掲示板お問い合わせランダムジャンプ

トップスペース
rss-reader.png taRgrey  削除ガイドライン  おしらせ  SPAM対策  専属DJのブログ  BOF  SPAM対策別館

2007年03月28日
Hyper Estraier での全文検索テスト
Hyper Estraier での全文検索テストをこのブログ(77.88)用に設置してみました。

Birds Of a Feather 全文検索

検索用CGIは標準のままですがお許し下さい m(_ _)m

■使い方
phrase: に検索したいキーワードを入力して[Enter]キーを押します。
target: は、デフォルトが本文「body text」となっていますが、エントリーのタイトル中の文字列を対象とする場合は「title (include)」を選びます。 「title (begin)」を選ぶと、エントリーの最初の文字が対象となるので、使い勝手が良くありません。


■気になる点として.....
エントリーの各ページ毎に表示される「最近のエントリー」中の文字列も検索対象になってしまうため、タイトルが違っても本文中の文字列として複数ヒットしてしまう。
ブログ形式の宿命か...?

これについては、検索CGI側で対処できるのか、クローラーの設定で対処可能なのか今後調べて見ます^^;

Hyper Estraier についてはこちらをご覧下さい。

[ 投稿者:Cookie at 09:06 | ソフトウェア | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月27日
Hyper Estraier FreeBSD 4.11へインストール完了
FreeBSD 6.2-RELEASE-p3への導入でトラぶっていたHyper Estraierですが、試しに「FreeBSD 4.11」で無事インストールできました。

■環境
FreeBSD 4.11-RELEASE-p26
(cvsupにてアップデート済み)
hyperestraier-1.4.10
qdbm-1.8.75
libiconv-1.9.2_1

■設定した箇所(portsからの導入)

Options for qdbm 1.8.75
[X] PTHREAD Enable pthread support
[X] DEBUG Enable debug

/usr/ports/textproc/hyperestraier/Makefile
zlibがデフォルトで無効になっていたので
=============================================================
#CONFIGURE_ARGS= --enable-bzip2 --disable-zlib
CONFIGURE_ARGS= --enable-bzip2
=============================================================

■インストール後の動作確認

デフォルトのWEBクローラーを起動。

ところどころで「estwaver in free(): warning: chunk is already free」の警告が表示されるが、最後までクロール完了!

-snip-
2007-03-26T17:04:48Z INFO [11454]: ignored: 404: http://meganesia.int.gu.edu.au/~pbecker/xweb/sourcedoc/
2007-03-26T17:04:49Z INFO [11462]: ignored: 200: http://store1.yimg.com/I/paulgraham_1939_14774
estwaver in free(): warning: chunk is already free
estwaver in free(): warning: chunk is already free
estwaver in free(): warning: chunk is already free
estwaver in free(): warning: chunk is already free
estwaver in free(): warning: chunk is already free
estwaver in free(): warning: chunk is already free
2007-03-26T17:04:49Z INFO [11468]: ignored: -1: http://www-texdev.mpce.mq.edu.au/l2h/docs/manual/
2007-03-26T17:04:49Z INFO status: dnum=8500, wnum=0, size=38418166, queue=57781
2007-03-26T17:04:50Z INFO [11474]: fetching: 4: http://re2c.org/
2007-03-26T17:04:50Z INFO [11475]: fetching: 9: http://sbcl.sourceforge.net/
2007-03-26T17:04:50Z INFO [11476]: fetching: 11: http://www.maths.usyd.edu.au/
2007-03-26T17:04:50Z INFO [11477]: fetching: 11: http://www.nyo.org.au/
2007-03-26T17:04:50Z INFO [11478]: fetching: 11: http://www.maths.mq.edu.au/~wchen/lily.html
-snip-

2007-03-26T17:10:52Z INFO DB-EVENT: flushing auxiliary keywords: name=casket/_index dnum=10141 wnum=415127 fsiz=81857965 crnum=26983 csiz=3310098 dknum=0
2007-03-26T17:10:53Z INFO DB-EVENT: flushing auxiliary keywords: name=casket/_index dnum=10141 wnum=415127 fsiz=82539541 crnum=16983 csiz=2113808 dknum=0
2007-03-26T17:10:55Z INFO DB-EVENT: flushing auxiliary keywords: name=casket/_index dnum=10141 wnum=415127 fsiz=83191598 crnum=6983 csiz=993726 dknum=0
2007-03-26T17:10:56Z INFO DB-EVENT: closing: name=casket/_index dnum=10141 wnum=415127 fsiz=83880166 crnum=0 csiz=0 dknum=0
2007-03-26T17:11:00Z INFO finished successfully

FreeBSD 6.2トラブル時のとの相違点は後程時間が取れたら調べてみます。
とりあえず今回の環境で、色々とインデックスを作ってみます♪


[ 投稿者:Cookie at 13:45 | 備忘録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月25日
Hyper Estraier トラブルの備忘録
全文検索システム Hyper Estraier を、FreeBSD-6.2の環境でテストした際のトラブル記録です。(継続テスト中 << ただしのんびりと)

■環境
FreeBSD 6.2-RELEASE-p3
(cvsupにてアップデート済み)
portsから導入
 hyperestraier-1.4.10
 qdbm-1.8.75
 libiconv-1.9.2_2

■トラブル状況
★デフォルトの「casket/_conf」をそのまま使用してテスト

# /usr/local/bin/estwaver crawl casket
として、Webクローラを起動すると下記エラーが発生。

estwaver in free(): error: chunk is already free
Fatal error 'Recurse on a private mutex.' at line 986 in
file /usr/src/lib/libpthread/thread/thr_mutex.c (errno = 3)

★自分の管理するサイトに対して実行すると成功 (エラー無し)
ドキュメントルート以下にリンクページが75ページ有り、HTMLファイルはフラットに配置。

「free(): error: chunk is already free」をググって見ると、過去にはzlibで「二重 free 問題 FreeBSD-SA-02:18 (2002-03-18)」とかが有ったようですが,今回の原因は今のところ分かりません。

