掲示板お問い合わせランダムジャンプ

Navigation
FM安曇78.75MHz内で検索

エントリーナビ

2006年07月31日
偽装請負
asahi.comに衝撃的な見だしが並んだ。
「偽装請負」労働が製造業で横行 実質派遣、簡単にクビ
労働者派遣法などに抵触 偽装請負とは?
生活費数万円、突然の解雇予告 偽装請負のメーカー工場
かくいう自分も限りなくグレーなところで働いているのだが大手メーカーなど日本を代表するような企業も手を染めている。
ここで問題となるのは客先で時間管理や指示をしている結果無茶な残業や無理な仕事のさせ方で体を壊す人がどんどん出てきていることである。従業員ならうかつに解雇できないとしても派遣ならやりやすい。まして偽装請負なら解雇したのは自社ということになるので責任は及ばないと考えられる。
違法である偽装請負は労働者派遣法違反だけでなく職業安定法違反であり懲役刑にもなりかねない重い処罰が待っているがこのことについて経営者、労働者ともに認識が薄いようだ。IT業界は労災事故が少ないからということらしいが実際は仕事上で精神的に追いつめられ病院送りにされる人が後を絶たない。その場合自分のせいだと言われ泣き寝入りになることが多いためむしろ水面下の問題は多いと思う。
また正社員と同じ仕事をしてもピンハネ分で半額以下の給料となりボーナスも昇給も会社同士の契約に左右されほとんどないというのが実態で格差社会に貢献しているといっても過言ではない。かくいう自分もそんな状況でバイト代程度しか稼いでいないのだ。所得税も3年ほど払っていないし結婚など考えることもない。しかも入社時は試用期間だからと厚生年金にも入ってもらえず少ない給料から国民年金を払っていた。
それでも最近やはり世間の目が厳しくなってきたので各社いろいろと対策を講じてはいる。
自分のところでは常駐期間の長い人をリーダーとして祭り上げその人から指揮命令を受けているという形にして法律に引っかからないようにしているつもりではある。自社に戻るのは多くて年2回で勤務表は客先に提出してそのコピーが売上計算の元となり自社の勤務表となっているのだが最近ではそのままだとちょっとまずいのか先程のリーダーが目を通したという形式を取っている。
そこまでの対策をしているがでは自社で労働管理をしているかというとそうではなく俺がそのリーダーに時間がなくてこれ以上仕事増やせないといっても客先からどんどん仕事送りつけられるし病気で休むとまず客から仕事どうするんだと言われる。長くなると契約打ち切りで自社に戻ると仕事できない人はいらないと自主退職を迫られるといったところだ。
毎日ほぼ定時の俺は実態を把握していないが残業時間に見あった仕事をしていないと勤務表を修正させられるということもあるかも知れない。かくいう自分も過去にやったことがある。
告発して辞めたいのはやまやまだが次の仕事なくて食っていけないから困る。格差社会対策というのはこういうところから手を付けて欲しい。自社では正社員なのにフリーターと変わらない。

他にも参考リンク
IT業界のタブー「偽装請負」に手を染めてませんか
偽装請負・偽装派遣にご用心
[ 投稿者:りっく at 23:14 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月30日
霧ケ峰高原(4)
八島湿原から御射山方面

hpW1px2a.jpgZpWgeZEL.jpg
NYtscqZz.jpgHA2IPhZy.jpg
sH0a8WcJ.jpgzUPXQxmo.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:33 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ヶ峰高原(3)
蝶々深山から物見岩、八島湿原方面

