掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2015年10月04日
cDock app not working on El Capitan
OS X 10.11 El Capitanで、cDockの設定が反映されないので、SIP (System Integrity Protection) を無効にしてから設定をするとOK.
設定後はSIPの設定を有効に。

http://forums.macrumors.com/threads/cdock-app-not-working-on-el-capitan.1923933/

Follow these steps to disable SIP:

1.Restart your Mac.
2.Before OS X starts up, hold down Command-R and keep it held down until you see an Apple icon and a progress bar. Release. This boots you into Recovery.
3.From the Utilities menu, select Terminal.
4.At the prompt type exactly the following and then press Return: csrutil disable
5.Terminal should display a message that SIP was disabled.
6.From the  menu, select Restart.

You can re-enable SIP by following the above steps, but using csrutil enable instead.
[ 投稿者:Cookie at 08:23 | OS | コメント(0) ]

2015年08月24日
FreeBSD 10.2-RELEASE出てました
BSD界隈四方山話:第16回 FreeBSD 10.2-RELEASE登場

http://gihyo.jp/admin/serial/01/bsd-yomoyama/0016


[ 投稿者:Cookie at 17:11 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2015年06月13日
Trim enabler with OS X El Capitan
trimforce enable結果_20150613

OS X (10.11 El Capitan)で3rdパーティ製のSSD Trim機能を有効にする方法。

https://www.cindori.org/forums/topic/trim-enabler-with-os-x-el-capitan/


$ sudo nvram boot-args="kext-dev-mode=1 rootless=0"

★reboot

$ sudo trimforce enable

★自動で再起動するのでしばらく待つ

$ sudo nvram boot-args="kext-dev-mode=1"

★reboot

システム情報の SATA/SATA ExpressでTRIMのサポートが「はい」になっていれば、有効か成功。



[ 投稿者:Cookie at 15:26 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2012年08月21日
WindowsXPでDNSが引けない
WindowsXPを利用している環境で、突然ネットに繋がらなくなったとの問い合わせがあり、状況を確認したところIPアドレスでは通信できている様子。

DHCPでのIPアドレスやDNSサーバ、ゲートウェイアドレスの取得は問題なく出来ているが、nslookupでの名前解決は出来ない。

「DNS Changer 」か?

とも考えたが、hostsファイルの改竄はない。

ウィルススキャンも定期的に行なっているようなので、マルウェア感染とも考えにくいので、ダメ元でTCP/IPのリセットを実施したところ無事解決!

http://support.microsoft.com/kb/299357/ja

コマンドプロンプトで

> netsh int ip reset c:\resetlog.txt

実行

出荷時状態へのリカバリーも想定していたので一安心。


[ 投稿者:Cookie at 18:57 | OS | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2011年05月26日
DELL Inspiron mini9でChromiumOS
mini9

Atheros_AR5008_AR5BXB72_300Mbps

再びChromiumOSの話題。

近くにあったDELL Inspiron mini9でChromiumOSのUSB起動を試してみました。

USBからの起動は難なく成功。
しかし、無線LANの内蔵カードを認識できない...

ググッてみると「Atheros」の無線LANカードならOKとの情報があったので、購入して装着。

無事ChromiumOSから無線LAN接続OKです。

SDメモリーカードからの起動もトライしてみましたが、こちらはNG。

EeePC 1000HEはSDメモリーカードからでもChromiumOS起動OKでした。

[ 投稿者:Cookie at 15:35 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年05月20日
ChroniumOS をUSBメモリーから起動してみた
写真

ChromeOS搭載のノートPCがいよいよ出てきましたが、まずはChromeOSがどんなものなのかを、手元のネットブックで試してみました。

使うのはオープンソース版のChromiumOS

ChromiumOSを毎日最新版でビルドしている「Vanilla」のUSBブートイメージをこちらからダウンロード。

http://chromeos.hexxeh.net/vanilla.php

これをUSBメモリーへ書きこんで、ネットブックに装着し起動。

これはなかなか楽しめます!