取り合えずcoreファイルをgdbで見た結果は以下の通り。

# gdb estwaver ./estwaver.core
GNU gdb 6.1.1 [FreeBSD]
Copyright 2004 Free Software Foundation, Inc.
GDB is free software, covered by the GNU General Public License, and you are
welcome to change it and/or distribute copies of it under certain conditions.
Type "show copying" to see the conditions.
There is absolutely no warranty for GDB. Type "show warranty" for details.
This GDB was configured as "i386-marcel-freebsd"...(no debugging symbols
found)...
Core was generated by `estwaver'.
Program terminated with signal 11, Segmentation fault.
Reading symbols from /usr/local/lib/libestraier.so.8...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/local/lib/libestraier.so.8
Reading symbols from /usr/local/lib/libmecab.so.1...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/local/lib/libmecab.so.1
Reading symbols from /usr/lib/libstdc++.so.5...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/lib/libstdc++.so.5
Reading symbols from /lib/libpthread.so.2...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /lib/libpthread.so.2
Reading symbols from /usr/local/lib/libqdbm.so.14...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/local/lib/libqdbm.so.14
Reading symbols from /usr/local/lib/liblzo2.so.2...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/local/lib/liblzo2.so.2
Reading symbols from /usr/local/lib/libiconv.so.3...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /usr/local/lib/libiconv.so.3
Reading symbols from /lib/libm.so.4...(no debugging symbols found)...done.
Loaded symbols for /lib/libm.so.4
Reading symbols from /lib/libc.so.6...(no debugging symbols found)...done.
Loaded symbols for /lib/libc.so.6
Reading symbols from /lib/libz.so.3...(no debugging symbols found)...done.
Loaded symbols for /lib/libz.so.3
Reading symbols from /libexec/ld-elf.so.1...(no debugging symbols
found)...done.
Loaded symbols for /libexec/ld-elf.so.1
#0 0x282f7537 in pthread_testcancel () from /lib/libpthread.so.2
[New Thread 0x9655000 (sleeping)]
[New Thread 0x964ca00 (sleeping)]
[New Thread 0x964c200 (sleeping)]
[New Thread 0x9641a00 (sleeping)]
[New Thread 0x963ce00 (sleeping)]
[New Thread 0x9634800 (sleeping)]
[New Thread 0x9634000 (sleeping)]
[New Thread 0x962ac00 (sleeping)]
[New Thread 0x962a000 (sleeping)]
[New Thread 0x95b6400 (sleeping)]
[New Thread 0x9616800 (sleeping)]
[New Thread 0x960a000 (sleeping)]
[New Thread 0x9600800 (sleeping)]
[New Thread 0x95f6000 (sleeping)]
[New Thread 0x95ecc00 (sleeping)]
[New Thread 0x95ec800 (sleeping)]
[New Thread 0x95ec400 (sleeping)]
[New Thread 0x95ec000 (sleeping)]
[New Thread 0x95e2c00 (sleeping)]
[New Thread 0x95e2800 (sleeping)]
[New Thread 0x95e2400 (sleeping)]
[New Thread 0x95e2000 (sleeping)]
[New Thread 0x95d8c00 (sleeping)]
[New Thread 0x95d8800 (sleeping)]
[New Thread 0x95d8400 (sleeping)]
[New Thread 0x95d8000 (sleeping)]
[New Thread 0x95d1c00 (sleeping)]
[New Thread 0x95d1800 (sleeping)]
[New Thread 0x95d1000 (sleeping)]
[New Thread 0x95c8c00 (sleeping)]
[New Thread 0x95c8800 (sleeping)]
[New Thread 0x95c8200 (sleeping)]
[New Thread 0x95bee00 (sleeping)]
[New Thread 0x95bea00 (sleeping)]
[New Thread 0x95be400 (sleeping)]
[New Thread 0x95be000 (sleeping)]
[New Thread 0x938a600 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8600 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8200 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4c00 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4800 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4600 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4200 (sleeping)]
[New Thread 0x928ca00 (sleeping)]
[New Thread 0x928c800 (sleeping)]
[New Thread 0x928c600 (sleeping)]
[New Thread 0x9282c00 (sleeping)]
[New Thread 0x9282a00 (sleeping)]
[New Thread 0x9282600 (sleeping)]
[New Thread 0x9282200 (sleeping)]
[New Thread 0x9282000 (sleeping)]
[New Thread 0x924d400 (sleeping)]
[New Thread 0x924d200 (sleeping)]
[New Thread 0x924d000 (runnable)]
[New Thread 0x91e7e00 (sleeping)]
[New Thread 0x91e7c00 (runnable)]
[New Thread 0x91e7a00 (runnable)]
[New Thread 0x9248a00 (runnable)]
[New Thread 0x93bda00 (sleeping)]
[New Thread 0x93bd800 (sleeping)]
[New Thread 0x93bd600 (sleeping)]
[New Thread 0x93bd400 (sleeping)]
[New Thread 0x93bd000 (sleeping)]
[New Thread 0x93ace00 (runnable)]
[New Thread 0x93aca00 (sleeping)]
[New Thread 0x93ac600 (sleeping)]
[New Thread 0x93ac200 (sleeping)]
[New Thread 0x93ac000 (sleeping)]
[New Thread 0x939bc00 (sleeping)]
[New Thread 0x939ba00 (sleeping)]
[New Thread 0x939b800 (sleeping)]
[New Thread 0x939b600 (sleeping)]
[New Thread 0x939b000 (sleeping)]
[New Thread 0x938a200 (sleeping)]
[New Thread 0x9379e00 (sleeping)]
[New Thread 0x9379200 (sleeping)]
[New Thread 0x9379000 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8e00 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8c00 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8a00 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8800 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8400 (sleeping)]
[New Thread 0x92c8000 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4e00 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4a00 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4400 (sleeping)]
[New Thread 0x92b4000 (sleeping)]
[New Thread 0x9297e00 (sleeping)]
[New Thread 0x9297c00 (sleeping)]
[New Thread 0x9297a00 (sleeping)]
[New Thread 0x9297800 (sleeping)]
[New Thread 0x9297600 (sleeping)]
[New Thread 0x9297400 (sleeping)]
[New Thread 0x9297200 (sleeping)]
[New Thread 0x928ee00 (sleeping)]
[New Thread 0x928ec00 (sleeping)]
[New Thread 0x928ea00 (sleeping)]
[New Thread 0x928e800 (sleeping)]
[New Thread 0x928e600 (sleeping)]
[New Thread 0x928e000 (sleeping)]
[New Thread 0x928cc00 (sleeping)]
[New Thread 0x928c000 (sleeping)]
[New Thread 0x9284e00 (sleeping)]
[New Thread 0x9284c00 (sleeping)]
[New Thread 0x9284a00 (sleeping)]
[New Thread 0x9284800 (sleeping)]
[New Thread 0x9284000 (sleeping)]
[New Thread 0x9282e00 (sleeping)]
[New Thread 0x9282800 (sleeping)]
[New Thread 0x9272a00 (sleeping)]
[New Thread 0x9272800 (sleeping)]
[New Thread 0x9272600 (sleeping)]
[New Thread 0x91d1e00 (sleeping)]
[New Thread 0x9272200 (sleeping)]
[New Thread 0x9272000 (sleeping)]
[New Thread 0x924dc00 (sleeping)]
[New Thread 0x924d600 (sleeping)]
[New Thread 0x91e7000 (sleeping)]
[New Thread 0x9248000 (runnable)]
[New Thread 0x91d1c00 (sleeping)]
[New Thread 0x91d1a00 (sleeping)]
[New Thread 0x8063400 (sleeping)]
[New Thread 0x91d1800 (sleeping)]
[New Thread 0x91d9600 (sleeping)]
[New Thread 0x91d9400 (sleeping)]
[New Thread 0x91d9200 (sleeping)]
[New Thread 0x91b5e00 (sleeping)]
[New Thread 0x91cb200 (LWP 100062)]
[New Thread 0x8063000 (sleeping)]
[New LWP 100116]
(gdb) bt
#0 0x282f7537 in pthread_testcancel () from /lib/libpthread.so.2
#1 0x282efec8 in pthread_mutexattr_init () from /lib/libpthread.so.2
#2 0x28089450 in ?? ()
(gdb)



