掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2018年11月23日
腰痛を抱えながら手巻き寿司の用意の手伝いをする
最近腰痛に苦しめられています。



ある日寝て起きたら腰痛になっていて動くことがきつかったのですが、今はなんとか歩き回ることができており最低限の生活は営めております。




それで先日家族の誕生日があり、我が家は誕生日は決まって手巻き寿司なので私も手伝おうとキッチンに行ったのですが、よたよたと歩く私を家族は気遣って椅子に座っているようにと言いました。




私はその通りにしましたが、それだけだと悪いので座ったままできる手伝いはないかと言うと、シーチキンマヨネーズを作る仕事をくれます。




我が家のシーチキンマヨネーズはシーチキンとマヨネーズの他に玉ねぎのみじん切りを入れるもので、既に玉ねぎが入っていた器にシーチキンの缶を開けて器に入れマヨネーズと混ぜます。




我が家ではすっかりシーチキンやサバの水煮の空き缶は猫になめさせるという習慣がつき、猫たちが足元で見上げるので空き缶をあげると一心不乱にそれをペロペロとなめてきれいにします。




その缶を床に置く時腰を曲げたので痛くてしょうがありませんでした。




そしてマヨネーズを入れたら妹が冷蔵庫に戻してくれたのですが、それだけだとシーチキンマヨネーズの滑らかさが足りなかったのでまた出してもらうという二度手間をさせてしまい反省です。




それを終えたら次はスジコとナイフを渡されてトレーの上でナイフをギコギコとふるい切っていきます。




手がその油でべっとりとしたのですが、家族が流し台で作業していたし、腰が痛くて動きたくないので空くのを待ちました。





それらが済んだら楽しい食事の時間で、白ワインと手巻き寿司をたっぷり楽しみます。





珍しくイカの塩辛が置いてあり、妹が良いアクセントになると絶賛するので私も手巻き寿司に入れてみたらたしかにほどよい苦味と旨味で美味しかったです。
[ 投稿者:sinsyou at 22:17 | 日記 ]

2018年07月04日
箱根駅伝に魅了される
ここ最近はマラソンや駅伝などの長距離レースを、ネットやテレビで観ることにハマっています。



その中でも一番好きなのはお正月の風物詩、箱根駅伝です。箱根駅伝は東京大手町から箱根町芦ノ湖まで全10区間の往復を2日間に渡って行い、それぞれの大学の襷がリレーで繋がれます。




それまでも何回か箱根駅伝は観ていましたが、テレビをつけるとたまたまやっていて、そのまま何となく観ていたという感じだったので、しっかり観たのは2018年の第94回大会の復路が初めてということになります。




復路は6区・山下りからのスタートですが、そこで私は青山学院の小野田君の走りに魅了されてしまいました。30秒遅れの2番手でスタートしたものの、前を走る東洋大学の今西君を抜かし逆転で7区に襷を繋げました。実況を聞いていると小野田君は「山下りのスペシャリスト」と称されていました。




青山学院の優勝を見届けてからネットで過去の箱根駅伝の映像や舞台裏ドキュメントなどを見漁ると、そこには数々のドラマがありました。


「花の2区」という言葉は耳にしたことがありましたが、近年では5区の山登りで逆転劇が多いらしく、注目が集まる区間のようです。


その中でも「2代目・山の神」と呼ばれた柏原竜二選手の山登りの走りにも魅了されました。在籍していた4年間、全て区間賞で往路のゴールテープを切っています。



そして箱根駅伝をきっかけに、他の駅伝やマラソン大会も観るようになりました。



最近は男子マラソンで日本記録が更新されたり、2019年の第95回大会では箱根駅伝が歴代最高視聴率であったり、長距離界が盛り上がっているのを感じます。




第95回大会で、テレビの前で青学・小野田君の最後の山下りを見届けました。区間新記録が出た瞬間涙が出ました。これからもランナー達の走りに、勇気や元気を貰いたいなと思っています。
[ 投稿者:sinsyou at 22:11 | 日記 ]

2018年04月02日
オフのリラクゼーションは動物系カフェでのひととき
日々忙しなく暮らしていると、たまに訪れるオフのリラクゼーションが大変有難く感じるもの。




女性ならそれがエステやショッピング、グルメであったりする訳ですが、私の場合は少々変わっているかも知れません。



というのも、休日が訪れる度にお気に入りのデジカメを抱え、近郊にある動物系のカフェに出掛け写真撮影を楽しみつつ過ごしているからです。



動物と過ごせるカフェとしては猫カフェが最も有名ですが、現在はフクロウやミミズクをメインとした鳥類系カフェやイグアナを始めとした爬虫類系カ

フェを始め、ジャンルも多彩となり飽きずに過ごせます。




かつては猫メインだった私も今ではすっかりフクロウやイグアナの魅力にとりつかれ、各々月1のペースで通っている程です。




彼等の魅力は意外人懐っこい性格に加え、フォトジェニックな写真がたくさん撮影出来る事。性格自体デリケートですから店内でのフラッシュ撮影は禁止ですが、その分撮影技術を高めるには大変好都合。今ではフラッシュ無しでも満足ゆく写真が撮れるミラーレス一眼を買い込み、彼等を愛でる以外に写真撮影も存分に楽しんでいます。