最初の起動時に言語とかを選択するだけで、普通に日本語表示が可能です。

日本語入力の切り替えが「Alt + shift」なので、知らないと戸惑うかもしれません。

出来ればIMEにはGoogle日本語入力が使えるようになるとありがたいですね。

[ 投稿者:Cookie at 15:31 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2010年02月22日
openSUSE11.2 シャットダウン時Segmentation Fault


自宅のopenSUSE 11.2なマシンがしばらく前からshutdown時に調子が悪い。

shutdownしたい際に、
---------------------------------------------
The system will be halted immediately
Segmentation Fault
---------------------------------------------
と画面表示したまま、電源が自動OFFにならない。

HDDは停止しているようなので、電源SW名が押しで強制OFF。

ググッてみても日本語での情報が見つからないので、OpenSuseの海外フォーラムを調べると、同様の症状が見つかりました。

http://forums.opensuse.org/applications/432615-segmentation-fault-during-shutdown.html
https://bugzilla.novell.com/show_bug.cgi?id=578222

どうやらkernelのアップデート後に発生しているらしく、kernelのバージョンを下げたらOKとの書き込みもある。
Re: Segmentation fault during shutdown
I have the same problem, with the same arch (X86_64). I had to downgrade to previous kernel (2.6.31.8). Now all works fine...


こちらのkernelでFixされているとの話もあるようなので後ほど試してみよう。
http://download.opensuse.org/repositories/Kernel:/openSUSE-11.2/openSUSE_11.2/

追記 2010-03-05
YASTの設定で、http://download.opensuse.org/repositories/Kernel:/openSUSE-11.2/openSUSE_11.2/ をパッケージ・レポジトリに追加し、アップデートされたkernelをインストールしたら正常にシャットダウン出来るようになりました。
http://download.opensuse.org/repositories/Kernel:/openSUSE-11.2/openSUSE_11.2/i586/kernel-desktop-2.6.31.12-15.1.i586.rpm
http://download.opensuse.org/repositories/Kernel:/openSUSE-11.2/openSUSE_11.2/i586/kernel-desktop-base-2.6.31.12-15.1.i586.rpm

[ 投稿者:Cookie at 16:01 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2009年12月19日
openSUSE11.2へのアップデート
opensuse

openSUSE11.2へのアップデートを行った後、キーボードとマウスが反応しない...

別のPCでググってみると、

http://lists.opensuse.org/opensuse-ja/2009-11/msg00053.html

http://ja.opensuse.org/Upgrade/Supported
既知の問題 (open issues)

* アップグレード後に再起動時にグラフィカル・ログイン(kdm/gdm)でマウスやキーボードが反応しない問題があります。
o /etc/X11/xorg.conf の Section "ServerLayout" に Option "AllowEmptyInput" "off" を追加してください。参考:はとちゃんの足跡 / Keyboard & Mouse not responding 11.2 - openSUSE Forums

Section "ServerLayout"
...中略...
Option "AllowEmptyInput" "off"
...中略...
EndSection


との事。

と言ってもキーボードとマウスが使えないので、一旦電源を落としてからインストール用CDでレスキューモードを起動。

HDDを/mntにマウントし、/mnt/etc/X11/xorg.conf を修正して再起動。

無事キーボードとマウスが認識。

でもNICの設定が出来ていないみたいで、ネットに繋がらないのでNICも設定。

openSUSE11.0からのアップデートだったので、あちこち違っている様です。

[ 投稿者:Cookie at 16:43 | OS | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2008年06月04日
FreeBSD-7.0 amd64 で gimirror (RAID1)
以前「GigaByte GS-SR101 + FreeBSD-6.0 + gmirror(RAID1)」の設定を書いておきましたが、今回FreeBSD-7.0 amd64 で、ミラーリング環境を構築しようとしたところ、以前の手順でコマンドが認識できない。

「FreeBSD-7.0 gmirror」でググった結果、下記ページを発見。

FreeBSD/gmirrorによるディスクミラーリング(7.0-RC1)

こちらで書かれている手順で導入OK。

念のため実行した手順を書いておきます。

7.0-RELEASE-amd64-livefs.isoを焼いたCDから起動。
インストーラーのメニューから「Fixit」を選択。

★geom_mirror.koの読み込み
Fixit# chroot /dist
Fixit# kldload geom_mirror
Fixit# exit

★ad4をミラーデバイスgm0に組込み
Fixit# gmirror label gm0 ad4
Fixit# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 DEGRADED ad4
Fixit#