[ 投稿者:Cookie at 07:37 | 備忘録 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月22日
WindowsメールでのSMTP認証 解決です
先のエントリーで書いた「Windows Vistaの「Windowsメール」でSMTP認証できない」トラブルですが、メールサーバ側のSASL2ライブラリから「NTLM」関連を外したらすんなり解決しました。

WindowsXP以前のPCでも時おりWindowsのログオンダイアログが表示されていたのは、SMTP認証で「NTLM」が有効になっていたせいだと思われます。

Windows Vista [Home Basic]のテスト環境でも、レジストリ値をデフォルトに戻して、送信できる事を確認しました。

でも送信時の認証方式は「sasl_method=LOGIN」です....
せめてVistaの標準メールソフトなんだから、世の中のメーラー(フリーソフトでも)がサポートしているMD5とかに対応して欲しいものです。 (MSにとっては自分たちが標準だから....)

LOGIN - 暗号化されていない平文パスワード
「SASL 認証プロトコル」についてはこちら

運用中のサーバでは、/usr/local/lib/sasl2 から、関連する
libntlm.a libntlm.la libntlm.so libntlm.so.2 をdisable/ に移動して動作確認OKです。

250-AUTH LOGIN PLAIN GSSAPI DIGEST-MD5 CRAM-MD5
250-AUTH=LOGIN PLAIN GSSAPI DIGEST-MD5 CRAM-MD5

ちなみに、portsからのsasl2インストール時には、
# make -DWITHOUT_NTLM install
としておけば「NTLM」は入らないようです。
[ 投稿者:Cookie at 13:07 | サーバ設定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

Windows Vistaの「Windowsメール」でSMTP認証できない
Windows Vistaのメール環境を検証中に厄介な問題に遭遇。

何とVista付属の「Windowsメール」でSMTP認証(port 587)できない!

