掲示板お問い合わせランダムジャンプ

スポンサードリンク

2007年03月11日
今週の見通し
先週は世界同時株安が一服。
インド市場も大幅反発となりました。

しかし、株安の要因となった米国市場の先行き不透明感は
まだぬぐえず上値も重い。
今週は方向感のつかみにくい状況が続く公算が大きいと思われます。

やはり注目は米国市場。
今週は個人消費と物価を占う指標が相次ぎます。

景気を巡っては住宅市場減速の消費への波及が焦点。
消費は引き続き堅調との見方が多いが、
13日の小売売上高が予想を下回ると
景気減速懸念から株価が弱含む可能性もあります。

また、それ以上に注目されるのが16日の消費者物価指数。
株急落局面で市場は金融政策の利下げ転換を織り込んできた。
それだけに、先週の雇用統計に続いて物価も強めに出ると、
利下げ期待が後退し、小波乱の可能性もあります。


インド市場も米国市場をはじめとした世界市場の動向を
にらみながらの展開となりそうです。

[ 投稿者:カレー好き at 11:03 | インド株市況 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年12月30日
今年を振り返る
今年も世界市場を振り返ると
米国市場ではダウ工業株平均が10月以降、
史上最高値の更新を続けました。

香港、ドイツの12月28日の株価も、
昨年末からそれぞれ約34%、約22%
上昇するなど欧州、アジア市場も好調でした。

そしてインド株はというと
約47%とこちらも好調でした。


今年は世界同時株安があり、
一時は心配されたインド株ですが、
その後はインド企業の好調な業績などを背景に
株価は上昇してきました。

来年もやはり期待したいインド株。
しかし、今後も企業業績の確認などを行い、
慎重に投資をしていきたいと思います。

今年一年たくさんの方に訪問していただき
ありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
では、良いお年を。



[ 投稿者:カレー好き at 21:05 | インド株市況 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2006年08月25日
本日もほぼ横ばいの展開
本日のインド株BSE株価指数は
11572ポイントで前日比+0.35%です。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
8/25現在で19130円で前日比185円です。


インド株BSE株価指数はもみ合いの展開となっております。
インド市場への影響の大きい米国市場は、現在のところ
景気の減速によるインフレ懸念の後退から
利上げ休止観測が台頭している。
しかし、一方では景気の腰折れを心配する向きもあり、
米国市場の動向には注意が必要です。





[ 投稿者:カレー好き at 21:39 | インド株市況 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2006年07月10日
インドがミサイル発射実験
本日のインド株BSE化株価指数は
10684ポイントで前日比+1.66%です。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
7/10現在で17267円で前日比-528円です。


インドが9日、東部オリッサ州の基地で
核弾頭が搭載可能な長距離弾道ミサイル発射実験を初めて実施。
打ち上げは成功したが2段目のロケットの切り離しに失敗。標的に到達せず、海に落ちたもよう。
同ミサイルは射程約3500キロ。
中国の主要都市に到達する性能をもつ。

北朝鮮がミサイル「テポドン2号」などの発射を強行し、
日米や中国などが神経をとがらせる中で実験したことで、
今後各国が警戒や反発を強める可能性もある。

このミサイル発射による本日の株式市場への影響は
見られませんでした。
しかし、今後も市場動向には注意したいと思います。


 
[ 投稿者:カレー好き at 20:58 | インド株市況 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2006年06月27日
インド株投信は買い
本日のインド株BSE株価指数は
10151ポイントで前日比+1.08%で反発しました。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
6/27現在で16799円で前日比-691円です。



インド株投信でおなじみのHSBCが
インド株式の投資判断を買いとしました。

株式市場は大幅に調整し割安感が出るなか、
経済成長は依然として強く、市場の混乱要因だった
裁定取引残高もまずまずの水準となった今、
投資する絶好のチャンスだ
と指摘しています。

BSE株価指数は、株価収益率PERが
ピーク時は19.4倍あったが、
現在は13倍程度と割安感がある。

また、インド経済は予想を上回る記録的なGDP成長率や
工業生産成長率を示してきており、
企業収益の成長シナリオも変わらないため
魅力的な水準に達してきているとしています。

インド株は乱高下の激しい市場ですので、
引き続き長期投資で臨みたい。

[ 投稿者:カレー好き at 21:09 | インド株市況 | コメント(0) | トラックバック(1) ]