★fstab書き換え
Fixit# mount /dev/mirror/gms1a /mnt
Fixit# cat /etc/fstab
# Device Mountpoint FStype Options Dump Pass#
/dev/ad4s1b none swap sw 0 0
/dev/ad4s1a / ufs rw 1 1
/dev/acd0 /cdrom cd9660 ro,noauto 0 0
Fixit#
Fixit# sed -i bak s/ad4/mirror\\/gm0/ /mnt/etc/fstab
Fixit#
Fixit# cat /etc/fstab
# Device Mountpoint FStype Options Dump Pass#
/dev/mirror/gm0s1b none swap sw 0 0
/dev/mirror/gm0s1a / ufs rw 1 1
/dev/acd0 /cdrom cd9660 ro,noauto 0 0
Fixit#

★起動時にgeom_mirrorが有効になるように
Fixit# echo 'geom_mirror_load="YES"' >> /mnt/boot/loader.conf
Fixit# cat /mnt/boot/loader.conf
geom_mirror_load="YES"
Fixit#

★再起動

★ミラーリング用HDDの組込み
# gmirror insert gm0 ad6
GEOM_MIRROR: Device gm0: rebuilding providerad 6.
#

★同期の状態確認
# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 DEGRADED ad4
ad6 (12%)

★同期完了
# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 COMPLETE ad4
ad6


こんな感じです。

補足)

せっかくなので、RAIDのりビルド手順も書いておきます。

故障したという仮定で、ad6のHDDを新品に交換。

# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 DEGRADED ad4
#
# gmirror forget gm0
#
# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 COMPLETE ad4
#
# gmirror insert gm0 ad6
#
# gmirror status
Name Status Components
mirror/gm0 DEGRADED ad4
ad6 (6%)


[ 投稿者:Cookie at 13:38 | OS | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2006年05月13日
FreeBSD 6.1-RELEASE 出ましたね
FreeBSD 6.1-RELEASE が先日公開されたので、早速手持ちの空きハードウェアでテストです。

マザーボードはTyan製 Tomcat i875PF(S5105)
CPU: Intel(R) Celeron(R) CPU 2.53GHz

ダウンロードはこちらからISOイメージをGETします。

インストール時に国とキーボードを先に選ぶようになっているのと、起動時の選択画面のアスキーアートがデーモン君からFreeBSDのアルファベットのロゴになっているのが見た目の違い。

細かな箇所の違いはこれからゆっくりと見てみるところです。

ところで、S-ATA用のARAID99 2000 を使ったので、BIOSでS-ATAを設定しようとしたところ、設定の保存で応答しなくなる状況が発生。

しかたなく電源OFFしてから起動すると、BIOS設定内容が壊れている様子...

Tyanのホームページを確認したところ、BIOSのアップデート内容にこんな事が、
Tomcat i875PF (S5105) BIOS

TYAN TOMCAT i875PF (S5105) BIOS V1.07
New features and Fixes :
* Updated Celeron CPU micro coding
* Fixed an issue where the system will hang after entering
setup and then saving and exiting the system while using
a Prescott based 533MHz (FSB) CPU


後でBIOSアップデートしてみることにします。
フロピードライブも取り付けないと^^;
[ 投稿者:Cookie at 09:57 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年12月16日
そろそろ FreeBSD 6.0 かな^^
そろそろFreeBSD 6.0への移行を考えていますが、取り敢えず「オープンソースマガジン 2006-1月号」付属のDVD-ROMからインストールしてみました。

起動時画面のBeastieが、FreeBSDの文字に変更となったのが最初に感じた違い。

6.0での評価などは徐々に出てきているので、各方面のレポートをまとめておこうと思います。

http://www.jp.freebsd.org/

http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/11/04/014.html

http://pcweb.mycom.co.jp/articles/2005/11/07/freebsd/

http://pcweb.pc.mycom.co.jp/news/2005/11/26/043.html

http://slashdot.jp/bsd/05/11/05/0032230.shtml

http://blog.so-net.ne.jp/nakagami/2005-12-02

http://okowa.org/vector/2005/11/19/freebsd6

http://qb5.2ch.net/test/read.cgi/operate/1129310805/l50


http://ujauja.ddo.jp/~kawamaco/MT/archives/000327.html

http://d.hatena.ne.jp/hiro-ueda/20051105

http://www.hijiki.net/archives/000162.html

[ 投稿者:Cookie at 15:40 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年11月02日
FreeBSDの新ロゴ
FreeBSDの新しいロゴが決まったようです。

new-freebsd-header

バリエーションはこちら!
new-logos

デーモンくんの立場はどうなるのだろう.....
[ 投稿者:Cookie at 12:47 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年10月29日
SUSE LINUX 10.0アップグレード
さて、Linux WORLD 2005-12に、SUSE LINUX 10.0のインストールDVDが付いてきたので、プライベート用マシンの9.2からアップグレードしてみました。

