掲示板お問い合わせランダムジャンプ

富士山はお好きですか?

2008年11月30日
その後

2008-11-30-151602PS 15:16:02

2008-11-30-151656P 15:16:56

2008-11-30-162216p 16:22:16

2008-11-30-162653p 16:26:53
[ 投稿者:tamma at 16:30 | 富士山 | コメント(0) ]

速報 空から
速報です。

いつものKTさん、今朝は早朝から 羽田→関空→シンガポール へ。
ちょうどわが家の上空を通り過ぎたところから、素晴らしい富士山を写してさっそくにメールしてくれました。
多分、関空からでしょうね。どうぞお気をつけて・・・

PB300008 07:51:06
(クリックしてご覧ください)

[ 投稿者:tamma at 10:52 | 富士山 | コメント(0) ]

日の出前
(最低気温 6.5℃)

2008-11-30-062429R06:24:29

日の出直前のすばらしい富士をご覧ください。
(画像をクリックすると大きくなります)
[ 投稿者:tamma at 06:54 | 富士山 | コメント(0) ]

2008年11月29日
紅富士
(最低気温 6.4℃)
さほど冷たく感じません。穏やかな夜明けです。

2008-11-29-061950P
06:19:50

紅富士というより紅雲でしょうか。どぎついくらいに染まりました。

2008-11-29-063624P
06:36:24


このあとすぐに、西からの雲にすっかり隠れてしまいました。

今日はこれから、年に一度のヨットの大掃除で、伊東に出かけます。
お天気が良くなって、ラッキーです。
[ 投稿者:tamma at 07:30 | 富士山 | コメント(0) ]

2008年11月28日
しまなみ海道 番外編(その3) 粒子線医療
11/17
倉敷のSKさん宅に泊めてもらって、翌日は彼と一緒にドライブです。
じつはSKさん、前立腺ガンの治療にお隣の兵庫県まで、毎日通っているのです。

倉敷の自宅から高速道路を使って片道100キロの快適ドライブです。
通常は新幹線で相生までいき、そこからクルマで通っているそうです。

兵庫県立粒子線医療センター
2008-11-17-103244

すぐ近くには「SPRING 8」という巨大な施設が建てられ、周辺には住宅地も開発されていて、大きなコミュニティが出来ています。

2008-11-17-101454

スプリング8 → こちら

スプリング8(wikipedia) → こちら
  
話せば長くなりますが、SKさんの話によると、いつもの健康診断で初期の前立腺ガンが発見されたということです。
たまたまその直前に『文芸春秋8月号』で『奇跡の病院、理想の医師』という記事を読んでいたことが、粒子線治療を受けるきっかけとなりました。

詳しくは「粒子線医療」などでググっていただくといいのですが、とにかく素晴らしい治療法です。

簡単に云うと、粒子線をガン細胞に照射して死滅させる方法です。
体にメスを入れないので入院することも無く、通院で可能です。
しかも治療に要する時間は毎回30分足らず(粒子線の照射時間は1分間ほど)、それ以外の時間は、普段通りの生活が可能です。

治療回数は、彼の場合で、37回だそうです。副作用がまったくといっていいほどありません。
いわゆる Quality of Life が素晴らしいのです。

内部に入ると病院らしさがまったく感じられない施設です。
まず病院のようなニオイが皆無です。まるで物理分野の研究施設の雰囲気です。

壁にはこんな掲示が・・・

2008-11-17-110834-12008-11-17-110842-2


2008-11-17-103712

問題点は、設備の能力から、患者の受入れ人数に限りがあります。
現在日本でこの粒子線医療を行っている施設は5カ所だそうです。
さらに、設備費、運用費に巨額の費用がかかっているので、治療費が高額になります。

彼の場合は、幸運にも諸々の条件がクリアされて、最高の医療を受けることが出来ました。


昨夜のSkypeによると、あと9回で終わりだとか、来春にはいっしょに自転車で走ろうよ、と今から楽しみにしています。

兵庫県立粒子線医療センターHP → こちら

日本の粒子線治療施設 → こちら



ということで、これで『しまなみ海道 サイクリングの旅』は終わりです。


番外編(その2) ← 番外編(その3) → しまなみ海道(その1)
[ 投稿者:tamma at 12:35 | 輪行 | コメント(4) ]

2008年11月26日
しまなみ海道 番外編(その2) 倉敷チボリ公園
11/16
昼前にGBさん、REさんと別れて、友人のいる倉敷へ向かいます。
当初JRでと考えていましたが、ふと思いついてバスを調べてみました。
マドンナ・エクスプレスというのがあって、倉敷の友人宅に行くには岡山行きに乗って、手前の「有城南」で降りるとずっと近いことが分かりました。
松山駅12:27発、大きなバスにお客さんは8人、ゆったりですね。
予定通り「有城南」14:37着、停留所下の道にはSKさんが車で迎えにきてくれています。

彼とは大学時代の同級生で、卒業後もしばしば会っていますし、最近ではSkypeで三日にあげず話しています。
今回は、道後からだと帰り路だからぜひとも寄って行け、と誘ってくれました。
ちょうどこの日は、奥様のダンスの発表会(豪華なディナー付)が倉敷チボリ公園のアンデルセンホールであるというのです。

