掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2012年12月03日
データは完全に
最近パソコンを買い換えることになり、データを新しい環境に移し替えるまでは順調にいったのですが、前のパソコンのハードディスクの処分が一番困りました。ネットで調べてみると五寸釘のようなもので物理的に破壊するのが一番!!と書かれていましたが、やはり後始末とかめんどくさそうです…そこで今回はデータを消去して業者さんのほうで物理的に破壊してもらい、リサイクルしてもらいました。
企業向けの業務用?製品ではハードディスククラッシャーという強力な磁気でハードディスクを完全に読み込めなくする機械もあったのですが、さすがに手が出ませんでしたが個人情報を大量にとりあつかう企業は情報流出を避けるためこういう製品は便利だと思います。
他にもハードディスクの健康状態は問題なかったので中古で売ってお金にしてもよかったのですが、アマゾンでクレジットカードなどを使っていたので、さすがにそのあとのことが心配だったのであきらめました。
友人はふつうに中古に売っていたみたいですがやはり何かあると困りますからね。
ハードディスククラッシャーについてはこっちに詳しく書いてあるみたいです。
[ 投稿者:shiy04 at 18:23 | インターネット | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ハードディスクを捨てるときは
最近ではwindows8が発売され,家電量販店ではwindows8が搭載されているパソコンやタブレットPCが並んでいますね。私は8のユーザーインターフェースが自分には合わないのであと5年はwindows7でいるつもりですが、今回の8に失望したXPユーザーはあきらめて7に移行する人もいると思います。
やはりOSをあたらしくするなら,パソコンも新しくして軽快な動作でサクサク動くパソコンがいいですねよ。自作でくみ上げた人ならパーツを交換するだけでいいですが、ノートパソコンや既製品のデスクトップPCを使用している方はそうはいきませんよね。おそらく処分されるかセカンドマシンにすると思います。処分をする場合はデータを他のメディアに保存してから行いましょう。また、古いハードディスクのデータをあたらしいものに移行して古いハードディスクを処分するときは物理的に破壊されたほうが安心できると思います。しかしいろいろと後始末がめんどうと思われた方は安心して下さい。ソフ○ップで有料ですがハードディスクを破壊してリサイクルしてくれるサービスがあるのでそちらを利用して下さい。
企業の方は完全に消去をしてくれるハードディスククラッシャーという製品をつかって物理的に破壊するのが一番安全だと思います。ハードディスククラッシャーをつかえばデータを読み込めなくなるのですが、その後物理的に破壊すればなお安全に処分できます。
わたしもここ2年で自作パソコン一台とMacBookAirとノートパソコンを購入してまして、一度快適な環境になれると古い環境には戻りたくないですよね(笑)
ここでハードディスククラッシャーについて書いてありますよ
[ 投稿者:shiy04 at 18:23 | インターネット | コメント(0) | トラックバック(0) ]

パソコンを捨てるときは
最近長年つきあってきたXPさんが限界にきたみたいでiTunesを立ち上げるだけで数時間固まるようになってしまいました。結局メモリ増設などをしても動作が変わらないとパソコンに詳しい友人に言われたのでおとなしくwindows7にすることにしました。ここは持つべき物は友人ということでだいたい5万円くらいお金を渡したら友人がパーツを買ってきてパソコンを組み上げてくれました。実質私が手伝ったのはケース選びのときに好きなケース選んだのとネジをしめたくらいですかね(笑)OSのセットアップなどもしてくれたのでほんとうに感謝です。そしてXPさんのデータを外付けに移動してXPさんは家電量販店でリサイクルしてもらうことになりました。ハードディスクはきちんとフォーマットをしてから友人が穴をあけてくれてそのままリサイクルに出しました。データを消しただけでは復元される可能性があるそうです。ネットで調べてみると穴を空けなくても強力な磁力でハードディスクを完全に読み取り不可にするハードディスククラッシャーという商品がありました。企業さんはたくさんの個人情報を扱うのでハードディスクでもそれだけ気をつかいますよね。
友人の組んでくれたパソコンはいまでも順調に動作しており、OSの記録するものをSSDというのに変えただけでもその速度の変わりように驚きましたよ。
こちらに先ほど書いたハードディスククラッシャーについて載っていますのでご参考までにどうぞ
[ 投稿者:shiy04 at 18:23 | インターネット | コメント(0) | トラックバック(0) ]