掲示板お問い合わせランダムジャンプ



この広告は30日以上更新がないブログに表示されております。 新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

2008年01月14日
ヨン様直筆手紙の価値は250万ウォン
20080113114726-2

「ヨン様直筆手紙の価値は250万ウォン」

ペ・ヨンジュンヨン様直筆手紙鑑定経済ビタミン
韓流ブームのトップスター、ペ・ヨンジュンが新人時代に書いた手紙の価値が250万ウォン(約30万円)のぼる、という鑑定結果が出された。
これは、ペ・ヨンジュンが94年に公営放送・KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルのドラマ『愛の挨拶』に出演した当時、ファンレターへの返事として書いたもので、専門家の鑑定により「250万ウォン」の価値が認められた。
14日に放送される同チャンネルの番組『経済ビタミン』で、この直筆手紙などが公開される。
制作サイドは「ヨン様新人時代の直筆手紙には希少性があり、ペ・ヨンジュンの書体であることも確認されたことから少なくとも250万ウォンと策定されたが、最近ペ・ヨンジュンの写真1枚が3000万ウォンで取引された日本だとそれより高くなるだろう」と語った。

20080113131807-2
[ 投稿者:burandojp at 18:49 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月07日
ヨン様ケータイ上半期に登場 SBモバイルが販売
yonsama

ヨン様ケータイ上半期に登場 SBモバイルが販売

人気俳優ペ・ヨンジュンの名がついた携帯電話が日本で発売される。所属事務所が7日に明らかにしたところによると、日本の<ソフトバンクモバイル>がペ・ヨンジュンのコンテンツを利用した<BYJフォン(仮称)>を製造し、上半期中に販売する。ペ・ヨンジュンの写真、デザイン、音声、動画などのコンテンツを内蔵しており、ユーザーが自由にコンテンツ内容や端末機外部をカスタマイズできる。事業は<ソフトバンクモバイル>のほか、ペ・ヨンジュンが筆頭株主の<キーイースト>、<インタラクティブメディアミックス>が共同で進める。


今年最も期待されるネズミ年の芸能人は“ヨン様”

トップスターペ・ヨンジュンが「今年最も活動が期待されるネズミ年の芸能人」に選ばれた。
ポータル<DCインサイド(www.dcinside.com)>が昨年12月27日から3日まで、ネットユーザーら5206人を対象に「2008年に活動が最も期待されるネズミ年の芸能人」を尋ねたところ、ペ・ヨンジュンが1448票(27.8%)を得て第1位になった。
第2位には1004票(19.3%)を獲得した歌手ソ・テジが、第3位には718票(13.8%)を得たタレント、ユン・ウネがそれぞれ選ばれた。チ・ヒョヌ、SE7EN(セブン)、ユ・ジェソク、ナム・サンミ、キム・ミョンミン、ク・ヘソン、チャン・ドンゴンらもトップ10入りしている。
[ 投稿者:burandojp at 21:20 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月05日
ペ・ヨンジュンの<キーイースト>日本法人設立
pe

ペ・ヨンジュンの<キーイースト>日本法人設立

韓流スターペ・ヨンジュンが大株主のエンターテイメント会社<キーイースト>が、日本に法人を設立する。
キーイーストは4日、「ペ・ヨンジュンと日本の所属事務所IMX(インタラクティブメディアミックス)の契約が先月満了したため、海外市場の拠点を確保するため日本に<キーイーストジャパン(仮称)>を設立することにした」と明らかにした。
キーイーストジャパンはキーイーストの子会社<BOF>に所属するペ・ヨンジュン、ソ・ジソプ、イ・ナヨン、イ・ジアら人気スターの海外活動を支援し、現地で芸能人の発掘・育成も行う計画だ。さらに国内コンテンツも海外に紹介することになる。
キーイーストジャパンの代表取締役にはキーイーストの共同代表ベ・ソンウン氏が選任された。キーイーストはムン・ギュハク・ソフトバンクコリア代表取締役の単独経営体制で運営される。
[ 投稿者:burandojp at 00:26 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月01日
演技大賞でペ・ヨンジュン爆弾発言「3年以内に結婚する」
peyo444