ドリンク代も併せれば、一般のカフェと比べ決して安い料金ではありませんが、自宅では到底飼う事の出来ない珍しい動物と共に過ごせ、充実感一杯。この素晴らしさを周囲にも理解して貰いたく、手っ取り早く身近にいる友人に対し必死になって説いているのですが、動物嫌いの友人は理解してくれず少々残念です。




ですが逆に言えば、周囲が理解してくれないからこそ、たった独り周囲を気兼ねする事無く伸び伸びと楽しめるという事。




最近は不景気もあって撤退を止むなくされるカフェも増えていると聞き、先行きは不安ですが、少しでも長くこの楽しみを続けたいものです。

[ 投稿者:sinsyou at 22:08 | 日記 ]

2018年02月16日
この冬初めてのゲレンデデビュー
今日は職場の仲の良い同期の5人でスノボに行ってきました。



私は、九州の出身でスキーやスノボなど経験がなく、修学旅行でも北海道には行っていないので、今回初めてのスノーアクティビティだったので、若干の不安はありましたが、一緒に行く子たちが教えてくれるという事で参加する事にしたんです。




当日は、車の運転が出来る子に運転をお願いして向かったのは軽井沢にあるスキー場です。





行く途中の高速道路の中では、今までの恋愛話で盛り上がったり、サービスエリアではご当地のソフトクリームを食べたり、楽しみながらいく事が出来ました。



軽井沢も初めてだったのですが、有名なアウトレットがあったりするみたいなので、また次回泊りがけで行って、帰りにアウトレットに寄ろうかなんて話もでたりして、あっという間に軽井沢のスキー場に到着しました。




スノボとスーツなどはレンタルして、早速スタートです。




私の他にもう一人初心者が居たので、残りの2人は先にスノボですべりに行き、もう1人が私たちのスノボの仕方をレクチャーしてくれました。





始めに、転び方を教えてもらったのですが、なかなか上手に倒れる事が出来なかったり、体重のかけ方がうまくなくて、運動神経がないってこういう事なんだなとへこみぎみでしたが、



先生役の子が、「みんなそんなにはじめから上手なわけじゃないし、出来てる方だよ」と言ってくれ、その子は保育士の資格を持っているから、褒め上手だし、乗せ上手なので、私もその気になって、練習して数時間後には軽く滑る事ができるまでになっていました。




お昼ご飯を食べたら、みんなでリフトに乗って頂上から滑ってみる事にしました。




沢山ころんだけど、ゆっくりでいいよと言うみんなの声で、ゆっくりながらもふもとまで無事に滑りきる事ができて達成感でいっぱいでした。




帰りは、すぐ近くにある温泉施設が割引になるという事で、温泉に入って帰路につきましたが、




今まで見られなかった同期の優しい姿だったり、何より楽しくて、本当に色々な事に恵まれた休日でした。



次回も楽しみです。
[ 投稿者:sinsyou at 20:07 | 日記 ]

2017年12月27日
朝食をしっかり食べる習慣を身に着けています
独身一人暮らしの私は、好きなものを買ってきて食べることができるのですが、それゆえに偏った食事になりやすいのも確かです。



とはいえどうしても夕方は仕事で疲れているので、簡単に済ませてしまうのですが、朝食に関しては、しっかり食べて行こうという気持ちがあります。



朝しっかり食べると気合が入るし、力が沸いてくるような気持ちになります。



そして朝たくさん食べる分には、それほど太ることがないだろうという考えもあります。



その点でいつも冷蔵庫に確保しておきたいと思っているのが、納豆です。納豆ご飯をいつも食べるようにして、パワーを得たいのです。



もちろん味噌汁も作るのですが、ジャガイモとか人参など、野菜をたくさん入れてバランスを取るようにし、まとめて鍋で作って、それを少しずつ食べるようにしています。




そして目玉焼きはいつも作るようにして、これでかなりの満足度があります。




朝から和食ですが、ご飯とみそ汁という定番のメニューが私には合っていると感じていますし、なによりもお腹が満たされることで安心できます。



そして食後にはバナナを必ず食べるようにし、これでエネルギーを得ています。



その他にお菓子とかをちょっとつまんだりして、毎朝のラッシュアワーはかなり過酷で体力を消耗するし、朝に雨が降っていたりすると最悪です。



でもしっかりお腹を満たしていると、そうしたものにめげずに頑張れる感じがしてきます。朝食をしっかり取ることはこれからも続けていきたいですし、素敵な彼が現れるまでは、とりあえず頑張らねばという思いです。



この朝しっかり食べる習慣とちょっとでも疎かにすると、イライラしやすくなったり、お腹が満たされていないせいか、風邪もひきやすいように思うので、注意したいと思っています。朝寝坊は最悪です。


[ 投稿者:sinsyou at 22:04 | 日記 ]

2017年08月21日
シャワーの後で自宅でネットしています


続きを読む ...
 
