掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2007年06月20日
【信州FM】 トラックバックスパム対策 2
 信州FMでのトラックバックスパム対策としては、以前お知らせした二つの対策が主となっています。

【信州FM】 トラックバックスパム対策
 【対策A】TBスパム送信元IPアドレスのブラックリスト化
 【対策B】キーワードによるTBスパム排除

 このうち【対策A】のTBスパム送信元IPアドレスのブラックリスト化ですが、信州FM専用のブラックリストも運用に加えており、独自対応を行っております。

 これにより、国内ISPの管理するIPアドレスからのものが大分減ってきてはおりますが、最近は中国などの海外のIPアドレスからのTBが目立っております。

 迷惑(SPAM)メールも発信元が海外(特に中国、韓国)に移行しているのと同様に、ブログのトラックバックも海外に移行しているものと推測します。

 特に「ビリーズ ブート キャンプ」などの人気商品の場合、アクセス数稼ぎのためにトラックバックを大量に打ってくるので、受けるサーバ側も大変です。

#サンプル(おとり)として「ビリーズ ブート キャンプ」のリンクを張ってみます ^^;


 そもそも、「ブログ同士のトラックバックなのになぜ中国から発信されるのか?」という疑問が湧くかと思いますが、これには「トラックバック送信専用ソフト」などの存在があります。

 通常トラックバックは、自分のブログにエントリー(記事)を投稿する際に、一緒に送信されるので、ブログサーバ自身のIPアドレスか、システム構成によっては付近のIPアドレスから送信されます。

 ところが「トラックバック送信専用ソフト」を使うことで、自分のブログへの投稿とは全く関係なく、自分のPCから任意のブログにトラックバックを送信する事が出来ます。

 この様なソフトも、トラックバックのルールを理解し、節度を持って使ってもらえば良いと思うのですが、残念ながら詐欺的なサイトへの誘導目的トラックバック送信に多用されている現状です。

 このため信州FMでは、動的IPアドレス(ユーザー向けアクセス回線)からの悪質なトラックバック送信元を随時ブラックリストに登録しており、専用ツールを使ったトラックバックは拒否される可能性が高くなっております。

トラックバックにまつわるルールと解釈をまとめたサイトがありますので、ご紹介しておきます。
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突--「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか

[ 投稿者:Cookie at 18:30 | お知らせ | コメント(1) | トラックバック(1) ]

この記事へのコメント
無題
トラックバックにまつわるルールと解釈をまとめたサイトがありますので、ご紹介しておきます。
投稿者: Cartier Replica at 2017-03-10 20:26:08

この記事へのトラックバック
PR: 海外インターンシップ情報
アメリカのビジネスインターンシップを専門にご紹介しております。本当のアメリカのインターンシップの情報を詳しくお伝えします。...
投稿者: ブログ広告「とらクリ」 at 2007-06-21 14:24:09

この記事へのトラックバックURL
http://shinshu.fm/MHz/77.88/a00055/0000195877.trackback

この記事の固定URL
http://shinshu.fm/MHz/77.88/archives/0000195877.html

記事へのコメント
 
簡単演算認証: 4 x 1 + 5 =
計算の答えを半角英数字で入力して下さい。
名前: [必須]
URL/Email:
タイトル:
コメント:
※記事・コメントなどの削除要請はこちら