掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2008年05月12日
qmail のダブルバウンス
メールサーバのログチェックで、
warning: Illegal address syntax from ***.***.ne.jp[***.***.***.***] in MAIL command: <#@[]>
っていう記録を見かけたので、昔の記憶をたどりながら思い出したのがこちら。

#@[]

qmailの場合、ダブルバウンス送信用のアドレスとして #@[] を使うが、その際qmail では特に設定しなければダブルバウンスは自ホストの postmaster 宛に送られ、外に出てこんな問題を起こすことは無い。

しかし、postmaster 宛のメールを外部のホストへ転送設定している場合などは、転送先のMTAがpostfixやsendmailの場合、不正なアドレスとしてエラーにしてしまう。

詳細は上記サイトに詳しいが、対応はqmail側で行う事になる。

ダブルバウンス受信者となるアドレスの .qmail、たとえば /var/qmail/alias/.qmail-postmaster を以下のように書く。

| [ "x$SENDER" = "x#@[]" ] && qmail-inject -f MAILER-DAEMON -- "$RECIPIENT" && exit 99 || exit 0
&double-bounce@another.host

1行目。envelope sender が #@[] ならば MAILER-DAEMON に書き換えて届いたメールを再送信する。exit 99 により、この条件にマッチした場合は2行目の解釈はおこなわれない。2行目。送信者が #@[] でなければ、double-bounce@another.host にメールを転送する。以上により、#@[] は書き換えられ、それ以外はそのまま外部ホストにメールが転送される。

あるいは以下のようにしてもいい。

% echo double-bounce > /var/qmail/control/doublebounceto
% cat /var/qmail/alias/.qmail-double-bounce
| bouncesaying 'Permission denied' [ "x$SENDER" != "x#@[]" ]
| qmail-inject -f MAILER-DAEMON -- postmaster@another.host


[ 投稿者:Cookie at 14:43 | サーバ設定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/77.88/a02343/0000238631.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/77.88/archives/0000238631.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 3 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら