掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2007年06月27日
ブログの大量開設
 同一人物又は組織と推測できるブログの大量登録は、有限である信州FMの周波数を浪費する「不適切」な行為とみなし、見つけ次第削除します。

# 2007-06-29 追記

数個以内の複数ブログの開設の場合でも、アクセス元IPアドレスの共通性や、ブログタイトル、登録時メールアドレスの共通性などを総合的に判断して、同一人物又は組織と推測されるものは削除対象となります。
[ 投稿者:Cookie at 17:00 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

FC2.COMのブログからのトラックバックスパム
先程、FC2.COMのブログ「AKIBA系ネット」から大量にトラックバックスパムが送信されておりました。

現在行っているトラックバックスパム対策では、正当なブログサーバからのトラックバックは、NGワードが含まれなければ制限しておりません。

しかし、この様に無差別なトラックバックが頻発する事を想定し、今回の送信元サーバは「トラックバックスパム用ブラックリスト」に追加いたしました。

このため、FC2.COMの同一サーバを利用している他のブログからのトラックバックも受け付けない状態になりますが、しばらく様子を見て解除を検討いたします。
[ 投稿者:Cookie at 12:47 | SPAM対策 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月26日
自動記事生成ツールの実態
ウェブを検索すると「自動記事生成ツール」に関する情報が多数ヒットしますが、ウェブ上でデモを体験できるものもあります。

その中で、キーワードを入力して「記事生成」ボタンを押す事で、記事を生成するツールでサンプルを作ってみました。

ダイエット系のサンプルが自動生成されますが、「●●●●」の部分が設定したキーワードです。

機能限定のようですが、やはり文章に傾向が見られます。
試しに、「しかしたいして効果がないようなものをダイエット効果があるといっていることもあるので要注意」という一文をググっていただければ一目瞭然! ぞろぞろとヒットしてきます。

# このエントリーは「自動記事生成ツール」の紹介記事ではありません。
# この様なツールによってどの様な記事が生成されるのかを検証する目的で書いています。


続きを読む ...
 
[ 投稿者:Cookie at 16:52 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月25日
自動生成記事と判断されるブログ
既に信州FM内の該当ブログは「アカウント削除」といたしましたが、「自動生成記事」と判断されるブログエントリーの例としては以下の通りです。

明らかに、日本語の文として意味が通じないにもかかわらず、これらの文をウェブで検索すると、同様の内容がぞろぞろ出てきます。

自動記事生成ツールを使用して、適当なキーワードをいくつか入力して「OK」ボタンとか押すと、こんな文章が自動的に出来る様ですが、ツールによっては非常に変な日本がになるようです。

※これはほんの一例です^^;

「千葉市でも長崎や求人誌での短期高収入バイトも年末年始に巫女と共に郵便局でも」

「柔道整復師求人から転職まで旅行会社でも雑誌と共に花屋求人情報で沼津から」

「ゴールデンウィークで初任給でのプレゼントなど女性も新入社員から家庭教師まで悩みもあり」

「ボーナス含めた年収でも新卒から計算する時に、教員から国家公務員ボーナスまで企業も」

「サクラも履歴書やメールで求人情報があるのか、住み込み転職も転職活動がありますね」

「ネクタイから就職活動本まで丸井でパーマよりも靴が気になり、エフエム東京の就活応援からうつや」

「平均給料も給料計算からお中元シーズンのアルバイトまで茨城でも税金や本屋でユニクロバイト」

「女優もみんなの就職活動日記であるのか、封筒の書き方や手紙などもみんなの就職活動でアツイジャンルです」

「岡山や渋谷でのミスタードーナツアルバイトでも検索して日払いで看護師のアルバイトや英語にネットにと」

「ハローワークでも13歳のハローワークなど広島図書館アルバイトも仙台と共に人気が高い」

「支給日でも退職してからのボーナスがみずほ銀行の銀行員からりそなでもボーナスの支給額でボーナス一括や平均でも使い方がわかるゴールドマンサックスのボーナス額であってほしいですね」