演技大賞でペ・ヨンジュン爆弾発言「3年以内に結婚する」

「独身主義者ではありません。3年以内に結婚します」--。
ヨン様ことペ・ヨンジュンがMBC演技大賞のトロフィーを手に真の太王となった。
ペ・ヨンジュンは30日午後9時40分から生放送で行われた「2007MBC演技大賞」で栄誉の大賞のトロフィーを胸に抱き、韓流スターとして地位を再認識させた。
負傷中のペ・ヨンジュンは松葉杖をついての登場となった。ペ・ヨンジュンは「アクション俳優として活動したかったが難しそうだ」などと軽い冗談も述べたが、シン・ドンヨプの質問にもユニークに答えた。シン・ドンヨプの「独身主義者ですか」という問いに「独身主義者では絶対にない。3年以内に結婚するのでは」と答え、女性ファンたちの黄色い声を浴びた。
ペ・ヨンジュンが授賞式で大賞を受賞したのはデビュー以来13年目にして今回が初めてだ。
[ 投稿者:burandojp at 00:34 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月30日
『太王四神記』出演俳優 次々とCM出演

『太王四神記』出演俳優 次々とCM出演

ドラマ『太王四神記』の人気がCMにつながっている。

イ・ジア、ペ・ヨンジュン、オ・グァンロク、パク・ソンウンらドラマ出演者の高額CM契約料がその人気を実感させている。
スジニ役の新人イ・ジアは3社のCMモデルに抜擢された。イ・ジアは最近、ファストフードの<ロッテリア>と広告モデルの契約を結んだ。LG生活健康<イザノックス>とロッテ製菓<アニメタイム>に続く3本目。
タムドク役のペ・ヨンジュンは10月に建設会社の慶南(キョンナム)企業とモデルの再契約をかわした。慶南企業の専属モデルは4年目で、『太王四神記』の人気が契約延長につながったとみられる。日本でのCMも続いている。警備会社<セコム>との契約はすでに1年になる。メガネメーカーの<眼鏡市場>とは『太王四神記』の録画中だった今年初めに契約が結ばれた。
また、四神の玄武役オ・グァンロクと百虎役のパク・ソンウンは韓国ヤクルトのラーメン<一品海産物ラーメン>のCMに出演している。
[ 投稿者:burandojp at 22:06 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年12月29日
<MBC演技大賞>に出席の予定

ペ・ヨンジュン <MBC演技大賞>に出席の予定

ペ・ヨンジュンがMBCの<2007 MBC演技大賞>授賞式(30日午後9時40分から2時間20分間)に出席する予定だ。
ペ・ヨンジュンは、同テレビの大型ファンタジー時代劇『太王四神記』で主演(タムドク役)し、MBC演技大賞の受賞者に有力視されていたが、撮影の過程でケガをしているため、出席が不透明だった。しかし、最近出演の方針を決めた模様だ。
所属事務所<BOF>の関係者は「授賞式に出席する可能性がある。まだ完全に回復してはいないが、動くのが可能ならば授賞式に出席する考え。受賞の有無を離れ、一年を終える場を、1年間一緒に苦労した同僚らと共にするのが道理。負傷が悪化し再入院する状況が発生しない限り、出席する方針だ」と伝えた。
ペ・ヨンジュンは、『太王四神記』の撮影地で手・肩・首・腰などにケガをする重傷を負っている。現在も通院治療中だ。手術を受けるかどうかは治療の具合によって今後決める、としている。



[ 投稿者:burandojp at 23:18 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

ペ・ヨンジュンは完璧主義者

イ・ミスク「ペ・ヨンジュンは完璧主義者」
イ・ミスク MBC<遊びにおいで>で『スキャンダル』撮影エピソード語る
「初出演映画で限りなく努力する姿に驚いた」
「ペ・ヨンジュンは完璧主義者! 」女優イ・ミスクが、俳優ペ・ヨンジュンと共演した感想を打ち明けた。
イ・ミスクは最近、ソウル・MBC放送センターで行われたバラエティ番組<遊びにおいで>の収録に参加した。イ・ミスクは自身の人脈を解き明かす<スター人ライン>コーナーで、ペ・ヨンジュンと映画『スキャンダル』を撮影したエピソードを明かした。
イ・ミスクは「『スキャンダル』はペ・ヨンジュンが初めて出演する映画だった。ペ・ヨンジュンは、普段も時代劇で使う服やかぶりものをつけて生活するなど、時代劇に適応するために努力する姿を見せた。監督にも、自らの色んな姿を見せながら練習した。まるで完璧主義者のようだった」と伝えた。
イ・ミスクは、韓流スターの第1人者となったペ・ヨンジュンと、もっと親しく過ごせなかったことに対する無念さも明かした。イ・ミスクは「ペ・ヨンジュンとゴルフに行ったりもした。例えば賭けでもしたら、私はどうやってでも勝とうと必死だった。今考えてみると“あの時もうちょっと適当にしておけば”と後悔したりもする」とおどけてみせた。
イ・ミスクはこの日、映画『お熱いのがお好き』で共演した女優キム・ミニ、アン・ソヒなどと共に出演した。劇中、母親、叔母、娘として登場する3人は、撮影現場のエピソードをはじめ、様々なエピソードを公開した。

