掲示板お問い合わせランダムジャンプ

スポンサードリンク

2008年01月31日
続落のインド株
本日のインド株BSE株価指数は
17,648.71 ポイントで前日比-0.62%と続落。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
1/31現在で28,997円で前日比-633円です。



本日のインド株式市場は
昨晩の米国市場が小幅安となったことを受け
低く寄り付きその後も下落。
午前半ばから1月の先物決済期日による
買い埋めから上昇しましたが、
再び下落に転じて、小幅安で引けました。
乱高下激しい動きとなり、
実に600ポイントも本日は動きました。


注目の米FOMCは予想どおりの0.5ベーシスポイントを利下げし、
それを好感して一時200ドルの上昇となりました。
しかし、その後モノライン大手の格下げ報道を受けて急落し、
米国市場は小幅安で引けました。

現在はサブプライムローン問題に絡んだモノライン格下げ観測などに対し、
市場は反応過敏になり手仕舞い売りをする状況です。
また、乱高下していることもわかるように
強気と弱気が混在しています。
これを払拭して市場が上昇をするには、
やはり懸念要因であるサブプライムローン問題の
早期解決が望まれるところです。

今後もし短期的に下落するとしても
世界市場は年初来安値を割ることはないという見方が
大勢を占めています。
上に行くか下に行くかの判断が難しい状況ですが、
どちらに動いたとしても、ここぞというときに買える資金は
用意しておきたいと思います。





[ 投稿者:カレー好き at 21:49 | 主要株価指数の動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月30日
続落のインド株
本日のインド株BSE株価指数は
17,758.64ポイントで前日比-2.21%と続落。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
1/29現在で29,630円で前日比+276円です。


本日のインド株式市場は
世界市場が軟調となったことや
米FOMCの結果を見極めたいとする動きから
キャッシュポジションを高めるため売り優勢となりました。


今晩は米FOMCがあり利下げ幅に関心が寄せられています。
市場がFOMC結果をどう受け止めるか注目です。
米国市場が上昇して底打ちとなるのか?
それとも下落して下値模索の展開となるか?
NYダウチャートは短期的な過熱感があり、
また、サブプライムローン問題も完全に払拭されていないので、
利下げ幅がサプライズな数字でないと
米国株の上昇は難しいと思われますが、
予想がはずれることを願いたいと思います。
予想がはずれて上昇すれば、底打ち感から買いで、
大幅下落であれば、再び様子見です。
今晩の米国市場に注目です。




[ 投稿者:カレー好き at 21:38 | 主要株価指数の動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月29日
インド中銀、金利据え置き
本日のインド株BSE株価指数は
18,091.94ポイントで前日比-0.34%と小幅安。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
1/29現在で29,354円で前日比-352円です。


本日のインド株式市場は
世界市場が反発したことを受けて
高く寄り付きました。
しかし、インド中銀による金利据え置きの発表を受けて
失望売りから下落幅を拡げました。

インド準備銀行(中央銀行)は29日、
レポレートを7.75%に据え置くと発表。
そしてインド中銀は、依然としてインフレリスクが存在するとしながらも、
世界的な市場の混乱が成長や金融の安定を脅かす場合には
直ちに行動する用意があることを示しました。
また、インド中銀は、経済のファンダメンタルズが引き続き力強く、
見通しも明るい一方で、成長に対する外的リスクがあると指摘。
「サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)危機を背景とする
世界的な金融市場の動向を受け、マクロ経済と金融の安定を維持するために、
監視の強化とあらゆる手段を用いた迅速な対応が必要となる」としています。


市場予想ではアナリストの半数以上が金利引き下げを
予想していました。

米国との金利差がさらに広がったことで
今後ルピー高が進行すると思われます。


本日の米国市場はブッシュ大統領の一般教書演説を
どう受けとめたかが焦点となります。
また、明日はFOMCがあり、
追加金利引き下げをするか注目されます。
引き続き米国市場動向に注目です。



昨日の投稿記事の
一般教書演説の日を間違えていたことをお詫びして訂正いたします。
[ 投稿者:カレー好き at 21:16 | インド経済近況情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月28日
反落のインド株
本日のインド株BSE株価指数は
18,152.78ポイントで前日比-1.14%と反落。


インド株ファンドHSBCインドオープンの基準価額は
1/26現在で29,706円で前日比+1694円です。



本日のインド株式市場は
米国市場が先週末下落したことを嫌気した
アジア市場が大幅下落となったことを受けて
寄付きから大幅安で開始しました。

しかし、午後からは
利下げ期待から銀行株や自動車株が買い戻されました。


米国市場ではブッシュ大統領による一般教書演説や、
FOMCの声明内容に注目が集まっています。
まずは今晩の米国市場の動向がどう動くか?
[ 投稿者:カレー好き at 21:28 | 主要株価指数の動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]

2008年01月27日
利下げ期待
インド政府が25日発表した
1月12日時点の卸売物価指数(WPI)上昇率は
前年比3.83%で、前週の3.79%からやや加速した。

ロイターのアナリスト調査による予想中央値と一致した。

前年の同じ時期の上昇率は6.15%。


1月12日時点のWPI上昇率は、過去4カ月あまりで最高だったが、
市場では、1月29日のインド中銀の政策見直しで利下げが決まる
との見方が多い。

地元金融機関のエコノミストは
「インフレが直ちに高進することはないだろう。
インド中銀は、米連邦準備理事会(FRB)の大幅利下げに追随して、
利下げを決める公算が大きい」
との見方を示した。

今週のロイター調査では、アナリスト13人中7人が、
レポレート(現行7.75%)の0.25%ポイント引き下げを予想、
6人が据え置きを予想している。




インド中銀による利下げ観測がでており、
インド株価の上昇に期待がかかります。
また、来週に米FOMCの追加利下げ観測もあり
これも利下げするとなれば、
インドも追随して利下げは確実になると思われます。
[ 投稿者:カレー好き at 13:18 | インド経済近況情報 | コメント(0) | トラックバック(0) ]