[ 投稿者:Cookie at 09:46 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(3) ]

2007年06月24日
「資格取得系」量産ブログ
量産ブログのキーワードとして利用されているものに「資格取得」系があります。

Googleなどで
「独学では合格するのが難しく、また、人気の高い資格については、」
という文で検索しても、まったく同じ文章のブログがいくつも見つかります。

この手のSEO目的量産ブログの文の多くは、プログラム的に自動生成されたものや、テンプレート利用と思われる文章表現に共通性があるので、雰囲気だけでもある程度分かります。

信州FM内の該当ブログも「アカウント削除対象」となります。
[ 投稿者:Cookie at 06:47 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月23日
「勉強/学習系」 量産ブログ
SEO目的の量産ブログの文章にはいくつか共通性があります。

信州FMにも「勉強/学習系」ブログがありますが、「アカウント削除」対象となっております。

このブログ内の文章の一部をググってみると、所々単語や、文章の組合せは変えていますが、類似性の高いブログがぞろぞろ出てきます。

これらのブログでは、「ETCの勉強」とか、「セゾンカードの勉強」ってあまりにも不自然ですし、この方々の多くは「行きつけの病院に定期検診」通っているようです^^;

そして勉強が終わると「入浴後にマッサージ」や「寝る前に柔軟体操」をして「疲れが残らないように」健康管理しているようです。

▼「勉強/学習系」類似ブログ
http://d.hatena.ne.jp/etc-drive/
http://cardnohikaku.seesaa.net/
http://eigopapa.seesaa.net/
http://uranaizense.seesaa.net/
http://crerank.seesaa.net/
http://pinzpapa.seesaa.net/
>http://boki39.seesaa.net/
http://etc777.seesaa.net/

[ 投稿者:Cookie at 07:24 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2007年06月22日
SEO目的ブログの削除ガイドライン
先日「SEO目的のみのブログについて」でも書きましたが、SEO対策を主目的として信州FMに開設されるブログの削除ガイドラインをまとめます。

規約の項目としての追加では無く、「不適切な行為」のガイドラインという位置付けとし、今後出て来ると思われる様々なSEO対策手段に対しては、随時ガイドラインに追加します。

▼ガイドライン

●記事のほとんどが「Wikipedia」などの文献の盗用と、誘導先リンクで構成されている。

情報商材のシステムの中にはキーワードを「Wikipedia」から盗用して、記事を自動生成するようなものもある様です。
SEO目的に限らず、記事のほとんどが他からの引用で構成されている様なブログは「不適切」であることをご理解下さい。

●記事内に張られた複数のリンク誘導先が複数の別ドメインではあるが、それらが同一サーバ(共通性のあるIPアドレス)で運用、もしくは共通デザインの大量生産サイト、そのリンク先が相互にリンクされているなどSEO目的と推測できる。

●記事内の連続する文字列(30文字程度)を検索エンジンで検索した場合に、共通性の高いブログ、ウェブページがヒットし、複製ブログ(サイト)と推測できる。

●信州FMに複数のブログを開設し、記事内容は重複していなくても関連するテーマの記事を分散してアップし、外部のサイトも含め相互にリンクを張っている、もしくは最終的なリンク誘導先サイトが共通している。

●ブログ内で十分記述できる程度の内容を、敢えて外部サイトへのリンクとし、誘導先サイトがアフィリエイト目的と判断される構成である。

文章にすると微妙なニュアンスが伝わりにくいのですが、これらの条件を総合的に勘案して対処します。

SEO対策ツール(ソフトウェア)などを使用して、大量生産的に開設されるブログや、記事のほとんどが他サイトの文章コピーで構成されている様なブログ、他のアフィリエイトサイトへの誘導だけを目的としたブログを規制することが目的です。

全てのSEO対策まで禁止するつもりはありませんが、最近のSEO対策書籍などでは、無料ブログサービスを使って目的のサイトへの「入口」を量産するなどの手法を書いているものがありますが、有限のブログ提供数で運用している信州FMでは非常に迷惑な行為です。