イ・ミスクが出演した<遊びにおいで>は、来年1月初めに放送される予定だ。


[ 投稿者:burandojp at 23:16 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年03月07日
初恋
200703070000361insert_1

ペ・ヨンジュン主演「初恋 プレミアム版BOX1.2.3」同時予約受付開始


朝鮮日報日本語版でショッピングモールを展開するKoreanStyleは6日、ペ・ヨンジュン主演「初恋 プレミアム版BOX1.2.3」(商品細:https://cart.ecv.jp/csb/csb?shopcode=00000001&commandid=045&sku=00000390)の同時予約受付を開始した。
「初恋」は韓流ブームを牽引し続けるトップスター、ペ・ヨンジュンが主演し、韓国ドラマ史上最高視聴率を誇る不朽の名作として語り継がれている国民的人気ドラマ。
「初恋」は、1970-80年代を舞台に、貧富の問題や家族愛を背景にして、復讐に生きる青年の姿を描いたもの。最終回は韓国歴代最高視聴率65.8%という驚異的な数字を記録した。また、本作がペ・ヨンジュンとチェ・ジウの記念すべき初共演作だ。
同商品は、ペ・ヨンジュンの声を萩原聖人、チェ・ジウの声を田中美里が担当し、「冬ソナ」コンビが復活した日本語吹替音声を完全収録。全66話で製作された本作の面白さを凝縮して40話に再編集されたNHK放映版。
1話から15話をBOX1(5/25発売)に、16話から30話をBOX2(6/29発売)に、31話から40話をBOX3(7/27)にそれぞれ収録。KoreanStyleでは定価の15%OFFに加え、送料無料で予約受付中。
[ 投稿者:burandojp at 23:40 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

年を取るほど輝く韓国の女優たち…その秘訣は?
200703070000251insert_1

年を取るほど輝く韓国の女優たち…その秘訣は?


年齢を感じさせない変わらぬ美しさで注目を浴びる女性芸能人が増えている。女優は30代半ばを過ぎたらおしまい…という時代は終わったようだ。年を取るのを忘れたような美貌と演技力を兼ね備えた30‐40代の女優たちに、映画やドラマからラブコールが殺到している。
長い間、韓国のトップ女優として活躍し続けてきたカン・スヨンもいつの間にか40代。66年生まれのカン・スヨンは、最近6年ぶりにドラマに出演し、その変わらぬ美貌で注目を集めた。
ドラマの中で1人の女性の波乱万丈な人生を演じているカン・スヨンは、高校生の役まで自ら演じ、ファンを驚かせた。透明で弾力のある肌は、年を取るのを忘れたかのようだった。実際、カン・スヨンはドラマ撮影開始前の1カ月間、4キロ減量に成功し、スタッフらを感動させた。毎日欠かさぬ運動で、20代にも負けないようなスタイルを維持している。

続きを読む ...
 
[ 投稿者:burandojp at 23:35 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2007年02月26日
チェ・ジウ
200702260000282insert_2

チェ・ジウ&イ・ジョンジェ主演の『エアシティー』、ポスター公開
イ・ジョンジェとチェ・ジウのテレビドラマ復帰作として注目を浴びているMBC『エアシティー』がついにベールを脱いだ。 『エアシティー』主演陣は9日に仁川国際空港でポスター撮影を行い、これが初公開された。
この日はイ・ジョンジェ、チェ・ジウ、イ・ジヌク、ムン・ジョンヒら主演陣が参加、写真家チョ・ソンヒが撮影した。
 『エアシティー』のポスター撮影は、仁川国際空港の旅客センター・滑走路・旅客ターミナル庁舍の屋根などを背景に、15時間近くにわたり行われたという。
制作会社HBエンターテインメントのユン・ホジュン室長は「3月初めに先行ポスターを、3月末の制作発表会で本ポスターを正式に公開する予定。輸出を視野に入れ、海外用も別途作成するなど、作品を最大限表現できるよう全力を注いでポスターを制作しているところ」と語った。 MBCで今年前半に放映される予定の『エアシティー』は、約3万人の職員が働く都市にも例えられる仁川国際空港を背景としたドラマ。特に、一般の出入りが禁止されている仁川国際空港内部やエアサイドで初めてポスターやドラマが撮影されることでも話題を集めている。
[ 投稿者:burandojp at 22:14 | ブランド | コメント(0) | トラックバック(0) ]