倉敷チボリは6、7年前になるでしょうか、一度訪ねたことがあり、夜景が何とも素晴らしかったのを鮮やかに覚えています。

2008-11-16-162148

2008-11-16-165145

ということで、夕方4時からのパーティです。
広いアンデルセンホールには、周囲にずらりとテーブルとイスが配置され、すでに豪華な料理が並んでいます。

2008-11-16-1622122008-11-16-163850


いよいよ奥様の出番です。

2008-11-16-173902

お相手はレッスンを受けているダンスの先生だそうですが、あでやかなピンクのドレスを身にまとい、広いフロアーをいっぱいに、まるで蝶のように軽やかに舞っていきます。

2008-11-16-174007

まだ始めて間がないから、とご謙遜でしたが、いや〜、堂々たるものです。

2008-11-16-173854


さてSKさんと二人、次々と繰り広げられる華やかなダンスを後にして、夜のチボリ公園を散歩しました。

2008-11-16-180244

このすてきな公園が、今年一杯で閉園、取り壊しになるというのを聞いてでびっくりです。

2008-11-16-181136

そもそも設立の時から、いろいろと問題を抱えていたようです。
お定まりの第三セクターによる運営です。
詳しいいきさつなどは「倉敷チボリ公園 閉園」でググってみてください。

2008-11-16-181331

観覧車にも乗りました。

2008-11-16-182248

2008-11-16-183438

2008-11-16-184029

2008-11-16-184224

それにしても惜しいですね。
倉敷駅の真ん前、こんなにおしゃれなスポットが無くなるのは本当に残念です。

ということでこの後、SKさん行きつけの小料理屋に連れて行ってもらい、珍しい乙島のジャコの天ぷらをごちそうになりました。
乙島のジャコ漁というのがなかなか面白くて、以前に彼からその様子を写した動画を教えてもらいましたが、残念ながら今はもう消えていました。

そんなこんなで、倉敷の夜も楽しく美味しく更けてゆきました。

・・・・・・

ところで、この倉敷の写真は、すべてシャッターボタンの取れたカメラで撮影したものです。

真ん中に小さな穴があいています。ここに細い針金でも差し込めばシャッターが落ちるのではないかと考えて、紙クリップの先を曲げて差し込んでみました。
確かに動作はするのですが、どうも動きが安定しません。
そこで考えたのが、爪楊枝です。これがけっこううまくいくのです。
上の写真はすべて爪楊枝シャッターで写したものです。

2008-11-25-1357242008-11-25-135830



ということで、家に帰ってから12ミリの丸棒を削って、真ん中に爪楊枝の短いのを差し込んで作りました。
本体には両面テープで軽くとめてあります。

2008-11-25-1359222008-11-25-140012


修理に出そうかとも思ったのですが、木の感触もなかなか良いので、しばらくはこのまま使ってみます。
  
・・・つづく・・・

番外編(その1) ← (その2) → 番外編(その3)粒子線医療
[ 投稿者:tamma at 22:27 | 輪行 | コメント(5) ]

これぞ紅富士
(最低気温 5.1℃)
昨日の雲が雪を降らせて見事な紅富士に変身です。

2008-11-26-063815R
06:38:15

2008-11-26-064358
06:43:58

2008-11-26-072947R
07:29:47


風も無く穏やかな日になりそうで、富士箱根方面に旅行の方にとっては最高の一日になりそうですね。
  
[ 投稿者:tamma at 08:50 | 富士山 | コメント(0) ]

2008年11月25日
しまなみ海道 番外編(その1)
11/15
今治で自転車を預けてからJRで松山へ

この旅行を計画した時点では、帰りも輪行袋で担いで帰るつもりでした。
したがって、松山駅に一番近いターミナルホテルを予約。

思いがけず自転車を宅配便で送ることが出来、身軽になって三人はルンルンです。
ホテルでチェックインを済ませ、路面電車で道後温泉に向かいます。
ちょうどこの頃から雨が降り出し、ホテルで傘を借ります。

道後温泉本館、夕暮れ時、しかも雨ときて、なかなか風情があります。
着いた時はかなりの人で混んでいましたが、そのうちに潮が引くように、ほとんど人がいなくなりました。

旅館に泊まっている人たちの夕食の時間になったからです。(ガイドブックに書いてあった通り、夕食時が狙い目)

ゆったりとお湯につかり、そのあと浴衣に着替えてお茶をいただき、さらにガイドのお姉さんが、館内の特別室などを案内してくれます。

夏目漱石が逗留した部屋や、皇族方の使った浴室など、さすがに古いだけのことはあります。

さて、帰りは雨も降っているのでタクシーで。
GBさん、さっそく運転手さんから情報収集です。
ホテルの近くにいい居酒屋があるとのことで、雨の中を傘をさして歩きます。

GBさんの勘は今回も冴えていました。
おいしいお酒と料理で、楽しかったサイクリングの思い出話に、夜の更けるのを忘れてしまいました。

きっかけを作ってくれたREさん、そして誘ってくれたGBさんに心から感謝です。
おまけにこの夜の飲み代は、お二人が気前よく払ってくれましたから、いっそう愉快な夜になりました。


11/16
午前中にもう一度温泉へ行き、タルトのオミヤゲを買いました。
その後は解散して、彼らは市内見物、そして今度は船で尾道へ向かい、もう一泊してから帰るとのこと。

私は友人のいる倉敷に立ち寄って、泊めてもらいます。

道後温泉本館(カメラ故障のためケイタイで撮影)
2008-11-16-104847道後温泉本館


・・・つづく・・・

しまなみ海道(その4) ← 番外編(その1) →  番外編(その2)倉敷チボリ公園
  
[ 投稿者:tamma at 17:54 | 輪行 | コメント(0) ]

雨も上がって
(最低気温 5.9℃)
昨日午後から予報通り雨でした。夕方から夜にかけては、かなり風も吹きました。
今朝は雨は上がっていますが、厚い雲です。

2008-11-25-065616
06:56:16

裾野、御殿場方面には強い日が射しています。

2008-11-25-075647
07:56:47

これから晴れる予報ですから、楽しみです。
  
[ 投稿者:tamma at 09:01 | 富士山 | コメント(0) ]