尚、「信州FM利用規約」第7項に下記規定がありますので、他の項目も含めご確認ください。
----------------------------------
7.当サイトは、下記のような内容を見つけ次第、ユーザーに通知することなくアカウントの削除ができるものといたします。
----------------------------------

※追記
SEO情報を提供する事を目的としたブログについては、同様のブログが増殖する事が懸念されますので、見つけ次第削除いたします。
[ 投稿者:Cookie at 21:59 | 削除ガイドライン | コメント(0) | トラックバック(0) ]

TBブラックリストのクエリー集計
DNSBLのクエリーログを集計し、ブラックリスト登録IPアドレスからの、TB送信状況をまとめてみました。

集計期間は短期間ですが、IPアドレスでsortしてみると、TB送信元の傾向がなんとなく分かります。

※このリスト内に「ブログサーバ」が含まれていましたら、リストから除外しますので、お知らせ下さい。



続きを読む ...
 
[ 投稿者:Cookie at 15:10 | SPAM対策 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2007年06月21日
迷惑メール送信元集計
 管理しているメールサーバで、SpamAssassinによって「迷惑メール(SPAM)」と判定されたメールの送信元をブラックリスト登録していますが、登録されたブラックリストをクラスCのサブネット単位で集計をしてみました。

圧倒的に「中国」が多く、以下「台湾」「フィリピン」が続きます。

業務などで中国からのメールを受ける必要が無ければ、「中国」割り当てのIPアドレスからのメールを全てブロックする事で、SPAMメールを受け取る事がかなり減るはずです。 しかし、個人運用のメールサーバ等でなければ、現実には難しいでしょうね.... (T^T)

■現在ブラックリストに登録されているIPアドレス総数 : 15,636個

▼登録されているIPアドレスが多い「ワースト50」
サブネット 登録IPアドレス 国記号 国名
203.82.21.0/24 118 PH フィリピン
219.147.232.0/24 62 CN 中国
211.166.11.0/24 53 CN 中国
122.146.33.0/24 46 TW 台湾
203.82.23.0/24 45 HK 香港
122.146.34.0/24 39 TW 台湾
203.82.22.0/24 37 PH フィリピン
122.146.35.0/24 36 TW 台湾
222.127.16.0/24 29 PH フィリピン
222.170.80.0/24 28 CN 中国
125.187.32.0/24 26 KR 韓国
124.21.163.0/24 25 CN 中国
124.21.165.0/24 25 CN 中国
124.21.164.0/24 24 CN 中国
219.68.112.0/24 23 TW 台湾
116.0.106.0/24 22 MY マレーシア
218.7.192.0/24 22 CN 中国
124.21.162.0/24 21 CN 中国
219.68.113.0/24 21 TW 台湾
122.146.32.0/24 19 TW 台湾
203.82.20.0/24 19 PH フィリピン
221.201.225.0/24 19 CN 中国
124.21.161.0/24 18 CN 中国
218.19.192.0/24 18 CN 中国
218.211.18.0/24 17 TW 台湾
218.211.19.0/24 17 TW 台湾
219.68.120.0/24 17 TW 台湾
221.201.27.0/24 17 CN 中国
219.159.86.0/24 16 CN 中国
219.128.75.0/24 15 CN 中国
221.201.11.0/24 15 CN 中国
222.127.4.0/24 15 PH フィリピン
125.95.232.0/24 13 CN 中国
218.19.165.0/24 13 CN 中国
61.144.98.0/24 13 CN 中国
216.211.144.0/24 12 US USA
218.19.166.0/24 12 CN 中国
219.68.80.0/24 12 TW 台湾
222.168.117.0/24 12 CN 中国
60.20.195.0/24 12 CN 中国
116.0.105.0/24 11 MY マレーシア
219.137.68.0/24 11 CN 中国
221.201.224.0/24 11 CN 中国
221.201.26.0/24 11 CN 中国
222.170.90.0/24 11 CN 中国
60.20.53.0/24 11 CN 中国
116.0.108.0/24 10 MY マレーシア
203.177.214.0/24 10 PH フィリピン
219.137.70.0/24 10 CN 中国
221.201.28.0/24 10 CN 中国