素のままのVista付属の「Windowsメール」から当社のport587+SMTP認証対応SMTPサーバにメールを送信すると、送信時に「ユーザー名」「パスワード」「ドメイン」を尋ねるダイアログ(★1)が表示されます。

これは、以前から時々経験していましたが、表示されるPCとされないPCがあり、表示される条件が特定できていませんでした。(今回のトラブルでなんとなく原因が特定できそうです)

ひとまずSMTP認証用のユーザー名とパスワード、メールアドレスのドメイン名を入力しますが、エラーとなり何度か再入力を求められ、2〜3回繰り返すと入力ダイアログは表示されなくなります。

そして、しばらくしてからメール送信のエラーが表示されます。

このときの送信メールサーバ(SMTP)側のログには、
warning: SASL authentication failure: client didn't issue valid NTLM response
と記録されており、認証に使用しているSASL2でNTLMの応答を待っていても上手く処理できない様子。

実はunix系OS上で稼動する、Windows互換ファイルサーバ「samba」でも、Windows Vistaからログインできないという不具合が多数報告されており、もしやと思い今回も同様の対処方法で検証。

■手順

 1. <スタート>メニュー→クイック検索に「regedit」と入力して「Enter]キーを押す。
 2. レジストリエディタが起動したら、
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsaまでキーをたどって開く。
 3. DWORD値「LmCompatibilityLevel」をダブルクリックで開く。
 4. データ値を「3」から「0」に書き換えて、<OK>ボタンをクリック。
 5. レジストリエディタを終了し、Windows Vistaを再起動する。


■検証結果
この方法で「Windowsメール」からもSMTP認証で問題なく送信できる事を確認しました。

この方法による変更の背景としては、sambaファイルサーバへのアクセス不具合の対策として下記URLにて解説されております。
http://journal.mycom.co.jp/column/winvista/009/



Vistaの「Business」エディション以上であれば、「ローカルセキュリティポリシーマネージャ」で、同様の設定が可能なようですが、手元の検証用環境が、「Home Basic」なので....
Vistaからsambaへの接続が出来ない場合の対処法

状況としては、Microsoft社がWindows Vistaからデフォルトにした認証方式「NTLMv2」にメール送信サーバ側の認証ライブラリ(SASL2)が対応していない為の現象の様です。

現在、同様のトラブルの回避策を調査中ですが、まだ確認は取れていません。

尚、今回の場合送信時の「ログオンダイアログ(★1)」を「キャンセル」すると、とりあえず送信する事は可能です。

その際、送信サーバー側の認証は、
sasl_method=LOGIN
として処理されています。

その他、このレジストリ変更を行わなくても、フリーウェア、シェアウェアのメールソフト(Microsoft製以外と言ったほうが良いかも?)であれば問題なく「SMTP認証」で送信出来ます。

◎印はSMTP認証(port587)確認済み
Thunderbird
Becky!
EdMax
AL-Mail

※AL-Mailはインストールプログラム実行後、ファイルを自己解凍しているメッセージまで表示された後、次の画面が表示されずインストールできませんでした。


※ただし同様の具体的なトラブル報告例が他に見受けられないため、当社システムに限定した相性問題の可能性もあります。

■運用中のSMTP認証サーバ

OS : FreeBSD 6.*-RELEASE
▼portsより導入
 MTA : postfix-2.2.7
 認証ライブラリ : cyrus-sasl-2.1.21

メール送信時の対応認証方式

250-AUTH NTLM LOGIN PLAIN GSSAPI DIGEST-MD5 CRAM-MD5
250-AUTH=NTLM LOGIN PLAIN GSSAPI DIGEST-MD5 CRAM-MD5

==== 補足 ====
もしかして、認証方式に「NTLM」を含めなければ最初から「sasl_method=LOGIN」でいけるのでは? という事で検証用環境を用意してテストしてみます。

【出来ました】

[ 投稿者:Cookie at 08:32 | サーバ設定 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月20日
「ケンショウダイスキ」へおとり登録の結果
先のエントリーにあった「ケンショウダイスキ」におとりのメールアドレスで登録してみました。

新規登録画面では、
仮登録を受け付けました。
ご指定になったメールアドレス宛に登録用パスワードを送信しました。メールに書かれているパスワードを下記のフォームに入力・送信し,登録を完了してください。

と表示されていましたが、おとり用のメールアドレスが「taRgrey」を設定したメールサーバ経由の配送の為、まんまとSPAM扱いになってました。(昨日の話)

