掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

pet

2005年03月01日
2「変わらないできごと」
「全く!最近の地球人は、躾が成ってませんよ!」
丑密がそう喚いているので、絵卯も顔を上げた。ハーモニカからノンビリと口を離す。
「私の話を半分も聴かないで!ねぇ、絵卯さんもそう思いません?」
「まぁ・・・丑密、話長いから。」
丑密が、パンチを放ってきた。絵卯は避け、平然とハーモニカに口を付ける。
風が、ちょっと変わった。
城内の丘、花畑の上でハーモニカを吹く。これが、絵卯にとっての至福なのである。
絵卯は平和が一番だとおもっている。
花びらが舞、絵卯の髪の毛にくっつくのを、丑密は不服気に眺めていた。
[ 投稿者:ペンドラゴン at 09:05 | 小説 | コメント(83) | トラックバック(0) ]

2005年02月28日
1.「プロローグ」
君、地球人ですか?
そうですか。珍しい。ようこそ、私達の城へ。私の名前は、丑密。干支班十二人侍の一人として、かぐや様をお守りしています。
おや、かぐや様をご存知ない?そうですか。
かぐや様は、今年で25才になられる私達の姫です。お生まれになったときから、満月のように人を引きつけてやまぬ、淑やかな美しさと、魔力をもっていらした。
だから、ご幼少のころから、他の城主に命をねらわれ続けた。
そんなかぐや様護衛のために、私達干支班十二人侍は「造られた」のです。ええ、普天間という科学者によって17年前から、15年位前にかけて造られた、人造人間。
名前は、干支順に、夏子、丑密、白虎、絵卯、辰美、大蛇、秋馬、羊太、春戌です。
ええ・・・そうですね。確かに、12人には足りていませんよね。「酉」と「申」の力を持つ者は、つい最近の戦争で玉砕し、「猪」の力を持つ者は、未だ完成していないのです。
それでも、私達は、かぐや様の為なら造られても、殺されても構わない!ああ、かぐや様、私達の姫であり当主であり・・・永遠に栄える者なり・・・
コラ、ちょっと待ちなさい!話はここからが良いところですよ!
[ 投稿者:ペンドラゴン at 13:35 | 小説 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年02月25日
こん
ここでは、小説を書こうと思ってる。
みんなよろしく。和風ネタで責めようかな。
[ 投稿者:ペンドラゴン at 12:12 | 小説 | コメント(0) | トラックバック(0) ]