▼発信国(国記号)順にソート

サブネット 登録IPアドレス 国記号 国名
219.137.70.0/24 10 CN 中国
221.201.28.0/24 10 CN 中国
219.137.68.0/24 11 CN 中国
221.201.224.0/24 11 CN 中国
221.201.26.0/24 11 CN 中国
222.170.90.0/24 11 CN 中国
60.20.53.0/24 11 CN 中国
218.19.166.0/24 12 CN 中国
222.168.117.0/24 12 CN 中国
60.20.195.0/24 12 CN 中国
125.95.232.0/24 13 CN 中国
218.19.165.0/24 13 CN 中国
61.144.98.0/24 13 CN 中国
219.128.75.0/24 15 CN 中国
221.201.11.0/24 15 CN 中国
219.159.86.0/24 16 CN 中国
221.201.27.0/24 17 CN 中国
124.21.161.0/24 18 CN 中国
218.19.192.0/24 18 CN 中国
221.201.225.0/24 19 CN 中国
124.21.162.0/24 21 CN 中国
218.7.192.0/24 22 CN 中国
124.21.164.0/24 24 CN 中国
124.21.163.0/24 25 CN 中国
124.21.165.0/24 25 CN 中国
222.170.80.0/24 28 CN 中国
211.166.11.0/24 53 CN 中国
219.147.232.0/24 62 CN 中国
203.82.23.0/24 45 HK 香港
125.187.32.0/24 26 KR 韓国
116.0.108.0/24 10 MY マレーシア
116.0.105.0/24 11 MY マレーシア
116.0.106.0/24 22 MY マレーシア
203.177.214.0/24 10 PH フィリピン
222.127.4.0/24 15 PH フィリピン
203.82.20.0/24 19 PH フィリピン
222.127.16.0/24 29 PH フィリピン
203.82.22.0/24 37 PH フィリピン
203.82.21.0/24 118 PH フィリピン
219.68.80.0/24 12 TW 台湾
218.211.18.0/24 17 TW 台湾
218.211.19.0/24 17 TW 台湾
219.68.120.0/24 17 TW 台湾
122.146.32.0/24 19 TW 台湾
219.68.113.0/24 21 TW 台湾
219.68.112.0/24 23 TW 台湾
122.146.35.0/24 36 TW 台湾
122.146.34.0/24 39 TW 台湾
122.146.33.0/24 46 TW 台湾
216.211.144.0/24 12 US USA
[ 投稿者:Cookie at 09:29 | SPAM対策 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月20日
こんなTBはブラックリスト入り
こんなトラックバックが、DNSBL登録エントリーに届きました...

いくらRSSで新着エントリーとかを収集してるとは言え、何でこのエントリーに? と思ったら「55 dsl」ってのが、ホスト名の文字列に一致したようです。
DNSBL # 2007-06-13-14:25:55

文章中の言葉遣いや、「人気が有りますよね」「調べてみました」とかの表現が、SEO対策大量生産ブログのお手本通りって感じですが、ご苦労さまです。

という訳でこのようなTBを打ってくるネットワークはブラックリスト入りです。
-----------------------------------
55 dslでファッションを極める!
55 dslは大人のファッションブランドとして人気がありますよね。ちょっと調べてみました。ニューヨークやロサンゼルスでも人気の55dslは、カジュアルな中でも、上品さをもつファッションブランドとして、幅広く人気があります。55 dslはメンズ、レディーズ、と......
投稿者: 日記 at 2007-06-20 20:16:50 [ IP : 203.112.11.45 ]
-----------------------------------