本日ふと気が付くと、再送されていたらしく、
---------------------------------------------
Received: (qmail 8957 invoked from network);
19 Mar 2007 14:25:20 +0900
Received: from unknown (HELO shinjuku.idata.co.jp) (211.12.73.28)
by krp-k2-50.idata.co.jp
with SMTP;
19 Mar 2007 14:25:20 +0900
Received: (qmail 71306 invoked from network);
19 Mar 2007 14:25:20 +0900
Received: from unknown (211.12.73.17)
by krp-k2-28.idata.co.jp
with QMQP;
19 Mar 2007 14:25:20 +0900
Date: 19 Mar 2007 14:25:20 +0900
Message-ID: <20070319052520.42664.qmail@shinjuku2.idata.co.jp>
To: honeypot@po2.asama.ne.jp
Subject: 【重要】エントリー完了
From: ダイスキ
---------------------------------------------
こんな感じで届いていました。

でも、ウェブの画面上では「仮登録」だったはずで、「メールに書かれているパスワードを下記のフォームに入力・送信し,登録を完了してください。」という手続きは全く行っていないのに「【重要】エントリー完了」ですか....

さらに早速おとりアドレス宛に「ダイスキ」からのメールが届き始めています。
---------------------------------------------
Received: (qmail 16487 invoked from network);
20 Mar 2007 05:59:33 +0900
Received: from unknown (HELO shinjuku.idata.co.jp) (211.12.73.28)
by krp-k2-50.idata.co.jp
with SMTP;
20 Mar 2007 05:59:33 +0900
Received: (qmail 96208 invoked from network);
20 Mar 2007 05:59:33 +0900
Received: from unknown (211.12.73.17)
by krp-k2-28.idata.co.jp
with QMQP;
20 Mar 2007 05:59:33 +0900
Date: 20 Mar 2007 05:59:34 +0900
Message-ID: <20070319205934.72444.qmail@shinjuku2.idata.co.jp>
To: honeypot@po2.asama.ne.jp
Subject: ★初めまして(#^.^#)★
From: ダイスキ

◆安心便利☆彡本日後払いがオススメ☆彡
゜・*¨゜゜・*:..。o
写真あり
マチコ先生様より
*:..。o*゜¨゜゜・*o
『実は今、小学校の先生をしてるんだけどたまには先生の肩書きを捨てて生徒や保護者の方々を気にしない一人の…』のメッセージが届きました。
〜以下省略〜
---------------------------------------------

加入手続きを踏んでいる様に見せかけていますが、デタラメですね!!

という事で「love@1590.ag」はスパムポイントに高得点を進呈いたします。


改めて「taRgrey」サーバのログを確認すると、こんな感じで1分おきに再送をかけていたようです。
うーん、それほどまでにこのメールを送り付けたいのか.....

「taRgrey」サーバでブラックリストに載せてしまおうか....


Mar 19 14:25:19 XXXXX postfix/smtpd[53236]: NOQUEUE: warn: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: ; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:25:59 XXXXX postfix/smtpd[53236]: NOQUEUE: sleep: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: lost connection after 40 sec; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:26:59 XXXXX postfix/smtpd[53208]: NOQUEUE: warn: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: ; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:26:59 XXXXX postfix/smtpd[53208]: NOQUEUE: reject: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: 450 4.7.1 : Recipient address rejected: Greylisted, see http://isg.ee.ethz.ch/tools/postgrey/help/xxxxxxx.xx.xx.html; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:27:59 XXXXX postfix/smtpd[53259]: NOQUEUE: warn: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: ; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:27:59 XXXXX postfix/smtpd[53259]: NOQUEUE: reject: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: 450 4.7.1 : Recipient address rejected: Greylisted, see http://isg.ee.ethz.ch/tools/postgrey/help/xxxxxxx.xx.xx.html; from= to= proto=SMTP helo=
Mar 19 14:29:00 XXXXX postfix/smtpd[53259]: NOQUEUE: warn: RCPT from krp-k2-60.idata.co.jp[211.12.73.60]: ; from= to= proto=SMTP helo=