本来ならばバックアップとかとった方が良いのでしょうが、いきなりのアップデートです^^;;

インストールDVDから起動し、アップグレードを選択すればOK!
特に問題もなく完了。

FONT関係が変わった印象以外には、レスポンスの向上でしょうか。

さらに、ck6のカーネルを使うとさらに高速化されるらしい!?

ということで、

続きを読む ...
 
[ 投稿者:Cookie at 21:49 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年09月07日
FreeBSDでのアカウント文字数変更
RedHatLinux7.*で構築したシステムの更新で、FreeBSDにアカウントを移す事になった。

基本的にFreeBSDの方が好みだったのですが、諸々の事情によりLinuxで構築したマシンでした。

今回はハードウェアの更新のタイミングなのと、諸々の事情が緩和されたので、FreeBSDでよしとなりました ^^

現行システムのpasswdファイルから一括登録するスクリプトを書いて、登録GO!

と、ところが一部のユーザー名が長くて登録できない (T^T)

FreeBSDのユーザー名は16文字まででした...

と言う分けで、ユーザー名文字数の設定変更です。

これには、make worldしてシステムを作りなおしてあげる必要が有りますので、まずはcvsupでソースを最新の状態にします。 (ちなみにFreeBSD5.4)

参考

次に下記ヘッダーファイルで"UT_NAMESIZE"等を修正しmake worldするわけです。

/usr/include/utmp.h
/usr/include/sys/param.h

同期したソースファイル中にも同様のファイルが有るので、そちらも修正しておきました。

/usr/src/include/utmp.h
#define UT_NAMESIZE 32 /* see MAXLOGNAME in */

/usr/src/sys/sys/param.h
#define MAXLOGNAME 33 /* max login name length (incl. NUL) */

ついでにkernelのコンパイルも行い、make installkernel実行。

現在のシステムは「FreeBSD 5.4-RELEASE-p6」となりました。

make installworld後、16文字以上のアカウントが登録できることを確認。

pop3 , ftp でのログインも出来たので、ひとまずOKとしましょう。
もう少し検証は必要ですが....



[ 投稿者:Cookie at 23:40 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2005年08月24日
SUSE LINUX 9.3 (FTP版)お試し
Linux WORLD 10月号に「Novell SUSE LINUX Professional 9.3(FTP版)」が付いてきたので、検証のためにインストール。

HDDのパーテーション分けでトラブルの相談を受けたので、その検証が目的。

しかし、現在SUSE 9.2で使用しているLCDディスプレイ(SONY SDM-S51R)でインストーラーの途中から画面が乱れて続行不能...

これは検証に使ったPCのオンボードVGAを使用した事も影響した可能性あり。
NEC製のCRTをつないでも同じ現象。
AGPのビデオカードを装着して再度インストールしたら画面表示も正常で、無事完了。

インストールの後のデスクトップには「FireFox」の見慣れたアイコンも!
そうか〜 標準でFireFoxがインストールされるようになったんだ。

ところで、検証目的のパーテーション分けですが、元の問題はRAIDコントローラーをオンボードに搭載したIBM製のマシンで、カスタムのパーテーション設定を行った際に、インストールは終わるが、HDD からのブートで/パーテーションがマウント出来ないというもの。

インストール段階でドライバーを読み込ませる様ですが、メディアからのファイルコピー直後の再起動で上手くドライバーが働いていない可能性も有るのかな?

手元のシングルHDD環境ではパーテーションを分けても問題ないし、手元に現象を起こすマシンも無いので、報告だけ済ませて結果待です。

ちなみに自宅マシンは9.2 ===> 9.3 のアップデートを思案中^^;;


[ 投稿者:Cookie at 16:30 | OS | コメント(0) | トラックバック(0) ]