誘導先ブログは、http://1fxfx.jugem.jp/?eid=31

▼TB送信元 IPアドレス管理組織情報
inetnum: 203.112.11.40 - 203.112.11.47
netname: academyhills-net
country: JP
descr: Roppongi Academyhills
admin-c: KS367-AP
tech-c: SS951-AP
status: ASSIGNED NON-PORTABLE
changed: k-fujii@miinet.or.jp 20060323
mnt-by: MAINT-JP-FUJITA
source: APNIC

person: Kazuya Sakamoto
nic-hdl: KS367-AP
e-mail: saka_kaz@mori.co.jp
address: Ropoongi Hills Mori Tower 49F, 10-1 Roppongi 6-Chome, Minato-ku, Tokyo, Japan
phone: +81-3-6406-6202
fax-no: +81-3-6406-9350
country: JP
changed: k-fujii@miinet.or.jp 20030425
mnt-by: MAINT-JP-FUJITA
source: APNIC

person: Shinya Soejima
nic-hdl: SS951-AP
e-mail: s-soejima@mori.co.jp
address: Ropoongi Hills Mori Tower 49F, 10-1 Roppongi 6-Chome, Minato-ku, Tokyo, Japan
phone: +81-3-6406-6231
fax-no: +81-3-6406-9350
country: JP
changed: k-fujii@miinet.or.jp 20060323
mnt-by: MAINT-JP-FUJITA
source: APNIC
[ 投稿者:Cookie at 20:29 | SPAM対策 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

【信州FM】 トラックバックスパム対策 2
 信州FMでのトラックバックスパム対策としては、以前お知らせした二つの対策が主となっています。

【信州FM】 トラックバックスパム対策
 【対策A】TBスパム送信元IPアドレスのブラックリスト化
 【対策B】キーワードによるTBスパム排除

 このうち【対策A】のTBスパム送信元IPアドレスのブラックリスト化ですが、信州FM専用のブラックリストも運用に加えており、独自対応を行っております。

 これにより、国内ISPの管理するIPアドレスからのものが大分減ってきてはおりますが、最近は中国などの海外のIPアドレスからのTBが目立っております。

 迷惑(SPAM)メールも発信元が海外(特に中国、韓国)に移行しているのと同様に、ブログのトラックバックも海外に移行しているものと推測します。

 特に「ビリーズ ブート キャンプ」などの人気商品の場合、アクセス数稼ぎのためにトラックバックを大量に打ってくるので、受けるサーバ側も大変です。

#サンプル(おとり)として「ビリーズ ブート キャンプ」のリンクを張ってみます ^^;


 そもそも、「ブログ同士のトラックバックなのになぜ中国から発信されるのか?」という疑問が湧くかと思いますが、これには「トラックバック送信専用ソフト」などの存在があります。

 通常トラックバックは、自分のブログにエントリー(記事)を投稿する際に、一緒に送信されるので、ブログサーバ自身のIPアドレスか、システム構成によっては付近のIPアドレスから送信されます。

 ところが「トラックバック送信専用ソフト」を使うことで、自分のブログへの投稿とは全く関係なく、自分のPCから任意のブログにトラックバックを送信する事が出来ます。

 この様なソフトも、トラックバックのルールを理解し、節度を持って使ってもらえば良いと思うのですが、残念ながら詐欺的なサイトへの誘導目的トラックバック送信に多用されている現状です。

 このため信州FMでは、動的IPアドレス(ユーザー向けアクセス回線)からの悪質なトラックバック送信元を随時ブラックリストに登録しており、専用ツールを使ったトラックバックは拒否される可能性が高くなっております。

トラックバックにまつわるルールと解釈をまとめたサイトがありますので、ご紹介しておきます。
トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突--「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか

[ 投稿者:Cookie at 18:30 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(1) ]

SEO目的のみのブログについて
以前からトラックバックの誘導先ブログが、「●●●について」「●●●は大変人気があります」「●●●の歴史」など、特定のキーワードによる数個のエントリーのみで構成されていて、さらに同種のブログとリンクしている様な状態のものが見受けられましたが、同様の手口で信州FM内に複数のブログを開設している事例が見うけられます。

