掲示板お問い合わせランダムジャンプ

スポンサードリンク

2005年12月31日
インド株の今年一年を振り返る
今年、急騰したインド株。
インド企業の業績が飛躍的に伸びていることから
ファンダメンタルズが良好だったことが要因です。
2005年度の企業業績はこのまま良好であることは
間違いありません。


今年のインド株式市場には特に
日本からの巨額の資金流入がありました。
日本のインド株ブームは絶大な人気となりました。


インド株BSE株価指数の動向をみてみると
調整局面では約1000ポイント下げては急反発しています。
もしそのような局面があれば押し目を狙いたいものです。

しかし、インド株は新興市場のため
乱高下が激しい市場です。
長期的には右肩上がりに伸びていく市場であることは
間違いないと思いますので、
長い目でみて投資をしていきたいと思います。



皆様良いお年を!
[ 投稿者:カレー好き at 20:36 | インド株市況 | コメント(2) | トラックバック(0) ]

2005年12月30日
本日も堅調なインド株
インド株BSE株価指数は本日も堅調に推移。
大引け後に史上最高値更新か!?と
思わせる上昇をしましたが、一歩届かず。
終値は9397ポイントで前日比+0.8%です。


インド株ファンドのHSBCインドオープンの基準価額は
12/30現在で16886円で前日比+12円です。


世界中で株高傾向が見られた年でしたが、
インド株はもっともパフォーマンス良好でした。
そして今年最終日も魅せてくれたインド株。
また来年も期待したいと思います!!!
[ 投稿者:カレー好き at 21:25 | 主要株価指数の動向 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2005年12月29日
リライアンスインダストリーズ
本日のインド株BSE株価指数は堅調。
終値は9323ポイントで前日比+0.71%です。


インド株ファンドのHSBCインドオープンの基準価額は
12/29現在で16874円で前日比+49円(+0.29%)。


本日のリライアンスインダストリーズも
前日比+2.21%と堅調に推移。
同社の最近の動向をチェック。

12月21日、ボンベイなどの証券取引所に、
同社事業を分離した会社が同日から発効した、と通知した。
通知された企業名は、石炭ベースのエネルギー事業が
「リライアンス・エナジー・ベンチャーズ」、
ガス・ベースのエネルギー事業が「グローバル・フューエル・マネジメント・サービス」、
金融サービス事業が「リライアンス・キャピタル・ベンチャーズ」、
通信事業が「リライアンス・コミュニケーション・ベンチャーズ」。
この分社化には疑義が呈された点があり、
9日のボンベイ高裁の認可を待って、分社化を実施した。
リライアンス・グループでは今夏、ムケシュとアニルの兄弟間で
グループの分割合意がされ、リライアンス・インダストリーズは
兄のムケシュの支配下に入った。
その主要事業は石油精製、石油化学、ポリエステルなど
重工業分野が主力。
[ 投稿者:カレー好き at 20:16 | インド株関連情報 | コメント(0) | トラックバック(1) ]

2005年12月28日
インド株は続伸ならず
本日のインド株BSE株価指数は
寄付き後は好調に推移したものの後場は下落。
結局、終値は9257ポイントで前日比-0.28%です。

インド株ファンドのHSBCインドオープンの基準価額は
12/28現在で16825円で前日比+389円(+2.37%)。
昨日のBSE株価指数の上昇幅(+2.17%)よりも
本日の基準価額の上昇幅(+2.37%)が大きいため、
順調に運営されていることがうかがえます。


本日のインド株式市場にも続伸の期待を寄せていましたが
小幅安で引けました。
そのような中でも昨日に引き続き堅調なのが
リライアンスインダストリーズ。
前日比+0.65%と堅調に推移!
[ 投稿者:カレー好き at 19:41 | 主要株価指数の動向 | コメント(1) | トラックバック(0) ]

2005年12月27日
インド株が大きく反発!
本日のインド株BSE株価指数は急伸!
寄付きから引けまで終始下落することなく推移。
終値は9283ポイントで前日比+2.17%と
大幅高で引けました。


インド株ファンドのHSBCインドオープンの基準価額は
12/27現在で16436円で前日比-115円(-0.69%)。


インド株式市場は続落から一転、
見事に本日大きく反発しました!
とくに上昇が目立ったのは、
リライアンスインダストリーズで4.14%高!

乱高下の激しいのはインド株式市場の特徴です。
急落しても冷静に判断したいですね。
[ 投稿者:カレー好き at 19:47 | 主要株価指数の動向 | コメント(0) | トラックバック(0) ]