〜この後1時間ほどこのログが続く〜

[ 投稿者:Cookie at 18:01 | SPAM対策 | コメント(3) | トラックバック(0) ]

2007年03月16日
From: ダイスキ <love@1590.ag> なSPAM
「ダイスキ 」からの迷惑メールがたくさん届くとのご相談がありましたので調べてみました。

▼メールの件名(抜粋)
もしかして顔が嫌いなの〜?(´Д`。)
偏見なんて捨てちゃおうよっ☆☆
大学の友達は結構色々経験してるんです。
あまり女を待たせるもんじゃ無いわよ?
初めましてミクって言います。最近彼氏と別れて
早期にお会い出来るかしら?
初めましてだね(*^o^*)気軽に会ったり
8x ----------- snip -------------x8
...ここには書けない件名も多数
8x ----------- snip -------------x8


このメールアドレスでググってこちらのサイトを見つけました。
お得サイト 勝手にTOP20ブログ

どうやら「ケンショウダイスキ(懸賞ダイスキ)」とかに登録すると登録されて送られてくるらしい。

懸賞応募の際に「承諾」している事になっている可能性も有りますが、届くメールを見る限り送信者情報も無く、解除の方法も示されない典型的な迷惑メール。

送信元のサーバは、
-------------------------------------
Received: from unknown (211.12.73.16)
by krp-k2-28.idata.co.jp
-------------------------------------
こんな感じ。

ちなみに送信元IPアドレスの所有者「アイデータ株式会社」からは、こんなリリースが出されている。
弊社ドメインを詐称するメールについて

う〜ん...
お宅のドメイン詐称の問題よりも、お宅で運用しているサーバから迷惑メールが届いているのですが...

ちなみに先ほどの「お得サイト 勝手にTOP20ブログ」の「注意サイト情報」は、なかなか参考になります。

懸賞応募にはくれぐれもご用心を!!

## 補足 ##

ケンショウダイスキの利用規約にはこの様に書かれています。
利己的な目的のために提携プランを設定しておきながら、提携先から送信されたメールには一切責任を負わないって...
第13条(提携プラン)
1.甲は新規会員獲得の目的で、別のサイトと提携プランを締結することができます。
2.甲から提携プランを結んだサイトに入会されたメンバーには甲と、提携サイトの双方から電子メールによる情報提供がなされ、当該会員はそれを受け取る事を承諾するものとします。
3.甲は、提携サイトから配信されたメールに関しては一切の責任を負わないものとします。


提携サイトって言ったってどちらも同じ運営者ですからね。
会社概要 [ケンショウダイスキ]

会社概要 [ダイスキ]


[ 投稿者:Cookie at 12:39 | SPAM対策 | コメント(1) | トラックバック(1) ]

2007年03月11日
VISTAのWindowsメール
週末、Windows Vista搭載PCを購入した方からセットアップと、旧PCからのデータ移行を依頼され、設定してきました。

既にVistaの初期セットアップは一回行ったことはあったのですが、今回データの移行ということで、メール環境を設定したところ、Vistaの特徴(仕様変更)を痛感しました。

■その1
「OutlookExpress」は「Windowsメール」に改名されました

■その2
「Windowsメール」は、送信時に「Unicodeで送信」「そのまま送信」を選ばせるダイアログが出る。

■その3
「そのまま送信」を選ぶと日本語が文字化け

※「Unicodeで送信」した場合、受信した側がunicodeに上手く対応できていないと、返信時に文字化けの可能性あり。

既にVistaでの文字コード問題は方々で話題になっておりましたが、実際に自分で設定してみた感想としては、「ふつうのPC初心者は文字コードって知らないだろ!!」です。

回避策としては、Windowsメールの「ツール」メニューから、「オプション」>「送信」>「エンコード設定」を選び「既定のエンコード:日本語(JIS)」を選択し、正常に表示されることを確認。

ついでに「メール送信の形式」は「テキスト形式」を選択。

Googleで「Vista Windowsメール unicode」とかで検索すると文字コード関連の話題がヒットしますね。

Windows Vistaの新文字セットが引き起こすトラブル
[ 投稿者:Cookie at 09:28 | ソフトウェア | コメント(0) | トラックバック(0) ]