リンク稼ぎやアクセス数稼ぎのSEO対策の実践かと思われますが、信州FMの周波数は有限のため、この様な使い捨て感覚でのブログ開設は「不適切」な行為と判断します。

「情報商材」とかでもブログや無料ホームページなどの大量開設を手ほどきしている事例もあるようですが、信州FMでは、複数のブログを開設し、エントリー(記事)内容が重複していなくても、同一テーマの記事を分散してアップし、相互にリンクを張っている、もしくは最終的なリンク誘導先サイトが共通しているような行為を発見した場合は、厳しく対処いたします。

[ 投稿者:Cookie at 13:09 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(2) ]

2007年06月15日
「Norton Internet Security」と「wwwcount」の表示トラブル
wwwcount

多くのサイトでも使用しているアクセスカウンタ「wwwcount」ですが、一部の当社サーバご利用者様から「表示できないPCがある」とのお問い合わせを頂き、調べてみました。

現象としては、アクセスカウンターの画像部分が全て黒背景に緑のデジタル文字で8が表示されているとのこと。

発生しているPCの設定などを調べると、共通する状況として「Norton Internet Security」がインストールされている事が分かりました。

「wwwcount Norton Internet Security」でググって見ると、有りました。そのものズバリ!

wwwcountとNorton Internet Securityの設定

Opera9.02でwwwcountが動作しない。

早速、count.cfgの設定を変更

[options]
strict_mode=Yes ≫ No

無事、不具合のあったPCでもアクセスカウンタが正常に見えるようになりましたが、この情報は大分前から既知のものだったようで、もっと早く気が付くべきでした....

そもそもこのパラメータは、カウンタへのアクセスが不正な場合、今回の様に[8888888]のカウンタを表示させる様です。
ブラウザ以外からのアクセスによるカウントアップを排除する等の目的なのでしょう。
これを「No」にしたことで、クローラーとかにも反応して、カウントアップしてしまう可能性もあるかも?



[ 投稿者:Cookie at 11:26 | サーバ設定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月08日
ウィルコム Advanced/W-ZERO3[es]7月中旬発売!

※画像はwww.willcom-inc.comへのリンクです。

お待ちかねの「Advanced/W-ZERO3[es]」が、いよいよ7月中旬から発売となるようです!

ワイヤレスLAN対応や小型化など、以前の機種で望まれていた事が盛り込まれています。

■メーカーホームページ: http://www.sharp.co.jp/ws/011sh/

■ウィルコムホームページ: http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/ws/011sh/index.html

■けーたいWatchの記事: http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/news_toppage/34882.html

※現時点ではウィルコムストアには発売情報は無いようです。
[ 投稿者:Cookie at 08:40 | WILLCOM ウィルコム | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年06月01日
不謹慎なトラックバックについて
以前から事件や事故が発生すると、それに関係する特ダネ的な内容を*装った*トラックバックを送って来る、不謹慎な輩が相変わらず存在します。

正直そのようなトラックバックを目にする事自体が、何ともやりきれない気分になるのですが、日々のメンテナンスでそのようなトラックバック発信元は「DNSBL.JP」に登録してトラックバックを拒否しています。

先程も、坂井泉水(ZARD)さんの事故の真相を、あたかも断定したかのような記事を掲載しているブログへの誘導トラックバックがありましたが、その先に存在するのは「ツークリック詐欺」的なサイトです。

「年齢認証と最終確認」と題したポップアップウィンドウが表示され、そこには、
本サービスは199825円の料金でご利用頂けます。次の画面でOKボタンまたは画像リンク等を押した時点でご入会となります。当サイトは後払い制コンテンツの為クーリングオフ制度は適応外ですので誤登録等無い様注意深くお読みください。

とか書かれていますが、他のツークリック詐欺的なサイト同様に「OK」を押すとユーザーの情報を読み取っているかのようなギミックを使って利用者の不安感を煽り、利用料と称して法外な請求をされる事が予想されます。

[ 投稿者:Cookie at 13:48 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) ]