より遅れ気味。ここでまず確認したかったのは前回苦情が出た×印の案内。これで向こう側の道に行けないものと思って遠回りしてしまうとのことだが確かに標識はわかりにくかったが×印の位置がリフトの反対側でよく考えればリフト降りたら山頂に行く他ないので降りるならリフトに沿って降りるのが自然なので看板を変えるのではなく地図をわかりやすくするという対応になるかも知れないと思った。
蝶々深山の方に向かったが途中沢渡の方に行く道が大雨の影響で通行できず知らない人が靴が濡れないように通行止めの道を回り道して草原が踏み荒らされるという話がありこちらではレンジャーの方が誘導してくれていてセンターからも沢渡側で止めて欲しいということだったが谷底なので無線が通じない。既に電話してもらっていたようだったがこの先センターに戻るまでずっと通じないままだった。今頃はもう通行止めの看板を立ててくれているものと思う。
物見岩の方に向かい食事。そして八島の方に向かった。
八島も人が多いので要注意だ。腕章をつけているため変な人に絡まれたりもしたが適当に切り抜けた。そして御射山で情報交換してセンターに戻った。
結構飛ばしたのだが色々とあって普通の人が4時間で行くところを5時間もかかってしまった。それだけに日誌は豪華そのもの。見かけた花など数え上げたらきりがないし通路の情報も大雨の影響でぬかるみがあったり橋が冠水していたりと対策して欲しいとこも多い。人に至っては上に挙げた通りである。
他にもだいぶ行った人がいるらしくゴミは比較的少なめだったがそれでもティッシュなどまだ落ちている。誰も居ないときならいいが近くに人が居ると腕章を見て目で催促されてるみたいであまりいい気がしなかった。
とにかく花や草原を見てるだけではなく人やゴミまで注意して歩くのでさすがに俺も疲れた。
口ではまだまだいけるといいつつも傍目にぼろぼろだったようだ。報告完了でそのまま帰ることにした。
[ 投稿者:りっく at 21:32 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]