[ 投稿者:sinsyou at 22:02 | 日記 ]

2017年06月02日
進化したカラオケの採点
私が大好きなカラオケの歌のうまさを採点する「精密採点DX」が、「精密採点DX-G」に進化しました。


進化した肝心の性能はどうなっているのか、お話しします。



進化前の「精密採点DX」の歌唱画面は、音程バーしか表示されていませんでした。 



しかし、進化した「精密採点DX-G」は、音程バーのほか、何回こぶしをきかせたか、ビブラートをかけたかがわかるようになりました。



さらに、本来の音程から、低い音程に向かって滑らかにずり下げる“フォール”も何回出したかわかるようになりました。




ビブラートなどの技術を中心に練習している方には、嬉しい機能です。




また、音程を外したとき、進化前の「精密採点DX」は、音程バーがグレーで表示されていました。




しかし、進化した「精密採点DX-G」は、外した音程が見やすいように赤に変わり、音程を中心に練習している方には、嬉しい進化です。





このように、音程やこぶし、ビブラートなどの練習がしやすくなると、歌唱力の向上も期待できるでしょう。



進化した「精密採点DX-G」に、音程とビブラート、および抑揚のボーナス点がつく新機能が追加されました。




「歌唱力が高いほど、ボーナス点がつく」と思いがちですが、どのくらいのボーナス点がつくかはバラつきがあり、95点の人のボーナス点が0.8ということもよくあります。




そのため、あまりボーナス点を期待せず、「たくさんついたらラッキー」くらいに思ったほうがよいかもしれません。



採点結果画面が進化した「精密採点DX-G」は、どの部分にどのくらいの抑揚がつけられたのかグラフで表示されるようになりました。



どのくらいの抑揚がつけられたのかグラフだけではわかり難い方には、点数でも表示されるため、参考になるでしょう。 





また、ビブラートの回数は歌唱画面でも確認できますが、歌うことに集中し、気にしていられない方のために、採点結果でもビブラートの回数がわかるようになりました。



進化した「精密採点DX-G」は、歌唱力を向上させたい方だけではなく、点数を上げたい方にもわかりやすい機能が増えました。




 まだ、設置されていないカラオケ店が多いかもしれませんが、もし設置されていたら、ぜひ挑戦してみましょう。

[ 投稿者:sinsyou at 21:59 | 日記 ]

2017年03月02日
仕事でミスをしたけど何とか乗り切った
私は、都内に勤めるOLなのですが、実家からの通勤距離が片道1時間半もかかるので出勤は基本的に苦痛です。



特に、家から駅までが凄い坂道なので本当に疲れます。会社に着いた時には、もう疲れ果てているという状況になっています。



そんな私も勤続5年を超えたのでそろそろ部署の中では、中堅どころになってきました。




毎日の事務作業を黙々とこなすだけの仕事なので普段は、ミスもしないのですが、最近ちょっとプライベートでバタバタしていた事もあり集中力に掛けたのか大きなミスをしてしまいました。




仕事的に、ミスが発覚するのは当日というよりも数日後なのですが、ミスが発覚してしまった日は、自分では分かりますが、周りに分かるのは、翌日以降というややこしいことになっていてその日に報告して怒られればそれで終わるのですが、上司がその日不在だったりすると翌朝出社した時に謝りに行くという流れになっています。




これが、思っている以上に気が重く特に今の上司は、本当にかなり厳しい口調で怒ってくるタイプでさらには、気分屋なので機嫌のいいタイミングを見計らって報告しに行かないといけないのがまたストレスです。




最近私は、ミスをした時に上司に叱られるのが最小限で済む方法を編み出しました。



それは、上司の機嫌を見計らう事も大切ですが、今の上司は、頼られるのが大好きだという事が分かったのでミスを報告するというよりは、上司に助けを求めるという形で報告する仕方に変更してみました。



今までは、すみませんでした。という感じで話しかけていたのが、最近では、○○課長!大変な事が起きてしまいました!私ではどうしようもないのでどうか助けて頂きたいのですが!!




みたいに大げさな感じで振って相手にどんな大変なミスが起きたのかと思わせておいて、実際そこまでの大したミスじゃないという事と、自分が頼られているという事で怒られることなく終わることが増えたのです。




我ながら長いOL生活を平和に送るために編み出した技ですが、かなり大成功だったので会社に行くストレスがかなり軽減されました。
[ 投稿者:sinsyou at 20:54 | 日記 ]