HRWCIld8.jpgtkaScvH4.jpg
OyvZzl0o.jpg 4DGCHXzO.jpg
en18YA6g.jpgvFEdvq1z.jpg
CDvYhRuM.jpgbmBxbRUu.jpg
XEHGEBoj.jpg0Sfr9N0C.jpg
TPRbqlVf.jpgaDgGAuLa.jpg
ibf3IK9R.jpg1KMbjiFn.jpg
S5NID5wj.jpgMUlQGQVG.jpg
z84EAXnl.jpgX0n2FByF.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:24 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ケ峰高原(2)
車山肩から山頂、蝶々深山方面
FSXE0a2Z.jpgPbRB4Dwc.jpg
uNrcLAwg.jpg6t6g6o87.jpg
DOhvj2cS.jpg692WushJ.jpg
JmTKpNyz.jpge7ioDpMq.jpg
bmddP5zd.jpgBPXMr9n3.jpg
SEQ9pmnM.jpg322yyjFM.jpg
zILlIJzK.jpgzyjZwLb9.jpg
d044GL81.jpgwd1JkVJT.jpg
QeN1caEV.jpgygDwKnEW.jpg
ItKrxy2N.jpgtc9k9ET3.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:14 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

霧ケ峰高原(1)
インター近くの遠地から車山肩方面
ニッコウキスゲで有名だがそれ以外にもたくさんの花が咲いていた。

En8BL6y7.jpgkwQ2RIiX.jpg
OOHYonQa.jpgXI0kB0Im.jpg
kSDFfd5G.jpg4HjqsGql.jpg
DNI7GuDl.jpgThiZXffi.jpg
zvH0dURR.jpgvwzXbHHG.jpg
7nB8t5Dy.jpgBhbeJl00.jpg
d8EpPPqS.jpgiy72fQSc.jpg
X0g2ULJQ.jpgSyTZA2IX.jpg
GB4y4H8c.jpgUJ8aD36e.jpg
yjszydKD.jpgumNYmyXJ.jpg
pR8LoUMi.jpg169BpLxZ.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:00 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

巡回
今日はボランティアとして高原の巡回を行った。
道を聞かれるくらいならいいかと観光客ではなく腕章付きで歩いたのだが想像以上に大変。
とにかく犬を連れてくる人が多すぎる。あの病気ネタを使って注意したものの全員に効くわけではないようだ。それでもペットを本当に家族同然に大事に思っている一部の人は車に戻ってくれたようで一応は効果があったものと安心した。職場と違い言葉使いも穏やかに丁寧にと心がけたのでトラブルもなかった。
前回配ったアンケートがまだあったようで配ることとなったが今回はとにかく先に進むため誰彼構わず全員に配ってさっさとその場を離れることにした。配っている最中に犬を見かけると注意しにいくためかなりの時間ロスになってしまうのだ。車山肩の駐車場は既に満車でクラクションを鳴らしたりする人がいてうっとおしいのもありとにかく先に進みたかった。
とにかく山に登りきるまで犬、犬、犬で大変だった。なんとか頂上に着いたがあまり休憩せず次に進むことにした。小学校の遠足かなにかとぶつかってずっとついてきてしまったので結構騒がしくてゆっくり休めないのだ。またここまで犬を連れてくる人も居てまた時間を食ってしまい予定より遅れ気味。ここでまず確認したかったのは前回苦情が出た×印の案内。これで向こう側の道に行けないものと思って遠回りしてしまうとのことだが確かに標識はわかりにくかったが×印の位置がリフトの反対側でよく考えればリフト降りたら山頂に行く他ないので降りるならリフトに沿って降りるのが自然なので看板を変えるのではなく地図をわかりやすくするという対応になるかも知れないと思った。
蝶々深山の方に向かったが途中沢渡の方に行く道が大雨の影響で通行できず知らない人が靴が濡れないように通行止めの道を回り道して草原が踏み荒らされるという話がありこちらではレンジャーの方が誘導してくれていてセンターからも沢渡側で止めて欲しいということだったが谷底なので無線が通じない。既に電話してもらっていたようだったがこの先センターに戻るまでずっと通じないままだった。今頃はもう通行止めの看板を立ててくれているものと思う。
物見岩の方に向かい食事。そして八島の方に向かった。
八島も人が多いので要注意だ。腕章をつけているため変な人に絡まれたりもしたが適当に切り抜けた。そして御射山で情報交換してセンターに戻った。
結構飛ばしたのだが色々とあって普通の人が4時間で行くところを5時間もかかってしまった。それだけに日誌は豪華そのもの。見かけた花など数え上げたらきりがないし通路の情報も大雨の影響でぬかるみがあったり橋が冠水していたりと対策して欲しいとこも多い。人に至っては上に挙げた通りである。
他にもだいぶ行った人がいるらしくゴミは比較的少なめだったがそれでもティッシュなどまだ落ちている。誰も居ないときならいいが近くに人が居ると腕章を見て目で催促されてるみたいであまりいい気がしなかった。
とにかく花や草原を見てるだけではなく人やゴミまで注意して歩くのでさすがに俺も疲れた。
口ではまだまだいけるといいつつも傍目にぼろぼろだったようだ。報告完了でそのまま帰ることにした。
[ 投稿者:りっく at 21:32 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月29日
信州安曇野わさび祭り前夜祭
諏訪などと比べると規模は小さいが今年も花火があがった。天候が不安だったがなんとかもちこたえたようだ。朝から曇ってはいたが区切りの時間ごとにポンポンと花火の音が聞こえていて決行だということがわかった。

