掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2011年02月20日
iPad (iOS4.2.1 + JailBreak) でUSB-HDD接続アダプタ
先日iPadをiOS4.2.1にアップデート後、Camera Connection 軽油でUSB-HDDを接続する際、消費電力オーバーで使えないアダプタがあることを書きましたが、使用中の(有)フリーダムのFHC-236等はACアダプタが大きく、さらに電源コネクタとS-ATA,USB変換ケーブルがかさばり持ち運びに不便でした。

今日PCパーツショップをのぞいた際、「Groovy UD-3000SA」を見つけたので購入して試してみました。

無事「消費電力オーバー」にならずiPadでマウント出来ました!
※ 要JailBreak環境

ACアダプタも小型になったので、以前よりは携帯性が良くなります。

▼Groovy HDDをUSB3.0 内蔵型ハードディスク、ブルーレイドライブ対応 UD-3000SA

※ACアダプタは100Vコンセントプラグ一体型



▼IDE/SATA USB2.0 変換アダプタセット
※これもiPad(iOS4.2.1)の消費電力で動作OK
 ACアダプタは両側からケーブルが出ているタイプ



▼GREEN HOUSE SATA/IDE-USB2.0変換アダプタ 2.5インチHD対応 GH-USHD-IDESA
※これはiPad(iOS4.2.1)では消費電力オーバー
 iPadとの接続には使えません!!
 ACアダプタは両側からケーブルが出ているタイプ



[ 投稿者:Cookie at 18:04 | iPhone , iPad | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年02月15日
iFileでUSB-HDDがマウントされなくなった...
昨日iPadの「iFile(Cydiaアプリ)」のアップデート後、Camera Connection Kitを経由した
USB接続HDDがマウント出来なくなり、色々と確認した結果をまとめておきます。

■状況

512MBのUSBメモリは問題なく「フラッシュドライブ1」としてマウント。
4GBのUSBメモリは「消費電力が多くてダメ」表示(これも正常)

320GBの2.5" S-ATA HDDをUSBアダプタ経由で接続しても、iFileで「フラッシュドライブ」としてマウントしない。

■困った事

USB接続HDDをiFileでマウントし、教材で使用する動画(WMVなど)を「BUZZ Player」のDocuments内にシンボリックリンクして運用しており、USB接続HDDがマウントできないと動画を利用できない。

iPadのディスク容量を圧迫したくないのでこの方法で運用中。

一度iFileでシンボリックリンクを設定しておけば、あとはHDD接続後iFileを起動しマウントするとBUZZ Playerの▼FOLDERSに表示されるので非常に便利。

■調査・対処

iPad(iOS4.2.1)の問題か? iFileの問題か?

iSSHでコンソールから確認したところ、USB-HDDを接続すると /dev/disc1 , /dev/disk1s1 が生成されることは確認出来たので、iOS的には認識している事を確認。

とすれば、iFileのフラッシュドライブとしてマウントする動作に何か変更が加えられた事が考えられる。
アップデート前は「フラッシュドライブ1」の"1"は無かったような気がするし...

とりあえず、iSSHからlocalhostにログインし、

# mount -t msdos /dev/disk1s1 /var/mobile/mnt/hdd1

として、更にBUZZ PlayerのDocumentsの下にシンボリックリンクを張り、BUZZ Playerを起動。

■結果

BUZZ Playerからシンボリックリンク先USB-HDDの動画を再生できました。

当面手動でのmount,umount操作が必要ですが、iFileが修正されるまでしばらく我慢です。


[ 投稿者:Cookie at 15:24 | iPhone , iPad | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2011年02月04日
iPad (iOS4.2.1)でのjailbreak
iOS4.2.1になってからのJailbreak(脱獄)は長らくベータ版状態が続いていますが、本日「GreenPois0n RC5」がリリースされました。

ちなみにこのツールは現在「Mac版」のみの提供。

それ以前に「Redsnow 0.9.7 b6」が出ており、こちらもuntetheredな脱獄はMac版のみで可能。

「GreenPois0n RC5」は現在失敗例などで情報が錯綜していますが、自分のiPadは昨日「Redsnow 0.9.7 b6」でJailbreakを済ませました。

こちらについては、4.2b3 IPSWが必要だったり、4.2b3のSHSHがCydiaに保存されている必要があったりとハードルは高いですが既にある程度の実績もあるので、「Redsnow 0.9.7 b6」でトライしました。

2度ほど失敗した原因は、iOS4.2.1に復元後、iTunesでバックアップから同期をしてしまい、多分それが原因でJailbreak後にアップルマークの永久ループに陥ってしまいました。

これに懲りて、iOS4.2.1で復元した直後に「Redsnow 0.9.7 b6」での脱獄手順で無事成功。

自分としては必須の「DisplayOut」も無事動作し、OpenSSHの設定やrootとmobileのパスワード変更を済ませ、ほぼ以前の環境を確保。

一つ問題点としては、iFileから使えていたUSBメモリ(KINGMAX 4GB)が、「接続中のUSBデバイスは消費電力が大きすぎます。」と拒否されるようになったこと。

512MBのELECOM MF-AU2512GTは認識しているので、iOS4.2.1になってUSB周りの電力チェックが厳しくなった様です。

---- 追記 ----
iOS4.2.1とCamera Connection Kitで使えるカードリーダーは?
https://discussionsjapan.apple.com/message/100572008
--- ここまで ---

しかし、今回のiOS4.2.1へのアップデート前に、USB接続で使えるようにしておいた320GBの2.5"HDD(WD3200BEVT)は無事認識しているので大きな問題はありません。

USBポートからの電力では当然無理なので、ACアダプタ付きのUSB接続アダプタを使用していますが、こちらも型式の古いUSB接続アダプタでないと「接続中のUSBデバイスは消費電力が大きすぎます。」となりました。

最近のUSB接続アダプタは動作表示のLEDがいくつも付いていたり、多分内部の回路の消費電力が大きいのだと思われます。

現在HDDの接続に使用しているのは、(有)フリーダムのFHC-236。

GREEN HOUSEのGH-USHD-IDESAは、「接続中のUSBデバイスは消費電力が大きすぎます。」となりました。

「Redsnow 0.9.7」は現在のベータ版ですので、他にも不具合は有るかもしれませんが、しばらくこの状態で様子を見ることにします。

参考
http://thebigboss.org/jailbreak-now
http://li225-208.members.linode.com/
http://www.redmondpie.com/jailbreak-ios-4.2.1-untethered-iphone-ipad-ipod-touch-greenpois0n-rc5-how-to-guide/
http://twitter.com/#!/chronicdevteam



[ 投稿者:Cookie at 18:06 | iPhone , iPad | コメント(0) | トラックバック(0) ]