oVbx3kny.jpg

例年最後を除き散発花火を適当な感覚で打ち上げる感じだったが今年は打ち上げごとに細かい解説がついていた。去年は見なかったのだが去年からなのかも知れない。それでも相変わらず企業名は出てこなくて有志の花火クラブが提供しているという形になっていた。そんなにたくさん上げるわけではないので風がなくて前の花火の煙が残っているときはちょっと待ってもらうというゆっくりした感じもいい。

4P9cHPco.jpg

散発花火もあるがスターマインが増えている。そもそもスタートからスターマインだった。またメッセージ花火と称してメッセージとともに一発上げるという趣向もあったようだ。

AIS1SAuM.jpg

そして今の時代ウケがいい創作花火や一斉花火なども出てきていた。今後はこちらがメインになっていくことだろう。

5zaO4XPC.jpg

最後に音楽と同期するミュージック花火で締め。今年はDJ オズマのアゲアゲEVERY騎士の曲を使ったようだ。スターウォーズが一番だがこの曲も意外と合わせやすかったのか同期していることがわかっていい感じだった。

Epn9L4b1.jpg
[ 投稿者:りっく at 22:31 | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月28日
急な仕事
この前半日休んだこともありちょっと出勤時間が足りないこともあって残業した。
今日の夕方いきなり今月末に納品するからということで仕事が入ってしまった。といっても月曜はテストになるので今日中に仕上げろということだろう。普通は無理だが量的にはそれほどでもなかったのでさっと仕上げて連絡しておいた。担当社員の急な退職もあったのであまりあちらを責めることはできないが他にも納品先で退職者がまた大量に出てきているようだ。新しい人はあまり仕事がわかっていないことが多いがおとなしめの人が潰されがちでやたらと人に責任押しつけたり喧嘩腰で話してくる人が残ってしまうあたり勝ち組負け組を意識させられてしまう。こちら側も結構こういったことが多いのだ。かくいう自分もおとなしくしていた頃潰されそうになった。
本当は目立たなくても地道に仕事をかたづける良心的な人が長く勤めて欲しいがそう甘くはない。こういうのを見ると実力主義と言っても正しく測定できていないというとこが気になり頑張っている人は評価されるべきだとは思いつつも格差はあった方がいいという結論にはどうも合点がいかなくなってしまうのだ。
[ 投稿者:りっく at 00:55 | りっくの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月27日
囲まれた(BlogPet)
きのうはしかは運転したよ♪
りっくとしかみたいな運転しなかったよ。
りっくが運転した。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「こゆき」が書きました。
[ 投稿者:りっく at 12:21 | こゆきの日記 | コメント(0) | トラックバック(0) ]